【愛媛・南予】心満ちるレトロな街♪ぶらり散策したい「女子旅スポット」10選

【愛媛・南予】心満ちるレトロな街♪ぶらり散策したい「女子旅スポット」10選

風情あふれるレトロな景観が残されている、愛媛県の「南予(なんよ)」。タイムスリップしたような、非日常な気分を味わえるおすすめのエリアです。江戸時代みたいな街を散策したり、どこか懐かしい離島の漁村に行ったり、昭和感あふれる横丁で写真を撮ったり…さまざまな楽しみ方ができますよ♪そんな南予エリアを、気の置けない女友達と旅しませんか?“心満ちる体験”ができるスポットを10カ所ご紹介します。

2019年03月07日

新生活が始まる春。その前に…

新生活が始まる春。その前に…1810631

出典:alex_antonさんの投稿

暖かい日が増え、春本番はすぐそこ!いよいよ新生活が始まりますね。人事異動や転職などで新たな出会いが多い一方、別れの季節でもあります。女子会メンバーの一人が遠い場所に引っ越してしまう…そんな時は、いつものメンバーで“思い出作りの女子旅”に出ませんか?

ノスタルジックな気分になれる「愛媛・南予」

着物で観光する女性たち

※写真はイメージです

レトロな街並みと豊かな自然が残る愛媛県・南予地方は、女子旅にぴったり。県の西南部にあるこのエリアは、四つの市と五つの町からなり、非日常なひと時を味わえるスポットがたくさんあるんです。江戸時代みたいな街並みを着物姿でお散歩するもよし。離島にあるノスタルジックな漁村で海景色に酔いしれるもよし。思い出をたくさん作っちゃいましょう♡

都内からどうやって行くの?

都内からどうやって行くの?1848499

出典:まきたろうさんの投稿

都内近郊から南予エリアに行く際は、飛行機を利用するのが便利です。羽田空港から松山空港までは1時間20分ほどで到着。松山空港から南予エリアの各地には、バスや電車などでアクセスできます。みんなでワイワイ話しながら移動しているうちに、あっという間に到着してしまいますよ。

それでは早速、南予のおすすめスポットを以下のエリアごとにご紹介します!

●内子町…明治~江戸が香る街に魅了される
●八幡浜市…昔ながらの漁村風景に会える
●西予市…散策にうってつけの穴場
●大洲市…昭和レトロな横丁にワクワク♪

江戸~明治の香りが残るレトロ街「内子町(うちこちょう)」

江戸~明治の香りが残るレトロ街「内子町(うちこちょう)」1809984

出典:

松山空港からリムジンバス+特急列車を利用すれば、約1時間で行ける内子町。江戸~明治時代にかけて、ウルシから作られた蝋である“木蝋(もくろう)”で栄えた町です。JR内子駅から徒歩20分ほどの場所には、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「八日市・護国の街並み」が。

約600mにわたって続く街並みを散策すれば、タイムスリップしたような気分になれますよ♪お屋敷や土蔵はデザインがそれぞれ異なるため、写真を撮るだけでも楽しそう♪
江戸~明治の香りが残るレトロ街「内子町(うちこちょう)」1809987

出典:

みんなでゆったり散策しながら、お気に入りのスポットを探してみましょう。それでは早速、八日市・護国地区やその周辺にある女子旅スポットをご紹介しましょう。

八日市・護国地区の町並みの詳細情報

八日市・護国地区の町並み

住所
愛媛県喜多郡内子町

データ提供

1.「うちこの和 手しごと職人の家」で着物に着替えませんか?

内子駅より徒歩20分ほどの「うちこの和 手しごと職人の家」では、予約をすれば着物の着付け体験を楽しめます。みんなで着物に着替えれば、映える写真が撮れそうですね!予約方法はリンク先で確認を。

2. 蔵を利用した素敵空間「カフェ くら」

2. 蔵を利用した素敵空間「カフェ くら」1849307

出典:MT1575さんの投稿

写真の立派な建物は、JR内子駅から徒歩17分ほどの木蠟資料館「上芳我邸(かみはがてい)」。その敷地内にある蔵を利用した「カフェくら」は、知る人ぞ知る穴場カフェです♡散策の休憩にぴったりですね。

抹茶と和菓子でホッと一息

おすすめの抹茶には、内子銘菓の「ゆずっ子」が付いています。コーヒー、紅茶、かき氷(夏のみ)などもありますよ。

木蝋資料館上芳我邸の詳細情報

木蝋資料館上芳我邸

住所
愛媛県喜多郡内子町内子2696
アクセス
内子駅から徒歩で25分
料金
子供 250円 大人 500円

データ提供

3. ゆらゆら揺れる“和ろうそく屋”の老舗「大森和蝋燭屋」

3. ゆらゆら揺れる“和ろうそく屋”の老舗「大森和蝋燭屋」1810006

出典:

和ろうそくの老舗「大森和蝋燭屋」は、JR内子駅から徒歩12分ほどの立地。江戸時代からの手法で作られた“木蝋”を使ったろうそくは、とっても貴重です。和の風情あふれる店構えに期待が高まります。
3. ゆらゆら揺れる“和ろうそく屋”の老舗「大森和蝋燭屋」1848792

出典:

歴史を感じさせる店内には、種類豊富なろうそくや燭台(しょくだい:ろうそくを立てる台)が並んでいます。

大きく明るい炎に癒される…

和ろうそくは、炎が大きくて明るいのが特徴。風にも強く、無風の場所だと蝋がたれず、さまざまな場所で重宝されているそう。ゆらゆら揺れる炎は美しく、ぼんやり眺めているだけでもリラックスできそう…。女子旅の思い出に一ついかが?

職人技を目の前で見学♪

職人さんが和ろうそくを作っている様子を見学できることも。40〜50度の蝋を素手ですくい上げ、竹串を転がしながら芯になすりつけて形を作っていきます。ツヤ出しをして、形を整えれば完成!高度な技に目を奪われてしまうことでしょう。お店に行かれる際は、公式サイトで定休日を確認してくださいね。

大森和ろうそく屋の詳細情報

大森和ろうそく屋

住所
愛媛県喜多郡内子町内子2214

データ提供

4. 愛媛県最古の芝居小屋「内子座(うちこざ)」

4. 愛媛県最古の芝居小屋「内子座(うちこざ)」1809973

出典:【nao】さんの投稿

内子町の中心エリアにある「内子座(うちこざ)」は、JR内子駅から徒歩7分ほどの場所にあります。こちらは大正天皇の即位をお祝いし、1916年(大正5年)に造られた芝居小屋。今でも芸術文化活動の拠点として使われているんですよ。

舞台役者になった気分で見学!

舞台役者になった気分で見学!1809993

出典:scotchさんの投稿

お芝居のない日には、館内の見学ができます。みんなで舞台に立ってみたり、花道を歩いてみたり…役者さんになった気分でワイワイ楽しく過ごせますよ。普段は見られないような舞台裏までじっくり見学してみましょう。

ハッピを着て記念写真♡

ハッピを着て記念写真が撮れるのもうれしい♪みんなで舞台役者になりきってみましょう。

内子座の詳細情報

内子座

住所
愛媛県喜多郡内子町内子2102
アクセス
内子駅から徒歩で10分
料金
子供 200円 大人 400円

データ提供

懐かしい漁村風景に“海の幸”も!「八幡浜(やわたはま)」

懐かしい漁村風景に“海の幸”も!「八幡浜(やわたはま)」1848910

出典:

北は伊予灘、西は宇和海に囲まれた八幡浜市も、女子旅におすすめ。海好きなメンバーを誘って、ゆったりノスタルジックな旅をしませんか?所々に明治の街並みが残されていて、海辺を散策しているだけで心が癒されます。近くの港からちょっと足を延ばせば、離島に行けるのも魅力的。透き通るように美しい海×和風住宅が織り成す漁村風景は一見の価値があります。

新鮮な魚介類はもちろんミカンも有名で、収穫時期が近づくと段々畑がオレンジ色に染まるとか♪八幡浜市には、松山空港からリムジンバス+特急列車を利用して1時間半ほどで到着できますよ。

5. 海鮮の宝庫「道の駅 八幡山みなっと」

5. 海鮮の宝庫「道の駅 八幡山みなっと」1849314

出典:

「道の駅 八幡山みなっと」は、JR八幡浜駅から車で5分、八幡浜フェリーターミナルからは徒歩3分ほどの場所にあります。海の幸を堪能できる「どーや市場」や、地元の特産品がそろう「アゴラマルシェ」などがあり、食いしん坊女子にはたまらないスポット。フードコートやカフェが充実しており、食べ歩きも楽しめますよ。

その日に水揚げされた魚介に舌鼓

「どーや食堂」 料理 73047559

出典:stewa900さんの投稿

イキのいい新鮮な海の幸が堪能できるのは、海の街ならでは!希望のお魚をその場でさばいてくれたり、料理法を教えてくれたりとサービスが充実しています。みんなでシェアしながら食べてみましょう。写真は「どーや食堂」で味わえる贅沢な“どーや丼”。見ているだけでヨダレが出てきそうですね!

どーや食堂の詳細情報

どーや食堂

八幡浜 / 定食・食堂、魚介料理・海鮮料理、バーベキュー

住所
愛媛県八幡浜市沖新田1581
営業時間
朝の部 7:00~10:00 昼の部 10:00〜14:00 夜の部 17:00〜19:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

デザートはクレープが人気♡

女子に人気なのが、アゴラマルシェ内にある「Roll Crepe Coffee(ロール クレープ コーヒー)」のクレープです。果物屋さんが経営しているお店なので、フルーツのおいしさは折り紙付き!ぜひ試してみてくださいね。

6. 八幡浜のソウルフードを食べてみて!「八幡浜ちゃんぽん」

「丸山ちゃんぽん」 外観 761373

出典:kainupさんの投稿

まだまだ食べられる!という食いしん坊さんは、JR八幡浜駅から徒歩15分ほどの「八幡浜ちゃんぽん」に向かいましょう。1948年創業の“八幡浜ちゃんぽん”の元祖と呼ばれている名店です。
「丸山ちゃんぽん」 料理 83124945 特製ちゃんぽん

出典:みそせんべいさんの投稿

有名な長崎ちゃんぽんは豚骨ベースのスープですが、八幡浜ちゃんぽんは、鶏ガラ、カツオ、昆布だしをベースとしたあっさり系のスープが特徴。えびや豚バラ、イカなど具材がたっぷり使われていて食べ応え抜群です!
「丸山ちゃんぽん」 料理 17872934

出典:おっさんのはじめの一歩さんの投稿

「あんかけチャーハン」もおいしいと評判。チャーハンに醤油ベースの餡がほどよく絡んで、ペロリと完食できちゃいます♪具材にはエビや野菜が盛りだくさん。満足度の高い一皿です。

丸山ちゃんぽんの詳細情報

丸山ちゃんぽん

八幡浜 / ちゃんぽん、定食・食堂

住所
愛媛県八幡浜市八幡浜371-9
営業時間
11:00~15:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7. 市内からサクッと行ける離島群「八幡浜大島」

市内から気軽に離島に行けるのも八幡浜の魅力!大小五つの島からなる「八幡島大島」は、おすすめの女子旅スポットです。今は230名ほどの島民が暮らしていて、昔ながらの漁村風景を見られますよ♡透き通るように美しい海にも心をつかまれます。

島に行くには、まずJR八幡浜駅から徒歩30分、または車で5分の場所にある「大島行き定期船乗り場」に向かいましょう。船に揺られること22分ほどで島に到着。ただし、便数が少ないため乗車時間を調べてから向かうと安心です。
青い海と空が広がる昼間はもちろん、朝方や夕方も風情たっぷり。日の光を受けて輝く海も、遠くに見える山々もハッとするほど美しいですね。みんなで眺めれば、忘れられない思い出になりそうです。

新鮮な“島の幸”は外せません♡

新鮮な“島の幸”は外せません♡1849290

出典:

おいしい海の幸はぜひ食べておきたいところ!島の人々が営む「大島テラス」内の「しまカフェ」では、コスパ良く島グルメを楽しめます。その日に水揚げされたお魚は新鮮そのもの。そのほか、ミカン、じゃがいも、玉ねぎなどの野菜や果物も甘みがあっておいしいと評判です。

着物姿でそぞろ歩きたい…「西予(せいよ)市」

松山空港からリムジンバス+特急列車を利用して、1時間40分ほどでアクセスできる西予(せいよ)市。愛媛県の南西部に位置していて、西は宇和海(うわかい)が広がり、東は高知県と接しています。ここにも着物姿でそぞろ歩きたいレトロなスポットがあるんですよ。
着物で観光する女性たち

※写真はイメージです

西予市の卯之町(うのまち)は、歴史あふれる町並みが残る場所。卯之町駅から徒歩7分ほどの「文化の里休憩所」では、着付け込みの着物レンタルを行なっています(有料)。100着以上ある中から1着を選び、お気に入りの装いで街にGO!思い出に残る写真がたくさん撮れそうですよね。

文化の里休憩所の詳細情報

文化の里休憩所

住所
愛媛県西予市宇和町卯之町3-223

データ提供

8. 明治時代に建てられた校舎に心ときめく「開明学校」

8. 明治時代に建てられた校舎に心ときめく「開明学校」1810104

出典:

JR卯之町(うのまち)駅から徒歩7分ほどの「開明学校」は、レトロ感あふれる場所。明治15年(1882年)に寄付によって建てられたこちらは、四国最古の小学校校舎だと言われています。
8. 明治時代に建てられた校舎に心ときめく「開明学校」1810109

出典:

現在は教育資料館として活用されています。歴史を学べる資料のほか、町内から出土した銅剣も展示中です。外観は洋風ですが内部は純和風で趣たっぷり。建築好きにはたまらないかも?

明治時代の授業はどんな感じ!?

明治時代の授業はどんな感じ!?1810105

出典:

女子旅のメンバーが4名以上なら、なんと明治時代の小学生になったような体験ができちゃいます(要事前予約)。袴姿の先生が当時の授業を再現!みんなで童心に戻って新鮮な体験をしちゃいましょう。予約方法はリンク先で確認を。

開明学校の詳細情報

開明学校

住所
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目110
アクセス
1) 卯之町駅から徒歩で7分 2) 西予宇和ICから車で5分
営業時間
9:00〜17:00 入館受付は16:30まで
定休日
[月] 祝日の場合はその翌日
料金
子供 300円 団体<20名以上>:250円 申義堂・歴史民俗資料館・民具館の入館含む 大人 500円 団体<20名以上>:450円 申義堂・歴史民俗資料館・民具館の入館含む

データ提供

9. 江戸時代から続く伝統の味「山田屋まんじゅう」

「山田屋まんじゅう 本店」 外観 6180818 昔ながらの町並みの一角にあります

出典:kazu_0315さんの投稿

JR卯之町駅から徒歩5分ほどの「山田屋まんじゅう」は、慶応三年(1867年)創業の老舗店。時は江戸時代、この店の創業者が一人の巡礼者をおもてなししたところ、その方がお礼にと“おまんじゅうの作り方”を教えてくれました。創業者はあまりのおいしさに感動!まんじゅう屋さんを開くきっかけになったと伝えられています。

店内ではおまんじゅうがバラ売りされており、食べ歩きに◎。女子旅のお土産にも最適ですよ。

山田屋まんじゅうの皮は薄さ1mm!

「山田屋まんじゅう 本店」 料理 71910944

出典:gropopさんの投稿

おいしいと評判のおまんじゅうは、なんと皮の厚さが1mmほど。あんが透けて見えるほどに繊細です!ANAのビジネスクラスで提供されたこともある逸品です。
「山田屋まんじゅう 本店」 料理 55941445 名水しるこ きら、冷たく冷やしていただきま〜す

出典:kinako-ankoさんの投稿

名水を使った、おしるこ「きら」もおすすめ。十勝産の小豆×四国カルストの水で作り上げた“究極のおしるこ”は上品な味わいです。

山田屋まんじゅう 本店の詳細情報

山田屋まんじゅう 本店

卯之町 / 和菓子

住所
愛媛県西予市宇和町卯之町3-288
営業時間
9:00~18:00
定休日
1/1
平均予算
  • ~¥999

データ提供

決まった日に出現する横丁って?「大洲(おおず)」

松山空港からリムジンバス+特急列車を利用すれば、1時間20分ほどで行ける大洲(おおず)市。“伊予の小京都”と称される町並みが残されており、少し足を延ばすと四季折々の美しい自然もあふれています。お城好き女子には「大洲城」もおすすめですよ。

見所満載でどこに行こうか迷ってしまいますが、ここでは昭和時代にタイムトリップしたような気分になれる「ポコペン横丁」をご紹介!気の置けない友達と、普段とは違う非日常な時間を過ごしませんか?

10. タイムトリップ気分を楽しめる「ポコペン横丁」

10. タイムトリップ気分を楽しめる「ポコペン横丁」1810127

出典:

JR伊予大洲(いよおおず)駅から徒歩20分ほどの「ポコペン横丁」は、決められた日に観光できるレトロな横丁。4〜11月は毎週日曜日、12〜3月は第3日曜日に楽しめます。日程に合わせて女子旅プランを立ててもいいかも?

懐かしい街角でパシャリ!

懐かしい街角でパシャリ!1810128

出典:

敷地内には、レトロな街並みが広がっています。貴重な看板やオブジェが盛りだくさんで、どこもかしこもSNS映えしそうなフォトスポットだらけです!友達と写真をたくさん撮り合ってくださいね。
懐かしい街角でパシャリ!1810129

出典:

中華そばやラムネを味わえるスポット、レトロかわいいおもちゃがそろうショップ、昔の遊びが楽しめるスポットなどがあり、古きよき日本に触れることができます。

昭和30年へタイムスリップ「思ひ出倉庫」

昭和30年へタイムスリップ「思ひ出倉庫」1810609

出典:chia-Beeさんの投稿

敷地内には、昭和30年代の町並みが再現された「思ひ出倉庫」が。数多くのグッズが展示されていて、入り口ではキュートなペコちゃんがお出迎えしてくれます♡
昭和30年へタイムスリップ「思ひ出倉庫」1810610

出典:chia-Beeさんの投稿

こちらは当時の一般家庭を再現したお部屋。ドラマや映画に出てくるようなちゃぶ台も、逆に新鮮ですよね!
昭和30年へタイムスリップ「思ひ出倉庫」1810612

出典:スナ2キンさんの投稿

コカコーラのグッズを集めたお部屋(写真)や、駄菓子屋さん、交番、理髪店などどこか懐かしいレトロスポットが満載。みんなで隅々まで探検してみましょう!

ポコペン横丁の詳細情報

ポコペン横丁

住所
愛媛県大洲市大洲103

データ提供

愛媛県・南予でノスタルジックな女子旅を♡

愛媛県・南予でノスタルジックな女子旅を♡1849479

出典:

愛媛県・南予エリアには、どこか懐かしいほっこりした気持ちになれるスポットが満載。いつもの女子会メンバーで旅して、思い出をたくさん作りませんか?

愛媛県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先