徳島が誇る伝統芸能。阿波人形浄瑠璃を「阿波十郎兵衛屋敷」で

徳島が誇る伝統芸能。阿波人形浄瑠璃を「阿波十郎兵衛屋敷」で

日本の伝統芸能の一つ、人形浄瑠璃は淡路島で盛んになり、大阪にわたって文楽と呼ばれるようになりました。歌舞伎に共通する演目が今でも多く上演されています。そんな人形浄瑠璃ですが、徳島県に伝わる阿波人形浄瑠璃は少し違う特徴があるのを知っていますか?農民たちのために上演された阿波人形浄瑠璃は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。徳島にある阿波十郎兵衛屋敷は、そんな阿波の人形浄瑠璃を守り伝える発信基地。伝統芸能がお好きならあなたも一度訪ねてみませんか?

2016年11月18日

庶民の娯楽・人形浄瑠璃の世界

庶民の娯楽・人形浄瑠璃の世界585534

出典:睦さんの投稿

人形浄瑠璃は三人で一体の人形を操る「三人遣い」が基本。それによって、まるで生きているような人形芝居が出来上がるのです。

日本の伝統芸能である人形浄瑠璃は"人形遣い"、物語を語る"太夫"、"三味線"の音楽があわさった人形芝居です。そのなかでも阿波人形浄瑠璃の起源は古く、室町時代、14世紀から15世紀にまでさかのぼれるそう。室町時代に、現在の兵庫県西宮市にあらわれた人形遣いが淡路島に移り住み、これが現在の徳島県にあたる四国の阿波国(あわのくに)へ伝わったと言われています。

徳島に伝わる人形浄瑠璃とは?

徳島に伝わる人形浄瑠璃とは?583583

出典:

写真は阿波十郎兵衛屋敷で毎日上演している『傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)』の一幕です。

『傾城阿波の鳴門』の主人公、徳島藩臣下の阿波十郎兵衛(あわのじゅうろうべえ)は、主人を助けるために盗賊に身をやつします。そこへ生き別れていた娘のおつるがあらわれます。母のお弓は、娘のためを思い、自分が母親であることを隠しておつるを追い返しますが、十郎兵衛は娘と知らずおつるを殺してしまいます。この物語は実際に徳島藩の家臣であった坂東十郎兵衛が不本意な嫌疑で処刑されたことから、その悲劇を元に創作されたそうです。
阿波人形浄瑠璃は、淡路人形浄瑠璃に影響を受けて野外の農村舞台で盛んに上演されました。野外の公演で見栄えがするように、人形の頭が大きく作られているのが特徴です。後に文楽の名で知られるようになった大阪の人形浄瑠璃とはまた違う、素朴な力強い人形たちです。
徳島に伝わる人形浄瑠璃とは?583587

出典:ギヒトさんの投稿

こちらは2016年に阪急梅田ギャラリーで開催された「文楽の世界展」で展示された人形です。

人形浄瑠璃は17世紀の終わりころから18世紀にかけて、竹本義太夫が大阪の道頓堀で旗揚げし、近松門左衛門の作品で大人気となりました。その後、19世紀に入り文楽の名で広がってゆきます。

A photo posted by キナミン (@kinamy17) on

こちらは「文楽の世界展」より、狐忠信です。狐忠信は人形浄瑠璃や歌舞伎で演じられる『義経千本桜』に登場するキャラクター。狐が人間に化けて、鼓にされてしまった親狐を訪ねてくる物語です。頭が小さく阿波の人形との違いがわかります。
徳島に伝わる人形浄瑠璃とは?583703

出典:

阿波十郎兵衛屋敷で観ることのできる人形たち。顔の作りが特徴的で、野外で遠くから見てもはっきりとわかりやすいものになっています。

阿波人形浄瑠璃を観るなら阿波十郎兵衛屋敷へ

阿波人形浄瑠璃を観るなら阿波十郎兵衛屋敷へ583687

出典:

ここ阿波十郎兵衛屋敷は、悲劇の当人であった板東十郎兵衛の屋敷跡に建てられました。徳島の伝統芸能を伝えるために阿波人形浄瑠璃専門館として生まれ変わったものなのです。

阿波人形浄瑠璃を観るなら阿波十郎兵衛屋敷へ583589

出典:

徳島では、現在も多くの人形座が、独特の振りの継承や舞台装置の研究、新しい音楽とのコラボレーションなどを試み活発に活動しています。阿波十郎兵衛屋敷は、農村舞台をまねてつくられた舞台で、毎日、阿波人形浄瑠璃を上演しています。3人の人形遣いに人形が操られる様子や浄瑠璃節、三味線の音楽を間近で体験できる貴重な場となっています。

阿波人形浄瑠璃を観るなら阿波十郎兵衛屋敷へ583712

出典:

すまし顔の伝統芸能ではない、日本古来に発祥した、農民たちのための人形浄瑠璃の姿がここにあります。人形浄瑠璃も文楽も歌舞伎も能も、もとは庶民を慰め、神様に祈るためのエンターテインメントでした。徳島で、素朴な力強さにあふれる日本の伝統芸能にふれてみませんか。

徳島の力強さの源・徳島グルメ!

徳島の力強さの源・徳島グルメ!583771

出典:コーヒーはアメリカンさんの投稿

徳島名物といえばすだちに鳴門の魚介とたくさんありますが、ここでは旅の疲れを吹き飛ばすような地元の人おすすめの名店をご紹介します。

一鴻(いっこう)

「一鴻」料理 583729 名物 骨付き阿波尾鶏

出典:

おすすめは名物の骨付き阿波尾鶏のモモ。研究を重ねたスパイシーな味付けと、表面はぱりっと、中身はジューシーな特性モモにかぶりついたら、旅の疲れも忘れそう。

徳島の特産品としてすだちとともに全国レベルで名高いのが、阿波尾鶏。恵まれた自然の中で大切に飼育された高級鶏肉です。一鴻は徳島の地鶏三昧の楽しめる居酒屋です。
「一鴻」内観 583730 和風モダンのトーン、落ち着きあるインテリア。デートはもちろん会社帰りに一杯、大小宴会などにもOK!

出典:

和風モダンの落ち着けるインテリア。デートや会社の飲み会にも最適な地元の人からも愛されているお店です。

一鴻の詳細情報

一鴻

阿波富田、徳島 / 居酒屋、郷土料理(その他)、鳥料理

住所
徳島県徳島市仲之町1-46 アクティアネックスビル 2F
営業時間
17:00~24:00(L.O23:30)
定休日
なし(HPに掲載有)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

来来(ライライ)

「来来」料理 583738

出典:酒野夢蔵さんの投稿

チャーシューメン、チャーハン、餃子とどこにでもあるメニューばかり。昭和42年(1967年)創業から愛され続けている老舗の名店です。

地元の人が「ここに行けば間違いない!」と太鼓判を押す老舗中華料理店「来来」。昔ながらの徳島ラーメンが徳島の人たちに愛されてます。旅の途中でおじゃましちゃいましょう。
「来来」外観 583739 外観

出典:☆かずゆき☆さんの投稿

徳島駅から徒歩5分、旅先でほっとしたい夜におすすめです。

来来の詳細情報

来来

徳島、阿波富田 / ラーメン

住所
徳島県徳島市八百屋町1-8
営業時間
[月~土] 11:00~15:00(L.O込) 18:00~翌2:00(L.O込)
定休日
日曜
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?583765

出典:Leopardさんの投稿

徳島といえば鳴門の渦潮。阿波人形浄瑠璃が淡路とも大阪とも違う歴史をたどったのは、地理的な理由があったのかもしれません。瀬戸内海の自然に包まれて、力強く育まれた郷土の伝統芸能と料理を楽しむ旅に出かけませんか。

徳島県の航空券 + ホテルの価格を見てみる

あなたにおすすめ

徳島県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード