2020年05月24日

本を読んで旅気分に浸ろう♩旅に出たくなる本5冊/全国

本を読んで旅気分に浸ろう♩旅に出たくなる本5冊/全国

心にしこりが溜まってくると、リフレッシュのために旅に出たいって思うことがありますよね。けれど、いろいろな理由ですぐには出かけられないこともあると思います。そんなときにはこの記事でご紹介する旅気分に浸れる「本」を読んで、少しでも旅に出た心地を味わいませんか?近場へ行って気軽に楽しむ旅、思いきって遠出して、非日常感をたっぷりと楽しむ旅。本を読み終えると、どこか心が癒されていることが実感できるはずです。いますぐにはむずかしくても、あなたのよいタイミングで、登場した場所へ旅に出てみてもらえますように…◎

心のリフレッシュがしたいとき。

仕事のことやプライベートのこと。小さなことから大きなことまで、わたしたちのまわりでは常にいろいろなことが起きます。それらはふだんはどうってことなくたって、積み重なっていくと心の大きなしこりとなってしまうことも。そんなときは一度、リフレッシュしてあげることが大切です。

旅気分に浸れる本で、「旅に出た心地」を味わおう

リフレッシュのために旅に出たい!そう思っても、忙しかったりしがらみがあったり、いろいろな事情ですぐには出かけられないことだってあると思います。そんなときには、この記事でご紹介する旅にまつわる5冊の本を読んで、少しでも旅に出た心地を味わいませんか?

1.季節を感じて旅気分に浸りたい♩

「心がほどける小さな旅」益田ミリ・著(幻冬舎文庫刊)

「心がほどける小さな旅」益田ミリ・著(幻冬舎文庫刊)2182202

「心がほどける小さな旅」は、著者の益田ミリさんが日本全国各地へ季節ごとのイベントを楽しむために出かけた、小さな旅がつまったエッセイです。春の鹿児島、夏の郡上八幡など全国各地の季節ごとの楽しみ方が分かるので、四季折々の旅の楽しみ方が知りたい方にもおススメ○加えて、旅を通してミリさんが考えたこともいっしょに描かれているのですが、たとえば「自分の幸せ」についてだったり「人生」についてだったり、そんな一つひとつが読んでいるこちらにもちょっぴり心に響いてきて、思わずじーんとなることも。

☆ 登場するのはこんな場所 ☆

石段をずんずん登り、ここでしか味わえない感動を♩「宝珠山 立石寺」

山寺:五大堂からの眺め

「宝珠山 立石寺(ほうじゅさん りっしゃくじ)」は、「山寺(やまでら)」という名前で親しまれている東北の名刹です。山寺の魅力といえば絶景!全部で1,015段もの階段を上っている最中にもすばらしい景色を見ることができますが、特におススメなのが「五大堂」からの景色。ここから見える景色のうつくしさに、思わずじーんとなるはず…○参拝後には、ミリさんのように「力こんにゃく(玉こんにゃく)」や「ずんだソフト」などのグルメも楽しんでみてはいかがでしょう。

山寺 五大堂の詳細情報

山寺 五大堂

住所
山形県山形市山寺4456-1

データ提供

連泊してのんびりくつろぐのにぴったり◎「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2182804

出典:

紅葉を眺めながらぼーっと過ごしたい。そんなミリさんが選んだ場所が、青森県の景勝地「奥入瀬渓流」のほとりにある「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」です。奥入瀬渓流ホテルは、連泊してのんびり過ごすのにうってつけのリゾートホテル。大きな窓から見える景色が印象的なロビーやラウンジには、世界的芸術家の岡本太郎がつくった巨大なモニュメントが設置されていて圧巻です。

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2182815

出典:

連泊してゆっくり休むのにぴったりな客室。せっかくなら渓流沿いのお部屋を選んで、窓から見える景色も楽しんでみてはいかがでしょうか。客室露天風呂とテラスが付いたお部屋なら、よりプライベートな時間を満たすことができそうです。

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2182967

出典:

レストランは2つありますが、おススメはビュッフェレストランの「青森りんごキッチン」。りんごのモチーフがあちこちにあしらわれたウッディな店内は、気分がウキウキしてきそうなかわいらしい空間です♩メニューにもお食事系・デザート系問わずりんごがたくさん使われていて、あれもこれも食べたくなっちゃうかも。

公式詳細情報星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬・十和田湖 / 高級ホテル

住所
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
地図を見る
アクセス
東北新幹線 八戸駅または新青森駅/無料送迎シャトルバス(要時...
宿泊料金
17,500円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 12:00(OUT)など

17,500円〜 / 人

もっと見る

データ提供

2.旅の気軽な楽しみ方が知りたい!

「ちょっとそこまで旅してみよう」益田ミリ・著(幻冬舎文庫刊)

「ちょっとそこまで旅してみよう」益田ミリ・著(幻冬舎文庫刊)2182133

「ちょっとそこまで旅してみよう」も、著者・益田ミリさんの旅が描かれたエッセイです。こちらの作品の特徴は、ミリさんがどんなに遠く離れた場所でもまるでちょっと近くまで出かけるように、気軽に旅を楽しんでいること。そんな様子を見ていると、読んでいるこちらまで旅ってこんなにかるく楽しむことができるんだ♩と思えてワクワクしてくるんです。旅を気軽に楽しむ方法が知りたい!そんな方におススメです。

☆ 登場するのはこんな場所 ☆

できたてフワフワの栗だんごをぱくっ「餅処 深瀬」

「餅処 深瀬」 料理 94973653 栗だんごセット(360円)

出典:夏ミカンさんの投稿

宮城県鳴子の名物・栗だんごをいただけるのが、和菓子屋さん「餅処 深瀬」です。店内で作られたできたての「栗だんご」はおもちがふわっふわ。大きめサイズのおもちの中には、栗の甘露煮が1コまるごと入っていて、上には甘さ控えめのみたらしがかかっています。食べると上品な甘さが口の中いっぱいに広がって、とってもしあわせな気分◎ミリさんが鳴子でぜったいに食べたい!と意気込んでいたおやつ、ぜひ味わってみてくださいね。

餅処 深瀬の詳細情報

餅処 深瀬

鳴子温泉 / 甘味処、和菓子、ケーキ

住所
宮城県大崎市鳴子温泉湯元24-2
営業時間
8:00~19:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

お財布を気にすることなく、気ままにの~んびり。「ゆと森倶楽部」

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2183594

出典:

そんな鳴子の前に訪れていたのがこちら。宮城県蔵王の遠刈田(とおがった)温泉にある「ゆと森倶楽部」は、森林に包まれた温泉リゾートです。滞在スタイルは宿泊料金に飲食代・アクティビティ代などが含まれたオールインクルーシブなので、泊まっている間はお財布の心配は必要ありません。「暖炉ラウンジ」で読書をしたり、景色を眺めたり。ラウンジには、アルコール・ソフトドリンク・スイーツなどの食べ物も用意されているので、好きなだけ食べたり飲んだりしてくつろいでください◎

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2183592

出典:

気になる客室は、木の香りに包まれる「木もれび離れ館」と、蔵王山麓の稜線を眺めてのんびりできる「さくら館」の2館に分かれています。どのお部屋にも心地よいねむりにつけるように、こだわりのマットレスが配され、各フロアには選べる枕バーも。また、館内どこでも着用したままウロウロできるルームウェアがあるので、ホテルに着いたらこちらに着替えてのんびりしましょ。

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2183593

出典:

「ZAOダイニング けやき食堂」は、野菜をおいしくいただくことのできるレストラン。日本野菜ソムリエ協会の「野菜ソムリエアワード認定レストラン部門」で数々の賞を受賞した、実力派のお料理を朝も夜もビュッフェスタイルで好きなだけ食べられるんです。おいしくてカラダのためにもなる、美と健康に配慮されたお食事で心地よい時間を過ごして♩

☆ 登場するのはこんな場所 ☆2183595

出典:

ホテルには2つの自家源泉があり、大浴場・2種類の渓流露天風呂・露天風呂付き貸切風呂で楽しむことができます。温泉に浸かったり、森を歩いてみたり、ヨガを体験してみたり、卓球をしたり…♩滞在中は楽しみがた~くさんあるので、客室でのんびり過ごすのもいいけれど、気ままにゆるっといろんな遊びを楽しんでみませんか?

公式詳細情報「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部

宮城蔵王・遠刈田温泉 / 旅館

住所
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上の原128
地図を見る
アクセス
送迎要問合せ/仙台から車で60分(東北自動車道 村田I.Cよ...
宿泊料金
28,700円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

28,700円〜 / 人

データ提供

3.京都の別の楽しみ方が知りたい!

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦・著(角川文庫刊)

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦・著(角川文庫刊)2182206

映画にもなった森見登美彦さんの大人気小説「夜は短し歩けよ乙女」は、京都を舞台に繰り広げられるポップな恋愛ファンタジー小説です。主人公の「先輩」が、一目惚れした「黒髪の乙女」とどうにかつながりをつくるために奮闘するのですが、その合間にはおかしな出来事や一風変わった人物が出てきて終始ドタバタ…!すいすい読み進めることができるので、ふだんはあまり読書をしない方でも手に取りやすいですよ◎

☆ 登場するのはこんな場所 ☆

京風情に浸れる「先斗町」と気軽に楽しめる「木屋町」

《京都府》先斗町・夜の歓楽街

黒髪の乙女と先輩がそれぞれ別の愉快な登場人物と飲み歩くのが「先斗町」と「木屋町」。狭い路地に京料理店やバーなどが並ぶ先斗町には、京都らしい風情ある光景が広がっていて、お店をさがしながらまったりと歩いているだけで楽しいですよ♩対して木屋町は、わいわいがやがやした通りで気軽に入れるお店がたくさん。2人みたいに飲み歩いてみてはいかが?

先斗町の詳細情報

先斗町

住所
京都府京都市中京区

データ提供

木屋町通の詳細情報

木屋町通

住所
京都府京都市中京区中島町

データ提供

モダンな雰囲気の喫茶店で息抜きを「進々堂 京大北門前」

「進々堂 京大北門前」 料理 92471046

出典:omozarashiさんの投稿

物語の最後に登場する「進々堂 京大北門前」。お店はパリのカフェを真似てつくられたそうで、重厚感ある佇まいにホッと落ち着くはず。人気のメニューはカレー・パン・ミニサラダ・コーヒーがセットになった「カレーパンセット」です。ぜひとも今出川通を眺められる席に座って、ノスタルジックな気分に浸ってくださいね。

進々堂 京大北門前の詳細情報

進々堂 京大北門前

元田中、出町柳 / カフェ、パン、サンドイッチ

住所
京都府京都市左京区北白川追分町88
営業時間
10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

▼物語に登場した場所をもっと知りたいならこちらの記事をチェック♩

4.鎌倉の魅力が知りたい◎

「ツバキ文具店」小川糸・著(幻冬舎文庫刊)

「ツバキ文具店」小川糸・著(幻冬舎文庫刊)2182210

ドラマにもなった「ツバキ文具店」は小川糸さんの小説。主人公は鎌倉で、文具の販売と代書を行うツバキ文具店という小さなお店を営んでいます。このツバキ文具店ですが、本当にこんなお店があったら…と思うほどすてきなお店。主人公はじめ登場人物は日々をとても丁寧に、だけど自然に生きていて、その姿勢にふっと心がゆるみます。読み終えたあとはきっと、やさしい気持ちになっているはず。

☆ 登場するのはこんな場所 ☆

鎌倉を代表する神社「鶴岡八幡宮」

鶴岡八幡宮 境内風景 舞殿と本宮の楼門 (神奈川県鎌倉市) 2020年3月現在

鎌倉を代表する「鶴岡八幡宮」は、作中にたびたび登場する神社。大石段を上り、本宮に着いたらぜひ後ろを振り返ってみてください。一直線に伸びる若宮大路をはじめ鎌倉のまちが一望できて、とても清々しい気持ちになるはずです。季節ごとに行われる祭事や、桜や蓮などの四季の花々など、年中いつ訪れても楽しいですよ。

鶴岡八幡宮の詳細情報

鶴岡八幡宮

住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
営業時間
参拝可能時間:6時00分〜20時00分 08:30〜16:00 [宝物殿]8時30分〜16時00分(9月15日・展示替日は休館)

データ提供

炭火で焼き上げる老舗の名店「つるや」

「つるや」 料理 61869834 うなさま

出典:きゅいそんさんの投稿

鎌倉駅から少し歩いた落ち着いた通り沿いにある、うなぎの名店「つるや」。つるやでは注文を受けてからうなぎを捌くため、運ばれてくるまでに1時間ほどかかります。そのため予約しておくのがおススメ。フワフワのうなぎは、甘さ控えめのタレのおかげで味わいをしっかりと堪能できるんだそうです。昔ながらの雰囲気が残るお店で、ゆっくりといただいては?

つるやの詳細情報

つるや

和田塚、由比ケ浜、鎌倉 / うなぎ、どじょう、丼もの(その他)

住所
神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-3-27
営業時間
11:30~19:00(ラストオーダー)
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

深呼吸がしたくなる参道「壽福寺」

寿福寺 参道

「壽福寺(じゅふくじ)」は作品の最後に登場するお寺。「鎌倉五山」の第三位の名刹で、境内は一般公開されていませんが中門までと裏山の墓地は自由に拝観することが可能です。壽福寺の見どころは、総門から中門までの石畳の参道。頭上には木が鬱蒼と生い茂り、下には苔が生していて、緑のトンネルのような場所です。深呼吸して、心を浄化する時間を過ごしてみませんか?

寿福寺(神奈川県鎌倉市)の詳細情報

寿福寺(神奈川県鎌倉市)

住所
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-17-7
アクセス
鎌倉駅から徒歩で10分
営業時間
中門までは拝観自由。その先は非公開。 志納(参拝は参道のみ) 中門の脇から通じる仏殿背後の墓地にある実朝・政子の墓はお参り可 ※御朱印は書置きでの対応

データ提供

5.鎌倉の魅力をもっと知りたい!

「キラキラ共和国」小川糸・著(幻冬舎文庫刊)

「キラキラ共和国」小川糸・著(幻冬舎文庫刊)2182212

「キラキラ共和国」は、ツバキ文具店シリーズの第2作で、1作目同様、心の奥にぐっと響くようなことばが散りばめられていて、夢中で読み進めることができます。合間合間に出てくる、主人公が書いた代書の手紙もすてき。そして、お話の中に登場するのは「パラダイスアレイ ブレッドカンパニー」や「長谷寺」など、鎌倉に実際にあるお店やスポットばかり。読み終えたあとには、登場人物たちが行った場所へ実際に足を延ばしてみたくなりますよ◎

☆ 登場するのはこんな場所 ☆

鎌倉で人気のベーカリー「パラダイスアレイ ブレッドカンパニー」

「パラダイス アレイ ブレッドカンパニー」 料理 92398473

出典:オタク女子アキさんの投稿

「パラダイスアレイ ブレッドカンパニー(PARADISE ALLEY BREAD & CO.)」は「鎌倉市農協連即売所(レンバイ)」の一角にあるベーカリーです。作中ではたびたび登場しますが、食べておきたいのは「ニコニコパン」ならぬ「あんぱん」♩かためのパンの中にはこしあんがたっぷり入っていますが、甘さは控えめなので食べやすくておいしいですよ。

パラダイス アレイ ブレッドカンパニーの詳細情報

パラダイス アレイ ブレッドカンパニー

鎌倉、和田塚、由比ケ浜 / パン、カフェ、ベーグル

住所
神奈川県鎌倉市小町1-13-10 鎌倉中央食品市場
営業時間
平日 9:00~19:00 土日 7:30〜19:30 モーニング OPEN〜11:00 ランチ   12:00〜15:00 (なくなり次第終了) 喫茶    OPEN〜19:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

鎌倉と江の島にある8つの社寺をめぐって福を願おう「鎌倉江の島七福神巡り」

<鎌倉> 長谷寺 阿弥陀堂 神奈川県鎌倉市長谷

作中では、「ツバキ文具店」「キラキラ共和国」の2作にまたがって行われる「鎌倉江の島七福神巡り」。七福神巡りはお正月に行うのが一般的ですが、鎌倉と江の島では1年中いつでも行うことができます。弁財天が「鶴岡八幡宮」と「江島神社」の2ヵ所あり、8ヵ所すべてを巡ると満願成就するのだそう。1日ですべて回ることもできるので、うつくしい自然を愛でながら神様へ出合いに行ってみませんか?

読んでいるだけでしあわせ、旅に出ればもっとしあわせ。

旅行に旅立つ時に見た飛行機の写真です

本を読んだあとにはきっと、どこか心が晴れやかになっているのを感じられるはず。けれど実際に現地へ行ってみれば、もっとしあわせな気持ちになれると思います。いまでなくても、あなたの安心して出かけられるタイミングで、5作品に登場した場所へ足を延ばしてみてくださいね◎

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード