明治建築の中で温泉に浸る2人旅。群馬「旅籠屋丸一」

明治建築の中で温泉に浸る2人旅。群馬「旅籠屋丸一」

慌ただしい現実から抜け出して、ほっと一息つきたいと思った時…温泉旅行なんていかがですか。東京駅から車や電車で近い群馬県のみなかみ町では、猿ヶ京温泉に入れます。ゆっくりするなら泊まりがベストということで、お宿は「旅籠屋丸一」という温泉旅館をおすすめしますよ。猿ヶ京温泉の中でも歴史ある江戸創業の宿。館内には幕末から明治初期の書画が飾られ、古き良き調度品の中で過ごせます。彼を誘って、共に現実を忘れる旅に出かけましょう。

2020年08月01日

現実逃避してのんびりしたい

ビジネスウーマンの後ろ姿

慌ただしい毎日を過ごしていると、「田舎に行ってのんびりしたい」「自然に癒されてほっと一息つきたい」って気持ちになりますよね。そんな時は、週末にさくっと行ける東京近郊の温泉で上手にガス抜きしませんか。

東京から最短90分!自然豊かな群馬県・みなかみ町「猿ヶ京温泉」

東京から最短90分!自然豊かな群馬県・みなかみ町「猿ヶ京温泉」2246806

出典:VAI JEMさんの投稿

群馬県・みなかみ町にある「猿ヶ京温泉」は、東京駅や上野駅から電車や車を使って最短90分でたどり着く、三国連山に抱かれたのどかな温泉郷。三国街道を往来する人々が峠越えの疲れを癒したかつての宿場町は、今も湯量豊かな温泉と大自然で疲れた人々を癒します。週末を利用して猿ヶ京温泉に1泊、彼と一緒に温泉と自然でリラックスしましょう。

歴史ロマンに彼と浸りたい「旅籠屋丸一」

歴史ロマンに彼と浸りたい「旅籠屋丸一」2246821

出典:

猿ヶ京温泉の入り口、バス停「猿ヶ京」の斜め向かいに位置する「旅籠屋丸一」。江戸時代創業、猿ヶ京温泉最古の温泉宿と言われています。立派な門をくぐると、緑豊かな日本庭園、日本家屋の客室棟、明治時代建築の蔵の古材で建てられた温泉棟、伝説が残る茶室などが点在し、まるで武家屋敷のよう。そして、それぞれの棟には先代が集めた書画や絵画が飾られ、時空を超えた非日常感が広がっています。

歴史ロマンに彼と浸りたい「旅籠屋丸一」2246881

出典:

そんな歴史ロマンあふれる素敵な温泉宿に、現実を忘れて彼と浸れたらいいですよね。もし彼が乗り気じゃない場合は、ノスタルジックな雰囲気が好きな女友達を誘って世界観を存分に楽しみましょう!思い出を写真や動画に残し、「一緒に行けばよかった」と彼に後悔してもらいましょう。

美術館気分も楽しめる館内へ

明治維新にかけて幕末で活躍した書画を展示

明治維新にかけて幕末で活躍した書画を展示2246819

出典:

館内随所には、書画に造詣が深かった七代目・友七が画学生や絵師などを逗留歓待して描いてもらった作品が展示されています。また「幕末三舟」という、幕末から明治時代初期にかけて活躍した勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟の貴重な書も飾られていますよ。宿泊者は自由に鑑賞、観覧ができるので、館内を巡れば、昔にタイムリープしたかのような非日常感が楽しめます。

戦略会議したとされる歴史ある茶室

戦略会議したとされる歴史ある茶室2247115

出典:

戊辰戦争の頃、政府軍の先遣隊がここで戦略会議をしたという伝説の茶室。ここに宿泊することができるんです!室内に飾られた伊藤博文の書を眺め、歴史に思いを馳せてみては。

趣の異なるノスタルジックな客室

「旅籠屋丸一」の客室は、本館と離れ、そして専用の駐車所と入口、チェックインカウンターを設けた「万葉亭」があります。それぞれ趣が異なるので、2人の好みに合ったお部屋を見つけてみてください。

レトロかわいい♡昭和の古民家「本館客室」

レトロかわいい♡昭和の古民家「本館客室」2247083

出典:

「本館客室」は、昭和初期の古民家である本館の2階に配された5室。日本文化に西洋文化にを上手に取り入れた客室は、おばあちゃんちや実家に帰ったかのような懐かしさがあり、ほっとします。後ほど紹介するお食事処もレトロポップな空間なので、かわいいレトロが好きなカップルにおすすめ。

本館客室だけの「休憩スペース」

本館客室だけの「休憩スペース」2248347

出典:

本館客室の利用者のみが使用できる「休憩スペース」があります。お食事や温泉を楽しんた後、お部屋に戻る前にここのソファでおしゃべりするのも良いですね。

2人で贅沢なひと時を!温泉風呂付き「本館特別室」

2人で贅沢なひと時を!温泉風呂付き「本館特別室」2246986

出典:

本館の中で、贅沢な広さを持つお部屋と天然温泉の客室風呂を設えた完全独立タイプの全5棟の客室。広さを重視するなら館内最大の広さを誇る130.6㎡の「友右ェ門」、自然を感じたいならウッドデッキを有する「友七」「文蔵」、モノトーンのシックな装いがお好みなら「正明」「彦司」がおすすめ。2人だけの時間を贅沢に過ごせますよ。

天然温泉にラジウム温泉をプラスした贅沢な客室風呂

天然温泉にラジウム温泉をプラスした贅沢な客室風呂2247033

出典:

特別室のお風呂には、湯舟の内側に張られた遠赤外線・ラジウム線を放出するタイルが。猿ヶ京の天然温泉とラジウム温泉の水質が合わさった湯あみが楽しめます。ぽかぽか効果が続くラジウムの温泉とお肌に優しいやわらかな温泉。1人で、2人で、滞在中に何度も入って体と心のコリをほぐしましょう。

快眠に誘うシモンズベッドとマッサージチェア

快眠に誘うシモンズベッドとマッサージチェア2246981

出典:

また、全室にはシモンズ社製ベッドとマッサージチェアが。畳に敷かれたローベッドは、ちょっと珍しく、旅慣れた2人ならより新鮮に感じられますよ。

まるで美術館!趣のある「本館離れ」

まるで美術館!趣のある「本館離れ」2246538

出典:

「本館離れ」は、洋画や古人の書画、アンティーク家具などが配された、まるで美術館のような客室棟。ノスタルジックな気分に浸るなら、こちらの棟がおすすめです。

画家の名前がついた3つの客室

画家の名前がついた3つの客室2247072

出典:

画家の名前がついた「寛畝(かんぽ)」「玉秀(ぎょくしゅう)」「晴湖(せいこ)」の客室には、それぞれの作者にちなんだ書画がふすまに配されています。和室8畳二間、広縁を備えた上品なお部屋は、画家たちの生きた時代へと思いを馳せ、2人で静かに過ごせる空間です。

開放感の中で過ごせる!別館「万葉亭」

開放感の中で過ごせる!別館「万葉亭」2247086

出典:

別館「万葉亭」は、専用ラウンジや食事処をもつ日本家屋。その2階に客室が造られています。どのお部屋も10条と6畳の和室に洗面所とトイレを配した広縁で、昭和を感じるどこか懐かい空間。開放感のあるゆったりとした時間を過ごせますよ。

お庭のあずま屋でもほっこり

お庭のあずま屋でもほっこり2247088

出典:

万葉亭の前にはお庭があり、黄昏や月の下、ロマンチックなひと時が過ごせるあずま屋もあります。貸切風呂やお食事をしたあとに立ち寄って、うつろいゆく景色とおしゃべりを楽しんで。

大浴場と貸切温泉でくつろぐ

明治建築の蔵を利用した大浴場「蔵の湯 林」

明治建築の蔵を利用した大浴場「蔵の湯 林」2247093

出典:

明治に建築され、15代に渡って受け継がれたの豪農の蔵。蔵に使われた古材を利用して建てられたのが、温泉棟「蔵の湯 林」です。こちらでお風呂を楽しみます。

露天風呂と檜の内風呂は重厚な佇まい

露天風呂と檜の内風呂は重厚な佇まい2247095

出典:

明治時代の趣きを閉じ込めた重厚な佇まいの中に造られた、檜造りの明るい内風呂と大理石造りの開放感のある露天風呂。ゆったりとした湯舟で、源泉掛け流しの温泉をゆっくり味わえます。

待ち合わせはカフェスペースで

待ち合わせはカフェスペースで2246817

出典:

彼との待ち合わせは、カフェスペースになったホールで。ゆったりとしたソファやローテーブルに並べられた座布団、上質なスピーカーから流れる音楽、階段箪笥に飾られた骨とう品や壁にかかった大作などに包まれていると、パートナーを待つ時間も非日常的で愛おしく思えます。こんな素敵な空間なら、ちょっとくらい長湯しても許してもらえそうですね。

カップルにおすすめ2つの「貸切風呂」でゆるりと

カップルにおすすめ2つの「貸切風呂」でゆるりと2247098

出典:

本館特別室以外に宿泊したカップルは、貸切風呂で一緒に温泉を楽しんでみてはいかが。敷地の一番奥に位置する棟に造られた貸切風呂は、半露天風呂の「赤の湯」と「黒の湯」。どちらも本館特別室の浴室と同じ、天然温泉にラジウム温泉をプラスした特別仕様です。

郷土料理で旬の味覚を味わう

客室棟ごとの専用お食事処で

客室棟ごとの専用お食事処で2247107

出典:

お食事は、本館特別室本館離れ、本館客室、別館の万葉亭に割り当てられた専用のお食事処でいただきます。それぞれの食事処は、レトロかわいい昭和モダン、気品と優雅さを持つ大正ロマン、西洋スタイルに和を取り入れた和モダンなど、客棟に合わせた様相で雰囲気もばっちり。

メニュー豊富なディナーにわくわく

メニュー豊富なディナーにわくわく2247109

出典:

夕食は、上州和牛や上州麦豚を味わう贅沢郷土料理とイタリア、フランス、日本料理をベースに薬膳を組み合わせた創作料理からが選べます。群馬の食材、季節感を大切にたお料理を、群馬の清らかな水で造られた地酒や酒所・新潟のお酒とのマリアージュを楽しんで。

朝食はほっこり満足

朝食はほっこり満足2247112

出典:

本館客室の宿泊者は洋食、それ以外の宿泊者は和洋食で、スタートが切れます。どちらの朝食でも食べて欲しいのが、みなかみ町産の新鮮な生乳を使用した「たくみの里 飲むヨーグルト」。低温でゆっくりと発酵させた飲むヨーグルトは、濃厚で酸味が少なくスッキリとした甘みが特徴。朝から満足した食事ができます。

温泉とアートで心癒される温泉旅館「旅籠屋丸一」

温泉とアートで心癒される温泉旅館「旅籠屋丸一」2247128

出典:

タイムリープしたかのような非日常感が楽しめる、群馬県の「旅籠屋丸一」。時間に追われる現実に疲れたら、彼と一緒にお泊りして、書画と温泉、日本庭園、広いお部屋で悠久の時を感じながらくつろいでくださいね。

公式詳細情報 旅籠屋 丸一

旅籠屋 丸一

猿ヶ京温泉 / 旅館

住所
群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉199地図を見る
アクセス
上毛高原駅より車で20分
宿泊料金
17,000円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

17,000円〜 / 人

データ提供

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先