2017年06月21日

都市型フェスの代名詞「サマソニ」の持ち物&服装リスト!

都市型フェスの代名詞「サマソニ」の持ち物&服装リスト!

規模の大きいフェスとして、毎年注目されているサマソニこと「サマーソニック」。都市型フェスだから、気軽に遊びに行けるのが魅力!でも実際は何があれば便利?サマソニ通が教える、サマソニに必須な持ち物や過ごしやすい服装を紹介!これを見れば安心してサマソニに遊びに行けちゃいます♪

都市型フェス「サマソニ」

SUMMER SONIC(サマーソニック)略して「サマソニ」は、「日帰りでも気軽に行ける!」をコンセプトに掲げた都市型フェスの代表です!毎年8月に開催され、数多くの国内外の著名アーティストが一堂に集います。会場は東京会場(QVCマリンフィールド&幕張メッセ)と大阪会場(舞洲サマーソニック大阪特設会場)で、日帰りでも参加しやすいので、夏フェスが初めての人も気軽に参加できます♪
2017年も8月19日、20日で開催が決まっているサマーソニック。今回は、サマソニを楽しむために必要な服装や持ち物を紹介します!

「サマソニ」は屋内と屋外に分かれた大規模フェス

東京・大阪ともにいくつものステージがあり、会場はかなりの広さです。2017年も大きな規模で開催されるので、たくさん移動することを頭に入れておきましょう。

A post shared by YOKO (@yoko_dizz) on

開放的な屋外の様子。飲食ブースも数か所にあるので、食べ歩くのも楽しいです!
屋内ではライブ以外に、イベントも開催されています。室内でゆったり休憩できるのも、都市型フェスの魅力の一つです♪

サマソニは身軽で行こう!

サマソニの必需品!

都市型フェスだからこそ、身軽に参加するのが一番楽!最低限持っておきたい必需品をまとめました。昼間の野外ステージは熱気と日光の照り返しでかなりの高温になります。暑さ対策をして、楽しくフェスを楽しみましょう!

■必需品
○チケット
毎年売切れになることも多々あるので、チケットは事前に準備を!1日券や2日通し券があるので、チェックしましょう。

○現金・財布
サマソニのご飯は現金払いが基本。フェスでのご飯やお酒代、グッズを買うお金などを用意していきましょう!

○SuicaなどのICカード
行きはもちろんですが、帰りの電車はかなり混雑します。事前にチャージして、ICカードを持っておきましょう!

○帽子、サングラス
野外ステージや海では、帽子をかぶりましょう!ライブを待つ間や見ているときは、長時間外にいるので熱中症対策にもおすすめです。

○タオル
1枚持っていればかなり便利!首にかけておけば、荷物にもなりません♪

○日焼け止め
夏の定番アイテムでもありますが、フェスなどではマストアイテム!気づいたらものすごく日焼けしているので、持ち歩いてマメに塗り直しましょう!

○小さいポリ袋
携帯電話やカメラなどの電子機器を持ち歩く人は、ジップ付きのポリ袋を!暑さ対策でステージから放水したり、意外と濡れてしまうシーンが多く、密かなマストアイテムです。

これがあるとさらに便利!

持ち物はなるべく少なくしたいけれど、「これがあると便利!」なアイテムを紹介します。毎年身軽に参加している人たちの中でも、このアイテムがあれば重宝するという声が多い持ち物です。

■あると便利なアイテム
○ペットボトルホルダー
会場でもあらゆる場所で飲み物が売っていますが、こまめな水分補給をするためにペットボトルは持っておきたいもの。ペットボトルホルダーがあれば、手も空くので便利です。

○小さめのお財布
現金を持ち歩くために必要なお財布。普段のお財布でも良いけれど、使う分のお金や貴重品だけを持ち歩ける小さなお財布が便利です!

○絆創膏
ライブ中や移動中などに、ちょっとした怪我をしてしまうことも。さりげなくバッグにしのばせておくと、いざという時に役立ちます。

○汗拭きシート
フェスは基本的に朝から夜までの長丁場。汗拭きシートがあれば、手軽に汗がふけてすっきりします!

持ち物はまとめてボディーバッグに!

両手が自由になるように、ウエストポーチやボディーバッグ、肩掛けバッグ等がオススメです。リュックは混んだステージには不向きなのでご注意下さい。必需品を詰め込んで、出来るだけ身軽にして思う存分楽しみましょう!
たくさん荷物がある人や、着替えを持って行きたい人、たくさんグッズを買いたい人もご安心を♪クロークに預けることができます!ただ、クロークは混むので、時間に余裕を持ってスケジュールを立ててみてくださいね。

服装は動きやすいもので揃える!

動きやすいけど、オシャレに♪

A post shared by MIK▲SOPHILA (@m_i__x__k_a) on

当日はステージ移動を含め、歩くことが多いです。トップスはTシャツやタンクトップ、ボトムスは短パンやハーフパンツといった、動きやすい服装をおすすめします!ビーチステージなどもあるので、汚れてもいい服装で参加してくださいね。夜は冷えるかもしれないので、薄手の上着があれば安心です。

足元は履きなれたスニーカーがベスト!

A post shared by toMATO (@tomatomato501) on

足元は履きなれたスニーカーがベスト!1198286

出典:oimoさんの投稿

夏なのでサンダルを!と思いますが、履きなれたスニーカーや靴がベスト。混んだステージやビーチステージで足先が出ていると、痛い思いをする可能性があります。気をつけてくださいね!

雨予報だったら、対策を!

雨が降ったときでも身軽に楽しむには、ポンチョやレインコートがオススメ!足元は事前にレインブーツを履いておけば、オシャレも同時に楽しめます!天気予報をチェックして事前準備をお忘れなく♪

まとめ

まとめ1198310

出典:

夏フェス初参戦の人も、待ち焦がれている人も、サマソニ2017はもうすぐです!しっかりと事前準備をして、最高の思い出を作りましょう♪
まとめ1198281

出典:oimoさんの投稿

千葉県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ