大切なあの子を“温泉”で癒してあげよう。「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」【岐阜】

大切なあの子を“温泉”で癒してあげよう。「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」【岐阜】

仲良しの友達が最近元気ないな…という時は、温泉旅行に誘ってみませんか?奥飛騨温泉郷にたたずむ「奥飛騨ガーデンホテル焼岳(やけだけ)」は、都会の喧騒を忘れさせてくれる場所。敷地内に4本の自家源泉を有し、大自然に包まれた露天風呂、秘境感あふれる岩風呂、“打たせ湯”など、個性豊かな温泉がそろっています。美肌の湯につかって、素朴な郷土料理を味わえば、あの子も元気になるかも?

2020年03月29日

お疲れ気味の友達に元気をあげたいな、と思ったら…

職場のランチタイム イメージ

どんな時でも味方をしてくれるあの子が、最近元気がない…そんな時は、見ているこちら側も辛いですよね。何とかして勇気付けてあげたいと思ったら、「温泉に行ってのんびりしよ♪」と旅に誘ってみませんか?

深い山並みに抱かれた「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」でホッと一息

平湯大滝 ・ 奥飛騨 ~ 初夏

出典:

行き先は、にぎやかな街中より静かな場所がおすすめ。日本アルプスの雄大な自然に抱かれた“奥飛騨温泉郷”にある「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」なんていかがでしょう?大迫力の露天風呂、秘境感あふれる岩風呂、“打たせ湯”などバラエティー豊かな湯船がそろっているので、湯巡り三昧できますよ。温泉につかって美しい景色をボーッと眺めれば、お疲れ気味のあの子も元気になるかも。

電車やバスを乗り継いだ先に、秘境が待っている

移動中はおしゃべりを楽しんで♪

移動中はおしゃべりを楽しんで♪2086116

出典:

「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」は、名前に“奥”とあるぐらいなので行くには時間がかかります。最寄り駅は、東京から特急列車で2時間50分ほどの松本駅。そこからさらにバスに1時間半ほど乗る必要がありますが、その分、日常から完全に切り離された感覚を味わえるはず。車窓の景色を眺めたり、モグモグお菓子を分け合ったり。移動中も楽しんでくださいね。

縁起のいい「さるぼぼ」と一緒にパシャリ

縁起のいい「さるぼぼ」と一緒にパシャリ2086166

出典:

移動に時間がかかる分、「着いた~!」という時の達成感も大きいですね。入り口では、岐阜・飛騨高山のマスコットキャラクター「さるぼぼ」がお出迎えしてくれますよ。「さるぼぼ」とは、岐阜県の方言で「猿の赤ちゃん」のこと。悪霊払いや疫病除けのご利益があるとされています。ここでまずは写真撮影してみる?

ホッと落ち着く眺めのいいお部屋

旅情気分が盛り上がる和室

旅情気分が盛り上がる和室2086122

出典:

四季折々の野山や清流を望むお部屋は、和室と洋室の2種類。落ち着いた雰囲気の和室に泊まれば、温泉旅館に来た実感が湧きそう。スリッパを使うより、はだしでパタパタ歩き回る方が気楽♪というなら断然和室ですね。

旅情気分が盛り上がる和室2086123

出典:

バルコニーに出て思いっきり深呼吸すれば、沈みがちだった友達の表情がパッと明るくなるかも。春や夏は涼風が心地いいですよ。秋の紅葉や冬の雪景色も捨てがたいですね。

広くて開放的な洋室

広くて開放的な洋室2086118

出典:

ベッド派にうれしい洋室も。大きなベッドとソファ、デスクが置かれた、ゆとりのある空間です。とりあえず着いたらベッドにゴロン♪と横になって、移動疲れを癒しましょ。

まるで温泉テーマパーク♪個性的な湯船をゆったり巡ろう

まるで温泉テーマパーク♪個性的な湯船をゆったり巡ろう2086128

出典:

お部屋でゆっくりした後は、早速温泉に入りに行きましょう。女湯エリア、男湯エリア、湯衣(ゆあみ)を着て入る“混浴エリア”などに分かれているので、気になる湯船から入ってみて。ちなみに、混浴エリアは22時~6時までは女性専用になるため、混浴はちょっと…という方でも安心です。

エメラルドグリーンの温泉でほっこり「うぐいすの湯」

エメラルドグリーンの温泉でほっこり「うぐいすの湯」2106051

出典:

「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」は敷地内に4本の自家源泉を有し、毎分1tもの温泉がわき出ています。写真の露天風呂「うぐいすの湯」でつかれるのは、太古の地層から湧き出した超深層水温泉。女心をくすぐる美しいエメラルドグリーンで、メタケイ酸がたっぷり入った“美人の湯”なんですよ♪深い山並みに抱かれた岩風呂で温まれば、心もポカポカに。

トレジャーハンター気分を味わえる温泉の数々

トレジャーハンター気分を味わえる温泉の数々2086130

出典:

「うぐいすの湯」を奥に進むと「打たせ湯」があります。高さがあるので、疲れた肩や首回りをじんわり癒せそう。さらに、その奥に進むと「滝湯」がありますよ。冒険者になった気分で、ワクワクしながら先に進みましょう。

トレジャーハンター気分を味わえる温泉の数々2086133

出典:

ザバザバと「滝湯」をくぐって奥に進みます。日中はもちろん夜に入るのも楽しいですよ♪

トレジャーハンター気分を味わえる温泉の数々2086131

出典:

大きな岩が配された「瀑泉洞」は迫力満点!岩間から眺める景色も風情がありますね。

女湯エリアにもいろんなお風呂があるんです♡

女湯エリアにもいろんなお風呂があるんです♡2086132

出典:

ここからは女湯エリアの湯船をご紹介。写真の露天風呂「桧(ヒノキ)の湯」は屋根付きなので、お天気を気にしないで入れます。晴れた日の明るい雰囲気もいいけど、雨の日も風情がありますよ。温泉につかって語り合えば、それだけで友達の心が軽くなるかも。

女湯エリアにもいろんなお風呂があるんです♡2086149

出典:

奥飛騨の銀泉につかれる「立ち湯」と「寝湯」もあります。ほかの温泉宿ではあまり見かけないお風呂なので、ぜひみんなでチャレンジしましょう。「立ち湯」の深さは約1.2m!水中歩行も出来ちゃいますよ。

女湯エリアにもいろんなお風呂があるんです♡2086148

出典:

内湯である「薬師の湯」は広々としているため、体を洗ったりシャンプーしたりするのにストレスを感じずに済みますよ。(※「薬師の湯」のお湯は温泉ではありません)

忘れちゃいけない「足湯」

忘れちゃいけない「足湯」2086134

出典:

気軽に温泉を楽しめる「足湯」は、到着後や寝る前などに利用したいですね。こういう場所でのおしゃべりも楽しい♪

山里の恵みがたっぷり♡心も体も満たしてくれる夕食

会席料理「おおごっつぉ」にほっこり

会席料理「おおごっつぉ」にほっこり2086157

出典:

入浴後は、旬の食材をたっぷり使った「おおごっつぉ(飛騨の言葉でご馳走のこと)」でお腹を満たしましょう。温泉で蒸しあげた「温泉せいろ蒸し」や、手造りの胡麻豆腐、朴葉味噌(ほおばみそ:味噌に薬味や食材を加え、朴の葉の上で焼いた郷土料理)など、この土地ならではの逸品も並びます。素朴な田舎料理を味わえば、友達もきっと笑顔になってくれるはず。

贅沢な気分にひたれる別注料理も

贅沢な気分にひたれる別注料理も2086160

出典:

別料金のお料理も充実しているので、普段お世話になっているあの子へ「これは私のおごりだよ♡」とプレゼントしてもいいかもしれません。コラーゲンたっぷりのスッポンは、なんとホテルで養殖されたもの。温泉で育ったため、栄養価が高く、アミノ酸、ビタミン、コラーゲンが豊富なんです。

贅沢な気分にひたれる別注料理も2086152

出典:

こちらのホテルではチョウザメの養殖にも取り組んでいます。チョウザメといえばキャビア!キャビアをたっぷり使った料理や、チョウザメのお刺身もありますよ。

女子旅にうれしい充実の施設&サービス

「カラオケ列車」に乗って写真撮影

「カラオケ列車」に乗って写真撮影2086161

出典:

なぜか、入り口の前に停車している電車。こちらは北海道で活躍していた車両を使ったカラオケボックスなんです。10人以上でないとカラオケの利用はできませんが、運転席には無料で乗り放題できます。車掌さんの帽子を貸してもらえるので、みんなで記念撮影もできますよ♪

凝り固まった体がほぐれるマッサージ

凝り固まった体がほぐれるマッサージ2086162

出典:

温泉の後のマッサージは、まさにご気楽気分♪湯上り処では、整体師による湯上りソフト整体や足つぼマッサージを受けられます(有料)。こうしたサービスを友達にプレゼントするのもいいですね。

お土産選びを楽しめるショップ

お土産選びを楽しめるショップ2086164

出典:

何かと盛り上がる旅館の売店。みんなでワイワイ眺めたり、突っ込みどころの多いお土産を見つけて大笑いしたりと、楽しい思い出ができるスポットです。

公式詳細情報 奥飛騨ガーデンホテル焼岳

奥飛騨ガーデンホテル焼岳

福地温泉・新平湯温泉 / 旅館

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根2498-1地図を見る
アクセス
JR高山駅下車バスで約70分、中部縦貫自動車道高山ICより車...
宿泊料金
5,500円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

5,500円〜 / 人

もっと見る

データ提供

温泉&グルメ、おしゃべりで、元気をチャージ♪

温泉イメージ

本気でケンカができる相手ほど、得難い友人ですよね。そんな彼女がちょっと落ち込んでいる時や、疲れている時には、元気をチャージする旅に連れ出してあげましょう。温泉やお部屋でいっぱいおしゃべりして、郷土料理をたっぷり味わえば、きっと笑顔を取り戻してくれるはず。

岐阜県のツアー(交通+宿)を探す

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ