懐かしくって新しい♪人気沸騰中の東京のコッペパン専門店5選

懐かしくって新しい♪人気沸騰中の東京のコッペパン専門店5選

コッペパンといったら給食を思い出す方が多いのではないでしょうか?今そんなコッペパンにブームが起きているんです!都内にはコッペパン専門店も続々オープン♪どこか懐かしく、そして新しいコッペパンをぜひ味わってください。

2016年05月18日

「コッペパンブーム」でブラッシュアップされた極上のコッペパン達

A photo posted by 優希 (@yukikokiku) on

昨今のコッペパンブームで、食の激戦区でもある東京のコッペパンは日々ブラッシュアップされ、進化を続けています。昔ながらのコッペパンはもちろん、今までにない新しいコッペパンが味わえる専門店が増え、SNSでも話題なんです。今回はコッペパンが食べられる都内のお店を紹介します♪ぜひ参考にしてくださいね。

iacoupé(イアコッペ) (上野)

「イアコッペ」外観 585390

出典:ぷるっくさんの投稿

JR上野駅不忍口からすぐの「上野の森さくらテラス」にある「iacoupé(イアコッペ)」ではコッペパンの常識を打ち破る斬新なメニューを数多く取り揃えています。上野公園直結という好立地で、上野動物園や公園散策。それに、美術館の行き帰りに立ち寄るにも便利です。コッペパンを持って公園でランチもいいですね!

「イアコッペ」料理 585391

出典:前髪さんの投稿

その中でもちょっとめずらしいのが「ピスタチオ」。黒い生地に緑色のクリームが挟まっている様は斬新の一言。一目見ただけではコッペパンとは違う、なにか別のオシャレなスイーツを食べているようにも見えます。

A photo posted by Yuki Yoshizawa (@yuki.22c) on

パンの種類はそれぞれの具材に合わせ、ブリオッシュ生地、ヴィエノワ生地、全粒粉生地の三種類を使い分けています。甘い具材だけでなくしょっぱい具材のコッペパンも取り揃えているので、おやつからランチにもピッタリ。老若男女に愛される、どこかホっとするコッペパンに出会えるお店です。

イアコッペの詳細情報

イアコッペ

京成上野、上野、上野御徒町 / パン、サンドイッチ、スイーツ(その他)

住所
東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 3F
営業時間
10:00~19:00 なくなりしだい閉店
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

吉田パン(亀有)

「吉田パン 亀有本店」外観 585406 外観

出典:ラーメンしゅうさんの投稿

可愛らしいコッペパンと男の子の看板が目印の「吉田パン」は亀有駅北口を出てメインストリートを直進したところにあります。こちらの「吉田パン」、実はコッペパン業界では知らない人はいない岩手県盛岡の老舗である「福田パン」のお弟子さん。まさに血統書付きのコッペパンとも言える極上のコッペパンを出すお店です。こちらでは、注文後に具材を挟んでくれます。フィリングを組み合わせて、自分好みのコッペパンを作ることもできますよ!

「吉田パン 亀有本店」料理 585407

出典:mirina-montaさんの投稿

なめらかなこしあんと、風味豊かなマーガリンをコッペパンに挟みこめば、王道の「あんマーガリン」の出来上がり。コッペパンの王道で定番の「あんマーガリン」は「吉田パン」でも安定した人気を誇っています。

「吉田パン 亀有本店」料理 590860 コンビーフ

出典:ジュニアーズさんの投稿

もちろんしょっぱい系のコッペパンも充実。こちらのおかずコッペは、コッペパンからはみ出しそうなほど具材がつめ込まれた「コンビーフ」。ガッツリ食べたい時にぴったりなパンです。

吉田パン

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

コッペこぱん (梅ヶ丘)

「コッペこぱん 梅丘店」外観 585460

出典:まめぞうさんの投稿

コッペパンをかたどったロゴマークが目印の「コッペこぱん」は梅ヶ丘駅南口を出て左へ曲がり、洋菓子店に沿うように右に入った商店街の中にあります。昔懐かしい味で人気のこちらのお店。店名の「コッペこぱん」の「こぱん(copain)」という言葉には、フランス語で「仲間・友達」の意味があり、コッペパンが大好きな人たちが「コッペこぱん」を通じて、すてきな仲間になるようにという願いが込められているそう。

ふわふわでしっとりとしたきめの細かい食感と口どけが特徴のコッペパンは、低温で長時間熟成することにより、小麦の味わいを十分に引きだしています。また、「コッペこぱん」では、注文を受けてからコッペパンに具材を挟むスタイルを取っており、いつでも出来立てのコッペパンサンドを楽しむことができます。メニューは30種類以上。甘いおやつ系から、サラダ類、揚げ物、お惣菜など、様々なコッペパンがいただけます。
「コッペこぱん 梅丘店」料理 585491 サバサンド

出典:ワイン王子さんの投稿

こちらで一際目を引くのがちょっと珍しい「トルコ風サバサンド」。鯖の塩焼きをトマト、レタス、玉葱などと一緒にサンドしたメニューで、ヨーグルトマヨソースで味付けがされています。トルコではメジャーだというこのサバサンド。サバの旨味とシャキシャキの野菜。それにさっぱりとした風味のヨーグルトマヨソースが一体となって予想を遥かに超える味になっています。

コッペこぱん 梅丘店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

太平製パン(千駄木)

「大平製パン」外観 585501

出典:くまこ@まりこさんの投稿

東京メトロ千代田線 千駄木駅を出て不忍通りを上野方面へ少し歩くと左手に見えてくる、少しレトロなお店が「太平製パン」です。こちらのコッペパンは、ふんわりとしていてすこし甘く、どこか懐かしい感じを受けるコッペパンです。また、マスコットキャラクターのかわいい焼印が押してあるのも特徴です。

A photo posted by @sai_two on

定番の「あんマーガリン」は中に挟むあんこを「粒あん」か「こしあん」か選ぶことができます。また、「焼きそばパン」に挟まっている焼きそばもかなりのボリューム。その他の調理パンもボリュームたっぷりで、大人でも2つ食べればお腹がいっぱいになること請け合いです。コッペパンのほかにも、給食で登場していた懐かしい「あげぱん」もいただけます。

A photo posted by chiemitter (@chiemitter) on

「太平製パン」はイートインスペースも完備。ドリンクメニューと一緒にコッペパンを味わうことができます♪

大平製パンの詳細情報

大平製パン

千駄木、根津、東大前 / パン、パン・サンドイッチ(その他)、カフェ

住所
東京都文京区千駄木2-44-1 刈谷店舗
営業時間
平日 8:00~19:00(cafe 8:00~18:00) 土日祝 8:00~18:00(cafe 8:00~17:00) ※パンはなくなり次第終了
定休日
月曜(不定休あり)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ハト屋(京成曳舟)

「ハト屋」外観 585528 外観

出典:taityo2009さんの投稿

京成曳舟駅を降り、駅を背にして左へ向かって10分ほど歩くとぶつかるキラキラ橘商店街。昭和のレトロな雰囲気を残すこちらの商店街の中でもひときわレトロさを醸し出しているのが、こちらの「ハト屋」です。残念ながら看板に書かれているカステラは現在作っていないとのことですが、「パンの出来がいい」と評判のコッペパンのお店です。

「ハト屋」料理 585524 ほおばりながらお散歩♪

出典:めいぷるさんの投稿

「ハト屋」で購入できるのは何もついていない「コッペパン」と「ジャム」「ピーナッツ」。定番と思いがちな焼きそばやあんバターすらもない、シンプルなライナップのみ。しかしながら、柔らかくフワッフワな「ハト屋」のコッペパンは、パンの味と食感が絶品のため、その2つのラインナップのみで十分な満足度を得られます。

A photo posted by satougou (@satougou) on

「でも、せっかく美味しいコッペパンなんだから他の具材でも食べてみたい」という方は、同じ商店街内でコロッケなどを買い求め自分なりのコッペパンサンドを作ってみてはいかがでしょうか。フワッフワのコッペパンとできたて惣菜、それぞれのプロがつくり上げる食材のコンボはきっと今まで感じたことのない感動がありますよ♪

ハト屋

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

いかがでしたか?

「コッペこぱん 梅丘店」料理 591009 焼きそばサンド230円+税

出典:まめぞうさんの投稿

たっぷりの具材を挟んだ最先端の極上調理パンから、シンプルな具材とパンだけで十分おいしい老舗のコッペパンまで。食の都東京ならではの多彩なコッペパンを一度味わってみてはいかがでしょうか。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ