【京都】食べるのがもったいない!美しすぎるフォトジェニックなスイーツ8選

【京都】食べるのがもったいない!美しすぎるフォトジェニックなスイーツ8選

毎年世界中から観光客が訪れる人気の観光地・京都。観光スポット巡りはもちろん、和菓子処である京都では京都ならではのスイーツを食べるのも楽しみですよね。今回は京都に行ったら外せない、美しすぎるフォトジェニックなスイーツをご紹介。美味しくって可愛いスイーツは身も心も癒してくれますよ♪

2019年08月16日

食べるのをためらってしまう、京都の宝石みたいなスイーツたち

「かしや」 料理 92903812

出典:カフェモカ男さんの投稿

日本三大和菓子の筆頭である京都では、日々洗練された新しいスイーツが誕生しています。SNSでも話題のアーティスティックなスイーツをご紹介。目でも舌でも楽しめるお洒落なスイーツばかりで、欲張り女子も大満足間違いなし!今回は京都に行ったら外せない、美しすぎるフォトジェニックなスイーツをご紹介します。

1. 本物そっくりな鉱物スイーツ「ウサギノネドコ」

アメジスト パンナコッタ

「ウサギノネドコ 京都店」 料理 69218929

出典:めももさんの投稿

本物と見紛う鉱物スイーツをいただける「ウサギノネドコ」。人気の「アメジスト パンナコッタ」は、牛乳のパンナコッタの上に紫のゼリーが飾られていて、まさにアメジストそのもの!ランチセットに+300円で食べられるので、ぜひお店で本物と見比べてみてくださいね。

ガーデンクォーツ・ティラミス

「ウサギノネドコ 京都店」 料理 87203481

出典:おはぎ侍さんの投稿

水晶の1種類である「ガーデンクォーツ」をモチーフにしたティラミス仕立てのゼリー。中には、重ねたエスプレッソを染み込ませたクッキー生地とマスカルポーネのクリームが閉じ込められています。甘酸っぱいベリーソースを絡めて召し上がれ。

ウサギノネドコ 京都店の詳細情報

ウサギノネドコ 京都店

西大路御池、西大路三条、二条 / カフェ

住所
京都府京都市中京区西ノ京南原町37 ウサギノネドコ
営業時間
11:30~19:00(L.O 18:00)
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2. 珈琲専門店のフォトジェニックなパフェ「珈琲焙煎所 旅の音」

珈琲ゼリーパフェ

珈琲ゼリーパフェ1934143

出典:instagram.com(@tabinonecoffee)

地元情報誌の表紙を飾った、京都で話題の「珈琲ゼリーパフェ」。幾層にも重なった美しいパフェは、まさにフォトジェニック!ゼリーは香り高いエチオピア産のスペシャルティコーヒー豆を使用、下層のミルクゼリーの甘さやラズベリージャムの酸味を引きたて、大人の味わいに仕上がっています。

「珈琲焙煎所 旅の音」 料理 72261071

出典:etoil685さんの投稿

パフェの蓋になっている焼きマシュマロが乗ったクッキーは、パフェと別々に食べても、崩してグラスの中に入れてパフェと一緒に食べても、お好みでどうぞ♡

珈琲焙煎所 旅の音の詳細情報

珈琲焙煎所 旅の音

茶山、元田中、一乗寺 / カフェ、コーヒー専門店、喫茶店

住所
京都府京都市左京区田中東春菜町30-3 THESITE A号
営業時間
[火〜日] 11:00〜19:00 ※2019/5/14から営業時間が11:00〜19:00に変更となりました。
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

3. 見た目も味もスペシャルなチョコレート「ベルアメール京都別邸」

瑞穂のしずく

瑞穂のしずく1940232

出典:www.instagram.com(@belamer_official)

枡に見立てたショコラの中に、ジュレ状の国産素材が詰まった「瑞穂のしずく」。ジュレは、果実フルーツ、日本酒、お茶の3種類が用意されています。これぞまさに宝石といったビジュアルに、心が躍ります。

スティックショコラ

スティックショコラ1942078

出典:www.instagram.com(@belamer_official)

アイスキャンディのような見た目の「スティックショコラ」。3つのカテゴリで、その種類はなんと全15種類!15種類すべてパッケージも違い、中身も外見も見ているだけでワクワク。乙女心をわし掴みにされる、可愛らしさです。

ベルアメール 京都別邸の詳細情報

ベルアメール 京都別邸

烏丸御池、京都市役所前、烏丸 / チョコレート、カフェ、ケーキ

住所
京都府京都市中京区三条通堺町東入ル北側桝屋町66
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

4. 和と洋が絶妙に融合した和スイーツ「かしや」

ANMITSU

「かしや」 料理 31196526 ANMITSU(kashiyaのあんみつ)

出典:ingridbさんの投稿

パリの二つ星レストランのシェフパティシエから京都の和菓子職人へと転身したオーナーが務める「kashiya」。彼女が生みだすデザートは、和洋の枠に囚われない新感覚のデザート。まさに芸術品です。

金柑、チョコレート

「かしや」 料理 49818131 金柑、チョコレート

出典:みるみんくさんの投稿

「kashiya」では、繊細に盛りつけられた皿盛りのデザートがメイン。常に旬の食材を使ったスイーツが提供されるので、行くたびに新しい驚きがあり、何度訪れても飽きません。

かしやの詳細情報

5000かしや

三条京阪、神宮丸太町、三条 / 洋菓子(その他)、カフェ、甘味処

住所
京都府京都市左京区吉永町270-3
営業時間
平日11:30~18:30LO 土日祝日~19:30LO
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5. 全種類制覇したくなる、和洋折衷のあんこスイーツ「あのん」

あんぽーね&あんえくれあ

「あのん 祇園本店」 料理 61431324

出典:y-u-8227さんの投稿

和洋の枠を超えた、新感覚のあんこスイーツで人気の「あのん」。粒あんとマスカルポーネチーズクリームをサンドして頂く「あんぽーね」や、漉しあんと生クリームを挟み、抹茶のガナッシュでお化粧した「あんえくれあ」など、どれもこれも魅力的で目移りしちゃいます。

あんです

「あのん 祇園本店」 料理 50579997 あんです 京おはぎ サービスのアイスクリーム

出典:yoshimin+さんの投稿

「餡です」とアンデス山脈を掛けたユニークなネーミングの「あんです」。サクサク食感のメレンゲ菓子の土台に粒あんと生クリームが2層仕立てに。あっさりとした味わいの白あんで包み込み、仕上げは抹茶で薄化粧♪アンデス山脈に広がる春の新緑の芽吹きをイメージしているそうで、春にいただきたいお菓子です。

あのん 祇園本店の詳細情報

あのん 祇園本店

祇園四条、三条京阪、三条 / カフェ、甘味処、スイーツ(その他)

住所
京都府京都市東山区清本町368-2
営業時間
月〜金12:00〜20:00 土 10:00〜20:00 日・祝10:00~18:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6. 食感や味の組み合わせの妙に感嘆!「アッサンブラージュ カキモト」

テ・ベール

「アッサンブラージュ カキモト」 料理 59515704

出典:ゆっきー6さんの投稿

他にはない独創的なスイーツで話題の「アッサンブラージュ カキモト」。オープニング時からの人気メニュー「テ・ベール」は、丸みを帯びたグラスの中に様々な素材を詰め込み、薄いチョコレートプレートで蓋をした、まるで芸術作品のようなスイーツです。

「アッサンブラージュ カキモト」 料理 56309699 2016.09 上からチョコソースを掛けると・・・

出典:ななしょうさんの投稿

その最大の魅力は何といっても目の前で仕上げられる演出!チョコレートの蓋の上から温かいチョコレートソースを注ぐと、とろりと溶けてグラスの中へ。あとは混ぜないでいただきましょう。混ぜないで食べることで一口ごとに味わいの変化が楽しめますよ。

アッサンブラージュ カキモトの詳細情報

1000アッサンブラージュ カキモト

神宮丸太町、京都市役所前、丸太町(京都市営) / チョコレート、ケーキ、カフェ

住所
京都府京都市中京区竹屋町通寺町西入ル松本町587-5
営業時間
[月・水~日] 12:00~17:00(Cafe) 12:00~19:00(Store) 18:00~(Dinner 要予約)
定休日
火曜日、第2・4水曜日 (不定休)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

7. 老舗料亭のこだわりデザート「無碍山房 Salon de Muge」

濃い抹茶パフェ

「無碍山房 サロン・ド・ムゲ」 料理 86406154

出典:喘息男さんの投稿

老舗料亭「菊乃井」の絶品ランチやスイーツを気軽に楽しめる「無碍山房 Salon de Muge」。その看板メニューがこちらの「濃い抹茶パフェ」。最高級の宇治抹茶を使って一つずつ作られるパフェは、抹茶アイスをベースに小豆、白玉、生姜風味のカステラ、抹茶ゼリーがぎっしり。一口食べると、抹茶の芳香が口一杯に広がります。

かき氷 モンブラン

「無碍山房 サロン・ド・ムゲ」 料理 72584978 モンブラン

出典:てるてる!(^^)!さんの投稿

これでもか!とばかりに栗を贅沢に使用したかき氷。しっかり固めたかき氷の上に、ラム酒を効かせた甘さ控え目の栗のペーストがたっぷり♡ かき氷の中に隠れているほろ苦いキャラメルアイスと、ふっくらと炊き上げた黒豆と小豆がアクセントになり、最後まで飽きずに食べられます。

無碍山房 サロン・ド・ムゲの詳細情報

無碍山房 サロン・ド・ムゲ

東山、祇園四条、蹴上 / 京料理、甘味処、喫茶店

住所
京都府京都市東山区下河原町通高台寺北門前鷲尾町524
営業時間
11:00~18:00 ※11:00〜13:00(L.0.12:30)は時雨めし弁当と飲物を提供。 ※13:30〜18:00(L.0.17:00)は甘味と飲物を提供する喫茶サロン。
定休日
第1・3水曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

8. 老舗チョコレート店の口福なスイーツ「サロン・ド・ロワイヤル」

ボンボンショコラ

「サロン・ド・ロワイヤル 京都店」 料理 22707130 ボンボンショコラ  '13 11月中旬

出典:デセールさんの投稿

1935年創業のチョコレート専門店「サロンドロワイヤル」。厳選素材で作られるチョコレートは、正しく食べられる宝石!見た目に可愛く、もちろん味も文句なし。整然とショーケースに並ぶチョコレートは、見ているだけでワクワクしてきます。

トロアグラス

「サロン・ド・ロワイヤル 京都店」 料理 95073228 トロアグラス

出典:fujimo123さんの投稿

夏季(5~9月)は鴨川沿いに川床がお目見え。開放的な雰囲気の中、川のせせらぎを聴きながら美味しいスイーツを堪能するのは格別です。

サロン・ド・ロワイヤル 京都店の詳細情報

5000サロン・ド・ロワイヤル 京都店

京都市役所前、三条、三条京阪 / チョコレート、カフェ、ケーキ

住所
京都府京都市中京区木屋町通り御池上ル上樵木町502 1F
営業時間
営業時間:11:00~20:00 納涼床(6月~8月):16:00~21:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?1940235

出典:www.instagram.com(@belamer_official)

伝統を重んじながらも常に進化している京都のスイーツ。目で見て楽しい、食べて美味しい絶品スイーツの数々は京都までわざわざ足を運ぶ価値があります。次回京都を訪れたときはぜひ素敵なスイーツ巡りを楽しんでくださいね。

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード