京都がもっと好きになる♡一人旅に最適な「RAKURO京都」

京都がもっと好きになる♡一人旅に最適な「RAKURO京都」

日本でも屈指の人気を誇る観光名所「京都」。歴史的建造物やパワースポット、美味しいグルメを堪能できるレストランなどが沢山あり、いつ行っても魅力満載のエリアですよね。自分のペースで観光することができるので、休みが取れたら気軽に一人旅に出かけてみるのもおすすめです。今回はそんな京都一人旅の拠点にぴったりの、「RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」をご紹介します。

2019年02月05日

次のお休みは、一人で“京都”へ

京都を旅するバックパッカー 

毎日忙しく働いていると、たまには「ゆっくり旅に出かけたいな」と思うことってありますよね。でも、友だちや家族を誘って計画を立てたり、当日もみんなのペースに合わせて動くとなると余計に疲れてしまうことも。そんな時は一人旅に出かけてみるのはいかがでしょうか?初めての一人旅に不安を感じてしまう方は、“京都”を選ぶのがおすすめ。観光名所やパワースポットが多く、ご当地グルメも女性ウケ抜群なものばかりなので、自分好みの旅ができるはずですよ♪同じように一人旅をしている女性も多いので、周りの目を気にすることもありません。
次のお休みは、一人で“京都”へ1796183

出典:10pointさんの投稿

いつも利用しているようなお店も京都だと雰囲気が全然違います。いつ、どこへ出かけても楽しめるのが“京都”の魅力ですね。そんな京都旅の拠点として使いたいのが、今回ご紹介する「 RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」です。

「RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」ってどんなホテル?

「RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」ってどんなホテル?1796147

出典:

2018年5月にオープンした「RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」は、リノベーションホテルで今注目を集めている株式会社リビダが手掛けた「THE SHARE HOTELS」の5店舗目のホテル(2019年1月現在)です。ホテルの名前にもなっている“RAKURO”とは“洛と人をむすぶ路”という意味があり、京都に集まる人達の社交場となること、情報発信や文化の発信地となることなどをコンセプトに誕生しました。話題の会社が手掛けるホテルとあって、早くもメディアや雑誌で数多く取り上げられています。

京都観光の拠点に便利な立地

京都観光の拠点に便利な立地1796146

出典:

「RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」は、京都御所や二条城にほど近いエリアで、嵐山や祇園などの人気観光地へのアクセスも抜群の立地にあります。街に自然と溶け込むようなシンプルながらもスタイリッシュな外観が迎えてくれます。

旅の疲れを癒す、優しい館内が魅力的

旅の疲れを癒す、優しい館内が魅力的1796151

出典:

ロビーに足を踏み入れると、間接照明が照らす優しい空間が広がり、木の温もり溢れる家具やインテリアが迎えてくれます。チェックインの際などにはホテルのスタッフが気さくに声をかけてくれるので、初めての一人旅でも安心して利用できますよ。まずはソファーに座って休憩したり、置かれているアイテムや家具などを見て旅の疲れを癒しましょう♪

旅の疲れを癒す、優しい館内が魅力的1798835

出典:

館内の壁には伝統工芸である清水焼のタイルなどが貼られ、京文化を身近に感じることができます。レトロなのに新しい、不思議な魅力に引き込まれますよ。

旅の疲れを癒す、優しい館内が魅力的1798397

出典:

レセプションスペースには“旅を愉しむ”をテーマに、こだわりの雑貨が並ぶショップが入っています。このスペースに置かれているアイテムは、京都の伝統工芸品や職人をつなぐ「コネクト」の星野龍馬氏とホテルが一緒に選んだものが置かれていて、どれも興味が湧くものばかり。気になるものを見つけたら、京都の伝統工芸に触れる旅に出かけてみるのも良いですね。

チェックインを済ませたらお部屋をチェック!

チェックインを済ませたらお部屋をチェック!1796160

出典:

客室は全部で56室で6タイプを用意しています。主に2~4人が泊まれる部屋が充実していますが、一人旅でも全ての部屋タイプに宿泊することが可能なので、旅の目的に合わせて選んでみてくださいね。部屋ナンバーのサインも可愛らしく、入る前からワクワク♡では、ここからは客室の種類を見ていきましょう!

スタンダードタイプの客室

スタンダードタイプの客室1798409

出典:

スタンダードタイプの客室は「スタンダードダブル」「スタンダードツイン」「スタンダード3」「スタンダード4」の4種類。クイーンベッドが置かれた「スタンダードダブル」の客室は、このホテルの中で一番一人旅にぴったりのお部屋です。19㎡の空間と高い天井、広々としたベッドが旅の疲れを癒し贅沢な気分に導きます。ソファーやテーブルも置かれているので、旅の調べ物をしたりお茶を愉しんだりと、自由気ままな時間が過ごせますよ♡

スタンダードタイプの客室1798453

出典:

「スタンダードツイン」は19~22㎡の広さがあり、開放感のある客室で寛ぎたいという人に人気です。1~3人定員の「スタンダード3」や1~4人定員の「スタンダード4」は、メインベッドの他に畳のスペースがあり、和の空間でゴロゴロしながら寛ぎたい人におすすめ。

スタンダードタイプの客室1796167

出典:

全ての客室がバス・トイレ別になっているので、まるで家で寛いでいるかのような心地よさで過ごすことができます。洗面台は、レトロな雰囲気もあってお洒落!朝の準備もはかどりそうですね。

スーペリアタイプの客室

スーペリアタイプの客室1798803

出典:

「スーペリア」の客室は、畳のスペースを備えた和洋室で、30~32㎡と「スタンダード3」や「スタンダード4」の部屋と比べて少し広い造りになっています。小上がりのベッドスペースにはテーブルも置かれ、飲み物や食べ物を置きながらゴロゴロしたい時にも便利。明るい陽射しが差し込むお部屋で、気持ち良く過ごすことができますよ。

スーペリアタイプの客室1798804

出典:

備え付けの家具は和モダンな空間に溶け込むお洒落なものばかり。特にチェストラックはノスタルジックな雰囲気も醸し出していていて、木の温もりが心を癒してくれます。

ジュニアスイートの客室

ジュニアスイートの客室1798755

出典:

このホテルの中で一番贅沢な客室は「ジュニアスイート」のお部屋です。48㎡の空間には、独立したベッドルームとリビングルーム、畳のスペースがあり、和の心地よさと洋の快適性が詰まっています。このお部屋も一人で利用することができるので、ちょっと贅沢をしたい時にはぴったりですよ♡

ジュニアスイートの客室1798754

出典:

浴室も他の部屋と比べて広く設計されており、旅先でもバスタイムを愉しみたいという人の願いもしっかり叶えてくれます。客室にはナイトウェアや各種アメニティーも揃っているので、かさばりがちな荷物を減らすことができるのも嬉しいですね。

レストラン「ツナグ」で美味しい食事を堪能

レストラン「ツナグ」で美味しい食事を堪能1796162

出典:

館内には、京都で人気のハイボールとフライドチキンのお店「ツナグ」の3号店が入っています。“人と人を、時間を、幸せを、食を通してリンクする、つなげる。”をコンセプトにしたレストランで、宿泊客だけでなく地域の人も気軽に利用できるお店です。大人気のキレと刺激が楽しめる超炭酸ハイボールの他に、京都の食材によく合う国産樽生ワインなども取り揃えているので、一人旅ではお酒が飲める場所に入りにくいという人でも、ここなら気軽に足を運ぶことができますよ。酔っぱらってしまってもすぐに部屋まで戻ることができるのも、女子一人旅で安心できるポイントです。
レストラン「ツナグ」で美味しい食事を堪能1796163

出典:

看板メニューのフライドチキンは145度の低温でじっくりと揚げたジューシーな一品。秘伝のハーブとスパイスで漬け込んだ国産鶏で、ハイボールとの相性も抜群です。他にも地産地消のオリジナル料理があり、気軽に地元の美味しさを味わうことができるのも魅力。ランチ営業もしているので、ボリュームのある料理を味わいたい時にもおすすめです。

朝食は“和”でほっこり♡

朝食は“和”でほっこり♡1796164

出典:

朝食は、京都らしい和食を味わうことができます。「京御膳」は、朝からしっかりと食べたいという人にも好評の、郷土料理である西京焼きやおばんざいがついた体に優しい内容。京豆腐や京漬物など、他ではなかなか味わうことができないようなほっこりとするメニューで、心とお腹がしっかり満たされます。他にも地元産の平飼玉子を使用した「玉子かけ御膳」や、種類豊富でテイクアウトができる「チキンサンド」などもあるので、好みに合わせて選んでみてくださいね。

館内施設も充実していて飽きない

シェアスペースを満喫しよう♪

ライブラリー&ラウンジで読書を愉しむ

ライブラリー&ラウンジで読書を愉しむ1796156

出典:

「ライブラリー&ラウンジ」スペースには、全国で京都に関する講演をしたり京都に関する執筆活動をしている「らくたび」の若村亮氏が選んだ本が置かれています。スマホで簡単に色々調べられる時代ですが、本をめくることで新たな発見や興味が湧いてくることもあるかも。温かい飲みもの片手に読書をすれば、時間を忘れて集中できそうですね。この場所はレンタルスペースとして地元の人に開放されており、一般の人も利用できる空間となっています。

シェアキッチンで料理を愉しむ

シェアキッチンで料理を愉しむ1796155

出典:

シェアキッチンでは、自分で買ってきた食材を使って料理をすることができます。錦市場商店街で買ってきた京都ならではの新鮮な食材を使えば、旅気分も盛り上がりますよ!調理道具や家電などは一式揃っているので、食材だけ持ち込めば良いところも魅力です。この空間は外国人旅行客にも人気なので、異文化交流も楽しめます♪

自転車をレンタルして街を散策

自転車をレンタルして街を散策1798792

出典:

京都の街を散策するのに便利なのがレンタサイクル。ホテルの隣には京都最大級の京都サイクルツアープロジェクトの「御所南サイクルターミナル」があります。自転車の貸し出しはフロントでも行っており、面倒な手間なくサイクリングに出かけられるので、思い立った時に利用してみるのも良いですね。オリジナルのセルフツアーマップも用意してあるので、自分好みのコースを探してみるのも楽しいですよ。詳しく京都の魅力を知りたいという人は、有料ですがオリジナルツアーに申し込むのもおすすめです。

アクセス方法

アクセス方法1798768

出典:

電車の場合は、京都市営地下鉄烏丸線の「丸太町駅」、4番出口から徒歩2分ほどで到着します。大通り沿いに位置しているので、迷わずたどり着くことができますよ。バスを利用する場合は「鳥丸丸太町」から徒歩2分ほどで到着します。

京都がもっと好きになる!素敵なホテルで一人旅を満喫しよう♡

京都がもっと好きになる!素敵なホテルで一人旅を満喫しよう♡1798834

出典:

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した「 RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS」は、京都の街の魅力を再発見し、街に溶け込むホテルステイができるお宿です。皆さんも是非京都に一人旅に出かけたくなったら利用してみてくださいね!きっと心身ともにリフレッシュできるはず♪

公式詳細情報 THE SHARE HOTELS RAKURO 京都

THE SHARE HOTELS RAKURO 京都

二条・烏丸・河原町 / スタンダードホテル

住所
京都府京都市中京区常真横町186地図を見る
アクセス
丸太町駅より徒歩約2分
宿泊料金
2,300円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

2,300円〜 / 人

もっと見る

データ提供

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード