こんな京都もあるんだ!"海の京都”をゆく「丹後鉄道」ではんなり女子旅♪

こんな京都もあるんだ!"海の京都”をゆく「丹後鉄道」ではんなり女子旅♪

京都というと、金閣寺や清水寺といった壮大なお寺や、祇園などの昔ながらの町並みを思い浮かべる方が多いかもしれません。でも実は、京都市の北、海の方にも風光明媚な場所があるんですよ。この記事では、そんな“海の京都”を満喫できるローカル線「京都丹後鉄道」をご紹介。かわいいデザインの列車に乗って、はんなり鉄道女子旅をしてみませんか。

2018年12月28日

海の京都をゆく、はんなり鉄道女子旅

由良川橋梁

京都府の北側は、日本海に面しています。ここには日本三景の1つ「天橋立」や、お伊勢さんのふるさと「元伊勢籠神社」、水辺に浮かぶ町「伊根の舟屋」など、中心地とは一味違う京都の歴史と文化が残っているんですよ。

レトロかわいい観光列車で、沿線の魅力をじっくり味わいましょう

そんな“海の京都”への旅におすすめなのが、京都北部を走るローカル線「京都丹後鉄道」。一部の区間でかわいい内装の観光列車が運行していて、沿線の魅力をじっくりと楽しめるようになっているんです。

移動を素敵な「旅」に変えてくれる、丹後鉄道の魅力をご紹介します

車窓に流れる絶景を眺めながら、優雅にコーヒーやスイーツを味わったり。アテンダントさんの解説を聞いて、京都の文化や歴史をより深く学んだり。かわいい観光列車で、楽しみながら海の京都へ行ってみませんか。この記事では、移動時間を素敵な旅に変えてくれる、丹後鉄道の魅力をご紹介します。

スタート地点は、「天橋立駅」または「西舞鶴駅」

丹後鉄道の観光列車は、主に天橋立駅~西舞鶴駅間を走っています。京都駅から天橋立駅へのアクセスはバスで2時間ほど、西舞鶴駅は特急列車で1時間半ほどです。どちらも魅力的な観光地ですので、好きな方からスタートしてOK!

スペシャルな「丹鉄珈琲」を旅のお供に

旅のお供には、沿線各地をイメージしたブレンドコーヒー「丹鉄珈琲」がおすすめ。宮津駅か、観光列車内で購入することができます。ふくよかな香りが、旅のひと時をさらに素敵に演出してくれますよ。

のどかで美しい「海の京都」の景色を楽しむ

観光列車は、田園や海沿いといった、のどかで美しい風景の中を約1~2時間かけて走り抜けていきます。ハイライトは丹後神崎駅~栗田駅間。ダイナミックな「奈具海岸」や、海面から6mという高さの「由良川橋梁」付近は絶景です!

絶景スポットでは速度を落として走ってくれます

観光列車の魅力は、こうした絶景スポットに差し掛かると速度を落としてくれること。写真も撮りやすくなります。美しい景色を存分に楽しみましょう。

「あお」「あか」「くろ」から好みの車両をチョイス

「あお」「あか」「くろ」から好みの車両をチョイス1783688

出典:chosanさんの投稿

丹後鉄道の観光列車には3つの車両があります。それぞれコンセプトと内装が異なるので、同じ「丹後鉄道」でも旅の印象が変わりますよ。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、自分好みの車両を選んでみてくださいね。

①予約なしで乗れる♪『丹後あおまつ号』

1つ目は、ブルーの車体の「丹後あおまつ号」です。毎日運行していて、普通運賃で乗車できます。予約や乗車整理券も不要なので、3つの中で最も利用しやすい車両です。

おしゃれなカウンター席やソファ席がある車内

青とナチュラルウッドを基調とした車内はとってもおしゃれ! 景色を楽しみやすいよう、カウンター席やソファ席が備えられています。サービスカウンターで限定のお土産やドリンクを買うこともできますよ。

田園風景も楽しめます

「丹後あおまつ号」は、天橋立~西舞鶴間だけでなく福知山〜天橋立間も走ります。海だけでなく、のどかな田園風景も楽しめますよ。

②華やかなカフェ列車『丹後あかまつ号』

2つ目は上品な赤色の「丹後あかまつ号」。丹後鉄道のハイライト、天橋立~西舞鶴間を走ります。運賃+乗車整理券(540円)で、優雅な列車旅を楽しめますよ。

市松柄のカーテンや花柄のソファがかわいい♪

こちらの車両は赤を基調とした華やかな雰囲気。市松柄や花柄がかわいいですね。向かい合わせで座れるテーブル席は、女子グループでの会話が弾みそうです!

途中停車して、オリーブ茶や足湯でホッとひと息

「あかまつ3号」に乗ると、途中の丹後由良駅で約30分停車します。その間は周辺を観光してOK。足湯を楽しんだり、オリーブ茶を味わうことができます。レトロな駅の雰囲気を写真に収めるのも良いですね。

③シックなレストラン列車『丹後くろまつ号』

③シックなレストラン列車『丹後くろまつ号』1783718

出典:でんちゅうさんの投稿

3つ目は、車両がダイニングルームになっている「丹後くろまつ号」。「スイーツ」「ランチ」「ほろ酔い」の3つのコースがあり、コースによって走行区間が異なります。景色を眺めながら食事を楽しめる、リッチな観光列車です。

天然木を使った落ち着きのある空間

他の2つとは違い、「丹後くろまつ号」は全席指定席です。天然木を贅沢に使った車内は、レストランのような落ち着いた雰囲気。ゆったりと食事と景色を楽しめます。

優雅なランチやティータイムを楽しんで

コースは、人気パティスリー提供の「スイーツコース」、ビストロメニューとワインの「ランチコース」、丹後のおつまみと地酒の「ほろ酔いコース」の3つです。「ランチ」のワインと「ほろ酔い」の地酒はなんと飲み放題! どれも充実の内容で、お喋りが弾むこと間違いなしですよ。

丹後鉄道を降りた先には……。

観光列車を降りたら、そこには“海の京都”が広がっています。中心部とは一味違う風景、歴史、文化を感じてみませんか? 最後に、天橋立~西舞鶴周辺の代表的な観光地をご紹介します。

日本三景の1つ「天橋立」

天橋立

砂浜が海を渡るようにのびる「天橋立」。江戸時代から特に美しい場所といわれてきた「日本三景」の1つです。絶景の展望台では、龍が空に昇っていくように見える「股のぞき」をするのが定番。友達みんなでやってみるとユニークな写真が撮れるかも!

天橋立の詳細情報

天橋立

住所
京都府宮津市天橋立
アクセス
1) 京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩で5分 2) 宮津天橋立ICから車で10分周辺に有料駐車場多数

データ提供

水辺に佇む「伊根の舟屋」

京都_雪に耐える伊根舟屋

まるで水辺に浮かんでいるような景観が美しく、どこかノスタルジーを感じさせる町です。これらは「舟屋」と呼ばれる独特の家屋で、1階部分が船用のガレージになっています。景色だけでなく、海鮮グルメを楽しんだり、「玉編み」や「蕎麦打ち」といったこの地域らしい体験をすることができます。

伊根の舟屋の詳細情報

伊根の舟屋

住所
京都府与謝郡伊根町字平田
アクセス
1) 京都丹後鉄道宮豊線天橋立駅からバスで54分 - 伊根下車から 2) 与謝天橋立ICから車で40分国道176→国道178号

データ提供

港の歴史を伝える「舞鶴赤れんがパーク」

舞鶴赤れんがパーク(京都府舞鶴市)

明治時代に海軍の管倉庫として建てられ、現在は国の重要文化財に指定されているレンガ造りの倉庫郡です。美しい建築はとってもフォトジェニック! カフェやイベントスペースもあり、舞鶴の文化や観光情報を知ることができます。

舞鶴赤れんがパーク(舞鶴市政記念館)の詳細情報

舞鶴赤れんがパーク(舞鶴市政記念館)

住所
京都府舞鶴市北吸1039-2
アクセス
JR東舞鶴駅から徒歩で20分
営業時間
8:30〜17:00 カフェは10:00〜20:00
定休日
12月29日〜1月1日
料金
無料

データ提供

こんな京都もあるんだ!

こんな京都もあるんだ!1783691

出典:ttsz9505さんの投稿

海沿いを走るローカル列車。古くから人々の心を魅了してきた絶景。ノスタルジックな港町。京都には、あなたがまだ知らない魅力がたくさんあります。都会の喧騒を離れ、かわいい車両に揺られて、今まで知らなかった京都に会いに行ってみませんか? のどかで美しい景色が、あなたの心をきっと癒してくれるはずですよ。

京都丹後鉄道 丹後の海の詳細情報

京都丹後鉄道 丹後の海

住所
京都府宮津市字鶴賀2065-4

データ提供

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード