冬の北海道旅行♡でも服装はどうする?おすすめファッション・アイテム8選

冬の北海道旅行♡でも服装はどうする?おすすめファッション・アイテム8選

「さっぽろ雪まつり」や「流氷・樹氷観察ツアー」など、首都圏では経験できない冬のイベントが盛りだくさんの「北海道」は、冬こそ訪れたい人気の旅行先です。寒くても、なんだか心がほっこりする素敵な体験が待っていますよ♡そんな「北海道」へ向けて、ワクワクしながら旅行の準備♪でも「あれ、冬の北海道って何を着ればいいんだろう……」なんて迷っていませんか?首都圏とは桁違いに寒い北海道は、服装に十分注意したいところです。そこで、冬の北海道旅行の際に参考にしたい、おすすめの服装やアイテムをご紹介します。

2019年12月09日

雪景色が美しい♡冬の「北海道」へ心温まる旅をしよう

北海道_クリスマスツリーの木

雪景色に佇む1本の木が美しい美瑛の「クリスマスツリーの木」、迫力のあるオホーツク海の「流氷」、冬がベストシーズンと言われる「函館の夜景」、エネルギッシュに賑わう「さっぽろ雪まつり」などなど……。「北海道」は、寒くても心温まるような非日常的な体験ができる、冬にこそ訪れたい観光地です。

慣れない冬の北海道旅行。服装はどうしたらいいの?

Knitted hats, cotton sprigs, macaroons close-up on a white

「いざ、冬の北海道旅行へ!」と思っても、どんな服装で出かけるべきか迷いますよね。冬の「北海道」は”寒い”のひと言に尽きますが、道内のエリアによっても差があります。例えば、道央にある大都市「札幌」エリアの冬の平均気温は-2.9℃ですが、流氷ツアーが組まれるほど寒い道東の「網走」エリアでは-4.7℃まで下がります。東京だと5.6℃なのでその差は歴然。いつもよりしっかりとした防寒対策をするのはもちろん、行くエリアや観光の目的によっても変える必要があります。

冬の札幌観光イメージ

でもいきなり”防寒対策”と言われても、「じゃあ実際にどんな服装をすればいいの?」と悩みますよね。そこで、寒さ対策の基本となる暖かいアウター選びから、意外と見落としがちな足元の防寒対策まで、冬の北海道旅行をもっと快適にしてくれる、初心者さんにおすすめの服装やアイテムをご紹介します。

1.まずは防寒の基本 アウター選びから「ダウンコート」

女性 ティータイム

まず押さえておきたい基本の防寒はアウターです。中でもダウンコートは、軽いのに暖かい優秀アイテム♪すでに愛用している方もいるかもしれませんが、冬の北海道旅行でも重宝します。また、フードがついているタイプが多いので、雪がちらついているときにサッと被れるのも高ポイント◎不慣れな雪の中、傘を差しながら荷物を持って歩いてつるん…!なんて転んで大怪我したら大変ですよね。もしもに備えて”両手は空ける”を意識しましょう。

防寒・防水性が高いのにおしゃれに着こなせる「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」

防寒・防水性が高いのにおしゃれに着こなせる「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」1977769

出典:

中でもおすすめなのは、ダウンコートの定番ブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」。アウトドアブランドが作っているため、防寒・防水性に優れた機能的なダウンコートです。またファー付きのフードや、暖かいのにモコモコに見えないところがおしゃれと人気を集めています。「寒さを心得てる服装!」と、女子友からも褒められちゃうかも♪

ウエストマークでスッキリ着こなせる「アークティックパーカーレトロ」

ウエストマークでスッキリ着こなせる「アークティックパーカーレトロ」1992493

出典:

せっかくアウターを選ぶなら、普段の生活に戻ってからも使えるものがいいですよね。そんなときは「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」の「アークティックパーカーレトロ」がおすすめです。表面の縫い目が浅いので"ザ・ダウンコート"という印象がなくタウンユースでも活躍しますよ。しかもウエストマークなのでスッキリとした印象で着ることができます。深い赤色など、黒以外の色も展開しているので明るい印象でおしゃれを楽しめそう♪

2.アウターの中にプラス1の技あり防寒「インナーダウン」

ファッションショップ 防寒服

暖かいアウターは冬の関東でももちろん必須アイテムですが、寒さが厳しい北海道なら「インナーダウン」としてプラスの1枚を中に仕込むのが賢い防寒方法。しかし、あまりたくさん着込むとモコモコと大きい印象になり、ファッションを楽しみたい女子にはマイナスポイントですよね。そこで活躍するのが、ファッションを邪魔しない薄手のダウンです。

道民おすすめのマストアイテム「ユニクロ(UNIQLO)」の「ウルトラライトダウン」

「ユニクロ(UNIQLO)」の「ウルトラライトダウン」は、道民の必須アイテム。アウターの下にも着込める薄さと軽さで外歩きにも役立ちます。また朝晩の室内など、”ちょっと寒い”と感じる時の羽織りものとしても、確実な暖かさを発揮してくれます。収納バッグに入れてコンパクトに持ち運べるので旅行との相性も◎

複数持ちしたい優秀インナーダウン

複数持ちしたい優秀インナーダウン1977717

出典:www.instagram.com(@ak_m1120)

「ウルトラライトダウン」は、ベスト・ジャケット・パーカー・コートと4種類から選べます。札幌など都市部の街歩きならベストタイプ、極寒の流氷ツアーなら腰まである長さのコートタイプと、寒さや体験するアクティビティに応じて中を選べるのが嬉しいですよね。その使い勝手の良さと「ユニクロ(UNIQLO)」ならではの価格帯で、複数枚持ちしたい優秀インナーダウンです。

3.日数分持っていきたい薄手の働き者♪「吸湿発熱素材のインナー」

.吸湿発熱素材 吸湿発熱ウェア

穏やかな晴れの日もあれば、氷点下になり急に吹雪く日もある冬の北海道。直接肌に触れる「肌着」でも保温を心がけましょう。そこで活躍するのが、冬のファッションの必需品としてすっかり定着した「吸湿発熱素材のインナー」。簡単に説明すると、汗などの水分を熱に変えて発熱する優れたアイテムなんです。薄くて伸びるのに、着ると着ないとではその暖かさは段違い!薄くてかさばらないので、下着と同じような感覚で、旅行日数に合わせて持っていくのがおすすめです。

やっぱりこれ!「ユニクロ(UNIQLO)」の「ヒートテック」

やっぱりこれ!「ユニクロ(UNIQLO)」の「ヒートテック」1977748

出典:www.instagram.com(@ryohymsk)

「今日は寒いからヒートテックだね」そんなセリフが当たり前になるほど有名な、「ユニクロ(UNIQLO)」の「ヒートテック」。長袖はもちろん、キャミソール・半袖・タートルネックなど、さまざまなスタイルで展開しています。そしてたとえ寒くても、やっぱり可愛くいたいのが女子心……。「袖から肌着がチラ見えしておしゃれじゃない!」と感じるなら半袖、「とにかく寒さに弱いからしっかり防寒したい!」と思うならタートルネックなど、寒さだけはなくておしゃれに合わせて選べるのも◎

街歩き?流氷ツアー?寒さに合わせて選べる3段階の暖かさ

形も数種類ありますが、暖かさも数種類から選べるのが「ヒートテック」の優秀ポイントのひとつ。タイプによって保温性が異なるので、札幌市街地を周るときは「ノーマル」、オホーツク海で流氷を見る時は「極暖」「超極暖」など、タイプによって使い分けできます。また薄手でストレッチ性もあるので、重ね着にもピッタリです。寒がりさんはもちろん、たくさん着込むのが好きじゃない人も、肌着で上手に寒さ対策をしてみて。

4.おしゃれは足元から。でも安全なものを選んで「スノーブーツ」

close up of woman legs wearing warm boots on snow

積雪があったり、溶けた雪で地面が濡れたりする北海道では、靴は服装の中でもかなり重要な要素です。「靴の裏に滑り止めが付いている」「防水加工してある」「安定感のあるくるぶし以上の丈」を重視して選ぶと、雪に不慣れな首都圏出身者でも安心です。おしゃれはもちろんですが、安全面を重視して選びましょう。

デザイン・機能性バツグン◎頼りになる1足「ソレル(SOREL)」の「エクスプローラーカーニバル」

デザイン・機能性バツグン◎頼りになる1足「ソレル(SOREL)」の「エクスプローラーカーニバル」1981201

出典:

雪のときでも「暖かく・ドライで・快適に」をコンセプトとしている、極寒の地・カナダ生まれの「ソレル(SOREL)」。スノーシーン用に作られた靴だからこそ頼りにできます。中でもおすすめは「エクスプローラーカーニバル」。機能性はもちろん、シロクマのロゴマークが可愛いくて、寒い時でも気分を上げてくれます♪暗くなりがちな冬の服装ですが、ちょっと珍しい白のスノーブーツなら、こなれ感もあって高得点のおしゃれができそうですよね。暗くなりがちな冬コーデに爽やかさONしてみて。

5.ネックウォーマー要らずでおしゃれ度もキープ「タートルネック」

タートルネックセーターと眼鏡とブランケット

首元から風が入るのを防いでくれるタートルネックは、冬の北海道で重宝します。着回しもしやすいので、すでに数枚持っているという人も多いはず。室内では一枚もしくは薄手のものを羽織ったり、道東など寒いエリアではゆったりセーターと重ね着するのも良いかも♪また、ネックウォーマーを使わなくても首元が暖かいので、おしゃれさをキープできますよ。

チクチクしにくく着心地バツグン「無印良品」の「タートルネック」

チクチクしにくく着心地バツグン「無印良品」の「タートルネック」1978097

出典:www.instagram.com(@rnmama)

どこで入手しようか迷ったら、「無印良品」はいかがでしょうか。素肌に当たってチクチクしやすい首元には優しい肌触りの素材を使用するなど、暖かさだけじゃない着心地の良さにもこだわったタートルネックセーターが揃います。また、リブ編み・ワイドリブ編み・天竺編みなど、変化をもたせたバリエーションの豊富さと、トップス丈からワンピース丈まで扱う豊富な展開も魅力。主役級の厚手のものから、重ね着を楽しみたい薄手のものまで。きっと「旅のお供にしたくなる使える1枚」が見つかるはずです。

6.重ね着しづらい下半身をおしゃれに暖める「厚手のタイツ」

Woman walking on snowy sidewalk in winter city. Cl

下半身が寒い…といえども、スキーウェアを履いて街中を観光するわけにもいきませんし、パンツを何枚も履くわけにもいきません。さらにおしゃれ女子なら、寒くてもスカートで可愛くありたい!なんて願望もありますよね。そんなときにおすすめなのが、厚手のタイツです。下半身をしっかり保温してくれて、お腹周りも覆ってくれるのでしっかりと寒さから守ってくれる優れもの!裏起毛やデニール数の大きいものを選ぶのがポイントです。

豊富なデニール展開でおしゃれの邪魔をしない「靴下屋タビオ(Tabio)」

豊富なデニール展開でおしゃれの邪魔をしない「靴下屋タビオ(Tabio)」1984660

出典:

カラーやバリエーションが豊富と、女性人気の高いショップ「靴下屋タビオ(Tabio)」。裏起毛タイプやデニール数の高いものなど、さまざまなタイツを取り扱っているので、トータルファッションに合わせて選べます。寒さに合わせて暖かさを選ぶのはもちろん、気分や服装によってカラーも変えてみて♪

こんなのあったの?と驚く寒さ知らずの「ソフトウエスト400デニールタイツ」

こんなのあったの?と驚く寒さ知らずの「ソフトウエスト400デニールタイツ」1978357

出典:

その中でも、寒がりさんの防寒対策にピッタリなのが、なんと400デニールという厚手のタイツ「ソフトウエスト400デニールタイツ」です。一般的な裏起毛タイツの多くが200デニールほどなので、段違いの暖かさを体感できますよ♪また、ウエスト周りのゴムが長めなので食い込みにくく、履きやすいのが特徴です。きつくて歩きにくい、歩いているうちにだんだん下がってきてなんか気持ち悪い……。そんなことになりづらいので、サクサク観光を楽しめそう!

7.旅の必需品スマホも手袋の上から楽々操作♪「スマホ対応手袋」

冬服の女性

スマホと手袋。どちらも冬の北海道旅行の必需品ですよね。観光時に便利な地図やナビアプリを見る時に、いちいち手袋を外して煩わしい思いをしたり、かじかむ指で操作したりするのは大変なものです。また、自然の一瞬が織りなす絶景を見た時や、普段見ない野生動物に出会った時など、心動かされた瞬間を素早く収めたいことも北海道旅行ならでは。そんなときは、手袋をしたままスマホを触れる「スマホ対応手袋」が役立ちます。

大人女子の指先にもマッチする「ハリスツイード(Harris Tweed)」

大人女子の指先にもマッチする「ハリスツイード(Harris Tweed)」1984734

出典:

大人女子の指先を上品に彩る「ハリスツイード(Harris Tweed)」の手袋。世代を超えて愛され続ける、スコットランド発祥のハリスツイードの生地ですが、現代らしくスマホ対応手袋にもなっていますよ♪冬の北海道は、東京じゃ見られない絶景や動物がたくさん!その一瞬を逃さない機能的な手袋を選びましょう。

見た目も暖かいファーが女子心をくすぐる♡「タッチパネルグローブ 」

見た目も暖かいファーが女子心をくすぐる♡「タッチパネルグローブ 」1978120

出典:

この「タッチパネルグローブ」は、人差し指と中指でスマホを操作できる手袋です。さらに機能的なだけじゃないおしゃれなデザインも魅力♡フェミニンなファーとシックなデザインは、大人コーデとも合わせやすそうですね。アウターのポケットにいれやすいサイズ感や機能性は、女子友にもおすすめしたくなる優秀アイテムです◎

8.寒さが直に伝わる足元はこれで工夫を◎「インソール」

パンプスのサイズ調整

さぁ、一通り北海道の服装をご紹介してきましたが、ちょっと待って!「靴の中」を忘れていませんか?札幌市街地は地下街が発展しているからいいものの、流氷観察ツアーができるほど厳しい寒さの道東に出かけるとなると、寒さ対策は変わってきます。目的の観光シーンに合わせて防寒できるように、サッと入れるだけのあったかインソールを1つ持っていきましょう。

登山者も愛用のお墨付き!「スーパーフィート(SUPERfeet)」の「インソール」

登山者も愛用のお墨付き!「スーパーフィート(SUPERfeet)」の「インソール」1978126

出典:

広大な北海道は、エリアでそれぞれ寒さが変わります。特に流氷観察ツアーに行くなら桁違いの寒さ!また、深い雪の上やアイスバーンの上を歩いたりと、寒さが直に伝わる足元は靴の中から保温してあげましょう。そこでおすすめなのが、登山者も愛用しているという「スーパーフィート(SUPERfeet)」の「インソール」です。寒冷地仕様に作られているので、冷気を靴底からシャットアウトしてくれます。これで雪道観光だって、快適に楽しんじゃいましょう♪

北海道旅行は服装の準備から楽しもう♪

買い物 

「どんな服装で行ったらいいの?」という悩みを解決したら、さっそく北海道旅行に向けて準備をはじめてみましょう。外は極寒ですが案外建物の中は温かかったりと、気温差があることも忘れずに♪手持ちの服装で工夫したり、女子友とショッピングに出かけたり…♡きっと出発前から気持ちが高まるはずですよ。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード