雨が待ち遠しくなる♡カラフルなあじさいが艶やかな「花手水」がある神社仏閣7選

雨が待ち遠しくなる♡カラフルなあじさいが艶やかな「花手水」がある神社仏閣7選

梅雨の季節は、雨でジトジト。なんだか憂鬱と思っていませんか?しかし、雨の季節しか見られない艶やかな世界が全国にはありますよ。特に、この時期の神社やお寺には色とりどりのあじさいが咲き誇り、中には手水舎にあじさいを浮かべる「花手水」を行うところもあるんです。その幻想的な世界を覗きに、ひとり訪れてみましょう。

2019年06月03日

今だけの情緒を求めて。全国の神社やお寺を巡ろう

雨が待ち遠しくなる素敵な風景が待っています

久安寺(大阪府 池田市)に咲くアジサイ

梅雨の季節はじとじとと雨が続き、湿度も高いので空気も重いように感じることもあります。そんな梅雨の季節は、なんだか憂鬱になりがちというイメージをもっていませんか?でも、梅雨はカラフルなあじさいが咲き誇るシーズン。雨露に濡れたその姿はとても艶やかで、風情にあふれます。特に、この季節ならでは景色が楽しめる、あじさいの美しい神社やお寺があるんです。

艶やかな風景に心ときめく♡

手水舎をカラフルに彩る。あじさいを浮かべた神社やお寺

手水舎をカラフルに彩る。あじさいを浮かべた神社やお寺1887787

出典:いなかっぺさんの投稿

カラフルながらも静かな風情あふれるあじさいは、神社やお寺の厳かな雰囲気にもよく似合います。雨にしっとりと濡れる庭園の景色にも癒されますが、バリエーション豊かなあじさいで手水鉢を彩る「花手水」を行う神社仏閣が話題です。

水に浮かべられた紫陽花

この時期だけに見ることができる特別な風景は、ジトっとした雨の季節をむしろ楽しみなものにしてくれるかもしれません。雨だからこそ行きたい、雨が待ち遠しくなるようなあじさいが美しい神社・仏閣をご紹介します。

※状況により花手水が行われないこともあります。旅行前に公式HPなどでご確認ください。

1.京都府長岡京市「柳谷観音(楊谷寺)」

手水舎だけじゃない。境内隅々まであじさいを楽しんで

楊谷寺のアジサイ

京都府長岡京市にある「柳谷観音(楊谷寺)」は、天皇家や公家たちが眼病治癒のために訪れたという由緒正しいお寺です。”眼の観音様”としても親しまれ、あじさいを始め紅葉の名所としても知られています。最寄り駅は、阪急「長岡天神駅」、「西山天王山駅」またはJR「長岡京駅」の3駅です。ご本尊様の特別御開帳が行われる、毎月17日の縁日にはシャトルバスも運行しますよ。
※「阪急西山天王山駅」「JR長岡京駅」のみ。別途料金あり。

手水舎だけじゃない。境内隅々まであじさいを楽しんで1887666

出典:☆hide☆さんの投稿

こちらはInstagramやTwitterで一躍話題となったお寺で、手水舎に色鮮やかなあじさいを活けています。手を清めるのがもったいなくなりそうなほど美しいですね。

京都府長岡京市柳谷観音楊谷寺の紫陽花を撮影したもの

あじさいの花が詰められた手水鉢もあります。水をたっぷりと含んだ、苔との相性がなんとも言えない和情緒を感じさせます。とても涼し気な見た目に、暑い京都の夏も忘れてしまいそう。

楊谷寺 柳谷観音 紫陽花

中にはこんな素敵な一枚を撮影できるスポットも。ベンチにあいたハート型の穴の向こうには、かわいらしいあじさいが覗きます。境内を散策して、自分だけのオリジナルの一枚を撮影してみては?

この時期だけの特別御朱印も見逃せない

この時期だけの特別御朱印も見逃せない1888201

出典:www.instagram.com(@yanagidanikannon)

毎年6月には「長岡京 柳谷観音あじさいまつり・あじさいウィーク」が開催されます。地元の特産品や、来場しないと手に入れられない商品の販売、またステージコンサートなどが開催されるので、1日中楽しむことができますよ。さらに特別なのが、限定の御朱印をいただけること。あじさいの押し花をあしらっていたり、美しい花手水を台紙にしたものだったりと、初夏らしい風情を感じられます。毎回人気なので、こちらを求めているなら朝一で訪れるのがおすすめです。
※画像は2017年時のもの。

楊谷寺の詳細情報

楊谷寺

住所
京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2

データ提供

2.神奈川県鎌倉市「明月院」

別名「あじさい寺」。ブルーの世界が広がる幻想的なお寺

明月院 山門 紫陽花

神奈川県鎌倉市にある「明月院」は、別名「あじさい寺」とも呼ばれる、あじさいの名所です。12世紀にまで歴史をさかのぼることができる名刹で、境内全域が国指定の史跡となっています。歴史的にも貴重な見どころが多いお寺なんですよ。JR横須賀線「北鎌倉」駅から、徒歩10分ほどです。

別名「あじさい寺」。ブルーの世界が広がる幻想的なお寺1887651

出典:Sho@ごっちさんの投稿

明月院で見ることができるあじさいの見ごろは、5月下旬から6月下旬となっています。日本古来の「ヒメアジサイ」という品種が中心で、上品で吸い込まれそうな深い青が特徴。「明月院ブルー」とも呼ばれているんですよ。約2,500株のあじさいが参道を埋めつくす光景は圧巻の美しさ!

別名「あじさい寺」。ブルーの世界が広がる幻想的なお寺1887633

出典:がしかさんの投稿

明月院では、さりげなく鉢のなかにあじさいを浮かせていますが、なかには金魚のオブジェが入っており、遊び心も感じられます。鉢の色合いと淡いあじさいが、とっても上品ですね。

別名「あじさい寺」。ブルーの世界が広がる幻想的なお寺1887642

出典:JICさんの投稿

明月院といえば、こちらの円窓も有名です。別名「悟りの窓」と呼ばれる円窓のある本堂にも、あじさいが活けられています。円窓の向こうに広がる新緑との対比は、写真を撮るのが好きな人ならぜひチャレンジしてみたい構図ですね。

花想い地蔵 鎌倉明月院

格式ある古刹でありながら、小粋な遊び心がいたるところに見られる明月院。「花想い地蔵」と呼ばれるお地蔵様は、あじさいだけでなく季節ごとのお花を抱えています。

明月院(あじさい寺)の詳細情報

明月院(あじさい寺)

住所
神奈川県鎌倉市山ノ内189
アクセス
北鎌倉駅から徒歩で10分
営業時間
6月 8:30〜17:00、6月以外 9:00〜16:00
料金
小学生 300円 中学生 300円 大人 500円 その他 庭園拝観は500円別途必要となります

データ提供

3.愛知県一宮市「御裳神社(みもじんじゃ)」

何枚でも撮りたくなる。カラフルなあじさいに心躍る♡

何枚でも撮りたくなる。カラフルなあじさいに心躍る♡1887652

出典:きょうはだーよしさんの投稿

あじさいを楽しめる神社として話題になっているのは、こちらの愛知県一宮市にある「御裳神社(みもじんじゃ)」。境内のあじさい園には、なんと70種類以上のあじさいが8,000株も植えられているんですよ。最寄り駅は、JR「尾張一宮」駅もしくは、名鉄「名鉄一宮」駅です。

何枚でも撮りたくなる。カラフルなあじさいに心躍る♡1887658

出典:y_a_s_u_さんの投稿

色とりどりのあじさいが、ぎっしりと浮かべられた手水舎が「映えすぎる!」と話題なんですよ。品種も色も違うあじさいが、見事に調和していますね。色を際立たせてカラフルな一枚を撮っても、フィルター加工を使ってはかなげな一枚にしても…。自分のセンスを発揮してくださいね。

御裳神社の紫陽花

柄杓の中の花びらもまた華憐で素敵。日本ならではの情緒あふれる景色を堪能してくださいね。

御裳神社のあじさい・31

境内にはハート型のあじさいが咲いていることも。「見つけたら恋愛成就する」など自分で決めごとをして散策してみると、より楽しめそう!

御裳神社の詳細情報

御裳神社

住所
愛知県一宮市三条字宮西1145

引用元www.aichi-now.jp

4.秋田県男鹿市「雲昌寺」

まるで「あじさいの海」♡真っ青なあじさいに心落ち着く

まるで「あじさいの海」♡真っ青なあじさいに心落ち着く1887626

出典:朱羽黎音さんの投稿

秋田県男鹿市北浦にある「雲昌寺」。男鹿半島の北側で、JR男鹿駅からタクシーで20分ほどで行くことができます。6月中旬から7月上旬が見頃のあじさいは、約1,200本も咲き誇ります。

まるで「あじさいの海」♡真っ青なあじさいに心落ち着く1890631

出典:

副住職が15年ほど前から育て始め、今日の見事な景観になったのだそう。「青色」のあじさいに特にこだわって株を増やしたので、満開になると一面真っ青な、「あじさいの海」が広がりますよ。

まるで「あじさいの海」♡真っ青なあじさいに心落ち着く1890632

出典:landviperさんの投稿

真っ青な雲海とは一転、手水鉢には色とりどりのあじさいが活けられています。淡い色合いのあじさいたちがぎっしりと浮かべられていてとても幻想的。雨ではじける水しぶきも、素敵なアクセントになりますよ♪

まるで「あじさいの海」♡真っ青なあじさいに心落ち着く1887903

出典:www.instagram.com(@ksty.p.s)

御朱印帳にも青いあじさいが描かれています。御朱印を集めている方はもちろん、そうでない方もこの時期だけの特別な御朱印をいただいてみませんか?

雲昌寺の詳細情報

雲昌寺

住所
秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57

データ提供

5.【番外編】大阪府池田市「久安寺(きゅうあんじ)」

スケールが違う!池に浮かべるあじさいが幻想的

久安寺(大阪府 池田市)に咲くアジサイ

大阪府池田市「久安寺(きゅうあんじ)」は、別名「お花の寺」とも呼ばれる古刹です。春の牡丹、夏のあじさい・シャクナゲ、秋の紅葉に、冬のロウバイ・サザンカというように、四季折々のお花が咲きそろうことでも有名なんです。最寄り駅は、阪急宝塚線「池田」駅です。駅からは、路線バスを利用します。

池に浮かぶ紫陽花とカメラ女子

番外編となっている理由は、あじさいを浮かべている場所。こちらでは手水ではなく、なんと池にあじさいの花を浮かべているんですよ。まるで蓮の花のように浮かぶ光景は、まさに極楽♪あじさいの季節が終わった7月頃からは、蓮の花が見ごろを迎えます。

スケールが違う!池に浮かべるあじさいが幻想的1887662

出典:ともたかサーフさんの投稿

アップで撮ってみても素敵。鏡のように池に写るその姿がとってもきれいですよね。自分のお気に入りのアングルを探してみて。

スケールが違う!池に浮かべるあじさいが幻想的1887665

出典:tomoenさんの投稿

観光中に雨が降っていると、ちょっと残念な気持ちになるものですが、あじさいの鑑賞だけは別ですよね。雨が水面にはじける様子と文様が、まるで芸術作品のよう。憂鬱な気分なんてどこかに吹き飛んでしまいます。

スケールが違う!池に浮かべるあじさいが幻想的1887663

出典:bansuke.comさんの投稿

さまざまな種類のあじさいが、6月いっぱい楽しめます。同じ時期に、菖蒲や水連などの初夏のお花も楽しむことができますよ。また、豊臣秀吉が植えたというかやの木もあります。初夏のお花を楽しみながら、植物が伝えてくれる時の流れも感じましょう。

久安寺の詳細情報

久安寺

住所
大阪府池田市伏尾町697
アクセス
阪急宝塚線「池田駅」からバスで「久安寺」 行バスで「久安寺」下車すぐ
料金
拝観料300円

データ提供

美しく風情あるあじさいの季節を満喫しよう

美しく風情あるあじさいの季節を満喫しよう1887786

出典:milk tea*゜さんの投稿

梅雨のシーズン、傘を差しながらでもお花見を楽しめるあじさいのお花。境内を埋め尽くすようなあじさいも素敵ですが、手水鉢などに活けられたあじさいの風情は、日本人らしい感性の賜ものなのかもしれません。雨の中、憂鬱な気分なんか吹き飛ばして、思い切り和情緒に浸りに行きましょう。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード