【京都】苔で作られた御朱印って…?秋限定の苔アート「モシュ印&コケ寺リウム」が素敵!

【京都】苔で作られた御朱印って…?秋限定の苔アート「モシュ印&コケ寺リウム」が素敵!

日本一の観光地・京都には、いつでも新しい魅力があります。花の美しさや歴史あるお寺もステキですが、たまには緑の美しい「苔」に注目してはいかが?今回は、京都市内8か所のお寺を、苔を使ったアートイベント「モシュ印&コケ寺リウム」とともに、ご紹介いたします。しみじみとした苔の美しさを楽しみましょう。

2019年09月19日

京都で、みどり美しい「苔寺」めぐりの旅を

京都で、みどり美しい「苔寺」めぐりの旅を1953013

出典:www.instagram.com(@hinami0109)

忙しい、つらい、いそがしい…という日々でお疲れモードになった方は、みずみずしく美しい「苔(こけ)」に癒されてはいかがですか?京都では、初夏はもちろん夏が終わるころから、しっとりした「苔」がクローズアップされてきます。海外からやってくる観光客も多い、京都の人気スポット「苔寺」で心と体のうるおいを取り戻しましょう。

苔を生かしたイベントも開催♪

京都の秋をいろどる「モシュ印」「コケ寺リウム」

京都の秋をいろどる「モシュ印」「コケ寺リウム」1951304

出典:www.instagram.com(@ikuiku07)

そんな「苔」人気を生かした、アート作品が京都では注目を集めています。名付けて「モシュ印(モシュいん)」と「コケ寺リウム(コケてらリウム)」。「モシュ印」とは、苔の英訳である「moss(モス)」と「御朱印」をかけ合わせた造語で、御朱印を苔でかたどった巨大な「苔御朱印」のこと。縦1.5メートル、横1メートルあり、とても迫力があります。

京都の秋をいろどる「モシュ印」「コケ寺リウム」1952767

出典:www.instagram.com(@ryooota_yuzu)

こちらは小ささがキュートな「コケ寺リウム」。各寺院の建物などをジオラマにして、庭園を苔で作ったものが、金魚鉢のようなガラス容器におさめられています。思わず見入ってしまうほどの精巧さ。みごとなミニチュアアートです。

今回は、京都のお寺8か所の魅力を苔アートとともにご紹介します。すがすがしい苔庭を眺め、モシュ印とコケ寺リウムをスマホで撮影する旅はいかがですか?

※どの苔アートも各寺院の拝観時間中に見られますが、法要など拝観休日は見られませんので、ご注意ください。また、いずれもお寺の拝観料は必要です。

洛中エリア

「洛中」は、上京区から南区までのエリア。「祇園(ぎおん)」「二条城」や「三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)」のある京都の中心地です。京都駅からのアクセスもいいので、初めての京都観光でも気軽に散策できます。

1.京都最古の禅寺「建仁寺」

1.京都最古の禅寺「建仁寺」1951319

出典:ginkosanさんの投稿

「建仁寺(けんにんじ)」は、京都最古の禅寺です。正面に天皇の使いが使用する「勅使門(ちょくしもん)」があり、「三門(さんもん)」・「法堂(はっとう)」・「方丈(ほうじょう)」が一直線に並ぶ幾何学的な作りが特徴です。

1.京都最古の禅寺「建仁寺」1951314

出典:www.instagram.com(@ikuiku07)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、「方丈 北の間」にあります。モシュ印に書いてある「拈華堂(ねんげどう)」とは、御本尊の「釈迦如来坐像」が安置されている「法堂」のことです。

1.京都最古の禅寺「建仁寺」1951317

出典:www.instagram.com(@ikuiku07)

実に精巧に作られた「大雄苑」は、建仁寺にある有名な枯山水のお庭です。本物を見て、コケ寺リウムを見ると、またおもむきが違います!

建仁寺の詳細情報

建仁寺

住所
京都府京都市東山区大和大路四条下ル小松町584
アクセス
JR京都駅から市バスで20分
営業時間
10:00〜16:00
料金
大人 500円 高校生300円 小学生以下無料

データ提供

洛南エリア

「洛南」は、京都市中心部から南にあるエリア。「伏見稲荷大社」のある伏見区や桜で有名な「醍醐寺(だいごじ)」、宇治市の「平等院鳳凰堂」のあるエリアです。京都の中心部から少し離れるので、しずかな雰囲気を味わえます。

2.日本最大級・最古の伽藍と四つの庭園で有名「東福寺」

2.日本最大級・最古の伽藍と四つの庭園で有名「東福寺」1951791

出典:izzuo119さんの投稿

「東福寺(とうふくじ)」は、国内で最大級・最古クラスの建物が多数残っているお寺です。境内には日本に現存する最古の「三門」があり、国宝に指定。ほかにも「禅堂」「浴室」「東司(とうす トイレのこと)」「愛染堂」など重要文化財の建築物が多く、また石を使った庭園の美しさでも有名。「方丈」の東西南北にある「八相の庭(はっそうのにわ)」は、作庭家・重森三玲(しげもりみれい)の傑作です。

2.日本最大級・最古の伽藍と四つの庭園で有名「東福寺」1951344

出典:www.instagram.com(@yumiko_o_)

「モシュ印&コケ寺リウム」は、紅葉でも人気の高い「本坊庭園(方丈)」にあります。流れるような御朱印の文字をそっくりうつした「モシュ印」の美しさが、秋の風景の中に溶け込んでいます。

2.日本最大級・最古の伽藍と四つの庭園で有名「東福寺」1951345

出典:www.instagram.com(@yumiko_o_)

3種類ある「コケ寺リウム」のうち人気なのが「北庭 市松の庭」を切り取ったものです。四角の敷石とふわふわのコケの取り合わせが、とってもスタイリッシュ。

2.日本最大級・最古の伽藍と四つの庭園で有名「東福寺」1951346

出典:1bonneさんの投稿

こちらが本物の「市松の庭」。見比べると、コケ寺リウムの可愛らしい雰囲気と、庭園のクールさの対比が感じられるでしょう。時間を取ってじっくり眺めたいお庭です。

東福寺の詳細情報

東福寺

住所
京都府京都市東山区本町十五丁目778
アクセス
1) JR京都駅から市バスで15分 2) JR奈良線・京阪本線東福寺駅から徒歩で10分
営業時間
[4月〜10月] 9:00〜16:00 (拝観受付終了は16:00、16:30に閉門) [11月〜12月上旬] 8:30〜16:00 (拝観受付終了は16:00、16:30に閉門) [12月上旬〜3月] 9:00〜15:30 (拝観受付終了は15:30、16:00に閉門)
料金
●通天橋・開山堂/ 拝観料400円(小中学生 300円)●国指定名勝 東福寺本坊庭園/ 拝観料400円(小中学生 300円)

データ提供

洛北エリア

「洛北エリア」は、左京区の北側や北区エリア。世界遺産である「上賀茂・下鴨神社(かみがも・しもがもじんじゃ)」や京都の奥座敷「貴船(きふね)」、京都の山里「鞍馬寺(くらまでら)」のあるところです。山あいの景色を存分に楽しめるエリアです。


3.京都有数の苔庭・紅葉スポット「圓光寺」

3.京都有数の苔庭・紅葉スポット「圓光寺」1951830

出典:ancretさんの投稿

「圓光寺(えんこうじ)」は、江戸時代に徳川家康がつくった学校がもとになっているお寺です。そのため家康に与えられた出版用の「木活字」や古い書籍などがたくさん残されています。またスギゴケの緑があざやかな池泉式回遊庭園「十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)」は、秋になると紅葉が散ってアートのような世界です。

3.京都有数の苔庭・紅葉スポット「圓光寺」1951339

出典:www.instagram.com(@yumiko_o_)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、宝物殿の「瑞雲閣(ずいうんかく)」にあります。現存する最古の木製活字(重要文化財)が展示されている建物です。モシュ印の見事な文字と一緒に、日本の出版の歴史も学んでみてはいかが?

3.京都有数の苔庭・紅葉スポット「圓光寺」1951340

出典:www.instagram.com(@yumiko_o_)

3種類のコケ寺リウムでは、「十牛之庭からみた本堂」や枯山水「奔龍庭」、「正門からスギゴケの階段をみた風景」が、ガラス容器の中におさめられています。どれもコケのみずみずしさを生かした作品です。

圓光寺の詳細情報

圓光寺

住所
京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
アクセス
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、一乗寺下り松町下車、徒歩10分

データ提供

4.苔庭・四季の花で人気のお寺「三千院」

4.苔庭・四季の花で人気のお寺「三千院」1951856

出典:夏花火さんの投稿

「三千院(さんぜんいん)」は、比叡山(ひえいざん)のふもとにある天台宗のお寺です。自然の地形を生かした境内には、「往生極楽院」がある「有清園(ゆうせいえん)」、客殿前の「聚碧園(しゅうへきえん)」があり苔の美しさで有名。ほかにもシャクナゲやアジサイが咲き、花の絶えない人気スポットです。

4.苔庭・四季の花で人気のお寺「三千院」1951347

出典:www.instagram.com(@hinami0109)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、「客殿」にあります。大正元年に大補修された「客殿」には、当時の京都画壇を代表する画家であった「竹内栖鳳(たけうちせいほう)」や「望月玉泉(もちづきぎょくせん)」らのふすま絵が奉納されました。現在、これらの貴重なふすま絵は宝物殿に所蔵されていますから、モシュ印を見た後にじっくりと眺めましょう。

4.苔庭・四季の花で人気のお寺「三千院」1951348

出典:www.instagram.com(@hinami0109)

3種類のコケ寺リウムは、どれも三千院の自然あふれる風景を再現したもの。こちらは「往生極楽院周辺」の様子が、そのままコンパクトにまとまっています。ガラス容器の中にある景色はどこか愛らしくてキュートです。

4.苔庭・四季の花で人気のお寺「三千院」1951349

出典:www.instagram.com(@hinami0109)

こんなかわいらしい「お地蔵さん&コケ庭」もあります。三千院のお庭には、わらべ地蔵がたくさん置いてあり、ひとつ見つけるたびに、ほんわかした気分になれます。

三千院の詳細情報

三千院

住所
京都府京都市左京区大原来迎院町540
アクセス
JR京都駅から市バスで60分 - 下車から徒歩で10分
営業時間
[3月〜12月7日] 8:30〜17:00 [12月8日〜2月] 9:00〜16:30
料金
大人 700円

データ提供

洛西エリア

「洛西エリア」は、世界遺産である「仁和寺」「金閣寺」や自然あふれる嵐山・嵯峨野を含むエリアです。京都駅からのアクセスは良好で、わずかな時間でしっとりした紅葉や竹、桜の舞い散る世界へ移動できます。京都の四季を楽しむのに、最適な場所です。

5.平安時代のみやびを残す「常寂光寺」

5.平安時代のみやびを残す「常寂光寺」1951873

出典:seigo85さんの投稿

「常寂光寺(じょうじゃっこうじ)」は、小倉山の中腹にあるお寺です。もともとは、平安時代の歌人・藤原定家(ふじわらのていか)の山荘があった場所だと言われ、晩秋に紅葉が散る風景などは平安時代のみやびを思わせます。「仁王門」は南北朝時代のもの、「本堂」はかつての伏見城の客殿を移築したもので、均整の取れた姿から写真映えする建物が多いお寺です。

5.平安時代のみやびを残す「常寂光寺」1951350

出典:www.instagram.com(@minorin.a.0407)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、「舟屋」にあります。モシュ印展示中も、もちろん御朱印がいただけますので、御朱印ガールはぜひとも「巨大モシュ印とマイ御朱印」のペア写真をとっておきましょう!

5.平安時代のみやびを残す「常寂光寺」1954184

出典:instagram.com(@kaoriyot)

こちらのコケ寺リウムは、どれもコケと建築物がベストマッチ。紅葉と両側の苔をみながら石段を上がるという、静謐な雰囲気が漂っています。

常寂光寺の詳細情報

常寂光寺

住所
京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
アクセス
JR京都駅から市・京都バスで45分
営業時間
9:00〜17:00
料金
大人 400円 2017年4月より500円

データ提供

6.苔庭で有名な奥嵯峨の尼寺「祇王寺」

6.苔庭で有名な奥嵯峨の尼寺「祇王寺」1951885

出典:tamacco33さんの投稿

「祇王寺(ぎおうじ)」は、平家物語ゆかりの尼寺です。境内にはかやぶき屋根の草庵があり、青竹やカエデに囲まれたお庭で、約30種類ものコケが育てられています。京都の尼寺らしいしっとりした風情を味わえるお寺です。

6.苔庭で有名な奥嵯峨の尼寺「祇王寺」1951343

出典:www.instagram.com(@royal_blue_15)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、「客殿」にあります。モシュ印に描かれた流麗な文字は、はんなりした雰囲気。ふっくらと盛り上がった緑のコケの色が、実に美しいものです。

6.苔庭で有名な奥嵯峨の尼寺「祇王寺」1951342

出典:www.instagram.com(@royal_blue_15)

こちらのコケ寺リウムは、草庵の大きな「吉野窓」の前に展示されています。こちらの吉野窓は、光の入り方によって影が虹色に見えるという不思議な窓です。奥嵯峨の光の動きも、ともに楽しみましょう

祇王寺の詳細情報

祇王寺

住所
京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
アクセス
嵐電嵐山本線嵐山駅から京都バス62・72系統清滝行きで10分、嵯峨釈迦堂前下車、徒歩15分
営業時間
9:00〜17:00 (受付終了16:30)
料金
拝観料:大人300円・小人 (小中高生) 100円 大覚寺、祇王寺 (2カ寺) 共通拝観券:600円

データ提供

7.竹と苔の緑に囲まれた「地蔵院」

7.竹と苔の緑に囲まれた「地蔵院」1951911

出典:BOW0125さんの投稿

「地蔵院(じぞういん)」は、別名「竹の寺」と呼ばれ、境内を竹に囲まれたお寺です。本堂と方丈をつなぐ参道は緑の苔でおおわれ、京都市の登録名勝「十六羅漢の庭」も一面が緑の苔。京都市の文化財環境保全地区に指定されている場所です。

7.竹と苔の緑に囲まれた「地蔵院」1954183

出典:instagram.com(@mika_kotaro)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、「方丈 茶室内」にあります。こちらの「方丈(ほうじょう)」は京都市の登録有形文化財。2018年に、332年ぶりとなる解体修理が完了したばかりです。モシュ印を眺めた後は、すがすがしくなった方丈を見学しましょう。

7.竹と苔の緑に囲まれた「地蔵院」1951355

出典:www.instagram.com(@yumiko_o_)

3つのコケ寺リウムは、かわいいハート型の窓の前に並んでいます。この窓はハート型ではなく「猪目文様(いのめもんよう)」という、日本に伝わる吉祥文様*のひとつです。福を呼ぶ窓の前で、コケ寺リウムをパチリ!と撮影しませんか。

*吉祥文様…祝意をあらわすのに用いる文様

地蔵院(竹の寺)の詳細情報

地蔵院(竹の寺)

住所
京都府京都市西京区山田北ノ町23
アクセス
1) JR京都駅から京都バスで45分 - 徒歩で2分 2) 阪急嵐山線上桂駅から徒歩で12分
営業時間
9:00〜16:30 入場は16:15まで
料金
大人 500円

データ提供

8.おもむきの違う4つの庭園を散策「妙心寺 桂春院」

8.おもむきの違う4つの庭園を散策「妙心寺 桂春院」1951914

出典:ginkosanさんの投稿

「妙心寺 桂春院(みょうしんじ けいしゅんいん)」は、日本最大級の禅寺「妙心寺」の敷地内で、通年公開している小さなお寺です。おもむきの違う四つの庭園が有名で、「侘」「清浄」「思惟」「真如」と名付けられたお庭は、いずれも「国の名勝及び史跡」に指定。庭園内は散策することもでき、苔庭に置かれた手水鉢や灯籠を眺めつつ、そぞろ歩くこともできます。

8.おもむきの違う4つの庭園を散策「妙心寺 桂春院」1951356

出典:www.instagram.com(@hinami0109)

こちらの「モシュ印 & コケ寺リウム」は、「方丈 上間の間」にあります。こちらの御朱印は季節の植物などが入るものがあり、とてもきれいです。御朱印ガールはぜひとも、モシュ印撮影とともに、御朱印もいただいて帰りましょう。

8.おもむきの違う4つの庭園を散策「妙心寺 桂春院」1951357

出典:www.instagram.com(@hinami0109)

コケ寺リウムは、苔に覆われた庭園と建物を配したものです。苔と木々と建物の調和が感じ取れる小さな空間は、本物の風景の空気をしっかりととらえています。

桂春院の詳細情報

桂春院

住所
京都府京都市右京区花園寺ノ中町11
アクセス
市バス妙心寺北門前からすぐ
営業時間
9:00〜17:00(冬期は〜16:30)

データ提供

苔とお寺とアートの一体化を楽しむ旅へ♪

苔とお寺とアートの一体化を楽しむ旅へ♪1951300

出典:www.instagram.com(@ryooota_yuzu)

京都のお寺の魅力は数々ありますが、苔庭の静かな雰囲気は格別です。また「モシュ印&コケ寺リウム」では、苔とお寺とアートがみごとに融合。自然と一体化しつつ発展してきた京都のお寺の歴史と斬新なアートイベントで、心洗われる休日の旅はいかがですか?

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード