気分を一新したいならここへ行こう!全国の“色別絶景スポット”10選【白編】

気分を一新したいならここへ行こう!全国の“色別絶景スポット”10選【白編】

旅が好きで国内のあちこちに行っていると、ワクワクする旅先がだんだん減ってきてしまいす。そんなときには、視点を変えて旅先を選ぶのがおすすめ。SNSの普及でカメラ片手に旅に出る人も多くなってきました。そこで、日本各地の絶景といわれるスポットを、“色”をテーマにご案内。色には、人の心をケアする秘められた効果もあるそうです。色が与える心理的効果も交えつつ、今回は、”白”が魅力的な場所をご紹介します。

2019年12月05日

白のもたらす効果

白のもたらす効果1964032

出典:TAIYOHさんの投稿

白は光を反射する最も明るい色。そんな白色には、清潔なイメージがあります。0からのスタートや出発という印象を与えることができるそう。だから、多くの企業が、広告やコーポレートカラーに使用する色なんです。また、神聖なイメージも持っているので、純粋さや厳粛さといった印象を与える色でもあります。ズバリ、白色のキーワードは「純粋」「純白」「真実」「浄化」。何か新しいことをしたい!気持ちをリセットしたい!なんて時に白色は役立ってくれます。

白のもたらす効果1964036

出典:S.Yasu-Photoさんの投稿

それでは、新たなスタートを切りたい!と考えているあなたのために、白の絶景が見られるスポットをご案内いたしましょう。

1.宗谷丘陵の白い道 【北海道】

ホタテの貝殻で出来た道⁈

ホタテの貝殻で出来た道⁈1962696

出典:ryotenさんの投稿

日本最北端の地「宗谷岬」にある「宗谷丘陵」。宗谷丘陵は、氷河期の地盤の凍結と融解の繰り返しによってできました。そんな「宗谷丘陵」には、独特な地形や宗谷の自然を楽しむための散策路”フットパス”があります。フットパスには、約11㎞のロングコースと約5㎞のショートコースがあります。ショートコースは、真っ白の道。なんとこの道、ホタテ貝を砕いて敷き詰めた貝殻の道なんです。白い道が海に向かって伸びている光景が、のどかで癒されます。貝殻の道を足で踏むたび、キュッキュッと音がなります。

宗谷丘陵の詳細情報

宗谷丘陵

住所
北海道稚内市宗谷村宗谷岬
アクセス
JR宗谷本線稚内駅から宗谷バス大岬線で1時間、宗谷岬下車、徒歩10分

データ提供

2.蔵王の樹氷  【山形県/宮城県】

白い巨大モンスターがいっぱい

白い巨大モンスターがいっぱい1962699

出典:HiruNobuさんの投稿

蔵王といえば「樹氷」。樹氷は、山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰に生育する針葉樹林”アオモリトドマツ”の枝や葉っぱに、日本海側から吹く季節風に乗って運ばれてきた雪粒が着氷し、さらに着雪を繰り返してできたものです。通称”エビのシッポ”と呼ばれるものができ、2月には大きな樹氷に成長します。白銀の世界に現れる巨大なモンスターのような樹氷が、山一面に広がる光景は幻想的。海外の人たちにも、”アイスモンスター”として人気です。自然が生み出す芸術作品に感動してしまいます。

蔵王山の詳細情報

蔵王山

住所
山形県山形市・上山市
アクセス
蔵王中央ロープウェイ乗り場へはJR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで40分、蔵王温泉下車、徒歩5分

データ提供

3.雪の大谷 【富山県】

迫力満点の雪の壁

迫力満点の雪の壁1964035

出典:zooさんさんの投稿

標高約2,450mの富山県の室堂。ここは世界でも有数の豪雪地帯です。その理由は、室堂の地形が吹き溜まりとなっているため。積雪の高さは、20mも超えることもあるそうです。室堂付近の大谷という場所では、春になるとブルドーザーを使って10日ほどかけて除雪をします。除雪によって造られた道が”雪の大谷”。道路の両側には、除雪によってできた雪の壁が…。4月中旬から6月中旬にかけて「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」が開催されます。その時には、雪の壁に挟まれた道を歩けます。ダイナミックな光景に驚くばかり!

雪の大谷の詳細情報

雪の大谷

住所
富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
アクセス
立山駅/ケ-ブルカー/7分/高原バス/50分

データ提供

4.金閣寺 【京都府】

モノトーンの世界に金が映える

モノトーンの世界に金が映える1962705

出典:こたにやんさんの投稿

京都の王道観光スポット、正式名「鹿苑寺(ろくおんじ)」。舎利殿の”金閣”が、あまりにも有名で”金閣寺”と呼ばれています。池に浮かぶ金色に輝く姿は、絢爛豪華でまばゆいほどの美しさです。京都を代表する観光地であることがよくわかります。ところが、冬の金閣寺はもっと美しいんです。金閣寺に雪が降り積もり、一面真っ白な銀世界。雪で全てのものが白黒の中、ただひとつ金色に輝く金閣寺。幽玄の世界が広がります。個の光景をみれば、何かを悟れるような高尚な気持ちになるはずです。

金閣寺 (鹿苑寺)の詳細情報

金閣寺 (鹿苑寺)

住所
京都府京都市北区金閣寺町1
アクセス
JR「京都」駅からバスで約40分、「金閣寺道」下車徒歩約3分
営業時間
9:00〜17:00
料金
大人(高校生以上) 400円、小学生・中学生 300円

データ提供

5.姫路城 【兵庫県】

今にも飛び立ちそうな白鷺城

今にも飛び立ちそうな白鷺城1962708

出典:さっき~さんの投稿

日本初の世界文化遺産に認定された「姫路城」。兵庫を代表する観光スポットです。日本の城郭建築の最高峰と称される「姫路城」は、その歴史の中で戦火に遭うことなく現在までその姿を残しています。「姫路城」の最大の特徴は、防水・防火・防弾のために外装の木材やに漆喰を塗り固めたり、屋根のつなぎ目を漆喰の目地で固めたりしている点です。この技術によって、お城全体が白く見えます。お城の白さ、その形が鳥の羽を広げたようにみえることから、”白鷺城”とも呼ばれています。純白に輝く優美なお城にうっとり。

姫路城の詳細情報

姫路城

住所
兵庫県姫路市本町68
アクセス
1) JR「姫路」駅、山陽電車「山陽姫路」駅から徒歩で約20分 2) JR「姫路」駅、山陽電車「山陽姫路」駅からバスで約5分、「姫路城・大手門」下車すぐ
営業時間
9:00〜17:00 ※入城は16:00まで  ※4月27日〜8月31日は1時間延長
定休日
12月29日〜12月30日
料金
大人 (18歳以上の方) 1,000円、子供 (小学生・中学生・高校生) 300円

データ提供

6.竹田城 【兵庫県】

雲に浮かぶ天空の城

雲に浮かぶ天空の城1962711

出典:コウくんさんの投稿

「竹田城跡」は、兵庫県の朝来(あさご)市を代表する観光スポットです。「竹田城跡」は、山城遺跡として全国でも稀な存在。山頂に残るお城の石垣が、遺跡のように見えることから”日本のマチュピチュ”と呼ばれています。特に、晩秋のよく晴れた早朝に、朝霧が発生すると、城跡が雲海に包まれ幻想的な姿に。天空に浮かぶ城を思わせることから”天空の城”とも呼ばれます。雲海が現れるのは、9月下旬から4月上旬まで。冷え込んだ晴れの日の朝に発生しやすいので、温かい格好をして行ってくださいね。

竹田城跡の詳細情報

竹田城跡

住所
兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169
アクセス
1) JR播但線「竹田」駅からタクシーで約20分、中腹駐車場下車徒歩で約20分 2) JR播但線「竹田」駅から徒歩で約40分
料金
大人 (高校生以上) 500円 子供 (中学生以下) 無料

データ提供

7.筆影山 【広島県】

霧の中に浮かび上がる瀬戸内の島々

霧の中に浮かび上がる瀬戸内の島々1962715

出典:TUYOSIさんの投稿

広島県三原市にある筆影山(ふでかげやま)からは、気象条件が揃ったときに数十分だけ見ることのできる絶景があります。それは”海霧”という自然現象。風がなく、よく晴れ、とても冷え込んだ早朝に、海上に発生する霧のことです。筆影山から瀬戸内海を望んで、海霧が現れると霧の中に小さな島々が浮かび上がってきます。まるで雲の上を飛んでいるかのような光景。潮と風の流れで刻々と表情を変えていく海霧と、移りゆく早朝の空の色が織りなす様はアートです。ほんの僅かの時間の自然のアートショーに儚さを感じます。

筆影山・竜王山の詳細情報

筆影山・竜王山

住所
広島県三原市須波町

データ提供

8.白崎海洋公園 【和歌山県】

白がまぶしい”日本のエーゲ海”

白がまぶしい”日本のエーゲ海”1962718

出典:hikoukigumoさんの投稿

和歌山県のほぼ中央に位置する由良町には、”日本のエーゲ海”と称される絶景スポットがあります。町の西側に佇む「白崎海洋公園」です。公園は、”日本の渚百選”に選ばれた白崎海岸にあります。公園全体が、白い石灰石で囲まれており、白い岩壁と群青の海とのコントラストが美しくエーゲ海のような雰囲気が漂っています。この美しさは、万葉集に読まれるほど。展望台からは、雨の侵食によってできたカルスト地形も見れますよ。地球誕生の神秘を感じられる場所。

白崎海岸の詳細情報

白崎海岸

住所
和歌山県日高郡由良町大引
アクセス
紀伊由良駅からバスで20分

データ提供

9.白良浜 【和歌山県】

真っ白の砂浜が眩しい

真っ白の砂浜が眩しい1962721

出典:すずもとさんの投稿

関西一円から海水浴のお客さんが訪れる非常に有名なスポットです。海水の透明度も抜群ですが、なんといっても見どころは真っ白に輝く美しい砂浜。「白良浜(しらはま)」の砂は、真っ白でサラサラ。そして、少しキラキラとしています。そのワケは、砂がガラスの原材料としても使われる珪砂砂岩(けいせきさがん)でできているから。サンゴの白い砂浜とはまた違う美しさを魅せてくれます。弓状にカーブする砂浜に、海の碧。南国リゾート感たっぷりの光景は、一枚の絵葉書のようです。実際に写真を撮って、オリジナルのポストカードを作っても♪

白良浜の詳細情報

白良浜

住所
和歌山県西牟婁郡白浜町白浜
アクセス
1) 白浜駅から車で15分 2) 南紀白浜ICから車で10分

データ提供

10.鍋ヶ滝  【熊本県】

真っ白なレースのカーテンのような滝

真っ白なレースのカーテンのような滝1962724

出典:雲龍さんの投稿

「おーいお茶」や「生茶」のCMで一気に有名になった熊本の「鍋ケ滝(なべがたき)」。阿蘇のカルデラを作った約9万年前の巨大噴火で形成された滝で、火砕流が流れ込んで凝固した固い岩石の下の柔らかい地層が水に削られ、滝の裏に空間ができました。落差10m、幅約2mほどの小さな滝ですが、滝の裏にできた空間から眺める”裏見の滝”が優美で幻想的。白い絹糸のように幅広く落ちる水に、朝の柔らかな光が当たるとレースのカーテンのようです。日常の疲れが、滝の水とともに流れていくでしょう。

鍋ヶ滝公園の詳細情報

鍋ヶ滝公園

住所
熊本県阿蘇郡小国町黒渕下滴水
営業時間
[4月1日〜] 9:00〜17:00 最終入園16:30まで
料金
大人 300円 300円(高校生以上) 150円(小中学生) 小学生以下 無料

データ提供

心が洗われる、白の絶景。

心が洗われる、白の絶景。1994729

出典:あすりーとさんの投稿

神々しいまでの美しさを感じられる白。白の絶景を見ていると、心が空っぽに。何となく気分が一新され、新たな気持ちで物事のスタートを切れそうです。真っ白な砂浜、雪や氷による冬景色、白亜の建物もなど日本各地には、白の絶景が思っている以上にあります。気分を新たに何かを始めたいと思ったときには、白の絶景を見に行ってみてはいかかでしょうか。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード