今年は青森で6月25,26日に開催!東北6県の祭りとご当地グルメが集う「東北六魂祭」

今年は青森で6月25,26日に開催!東北6県の祭りとご当地グルメが集う「東北六魂祭」

「東北六魂祭」は、東日本大震災の鎮魂と復興を願って始まりました。東北6県の県庁所在地の祭りを一堂に集めたパレードをはじめ、ご当地グルメの屋台、名産品の販売などが行われます。年数を重ねるごとに国内外から多くの人が集まるようになり、去年の来場者数は予想をはるかに上回る26万人もの人が訪れました。6年目となる今年は「最終回」と位置付けられ青森で開催。今回は、東北六魂祭の魅力についてご紹介したいと思います!

2016年05月15日

鎮魂と復興の願いを込めて。東北6県の祭りが一堂に集う!「東北六魂祭」

鎮魂と復興の願いを込めて。東北6県の祭りが一堂に集う!「東北六魂祭」588558

出典:saddlemanさんの投稿

まだ記憶に新しい2011年3月11日、忘れることのできない東日本大震災が起こりました。東北では特に被害が大きく、今尚復興に向けての取り組みが行われている最中です。
そんな中でも、自粛ムードを一掃しようと復興の願いを込めて開催されているのが「東北六魂祭」です。東北の県庁所在地6県の祭りを一堂に集めたこのお祭りは、震災の年の7月から始まり、今年は6回目を迎えます。はじめは東北の人々や復興を支援する人たちが集まって心を一つにして盛り上げるお祭りでしたが、年々人気が高まり、今では外国人観光客も訪れる初夏の風物詩となっています。

A photo posted by miki (@omiki6) on

2011年の仙台から始まり、盛岡、福島、山形、秋田と開催されて来た東北六魂祭。年々来場者数は増え、24万~36万人の人が訪れる人気の高いお祭りとなりました。
東北6県、6市の力を合わせて「鎮魂と復興」への狼煙を上げるために。
東北の誇る6祭りが一堂に集い、東北六魂祭は生まれました。

出典:開催趣旨|東北六魂祭

今年は青森で6月25日(土)、26(日)に開催決定!

今年は青森で6月25日(土)、26(日)に開催決定!420442

出典:saddlemanさんの投稿

今年で6回目となる東北六魂祭は、最後の地である青森県で開催されます。開催日は6月25日(土)、26(日)。これで6県全てを一巡するので、今年が「最終回」と位置付けられています。来年以降の予定は決まっていないそうなので、もしかしたら見納めになってしまうかもしれません…。

A photo posted by しおり (@shiori8s) on

そんな最後を締めくくるに相応しい、開催地青森の有名なお祭りと言えば「ねぶた祭り」ですよね。今年の六魂祭では大迫力の新作大型ねぶたも披露され、竿燈も20本用意するなど、最大級の規模となる見透しです。演者と観衆の熱気が最高潮に高まり、きっと素晴らしいフィナーレになること間違いなしですよ!

今年のテーマは「跳」

今年のテーマは「跳」420963

出典:taka1451さんの投稿

東北六魂祭には、毎年テーマが設けられています。今年のテーマは「跳」。「東北の震災復興もまだまだ道半ば、災いを跳ね飛ばして更なる跳躍をしてほしい」という願いが込められています。開催地青森のねぶた祭りを盛り上げる「跳人(ハネト)」にも関係しているので、今年のテーマにふさわしい文字ですね。

躍動感溢れる「東北六魂祭パレード」

A photo posted by Yuka Suzuki (@rinrin.0529) on

東北六魂祭の一番のみどころと言えば「東北六魂祭パレード」です。東北6県のお祭りが一堂に集まり、躍動感溢れるパレードを繰り広げてくれますよ!観衆が参加できる物もあるので、掛け声や踊りで盛り上げちゃいましょう♪ここからは、6つのお祭りについてご紹介していきます!

大型ねぶたと跳人(ハネト)の威勢がスゴイ!「青森ねぶた祭り」

大型ねぶたと跳人(ハネト)の威勢がスゴイ!「青森ねぶた祭り」420544

出典:diaryさんの投稿

青森の夏の風物詩と言えば、毎年8月2日〜7日に行われる「青森ねぶた祭り」。1980年には国の重要無形民俗文化財に指定され、来場者数は毎年300万人以上も訪れる県一番のお祭りです。ねぶた祭りで思い浮かぶのは、なんと言っても大型の山車「ねぶた」。高さは5m、奥行は9m、重さは4トンもある巨大なねぶたは、大勢の人の手で長い時間かけて制作されます。お祭りは夜間に一番の盛り上がりを見せるので、ライトアップに備えて中には約1000個の電球が入っているんです。東北六魂祭でも新たに大型ねぶたが公開されるそうなので楽しみですね♪
大型ねぶたと跳人(ハネト)の威勢がスゴイ!「青森ねぶた祭り」588628

出典:NSeos50dさんの投稿

青森ねぶた祭りの見どころは、「跳人(ハネト)」と呼ばれる踊り手の軽快な踊りと掛け声です。一人で跳ねたり、乱舞と呼ばれるみんなで跳ねながら踊るのが特徴で、乱舞の時は周りの人も巻き込んで会場が一つになります。

A photo posted by eno(えの) (@enno_046) on

また、お囃子に合わせて「ラッセラー・ラッセラー・ラッセラッセ・ラッセラー」という掛け声をかけるのもねぶた祭りの特徴です。地元の人は「ラッセラー・ラッセラー」の後に「ハッ!」とか「ホット!」といった合いの手を入れます。恥ずかしがらずに大きな声で掛け声をかければ、ねぶた祭りならではの一体感が味わえますよ!

熟練された達人の技は必見!「秋田竿燈まつり」

熟練された達人の技は必見!「秋田竿燈まつり」420551

出典:さくらんぼjamさんの投稿

秋田県で行われる「秋田竿燈(かんとう)まつり」は、毎年8月3日~6日に行われる国の重要無形民俗文化財に指定されているお祭りです。竿燈の全体を稲穂に、ちょうちんを米俵に見立てて表現しており、米どころ秋田の豊作を願う大切な祭りとして受け継がれてきました。竿燈は大きいものになると、全体の重さは50㎏、長さは12mを越えるものもあり、これを支えながら様々な技を披露します。
熟練された達人の技は必見!「秋田竿燈まつり」588652

出典:さくらんぼjamさんの投稿

額や肩、腰などで支える基本の技から顎や口でバランスを取る変わった技まで、様々な持ち方で竿燈を自由自在に操るのですが、湾曲する竿燈を倒さずに進むのは必見の熟練技です。手に汗握るすごい迫力ですよ!

熟練された達人の技は必見!「秋田竿燈まつり」438515

出典:landviperさんの投稿

竿燈まつりの掛け声は、お囃子に合わせて「ドッコイショー・ドッコイショ!」と、盛り上げます。重いものを持つときに使われる言葉なので、県外の人でも馴染みがありますよね。「オエタサー・オエタサ・根ッコツイタ・オエタサ・ドッコイドッコイドッコイショ」という古来からの掛け声もあり、これは稲穂が地面にしっかりと根付き、豊作になるようにとの願いを込めて謳われています。

熟練された達人の技は必見!「秋田竿燈まつり」438487

出典:ifuttaさんの投稿

熟練の人は、和傘を回しながら扇子を仰いで竿燈を支えます!とっても器用ですね!

日本一の和太鼓パレード「盛岡さんさ踊り」

日本一の和太鼓パレード「盛岡さんさ踊り」420689

出典:さくらんぼjamさんの投稿

岩手県の「盛岡さんさ踊り」は、毎年8月1日~4日にかけて行われる和太鼓を叩きながら踊るお祭りです。2007年には世界で一番和太鼓が使われるお祭りとして、ギネスにも認定されました。岩手県の名前の由来となった“三ツ石神社の鬼退治伝説”から始まったとされており、見るだけでなく参加できるお祭りとして老若男女に愛されています。

A photo posted by Maki Shoji (@maaaki0331) on

さんさ踊りパレードの後は、どんな人でも参加できる盆踊り風の「輪踊り」が行われます。太鼓の音と共に「サッコラ・チョイワヤッセ」という掛け声を合わせることで、さらに踊りを盛り上げて一体感を味わえますよ!
日本一の和太鼓パレード「盛岡さんさ踊り」438666

出典:さくらんぼjamさんの投稿

「ミスさんさ踊り」は、毎年祭りの華として5名程度公募から選ばれます。当日の踊りはもちろん、その年の観光PRにも大活躍するお仕事で、毎年多くの女性が応募します。ゆらゆらと揺れる可憐な踊りと綺麗な着物は、祭りに華を添えてくれますね。

「サッコラ チョイワヤッセ」という掛け声のサッコラは、漢字で書くと「幸呼来」となり、幸を呼ぶという意味。ちなみに、伝統さんさの一つ「キッキィエカッコ」踊りは、「吉祈栄活呼」とも書き、吉を祈り、栄ある活力を呼ぶという意味といわれる。

出典:さんさ踊りミニ知識

艶やかな衣装に魅せられる「山形花笠まつり」

艶やかな衣装に魅せられる「山形花笠まつり」588685

出典:さくらんぼjamさんの投稿

山形で行われている「山形花笠まつり」は、毎年8月に行われているお祭りです。蔵王大権現の山車を先頭としてパレードが行われ、花笠太鼓や威勢の良い掛け声、色とりどりの着物の踊り手が会場を盛り上げます。元々花笠まつりの振り付けは地域によって異なっていたのですが、それを統一したことで今のように県民皆が躍ることができるようになりました。

A photo posted by ayu (@ayuko.takahashi) on

「正調花笠踊り~薫風最上川~」は、紅花摘みの作業の時に謳われていたのが踊りの起源となっており、紅花をあしらった花笠をくるくると回しながら、艶やかな衣装を見に纏った女性達が舞い踊ります。今までは花笠を一堂に揃えて踊るのが主流でしたが、最近では創作踊りや大胆な笠回しなどの趣向を凝らした踊りが行われるようになり、祭りに新しい風を吹き込んでいます。
艶やかな衣装に魅せられる「山形花笠まつり」438908

出典:さくらんぼjamさんの投稿

「花笠音頭」では、お囃子に合わせて「ヤツショ・マカショ」と合いの手を入れます。この掛け声は、大正時代中期に土木作業で謳われた「土突き歌」が起源だと言われています。威勢よく発声するのがポイントですよ!

花笠まつりの花笠音頭の元唄は、さだかではないが成沢土搗(どんづき)唄のヨイトマケの掛け声が「チョイチョイ ハーヤッショマカショ」の囃子ことばとして残っており、踊りも田植え踊りが原形とされている。

出典:山形市観光協会

艶やかな衣装に魅せられる「山形花笠まつり」438904

出典:Do Not Eatさんの投稿

花笠まつりでは、「服装は浴衣にこだわらず、はっぴなどの出来るだけ華やかで「花笠まつりパレード」にふさわしいものにしてください。」というドレスコードが決められています。その為、女性陣の服装は特に艶やかで可愛らしいものが多いんですよ♪

七夕様に願いを込めて・・・「仙台七夕まつり」

七夕様に願いを込めて・・・「仙台七夕まつり」588684

出典:さくらんぼjamさんの投稿

宮城県で行われている「仙台七夕祭り」は、女性の文化向上推進を目的にはじまった伊達政宗公の時代から続く歴史のあるお祭り。地元では「たなばたさん」の愛称で親しまれています。七夕というと7月7日をイメージしますが、このお祭りは新暦に1か月足した8月7日をメインとし、8月6日~8日までの3日間行われます。仙台駅周辺やアーケード通りなどに大規模な七夕の飾りつけがされるだけでなく、一般家庭や商店でも様々な飾りつけをしてこの期間を盛り上げます。東北六魂祭では、この七夕飾りと合わせて、仙台の代表的な夏祭りの踊りである「すずめ踊り」が披露されますよ。
七夕様に願いを込めて・・・「仙台七夕まつり」588689

出典:bonzさんの投稿

江戸時代初期に女性の文化向上を目指して始まったと言われている七夕祭りですが、七夕飾りの一つ一つに意味や願いが込められています。色とりどりの美しい飾りを見ながら涼を感じてみてくださいね!ちなみに、「拭き流し」と呼ばれる飾りは、織姫の糸をイメージしており、機織や技芸が上達するようにという願いが込められています。

A photo posted by @starofhoney on

大量の千羽鶴も飾られます。

七夕様に願いを込めて・・・「仙台七夕まつり」588692

出典:jaokissaさんの投稿

千羽鶴 家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願いました。折り方を習う娘たちは折り紙を通じ、教わる心、人に教える心を学びました。

出典:仙台七夕の七つ飾りの解説 -- 仙台七夕の作成 鳴海屋紙商事(株)

毎年東北六魂祭でのパレードには、毎年伊達政宗公が登場しています!カッコよくポーズを決めてくれるので、是非呼びかけてみてくださいね!

大わらじと“今風わらじ音頭”で盛り上がろう!「福島わらじまつり」

大わらじと“今風わらじ音頭”で盛り上がろう!「福島わらじまつり」588693

出典:さくらんぼjamさんの投稿

福島県で市民の健脚を祈って行われる「福岡わらじまつり」は、江戸時代から続く「信夫三山暁まいり」を参考に1970年に始まったと言われています。旧正月には片足の大わらじを信夫三山暁まいりで奉納し、8月にもう片方のわらじを福岡わらじまつりで奉納します。
大わらじと“今風わらじ音頭”で盛り上がろう!「福島わらじまつり」420550

出典:さくらんぼjamさんの投稿

祭りでは「わらじ音頭」と呼ばれる盆踊り風の踊りに合わせてパレードしたり、ヒップホップ調のわらじ音頭にのって踊る「ダンシングそーだナイト」が行われます。「わらじ競争」では、一般は山車、女性や子供はわらじ型の手押し車を使ってタイムを競います。まるで夏祭りと運動会が一緒になったような参加型のお祭りで、大人から子供までみんなが楽しめる夏の一大イベントとなっています。

福島の暑い夏に2日間にわたり行われ、初日は、長さ12m重さ2tの日本一の大わらじを会場に奉納したあと、浴衣姿の女性、はっぴ姿の男性達が「平成わらじ音頭」にあわせて華やかに踊ります。

出典:福島を観光する | 一般社団法人 福島市観光物産協会公式ページ こらんしょふくしま

東北六魂祭の会場では「本祭り」の紹介もされています。六魂祭で気になるお祭りをチェックして、本物を見に行ってみるのも良いですね♪

東北グルメもココで制覇できる!

東北六魂祭の楽しみとして忘れてはいけないのが、東北6県のグルメです♪当日出店するお店はまだ発表にはなっていませんが、今年もB級グルメからご当地スイーツ、地酒まで、選りすぐりの美味しいものが集まる予定ですよ。6県のグルメを一堂に味わえる機会はあまりないので、足を運んだ際には是非食べてみてくださいね!ここからは、過去に六魂祭で登場した美味しいグルメを紹介していきます!

大人から子供まで大人気!ご当地B級グルメ♪

A photo posted by ま (@mapma22) on

福島県の伊達郡川俣町で飼育されている地鶏の「川俣シャモ」は、“世界一長い焼き鳥”の記録を競って和歌山県や山口県との戦いを繰り広げています。元々は闘鶏用のシャモとして育てられていたものですが、食用に改良されるようになってからは、沢山の日光を浴びさせてのびのびと飼育されています。野菜や青草中心の食事を与えているので、しっかりとした歯ごたえと肉本来の味わいを楽しめますよ。
福島名物「円盤餃子」は、福島県産の豚肉や野菜を使って作られる円形の餃子です。大きな鉄鍋で焼く餃子は、皮はパリパリ、中は肉汁が染みわたってジューシー!野菜とお肉のバランスが絶妙で、何個でも食べられてしまいそうな美味しさです。

A photo posted by ま (@mapma22) on

山形県のご当地B級グルメとして近年注目されている「山形芋煮カレーうどん」。山形で行われている「芋煮会」の〆として食べられたのがはじまりですが、あまりのおいしさに“奇跡の料理”とも呼ばれています。全国で行われているイベントにも出店しているので、これからどんどん有名になる可能性がありますよ!

自然の恵みに感謝!シンプルに素材の味を楽しむご当地グルメ♪

A photo posted by ま (@mapma22) on

宮城県の「石巻焼き牡蠣」は、素材の味をそのままにシンプルに焼いただけで提供されます。肉厚で新鮮な牡蠣はここでしか食べることができない贅沢で濃厚な味わいですよ!津波で大きな被害を受けた石巻。復興には漁業は欠かせないので、美味しく味わって貢献できると良いですね!

A photo posted by Kent Ando (@rularh34) on

秋田県の郷土料理「きりたんぽ」。名前は知っているけれど食べたことが無い人も多いのではないでしょうか。潰した粳米でできていてシンプルなので、どんな味付けにもマッチしますよ。鍋に入れるだけでなく焼いて味噌を塗って食べる「みそつけたんぽ」は、六魂祭グルメの中でも人気の商品です。

東北の美味しい地酒も欠かせない!

A photo posted by eri (@er218) on

岩手県盛岡市で製造されている「ベアレンビール」は、ドイツから移設して造られた醸造設備で作られている本格ラガービールです。一番人気のベアレンクラシックは、創業当時から作られている商品で、苦味とコクが絶妙なビールですよ!このお祭りで初めて飲んでハマってしまう人もいるんだとか。

A photo posted by chakko (@cha.kko) on

米どころ秋田では日本酒も有名ですよね。日本酒好きさんにオススメしたいのが、銀麟の飲み比べできるメニューです。毎年出店しているのですが、とても人気があり行列は必至です。お土産にどのお酒を買おうか迷っている人にもオススメですよ。香りや味を楽しみながら、ゆっくりとお祭りを見るのも粋ですね!

青森のパレード会場までのアクセス方法

青森のパレード会場までのアクセス方法420844

出典:taka1451さんの投稿

今年のメイン会場は、青森市内の青い森公園前(国道7号線)から、橋本交差点先(国道4号線)の間で行われる予定となっています。コインパーキングや大型駐車場もありますが、毎年多くの人が車で訪れますので、行動は早めがオススメです。電車で訪れる場合は、青森駅から南東方向に徒歩12分程度で青い森公園に到着します。市内はお祭りムード一色になるので、ゆっくり歩きながら会場を目指すのも良いですね!

祭りと合わせて行きたい当地絶品グルメ♪

今年の六魂祭は青森で行わるので、どうせなら美味しい青森グルメも味わいたいですよね!ここからはメイン会場からも近い、ご当地グルメが味わえるお店を紹介します!

大間のまぐろが自慢の「いなげ家」

「いなげ家」料理 420659 大間産 まぐろ刺身いろいろ盛り合せ ¥1,500~

出典:暴食夫妻さんの投稿

大間出身の店主が厳選した大間のまぐろを調理して提供しており、美味しい海の幸を味わうならココ!と地元の人も通う名店です。色々な部位を味わうことができる「大間産まぐろ盛り合わせ」は、まぐろの貴重な部位まで味わうことができます。値段は時価ですがとってもリーズナブルに提供しているので、安心して足を運ぶことができますよ!
大間のまぐろが自慢の「いなげ家」420670

出典:triple crownさんの投稿

甘さと濃厚な旨みが自慢の「大間産潮うに」も、是非食べて欲しい一品。お酒との相性が抜群ですよ!

いなげ家

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

青森のリンゴを味わうなら「チャンドラ」

「チャンドラ」料理 420665 アップルパイ

出典:

美味しいリンゴをスイーツに使用している「チャンドラ」は、わざわざ県外から訪れるファンも多い人気のお店です。一番人気の「アップルパイ」の中にはごろごろと大きなりんごが入っており、下の部分はパウンド状になっています。アーモンドの香りとリンゴのおいしさを味わえる、青森の魅力がぎゅっと詰まったパイですよ!
「チャンドラ」料理 420666

出典:sweets junkieさんの投稿

ワッフルの本場、ベルギーで修行をしたパティシエが作る「青森県産りんごワッフル」は、契約農園で育てられた「ふじ」と「紅玉」の2種類の品種を、特性の生地にふんだんに入れて作られています。焼きたてのワッフルはりんごの甘い香りとふわふわの生地の食感を楽しめますよ♪

チャンドラの詳細情報

チャンドラ

青森 / ケーキ、洋菓子(その他)

住所
青森県青森市新町1-13-5 1F
営業時間
[2Fカフェレスト]11:00~23:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたでしょうか?

いかがでしたでしょうか?479100

出典:takuya@GIONさんの投稿

東北六魂祭は東日本大震災の鎮魂と復興を願って始まったお祭りですが、6年目となる今年で一旦フィナーレを迎えます。まだまだ復興には時間がかかると言われていますが、震災の年から行われてきた力強さと未来への希望を繋ぐこのお祭りは、訪れた人全ての心に忘れられないパワーを与えてくれるはずです。東北の魅力がぎゅっと詰まったお祭りなので、是非足を運んでみてくださいね!

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先