京都の夜を特別オシャレに♡13室のデザイナーズホテル「THE SCREEN」

京都の夜を特別オシャレに♡13室のデザイナーズホテル「THE SCREEN」

京都女子旅は観光をしているだけで素敵な思い出が作れます。でもホテル選びも抜かりなく出来たら、さらに素敵な思い出が作れますよ。個性的なホテルに泊まって、女子旅を思いっきりオシャレに演出しませんか?おすすめは「THE SCREEN(ザ スクリーン)」。13室全てデザインが異なる、スイートルームをもつホテルです。まるで個展を貸切している気分になれて、心が華やぎますよ。一度泊まれば、また泊まりたくなるかも。そんな「THE SCREEN」の魅力に浸かってみましょう。

2020年09月17日

歩くだけ楽しい京都の街並み

歩くだけ楽しい京都の街並み2280877

出典:izzuo119さんの投稿

「清水寺」や「金閣寺」、「平安神宮」など有名な観光スポットが揃う京都。古き良き街並みは、友達と歩いているだけで素敵な思い出が作れます。「二寧坂」は、清水寺の参道の一部。土産物店が並び、街の写真を撮るだけでもオシャレな場所です。着物をレンタルして、友達と歩いてみては?

ホテルでの時間も大事な旅の思い出

ホテルでの時間も大事な旅の思い出2280839

出典:

昼間観光を楽しんで、ホテルへ宿泊。このホテルの時間も、旅には重要な時間ですよね。せっかく京都に女子旅へ来ているのなら、抜かりなくホテル選びをしたいところ。オシャレなホテルに泊まって、特別感のある旅を演出したいですね。

旅の夜がとびきり素敵になるホテル「THE SCREEN」

旅の夜がとびきり素敵になるホテル「THE SCREEN」2280842

出典:

京都にある「THE SCREEN(ザ スクリーン)」は、美的感覚が鋭いおしゃれ女子におすすめのホテルです。全てデザインが異なる、13室のスイートルームが魅力的。13組のクリエイターが手掛けた客室は、旅の時間をさらに上質なものにしてくれますよ。
旅の夜がとびきり素敵になるホテル「THE SCREEN」2282125

出典:

「THE SCREEN」があるのは京都市中京区。地下鉄烏丸線丸太町駅から徒歩8分程、京阪神宮丸太町駅から徒歩7分程です。「京都御苑」や「寺町通り」が近いですよ。各観光スポットにもアクセスしやすいので、旅の拠点にぴったりです。

クリエイターの個性が光る13の客室

「THE SCREEN」の客室は全部で13室。各部屋のデザインをクリエイターが手掛けていて、部屋ごとに異なる雰囲気を楽しむことができます。中でも、特に印象的な客室をご紹介しましょう。

既存の畳の印象を変える「Room No.102 Naoki Ishibashi」

既存の畳の印象を変える「Room No.102 Naoki Ishibashi」2282136

出典:

「畳の茶室」をテーマにした、スイートルーム「Room No.102 Naoki Ishibashi(ナオキ イシバシ)」。落ち着きと豪華さを兼ね備えた空間で、贅沢な京都ステイができますよ。キングサイズダブルベッドなので、友達と手足を伸ばして寝転べます。
既存の畳の印象を変える「Room No.102 Naoki Ishibashi」2280872

出典:

畳職人でい草デザイナーである石橋 直樹さんがデザインした客室。床に赤畳、壁面には赤いい草を使用していて、従来の畳の概念を覆してくれます。

月を愛でる「Room No.103 Hideaki Kubo」

月を愛でる「Room No.103 Hideaki Kubo」2282140

出典:

スイートルーム「Room No.103 Hideaki Kubo(ヒデキ クボ)」。部屋の中に存在する月。月の満ち欠けは調光できるようになっています。そこに見えるのは三日月か、満月か。柔らかい照明が当たるスペースで友達とのんびり過ごせば、安らぎが得られますよ。
月を愛でる「Room No.103 Hideaki Kubo」2282149

出典:

寝具は、ハリウッドツインサイズダブルベッドかツインベッドか選べます。ちょっとしたデスクやゆったりソファーがあるので、思い思いの時間が過ごせますね。

近代を感じる「Room No.304 HARE DESIGN」

近代を感じる「Room No.304 HARE DESIGN」2282155

出典:

「ジャパネスク」をテーマに、日本や京都の要素を現代的に取り入れた客室。スイートルーム「Room No.304 HARE DESIGN(ハレデザイン)」は、こんな部屋に住んでみたいを実現する部屋です。頭の上から浴びられるシャワー、柔らかな水心地のレインシャワー、深層型のジェットバスタブがあるので、旅の疲れを癒せますよ。
近代を感じる「Room No.304 HARE DESIGN」2282156

出典:

ベッドサイドを含め、適所にUSBコネクタが配されています。スマホやタブレットがストレスなく使えて快適。ベッドはツインに変更できますよ。

白を基調にした柔らかな世界へ誘う「Room No.402 Asuka Irie」

白を基調にした柔らかな世界へ誘う「Room No.402 Asuka Irie」2280874

出典:

セミスイートルーム「Room No.402 Asuka Irie(アスカ イリエ)」は、白を基調にした部屋。和と洋が混在した客室は、京都に旅に来ているという実感をもてますよ。クイーンサイズダブルベッドなので、眠る直前まで友達とおしゃべりを楽しめます。
白を基調にした柔らかな世界へ誘う「Room No.402 Asuka Irie」2282134

出典:

壁には、この客室をデザインした入江明日香さんの作品が。入江明日香さんは、色彩豊かな銅版画作家。柔らかく優しい印象の作品を見ていると、心が和んでいきます。

ホテルステイを快適にするワンランク上のアメニティ

「THE SCREEN」は客室のデザインだけでなく、アメニティにもこだわっています。旅先では写真を撮るので、いつも以上にコンディションを上げたいですよね。ホテルステイをワンランクアップさせる、アメニティをご紹介します。

深く癒される♡「TEMPLE SPA」のバスアメニティ

深く癒される♡「TEMPLE SPA」のバスアメニティ2280868

出典:

バスアメニティは、イギリス南部で生まれた「TEMPLE SPA(テンプル スパ)」。イギリス国内と地中海地方の高級スパやホテルで取り入れられているもので、日本では珍しいですよ。深く効果が浸透してくれるので、じんわりとリラックスできます。

ほっと一息にぴったり「一保堂」のお茶

ほっと一息にぴったり「一保堂」のお茶2280869

出典:

各客室には、老舗日本茶専門店「一保堂」の日本茶と、南部鉄器の茶器が用意されています。部屋に着いたら、まずはこちらのお茶で一息♪ほっとできて、贅沢なホテルステイの始まりを予感させますね。

ラウンジでホテル時間を楽しむ♡

「THE SCREEN」には、明るくカフェタイムが過ごせる「ラウンジ 燦々(さんさん)」や夜の大人時間を過ごせる「そら床 鍾馗(しょうき)」があります。どちらも開放的で極上な空間。ホテルに泊まったら、立ち寄ってみてくださいね。

明るい「ラウンジ 燦々」でカフェタイム

明るい「ラウンジ 燦々」でカフェタイム2280879

出典:

「ラウンジ 燦々」では、特製スイーツやこだわりのカフェフードが楽しめます。アフタヌーンティーもできるので、早めに到着した際は立ち寄ってみてくださいね。旅先でゆっくり出来るなんて、大人の旅ならでは。

オープンテラスの「そら床 鍾馗」で京都の夜に酔う

オープンテラスの「そら床 鍾馗」で京都の夜に酔う2280867

出典:

夕食の後は、「そら床 鍾馗」で京都の夜に酔いしれるのも一興。オープンテラスで夜景を眺めつつグラスを傾ければ、昼間の疲れもゆっくり抜けていきます。「そら床 鍾馗」には入れるのは、4月下旬~10月上旬まで。その特別感も楽しんでみてください。

アーティスティックなホテルで特別な京都女子旅を

アーティスティックなホテルで特別な京都女子旅を2280866

出典:

京都はいるだけで素敵な思い出が作れる場所。でもせっかく京都女子旅をするなら、個性的でオシャレなホテルに泊まってみたいもの。京都の「THE SCREEN」は、独創性に富み、居心地もいい客室が揃ったホテル。京都の女子旅を堪能するのにぴったりです。ぜひ一度、滞在してみてくださいね。

公式詳細情報THE SCREEN (ザ スクリーン)

THE SCREEN (ザ スクリーン)

二条・烏丸・河原町 / 高級ホテル

住所
京都府京都市中京区寺町丸太町下ル御霊前町640-1
地図を見る
アクセス
地下鉄 京阪 丸太町駅より徒歩8分
宿泊料金
19,300円〜 / 人

19,300円〜 / 人

もっと見る

データ提供

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先