冬限定のお楽しみイベント♡東北おすすめの「冬まつり」10選

冬限定のお楽しみイベント♡東北おすすめの「冬まつり」10選

冬の風物詩と言えば雪。真っ白な雪に覆われた世界は非日常感があって、どこか神秘的な気持ちになりますよね。また冬は空気が澄んでおり、クリスマスもあることからイルミネーションが美しい時期でもあります。外は寒いけれど、その時期だからこそ楽しめるお祭りが日本にはたくさんあります。今回はその中でも雪が多く降る東北地方にスポットを当て、ぜひ訪れてほしいおすすめの冬まつりをご紹介します!都会ではなかなか見られない世界を体験することで心が癒され、仕事でお疲れ気味の気持ちもリフレッシュすること間違いなしですよ。

2018年12月28日

何かと敬遠されがちな冬。でも、今しか見られない光景があります

湯西川温泉 かまくら

出典:pianissimoさんの投稿

朝起きるのがつらいし、外に出るのがおっくう・・・と何かと敬遠されがちな冬。旅行に行くにも、寒い時期より暖かい時期の方が好まれやすいですよね。でも、冬しか楽しめない魅力もたくさんあります。その代表的なものが「雪」。東北の人々は雪に覆われた土地での生活が長い分、それを生かした文化やお祭りを発祥させ今に継承してきました。

何かと敬遠されがちな冬。でも、今しか見られない光景があります1791952

出典:さくらんぼ♪さんの投稿

「かまくら」は、豪雪地帯に伝わる伝統行事。 雪で作ったドーム状の家に、祭壇を設け水神を祀ります。東北では、寒い冬の時期を楽しむ知恵として、昔から長年続けられ継承されてきました。また、冬は空気が澄んでおり、イルミネーションが美しい季節。東北には、それに合わせて街中をたくさんの電飾で彩るお祭りもありますよ。

「冬」を思いっきり楽しむお祭りに出かけよう!

「冬」を思いっきり楽しむお祭りに出かけよう!2009627

都会に住んでいると、めったに見られない「雪」。雪を使ったお祭りは非日常感があり、別世界を楽しむことで普段お疲れ気味の心をリフレッシュさせてくれます。また数々のイルミネーションに彩られた街中を、友達や彼と白い息を吐きながらお散歩して写真を収めるのは楽しいもの。外は寒いけれど、普段できない体験をして心がわくわくしたり、見ると心がほっこりとしたりするそんな東北の冬まつりにぜひ出かけてみませんか?次から、県ごとにおすすめをご紹介していきます!

青森県

1.冬ならでは十和田湖の魅力を満喫「十和田湖冬物語」

十和田湖冬物語

「十和田湖冬物語」は、青森県と秋田県にまたがった十和田湖の休屋(やすみや)をメイン会場にして毎年2月に開催される冬まつりです。十和田湖畔の「乙女の像」のライトアップに始まり、会場には大雪像や色とりどりの光のイルミネーションが設置されます。大きな雪のすべり台、雪のバナナボートなどの体験イベントや、郷土芸能やご当地アイドルのステージイベントなどが開催され、誰と行っても楽しめる要素が満載です。

1.冬ならでは十和田湖の魅力を満喫「十和田湖冬物語」1788782

出典:藤吉郎さんの投稿

期間中毎日打ち上げられる「冬花火」も見どころ。花火と言えば通常夏の風物詩ですが、きんと冷えた夜空に打ち上げられるたくさんの色鮮やかな花火は、幻想的な気分にさせてくれます。カップルのデート旅行にもぴったりですね。

1.冬ならでは十和田湖の魅力を満喫「十和田湖冬物語」1803641

出典:

「雪あかり横丁」では、地元のお店が出店している青森ラーメンやいがメンチ(いかメンチ)、十和田バラ焼きなど、地元の郷土料理が楽しめます。こたつがあるお店もあるので中でほっこりと地元の味に舌鼓を打ちながら一休みできます。

十和田湖冬物語の詳細情報

十和田湖冬物語

住所
青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
アクセス
JR八戸駅からバス140分、バス停:十和田湖駅→徒歩10分
営業時間
2月上旬〜下旬頃
料金
無料

データ提供

2.冬でもねぷた絵が楽しめる大回廊は必見!「弘前雪燈籠祭り」

2.冬でもねぷた絵が楽しめる大回廊は必見!「弘前雪燈籠祭り」1791997

出典:

「弘前城雪燈籠祭り(ひろさきじょうゆきどうろうまつり)」は、弘前四大まつりのひとつ。青森県の弘前公園を会場として2月上旬に開催される冬祭りです。弘前城がある公園内には、およそ200基に及ぶ大小様々な燈籠や雪像が設置されます。「津軽錦絵大回廊」では、弘前ねぷたで出陣した鏡絵を使い、それらが灯りに映し出された幻想的な雪の回廊が作られます。青森だからこそ味わえる、独特の世界は一見の価値ありです。

弘前城雪燈籠まつり

出典:

期間中の1日に「弘前冬花火」も打ち上げられます。雪化粧を施したお城をバックに次々と打ち上がる花火は、とても幻想的ですよ。

開期中には毎日決まった時間になると、大雪像をスクリーンにした「プロジェクションマッピング」が映し出され、音と光が織りなす色鮮やかなパフォーマンスは大人も子供も楽しむことができます。ちょっとテーマパーク気分で、見ているとわくわくしてきますね。

弘前城雪燈籠まつりの詳細情報

弘前城雪燈籠まつり

住所
青森県弘前市下白銀町1 弘前公園内
アクセス
JR弘前駅から車で10分
営業時間
2月上旬〜中旬頃
料金
無料

データ提供

岩手県

3.心があたたかくなる、やさしい灯りにほっこり♡「もりおか雪あかり」

「もりおか雪あかり」は、岩手県の盛岡にある盛岡城跡公園をメイン会場とし2月上旬に開催される冬まつりです。「雪あかり」とは中にキャンドルを灯したミニかまくらのこと。会場には市民ボランティアによってひとつひとつ手作りされた雪あかりが並べられ、とてもロマンチックな光景が楽しめます。全部でおよそ1万本以上のキャンドルが灯されたかまくらと、また同じくろうそくの灯りを灯した雪像が立ち並び、雪とキャンドルが織りなす幻想的な世界を楽しむことができます。

3.心があたたかくなる、やさしい灯りにほっこり♡「もりおか雪あかり」1788827

出典:花芽吹さんの投稿

メイン会場の盛岡城跡公園、もりおか歴史文化館前をはじめとし、サブ会場である盛岡駅前滝の広場や岩手県公会堂など、期間中は街のいたる場所で雪あかりを楽しむことができます。しんとした空気の中に灯る雪あかりは、寒い季節だからこそ感じられる「まち」や「ひと」のあたたかさを表現しています。さまざまな雪あかりを楽しみながら街をお散歩してみれば、心にほっと灯りが灯るようです。

期間中、盛岡の創作料理店「つながる台所Hana」では、雪見酒が楽しめる「雪あかりセット」を販売しています。「雪あかりセット」には小鉢3品と飲み物1杯がつき、雪あかりを眺めながらおいしいお酒とおつまみを楽しむことができます。お酒好きな人はぜひ立ち寄ってみては?

つながる台所 Hanaの詳細情報

つながる台所 Hana

上盛岡、盛岡、仙北町 / 創作料理、和食(その他)

住所
岩手県盛岡市内丸4-18
営業時間
11:30~14:00 16:30~20:00
定休日
土曜日・日曜日

データ提供

もりおか雪あかりの詳細情報

もりおか雪あかり

住所
岩手県盛岡市市街地各所にて メイン会場:盛岡城跡公園、もりおか歴史文化館前 サブ会場:盛岡駅滝の広場、MOSS、プラザおでって、岩手県公会堂、もりおか町家物語館、盛岡ふれあい覆馬場プラザ周辺、日影門雪あかり、川徳(菜園通り)、雪見カフェ&雪あかり(東大通り)、盛岡八幡宮境内、前九年公園内(東厨川地区雪まつり)
アクセス
JR盛岡駅から徒歩(約5分〜20分)
営業時間
2月上旬頃

データ提供

秋田県

4.迫力満点のなまはげのパフォーマンスを楽しむ「なまはげ柴灯まつり」

なまはげ

「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、秋田県の男鹿半島、北浦にある真山神社で行われる冬まつりです。毎年2月上旬に開催される、男鹿の冬を代表するお祭りとして昭和39年に始まりました。900年以上前から毎年1月3日に真山神社で行われている「柴灯祭(さいとうさい)」と民俗行事「なまはげ」を組み合わせた観光行事となっています。なまはげのパフォーマンスは、神社の境内内に焚きあげられた柴灯火(さいとうび)のもとで繰り広げられ、迫力満点!

4.迫力満点のなまはげのパフォーマンスを楽しむ「なまはげ柴灯まつり」1788848

出典:なまはげさんの投稿

なまはげは、男鹿地方に古くから伝わる民俗行事で年に一度大晦日に家々を回り、悪事に訓戒を与え、災禍を祓い、祝福を与えて去っていきます。「怠け者はいねが、泣く子はいねが」というフレーズはおなじみですね。お祭りの中、会場内の神楽殿では、年末に行われるなまはげの行事が再現されます。各家々を訪れ、訓示を残し、帰っていく様子を見ることができます。

なまはげ太鼓

その後は柴灯火の前でなまはげ踊りと、「家内安全」と「五穀豊穣」を願い神楽殿でのなまはげ太鼓が演奏されます。迫力あるお面をつけたなまはげたちが踊るダイナミックな舞いとパワフルな太鼓に、寒い中でも熱いエネルギーを感じ、元気になれそうです。

なまはげ柴灯まつりの詳細情報

なまはげ柴灯まつり

住所
秋田県男鹿市北浦真山神社、男鹿真山伝承館、なまはげ館
アクセス
JR男鹿駅から臨時有料バスで45分|男鹿温泉郷から臨時有料バスで30分
営業時間
毎年2月第2金,土,日

データ提供

5.厳かな気分にひたれる幻想的な紙風船上げ「上桧木内の紙風船上げ」

秋田 上桧木内の紙風船上げ

「上桧木内の紙風船上げ(かみひのきないのかみふうせんあげ)」は、秋田県上桧木内市西木町で毎年2月10日に行われる冬まつりです。雪深い冬の夜空に、武者絵や美人画などが描かれた巨大な紙風船が打ち上げられます。はじまりは定かではありませんが、江戸時代の科学者、平賀源内が熱気球の原理を応用した遊びとして伝えられたといわれています。真っ暗な夜空に浮かぶ紙風船のあたたかい灯りは、訪れる人の心をほっと癒してくれます。

5.厳かな気分にひたれる幻想的な紙風船上げ「上桧木内の紙風船上げ」1788916

出典:ぢ~さんの投稿

打ち上げは昼に1回、夜は1時間ごとに3回ほど行われます。バーナーで温風を入れ、縦に浮き上がってきた紙風船の中の布玉に係の人が火を入れ、「3、2、1」の合図で一斉に手を離すと、すうっと空に吸い込まれるように上がっていきます。その光景は、非日常感たっぷり。厳かで幻想的な雰囲気にひたれます。

絵の他にも、会場を訪れた人が自由に絵や願い事が書ける紙風船があります。この紙風船も実際に空に打ち上げられるので、ぜひ叶えたい願いがある人は書き込んでみて。キレイに打ち上がれば、きっと願いが叶いそうです。

上桧木内の紙風船上げの詳細情報

上桧木内の紙風船上げ

住所
秋田県仙北市西木町上桧木内字大地田紙風船広場
アクセス
秋田内陸縦貫鉄道「上桧木内駅」から徒歩で8分
営業時間
2月10日 (毎年同日)

データ提供

6.かまくらの美しさとあたたかいおもてなしに癒される「横手の雪まつり」

横手のかまくら祭り 横手公園

「横手の雪まつり」は秋田県の横手市で毎年2月中旬に行われている冬まつりです。そのなかの「かまくら」は450年の歴史がある小正月行事で、もとは中に祀られた水神様にお賽銭をあげて、家内安全、五穀豊穣を祈願したのがはじまりでした。お祭りでは地元の子供たちが「はいってたんせ(中に入ってください)」「おがってたんせ(水神様をおがんでください)」の声掛けとともに、甘酒やお餅をふるまってくれます。豪雪地帯ならではの芸術的なかまくらに、うっとりしてしまいますね。

横手 かまくら祭り 蛇の崎川原 ミニかまくらと観光客 イメージ

ミニかまくらも市内のあちこちに飾られ、幻想的な灯りを灯します。無数のかまくらが並ぶ光景は、まるでお花畑のよう。カップルで散歩すればとてもロマンチックな気分になりますよ。

6.かまくらの美しさとあたたかいおもてなしに癒される「横手の雪まつり」1788944

出典:

期間中には「かまくら」と合わせて、「ぼんでん」と呼ばれる神祭用具の一つ「御幣(ごへい)」を神様に奉納する行事や、頭飾りの豪華さを競うコンク―ルも行われます。かまくらとはまた違った魅力があり、こちらも楽しめますよ。

横手の雪まつりの詳細情報

横手の雪まつり

住所
秋田県横手市中央町 横手地域局前道路公園、二葉町、羽黒町、横手公園ほか
アクセス
JR横手駅から徒歩8分
営業時間
2月中旬 18〜21時 (点灯時間)

データ提供

山形県

7.かまくらの美しさとあたたかいおもてなしに癒される「新庄雪まつり」

「新庄雪まつり」は、山形県の新庄市の最上中央公園で毎年2月上旬に行われる冬まつりです。地元の青年団の「子供たちに雪国ならではの楽しさを伝えたい」という思いから、はじまりました。昭和47年(1972)から行われている歴史あるイベントです。巨大雪像や”雪のワンダーランド”と称したスノーモービルやバナナボート、雪のすべり台などのアトラクションは、大人も子供もみんなで楽しむことができます。

1日目の夜は花火も打ち上げられます。ライトアップされた雪像をバックに次々と打ち上げられる花火は見事ですよ。昼も夜も楽しめますね。

会場内の「新庄食楽市場(しんじょうくらいちば)」では、地元の食材を使ったグルメが集まり、たくさんの出店が並びます。ここ新庄・もがみ地域の郷土料理「鳥もつラーメン」や「芋煮」など、普段味わえないおいしさを味わってみて。

新庄雪まつりの詳細情報

新庄雪まつり

住所
山形県新庄市

データ提供

8.鎮魂祭からはじまった美しい雪灯篭の灯りを楽しむ「上杉雪灯篭まつり」

上杉雪灯篭まつり

「上杉雪灯篭祭り」は、山形県の米沢市、上杉神社で毎年2月上旬に行われる冬まつりです。米沢といえば、上杉謙信のお膝元として有名。その謙信を祀った神社では春は桜と上杉軍団に扮した武者行列が見られる「上杉まつり」が行われ、冬はこの「雪灯籠祭り」が行われます。もとは戦没者の鎮魂祭としてはじまりました。約300基の雪灯籠と約1000個の雪ぼんぼりに灯りが灯され、やわらかい光に包まれます。

期間中のステージイベントでは、ご当地キャラも登場し、かわいいパフォーマンスや地元の人たちのライブが繰り広げられます。心温まる演奏に手作りのあたたかさが伝わり、ほっこりとした気持ちになれそう。

会場内の「テント村物産展」では、「米沢ラーメン」や「とろべこ汁」など地元米沢の料理が並び、冷えた身体を温めてくれます。見学の合間にほっと一息つけますよ。

宮城県

9.ロマンチックな灯りの中でお散歩とあったかグルメを♪「SENDAI光のページェント」

9.ロマンチックな灯りの中でお散歩とあったかグルメを♪「SENDAI光のページェント」1792202

出典:nakaさんさんの投稿

「SENDAI光のページェント」は、宮城県の中心都市仙台の定禅寺通りで毎年12月中旬から2週間程行われる冬まつりです。「冬の仙台を明るくしたい」という思いから昭和61年(1986年)にはじまりました。ケヤキ並木やシンボルツリーにおよそ60万個の電球が灯り、街を明るく照らし出します。初日の点灯式にはじまり、定禅寺通りで行われるピアノコンサートや、鮮やかな電飾に彩られたページェントカーの走行など、イベントが盛りだくさんです。

期間中の1日に行われる「スターライト・ファンタジー」では、市民マーチングバンドの方々がサンタやトナカイに扮して演奏しながらパレードを行います。イルミネーションを付けた並木道を愉快なサンタたちが明るく楽しく盛り上げます。ぜひ見てみたいですね。

市民広場では「クリスマス・マーケット」が開かれ、冬に嬉しいホットチョコレートやシチューなどのグルメを味わうことができます。身体も心も温かくなりますね。

SENDAI 光のページェントの詳細情報

SENDAI 光のページェント

住所
宮城県仙台市青葉区定禅寺通
アクセス
市営地下鉄、勾当台公園駅から徒歩で1分 東北自動車道仙台宮城ICから車で10分
営業時間
12月上旬〜下旬

データ提供

福島県

10.会津の伝統工芸品、絵ろうそくの灯りに癒される「会津絵ろうそくまつり」

10.会津の伝統工芸品、絵ろうそくの灯りに癒される「会津絵ろうそくまつり」1789058

出典:aizuさんの投稿

「会津絵ろうそくまつり」は、福島県会津の伝統工芸品である「絵ろうそく」の良さを知ってもらおうと始まった冬まつりです。毎年2月上旬に御薬園・鶴ヶ城で開催されます。御薬園では「静」、鶴ヶ城では「動」をテーマにしており、御薬園では灯りを灯した竹筒が並べられ厳かな雰囲気を味わうことができ、鶴ヶ城では瓦燈や会津塗りの燭台に職人が一つ一つ丁寧に作られた絵ろうそくが灯されます。ライトアップされたお城と、幻想的な光を放つ絵ろうそくの灯りは、とてもロマンチックです。大切な人と訪れたいですね。

10.会津の伝統工芸品、絵ろうそくの灯りに癒される「会津絵ろうそくまつり」2009626

自分で名前や願い事を書いた絵ろうそくを灯すこともできます。鶴ヶ城会場では来場した人達が灯したろうそくによって地上絵が完成するという楽しい催しが行われています。ぜひ1本参加してみて、天守閣の上からどんな地上絵になっているか確認してみてくださいね。

同日同時間に、会場以外の会津若松駅や会津武家屋敷、東山温泉などでも趣向を凝らした絵ろうそくが灯されます。会場の後に東山温泉に泊まるなどの計画を立てて、両方楽しんでみるのもいいですね。

会津絵ろうそくまつりの詳細情報

会津絵ろうそくまつり

住所
福島県会津若松市追手町1番1号鶴ヶ城、御薬園、市内各所
アクセス
JR会津若松駅から周遊バス20分、バス停:鶴ヶ城入口→徒歩すぐ
営業時間
2月上旬
料金
鶴ヶ城の夜間登閣は大人400円、小人150円(18〜20時30分)、御薬園は入場無料

データ提供

心にほっこり灯りが灯る、東北の冬まつり。

ライトアップ 電飾 イルミネーション

出典:m.shino310さんの投稿

冬の時期しか楽しめない、東北でおすすめの冬まつりをご紹介しました。外は寒いけれど、思い切って出かけてみたら幻想的な真っ白い雪の世界と心がほっこり温まるようなやさしい灯りがあなたを待っていますよ。地元の人たちの温かいおもてなしにも触れられ、寒さで凝り固まった気持ちもじんわりほぐれていくでしょう。ぜひこの冬は防寒対策をバッチリして、東北の冬まつりに出かけてみてくださいね!

東北のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード