宮古島でチェックしたい白い砂浜とエメラルドの海・おすすめビーチ10選

宮古島でチェックしたい白い砂浜とエメラルドの海・おすすめビーチ10選

沖縄県の離島「宮古島(みやこじま)」へは、沖縄本島の「那覇空港」からも40分強とアクセスも便利です。宮古島の観光で、予定の中に必ず取り入れたいのがビーチ!白い砂浜が続く手つかずの海で海水浴をはじめシュノーケリングやダイビングなど海パラダイスを満喫しましょう!そんな宮古島にある数々のビーチの中から、とくにおすすめの魅力的なビーチ10選をラインナップしてみました。

2016年05月14日

583822

出典:godさんの投稿

沖縄県本島の南西に位置する離島「宮古島(みやこじま)」。天国とも称される魅力は何といっても白い砂浜が広がるビーチ!キレイな海に囲まれるエメラルドグリーンのパラダイス!宮古島だけでなく伊良部大橋や来間大橋などの開通のおかげで、今までなかなか予定に組み込めなかったビーチも車で簡単にアクセスできるようになりました。そんな島々の新たな魅力にも迫ります。では、一緒に宮古島のビーチ巡りを楽しみましょう。

宮古島/砂山ビーチ(すなやまビーチ)

宮古島/砂山ビーチ(すなやまビーチ)583716

出典:いっしー1990さんの投稿

宮古島と言えば「砂山ビーチ」という方も少なくありません。宮古島市街地からは北方面に約4キロの位置にあり、およそ70mの砂浜が広がっています。砂山ビーチの象徴と言えば、アーチ型の天然岩でできたトンネル。これはサンゴが隆起したものだそうで、どんな過程でこうなったのかメカニズムはさておき、自然のチカラのスゴさを感じずにはいられません。やはりこのトンネルをバックに記念ショットは宮古島の定番です。

A photo posted by @_mari_02s on

白砂はキメ細かなサラサラ!まるでパウダースノーみたい。エメラルドグリーンの海は透明度も抜群でシュノーケリングにも最適な環境です。白砂の坂道を下るとそこにはまばゆいビーチが広がります。思わず「わぁー海だー!」と叫びながら走りたくなる、そんな瞬間です。

住所:沖縄県宮古島市字荷川取705

砂山ビーチの詳細情報

砂山ビーチ

住所
沖縄県宮古島市字荷川取705
アクセス
平良港から車で15分

データ提供

宮古島/与那覇前浜ビーチ(よなは・まえはまビーチ)

宮古島/与那覇前浜ビーチ(よなは・まえはまビーチ)583721

出典:まれあみゆさんの投稿

「与那覇前浜ビーチ」は前浜ビーチと言われることもあり、島の南側にある来間島(くりまじま)の近くに位置します。7キロにも及ぶ白い砂浜は、東洋で一番美しい砂浜とも言われています。売店やシャワーなどの環境も整っています。また、マリンスポーツも充実し、とても過ごしやすいですよ。ご存知の方も多いかもしれませんが、「全日本トライアスロン宮古島大会」のスタート場所としても有名です。
宮古島/与那覇前浜ビーチ(よなは・まえはまビーチ)583722

出典:まれあみゆさんの投稿

ビーチからは、宮古島と来間島(くりまじま)をつなぐ来間大橋を遠目に見ることができ、その見事な景観も与那覇前浜ビーチならではのインパクトになっています。

住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇

与那覇前浜 (前浜ビーチ)の詳細情報

与那覇前浜 (前浜ビーチ)

住所
沖縄県宮古島市下地字与那覇
アクセス
宮古空港から車で15分

データ提供

来間島/長間浜(ながまはま)

A photo posted by Kimie (@season_kimi) on

森を抜けるとそこはビーチ。プライベートビーチ感覚を堪能したい方なら「長間浜」がおすすめです。来間大橋を渡ってたどり着いた来間島の西にあるビーチです。知らなければなかなか行くことのない穴場です。
来間島/長間浜(ながまはま)583735

出典:haibrumushiさんの投稿

長間浜の特徴は「サンゴ」。あちらこちらに転がっている天然感も南国の舞台をいっそう盛り上げてくれます。魚を目当てにシュノーケルで訪れる方だけでなく、サンセットポイントとしても観光客に人気上昇中!日陰を探すのが大変な場所なので、海水浴で一日楽しむのは不向きかもしれませんが、定評のあるキレイさをおがみに一度は訪れたいビーチです。

住所:沖縄県宮古島市下地字来間

A photo posted by はるさー (@harusa0222) on

長間浜海岸の詳細情報

長間浜海岸

住所
沖縄県宮古島市下地字来間
アクセス
平良港からバスで30分

データ提供

宮古島/吉野海岸

宮古島/吉野海岸583744

出典:es90さんの投稿

珊瑚礁がすぐそこに見えるビーチとしても有名な「吉野海岸」は、およそ500mの砂浜がつづきます。数メートル海の中を進めば生きた珊瑚礁の景観が!珊瑚礁の周りにはカラフルな魚たちの華麗な泳ぎに飽きることはありません。泳いでいるとツンツンしてくるなんとも人懐こい魚たち。シュノーケリング好きな方にはとくにおすすめのエリアです。ウミガメの産卵地としても有名なんですよ。

住所:沖縄県宮古島市城辺字保良

A photo posted by @ayan0.fuuu on

吉野海岸の詳細情報

吉野海岸

住所
沖縄県宮古島市城辺字保良
アクセス
宮古空港から車で35分

データ提供

宮古島/新城海岸(あらぐすくかいがん)

宮古島/新城海岸(あらぐすくかいがん)583762

出典:

吉野海岸の近くに位置する「新城海岸」も、たくさんのカラフルな熱帯魚を見ることができるシュノーケリングスポットです。パラソルを借りて一日リゾート気分を楽しむこともできます。車で気軽に行ける穴場とあって、アクセスしやすい人気のスポットです。
宮古島/新城海岸(あらぐすくかいがん)583761

出典:

ビーチ付近には車で営業するお店もあり、食事をすることも可能です。マリングッズなどの販売もあるので手ぶらでも楽しめます。

住所:沖縄県宮古島市字新城

新城海岸の詳細情報

新城海岸

住所
沖縄県宮古島市字新城
アクセス
宮古空港から車で30分

データ提供

宮古島/パイナガマ

宮古島/パイナガマ583773

出典:

宮古島の市街地からもアクセスしやすく、宮古島市民にも親しまれる人気のビーチです。ビーチ沿いには遊歩道も整備されているのでビーチサンダルがない方でも気軽に散歩できるスポットです。ハブクラゲがやっぱり怖い!という方でもハブクラゲ侵入防止エリアを設けているのでおすすめです。市街地から近いとは言っても決してあなどることなかれ!エメラルドグリーンと白い砂が広がるキレイなビーチです。
宮古島/パイナガマ583770

出典:両ちゃんさんの投稿

夕日から日が沈む瞬間に見ることができるブルーモーメント。心を沈めてくれる醍醐味の瞬間です。

住所:沖縄県宮古島市下里

パイナガマの詳細情報

パイナガマ

住所
沖縄県宮古島市下里
アクセス
平良港から徒歩で15分

データ提供

宮古島/保良川ビーチ(ぼらがービーチ)

宮古島/保良川ビーチ(ぼらがービーチ)1197295

出典:のぼるさんの投稿

島の南側にある「保良川ビーチ」は、「保良泉ビーチ」と言われることもあります。ホテルでもないのに、天然の湧水をためたプールがビーチ沿い設置されています。それもなんと無料!とはいえ、水深が浅いのでガッツリ泳ぐというよりは天然水の中でお昼寝といったリラックスタイムにいいかも。海では、熱帯魚はもちろん見ることができますが、生きた貝を割って魚に餌付けしたり、まさに離島ならではの魅力が満載です。
宮古島/保良川ビーチ(ぼらがービーチ)1197299

出典:

また、鍾乳洞の探検ツアーもあり、こちらのビーチで受け付けているので要チェックです。鍾乳洞にはカヤックを使って行くこととなり、それも楽しみのひとつです。天然が醸し出す幻想的なカラーバリエーションにうっとり。海、プール、マリンスポーツ、鍾乳洞と、一日いても飽きない人気スポットです。

住所:沖縄県宮古島市城辺保良1139-1

保良川(保良泉)ビーチの詳細情報

保良川(保良泉)ビーチ

住所
沖縄県宮古島市城辺保良1139-1 
アクセス
宮古空港より車で30分。

データ提供

ここから開通した「伊良部大橋」を渡ってアクセスできる、伊良部島と下地島のビーチを堪能しましょう。

伊良部島/渡口の浜(とぐちのはま)

伊良部島/渡口の浜(とぐちのはま)583833

出典:tukiromiさんの投稿

伊良部島でポピュラーなビーチ「渡口の浜」。キメ細かい砂が気持ちいいサラサラのビーチです。半月を描くような形のビーチは、まさしく南国の楽園といった雰囲気を醸し出しています。木陰もあるので、ちょっとお昼寝なんてのも贅沢な時間です。

A photo posted by はるさー (@harusa0222) on

遠浅なので波がとても穏やかに押し寄せます。ゆっくりとした余韻の残る波の音もこのビーチの特徴で、癒されること請け合いです。

住所:沖縄県宮古島市字伊良部1392-2

渡口の浜の詳細情報

渡口の浜

住所
沖縄県宮古島市字伊良部1392-2
アクセス
佐良浜港から車で15分

データ提供

伊良部島/佐和田の浜(さわだのはま)

伊良部島/佐和田の浜(さわだのはま)583849

出典:

伊良部島の西側に位置する「佐和田の浜」。転々と存在感をあらわにする岩の景観が特徴です。これらの岩は1771年に起こった大津波の時に押し流されたものだとか。引き潮を狙って水面下の岩の姿を間近に歩き見るのもレアな楽しみ方のポイントです。
伊良部島/佐和田の浜(さわだのはま)583850

出典:

木陰でゆっくりと過ごすのも涼しくておすすめ!南国と言っても陰に入ってしまえば天然のクーラーに癒されます。あずまやもあり、真夏でも過ごしやすく一日いても快適ですよ。また、このビーチは夕日が美しいスポットとしても人気の場所です。

住所:沖縄県宮古島市字佐和田1725-2

A photo posted by 辻坂 君代 (@tsujinekimi) on

佐和田の浜の詳細情報

佐和田の浜

住所
沖縄県宮古島市字佐和田1725-2
アクセス
佐良浜港から車で15分

データ提供

下地島/中の島海岸 (カヤッファ)

下地島/中の島海岸 (カヤッファ)583867

出典:

伊良部島からは川を渡るような感覚の短い橋でつながれている「下地島(しもじしま)」の南西部にある「中の島海岸」。天然の水族館とも言われるほどたくさんの熱帯魚が生息しているので、シュノーケリングやダイビングの穴場としても知られるビーチです。ビーチと言っても砂浜と言うよりは、石がゴロゴロしている環境なので、近隣の砂浜ビーチの感覚で裸足で歩いたりすると意外と歩きにくいと感じるかもしれません。海用のサンダル持参が賢明ですよ。

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田・下地島空港滑走路脇

A photo posted by stsycrw (@stsycrw) on

中の島海岸 (カヤッファ)の詳細情報

中の島海岸 (カヤッファ)

住所
沖縄県宮古島市伊良部佐和田 下地島空港滑走路脇

データ提供

宮古島ビーチめぐりいかがでしたか?

宮古島ビーチめぐりいかがでしたか?583831

出典:ラベンダー★ロックさんの投稿

都心のようにわざわざパワースポットを探さなくとも、島のすべてに癒されパワーをもらえる「宮古島」。白い砂とエメラルドグリーンが特徴のビーチは、泳いでヨシ!シュノーケリングもヨシ1鍾乳洞探検もヨシ!木陰でお昼寝もヨシ!日頃の多忙な時間を忘れて、自然とともにゆっくりと流れる時間を堪能するのが、離島「宮古島」の醍醐味でしょう。

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード