2019年07月29日

【小豆島】島伝統の味にホッとする。おしゃれな古民家旅館『味わう、もろみの島宿。真里』

【小豆島】島伝統の味にホッとする。おしゃれな古民家旅館『味わう、もろみの島宿。真里』

瀬戸内海に浮かぶ島々の中でも、女子旅人気の高い「小豆島(しょうどしま)」。その魅力のひとつに、豊かでヘルシーな食文化があります。日本初の国産オリーブや、400年余りの歴史を持つ醤油、風味豊かな手延べそうめんなど、どれも島の風土の中で大切に育まれてきたものです。この記事では、そんな豊かでやさしい島の味を楽しめる旅館「味わう、もろみの島宿。真里」をご紹介します。古民家の雰囲気や、肩ひじ張らないおもてなしも魅力で、忙しない毎日に疲れた心がゆるっと和みますよ。

豊かな景色と食文化に癒される、瀬戸内海の「小豆島」

小豆島のギリシャ風車

映画「魔女の宅急便」の世界観を楽しめる公園をはじめ、フォトジェニックな名所いっぱいの人気観光地・小豆島(しょうどしま)。島伝統の食文化も有名で、日本初の国産オリーブや、400年余りの歴史を持つ醤油、風味豊かな手延べそうめん、そして近海でとれる魚介など、おいしい魅力がたくさんあります。

小豆島では、のんびりとした雰囲気と美しい景色、そして豊かな食に癒される、大満足の旅を楽しむことができますよ。

島の魅力を楽しむ大人の空間『味わう、もろみの島宿。真里』

島の魅力を楽しむ大人の空間『味わう、もろみの島宿。真里』1919187

出典:

そんな小豆島での、ちょっぴり大人な旅行におすすめしたいのが、「味わう、もろみの島宿。真里」です。古民家の風情あふれる落ち着いた空間で、「瀬戸内海の食材」と「小豆島の醤油」のマリアージュをゆったりと楽しむことができるんです。

古民家の雰囲気と、島伝統の味わいにホッとする旅はいかが?

古民家の雰囲気と、島伝統の味わいにホッとする旅はいかが?1917196

出典:

ゆっくり浸かれる温泉風呂や、肩ひじ張らないおもてなしも魅力で、忙しない毎日に疲れた心がゆるっと和みますよ。”大人の隠れ家”といった雰囲気たっぷりの宿で、心身が癒される旅をしてみませんか? この記事では、「味わう、もろみの島宿。真里」の魅力をご紹介していきます。

公式詳細情報味わう、もろみの島宿。 「真里」

味わう、もろみの島宿。 「真里」

小豆島 / 高級旅館

住所
香川県小豆島醤油倉通り2011
アクセス
土庄港より車で30分

を見る

データ提供

田舎のおばあちゃんちのようにくつろげる「味わう、もろみの島宿。真里」

「島宿 真里」 外観 98957548 これから始まる宿泊を迎える玄関。

出典:みつごとうさんさんの投稿

「味わう、もろみの島宿。真里」は、昔ながらの醤油蔵や佃煮工場が並ぶ、ノスタルジックな通りの奥にあります。和の風情あふれる綺麗な外観で、これからの滞在への期待が高まります。

「島宿 真里」 内観 84898701

出典:naruk518さんの投稿

玄関から中に入っていくと、そこにはホッと落ち着く空間が広がっています。石づくりの玄関や、しっかりとした梁、木材の香り。古民家のおばあちゃんの家に遊びにきたような、リラックスした気分になれますよ。家具はレトロなデザインのものや、アンティーク調のものが使われていて、昔ながらでありつつおしゃれな雰囲気です。

昔ながらの建物をいかした、”ひしおでもてなす”お部屋

客室は全部で8室。それぞれの客室の名前をつなげると、「ひしおでもてなす」という言葉になります。「醤(ひしお)」とは、”塩を加えて発酵させた塩蔵品”、つまり醤油のこと。「お醤油でおもてなしをする」という、宿のスタイルが現れていておしゃれですね。

有形文化財の蔵を使ったおこもり空間「ひしの間」

「島宿 真里」 外観 32844811 ひしの間

出典:グアルデリコさんの投稿

「ひしの間」は、国の登録有形文化財指定の蔵をリノベーションしたお部屋です。重厚な土壁や梁から、日本の伝統を感じられます。1階は掘りごたつのある居間とテラス、2階はツインベッドの寝室というメゾネットタイプになっています。

有形文化財の蔵を使ったおこもり空間「ひしの間」1919207

出典:

間接照明が粋で、落ち着いた雰囲気。家具はモダンで使い勝手が良く、のびのびとくつろげますよ。掘りごたつでぬくぬくと温まりながら、お喋りを楽しんではいかがでしょうか。

開放感あふれる洋室がおしゃれな「おの間」

「島宿 真里」 内観 21026978

出典:リトルミスグルタミンさんの投稿

坪庭に面した「おの間」は、最も広い2階建ての特別室。唯一洋間があり、インテリアも洋風おしゃれです。ソファに寝ころびながら庭を眺めたり、2階の夕景が美しいテラスでお酒を飲んだり、ちょっぴり優雅に過ごすことができますよ。窓の外からほんのりと香る醤油が、小豆島で非日常を過ごしていることを実感させてくれそうです。

和の趣に癒される「す」の間

和の趣に癒される「す」の間1919210

出典:

一般客室の「すの間」は、畳の感触が心地いいお部屋。昔ながらの日本の暮らしを感じさせる、縁側と手水鉢付きの坪庭がポイントです。縁側に腰かけてのんびり庭を眺めていると、都会の喧騒も綺麗さっぱり忘れることができるでしょう。

すべてのお部屋に温泉風呂がついています◎

すべてのお部屋に温泉風呂がついています◎1918799

出典:

デザインや眺望はそれぞれ異なりますが、全ての客室には温泉風呂が付いています。お湯は、新鮮な自家源泉の「里枝温泉」。美肌効果があるといわれているメタけい酸を多く含んでいるため、湯上りの肌がつるつるになるのだそうです。ゆっくり温泉に浸かって、疲れたお肌に潤いを与えてあげましょう。

開放感あふれる貸切風呂も。心からリラックスできそう!

開放感あふれる貸切風呂も。心からリラックスできそう!1919213

出典:

敷地内には、内湯と露天湯を備えた貸切浴場が2か所あります。誰にも邪魔されず、友達同士でゆっくりと入浴するなら貸切風呂がおすすめです。「竹の湯」の露天風呂は開放感があり、植物に囲まれて心からリラックスできそうです。

開放感あふれる貸切風呂も。心からリラックスできそう!1918801

出典:

「石の湯」の内湯は、坪庭の景色と温かみのあるランプが素敵です。湯船はあまり広くありませんが、露天と内湯の両方があるので、友達同士でものびのびとくつろげるでしょう。

湯上りにはフレッシュな自家製果実酒を

「島宿 真里」 ドリンク 97646802 さまざまなお酒を無料で楽しめます

出典:yoshimin+さんの投稿

湯上りは果実酒でほっと一息。ロビーには自家製の季節の果実酒がずらりと並んでいます。瓶自体がかわいくて、思わず写真を撮りたくなります。いろいろな種類があるので、友達と違うものを選んで味比べをするのも楽しそうですね。

有形文化財の食事処で、お楽しみのディナータイム!

有形文化財の食事処で、お楽しみのディナータイム!1919218

出典:

お料理は、昭和初期の木造建築をリノベーションした、国の登録有形文化財の建物でいただきます。ガラス戸や古美術の調度品に囲まれた趣のある空間で、しっとり食事を楽しめますよ。個室タイプになっているので、他のお客さんのことを気にせず、友達とのお喋りも満喫できそうですね。

伝統的な手法で作られる、まろやかな醤油

伝統的な手法で作られる、まろやかな醤油1918804

出典:

小豆島ではおよそ400年前から醤油の生産が盛んでした。「味わう、もろみの島宿。真里」の会席料理では、そんな島伝統の醤油の味わいを楽しむことができます。伝統的な手法で作られた醤油は、角がなく柔らかな味わいになるのだとか。様々な種類の醤油があるので、友達と好みを言い合いながら食べ比べできて、思い出に残る食事になるでしょう。

お醤油が、瀬戸内の魚介や野菜のおいしさを引き立てます

「島宿 真里」 料理 61029525

出典:Primaberryさんの投稿

小豆島の醤油に合わせて楽しむのは、瀬戸内海の幸や、島でとれた野菜。”小豆島でしか食べられないお料理を”と、店主自ら市場で目利きしているのだそうです。口コミでも非常に評判が高い、「味わう、もろみの島宿。真里」の醤油会席。素材と醤油のうま味が口の中で溶け合う瞬間は、言葉にできないほどのおいしさですよ。

オリーブやそうめんなどの名産品も

オリーブやそうめんなどの名産品も1918845

出典:

オリーブや手延べそうめんなど、小豆島を代表する特産品も楽しめます。小豆島産のオリーブオイルとオリーブを合わせ、土鍋で炊いたオリーブご飯は人気のメニュー。意外な組み合わせですが、豊かな香りに食欲がそそられます。ヘルシーなオリーブを使ったご飯は、女子旅の思い出に残りそうですね。

ゆっくり、時間をかけていただきたい朝ごはん

ゆっくり、時間をかけていただきたい朝ごはん1917213

出典:

朝ごはんも食材の良さと料理の手間ひまを感じられる内容で、じっくりと、時間をかけて味わいたくなるおいしさです。素朴な味わいを楽しんで、旅を締めくくりましょう。

お土産に、自家製調味料はいかが?

お土産に、自家製調味料はいかが?1919228

出典:

チェックアウトの時間は名残惜しいもの。館内にはギャラリーショップがあるので、「味わう、もろみの島宿。真里」に宿泊した記念に、自家製の調味料を購入してはいかがでしょうか? 宿での豊かな食体験を、自宅でも楽しめそうです。宿で使用されている美術工芸品もおすすめ。いつでも小豆島の旅を思い出せる、特別なお土産になりますよ。

島時間の中でのんびり。心と体が癒される♪

島時間の中でのんびり。心と体が癒される♪1918807

出典:

ほっこり落ち着く古民家で、島の豊かな食文化を楽しめる「味わう、もろみの島宿。真里」をご紹介しました。小豆島の観光スポットをめぐった後は、大人の隠れ宿でゆっくりと癒されてはいかがでしょうか? 遊びも癒しも満喫する、充実の旅になるはずですよ。

公式詳細情報味わう、もろみの島宿。 「真里」

味わう、もろみの島宿。 「真里」

小豆島 / 高級旅館

住所
香川県小豆島醤油倉通り2011
アクセス
土庄港より車で30分

を見る

データ提供

香川県のツアー(交通+宿)を探す

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ