2020年11月04日

アニマルグランピングができちゃうワクワク癒し体験「ノースサファリサッポロ」/札幌

アニマルグランピングができちゃうワクワク癒し体験「ノースサファリサッポロ」/札幌

動物好きの皆さん、夢のような時間を過ごしませんか?海外には部屋の中から動物が見られるサファリホテルなどもありますが、日本でも動物を身近に感じながら宿泊できる場所があります。それが「ノースサファリサッポロ」。そもそもは動物と触れ合える体験型の動物園ですが、日本初のアニマルグランピング施設がオープンしました。アニマル×グランピングという言葉だけでもワクワクしますよね。どういう体験ができるのか、早速ご紹介します!

動物好きなら一度は体験したい♪

動物好きなら一度は体験したい♪1907571

出典:なおこんぶるさんの投稿

かわいい動物の愛らしい姿は見ているだけで癒されますよね。動物と暮らしたいけれど、今の家では叶えられないという人も多いのでは?その願いを叶える魅惑の場所が「ノースサファリサッポロ」にあります。動物、そして自然と触れ合うことで癒されパワーを充電することができます。札幌市内初のサファリパークであり、札幌中心部から車で約40分の近さ!ベッドやソファという生活スペースに動物がいる憧れの空間を体験しに行きましょう。

北海道の自然と動物、どちらも満喫♡

北海道の自然と動物、どちらも満喫♡1907572

出典:きこりん@木古林直樹さんの投稿

雄大な自然は北海道の大地が育んだ賜物。その自然とかわいい動物たちとの時間、どちらも満喫できるのが「ノースサファリサッポロ」の最大の魅力です。自然と動物は切り離せないものですよね。そして人間もその世界を構成する一員。アスファルトに囲まれた街を抜け出し、緑の匂いと澄んだ空気、動物たちに囲まれた世界へお邪魔しましょう!

アニマルグランピングとは?詳しく教えて!

キャンプ グランピング アウトドア テント 女性 夜 友達 友人 女子会
そもそも「アニマルグランピング」とはなんなのか、謎ですよね。最近名前を聞くことが増えたグランピングは、世界でもブームになっている新しいアウトドアスタイルです。グランピングという言葉は実は造語。「グラマラス=魅惑的な」と「キャンピング=キャンプ」を組み合わせた言葉です。その言葉の通り、面倒でちょっと不自由なイメージがあるキャンプと違って、何の不自由もなくすべてが揃っているのがグランピングの特徴です。白いタープの下に絨毯を敷いてゴージャスなインテリアが置かれたスペースは、女子なら必ずときめく宮殿のような空間ですよ♡

自然の中で動物と優雅なキャンプを満喫できる

皆で仲良くテントでまるまってて、すごく可愛いです
一味違ったキャンプ体験を、かわいい動物たちとできるのが「アニマルグランピング」です。ノースサファリサッポロは日本で初めてのアニマルグランピングスポット!ホテルのようなラグジュアリーな空間と、キャンプの醍醐味であるBBQや星空、そして動物園でしかお目にかかれない動物たちとの触れ合いが、一挙にできちゃう夢のエンターテインメントなんです。山の生き物だけかと思いきや、アザラシやペンギンもいる!朝には自然の中でのヨガを楽しむことができますよ。

動物の種類は?触れ合うことができるの?

種類も様々、お好きな動物と過ごせる天国!

種類も様々、お好きな動物と過ごせる天国!1907576

出典:鵜鷹さんの投稿

どんな動物がいるのか気になりますよね。アニマルグランピングで一緒に過ごすことができる動物の種類は20種類以上!お部屋の中にペットサークルや止まり木を置く動物と、外の柵で触れ合う動物、そして放し飼いの動物がいます。
キュルン。
サークルの中にいるのはミーアキャットやウサギ、ハリネズミなどでふれあいOK!元気で愛くるしいミーアキャットはベッドなどに遊びに来ることもありますよ。テントの中に止まり木を置くのはフクロウや鷹で、触れ合いはNG。同じ空間に居て眺めるだけでも非日常ですよね。
アナホリフクロウ ノースサファリサッポロ
そんな中でコキンメフクロウだけは触れ合いができます。小さくて人懐っこい動物で、頭をなでさせてくれますよ。外の柵ではアルパカやヤギ、放し飼いではミニブタやマイクロブタと一緒に過ごせます。動物たちとの貴重な触れ合いを楽しみましょう。

アニマルグランピングはルールを守って楽しく過ごそう

アニマルグランピングはルールを守って楽しく過ごそう1918785

出典:KATINOさんの投稿

当然だけど、動物は生き物。ご飯を食べるしおトイレもします。動物たちがストレスを感じないように、ルールを守って楽しむことが必須です。動物たちには決められた時間に決められた食べ物をあげます。おトイレの世話も宿泊者がしましょう。眠ろうとしているのに無理に抱っこしたりと、動物たちがストレスを感じることをしてはダメ。ルールを守れない場合は動物の貸し出しができないこともあります。

テントはちょっと…という方はコテージがおすすめ

部屋別でお待ちかね♡気になる動物を独り占めできる

気持ちよさそうなゴマフアザラシ
「ノースサファリサッポロ」はテントだけでなく、テーマ別のコテージがあります。コテージは3つでそれぞれ違う動物が待っていますよ。コテージに泊まるからこそ会える動物たちを独り占めできます。いずれもガラス越しのご対面です。アクアコテージにいるのはアザラシのソルト。人が大好きな可愛いソルトは、お顔を近づけて迎えてくれます。
ジャングルコテージにいるのはコツメカワウソ。小さな穴から小さな手をのばしてエサを取る姿がとっても可愛い♪
部屋別でお待ちかね♡気になる動物を独り占めできる2308285

出典:あおいまるさんの投稿

少し広めのレアアニマルコテージでは、キンカジュー、フサオマキザル、リスザル、マーモセットから一緒に過ごす動物をセレクト。コテージ内の中央にあるアニマルスペースに入れて過ごします。リスザルとマーモセットは触れ合うこともできちゃいます。小さくて丸い目と、ちょっと変わった髪型が特徴のマーモセットはレアのお猿さん。お部屋でレアな動物と過ごすなんて、ペットを飼ってる人でも憧れる時間ですよね。

食事は別オーダーで持ち込みもOKです!

アウトドア料理 Outdoor lunch at the cottage

※画像はイメージです。

自然の中で動物と戯れることがアニマルグランピングの醍醐味だけど、グルメも大事なキャンプの要素ですよね。「ノースサファリサッポロ」では、おしゃれで優雅なキャンプにぴったりな食材を用意してくれます。テントやコテージとは別にオーダーし、調理は自分たちで行いますよ。ガスコンロやお鍋などの道具一式は借りられます。BBQは3メニューがあり、旬の野菜とお肉を堪能するスタンダード、海鮮がついたスペシャル、さらにビアチキンなどのメニューが追加になったロイヤルとあります。
食事は別オーダーで持ち込みもOKです!1907582

出典:syarusyanさんの投稿

※画像はイメージです。

ランタンの明かりが雰囲気抜群の夜には、ワインで乾杯はいかがですか?「ノースサファリサッポロ」では北海道ワインと、チーズやナッツといったおつまみセットも用意しています。手ぶらでいっても楽しめるのがグランピングの良いところですね。また、食材を持ち込んで自分たちで調理するのもOKです。その場合も、バーべキューコンロなどの道具レンタルや紙皿を使わてもらうことができてとても便利です。

ノースサファリ サッポロの詳細情報

ノースサファリ サッポロ

住所
北海道札幌市南区豊滝469-1

データ提供

お風呂は「豊平峡温泉」に行こう!

秋の定山渓温泉
テントやコテージにはお風呂がついていません。でも、お風呂に入ってから眠りたい!という人もいますよね。そんなときは定山渓の豊平峡温泉へ行きましょう。札幌市内の人気温泉地である定山渓は「ノースサファリサッポロ」から車で約15分と近い場所にあります。豊平峡温泉は造園のプロがデザインした大露天風呂が魅力です。グランピングには豊平峡温泉の日帰り温泉券が付いてくるのでお得に入浴できますよ。

豊平峡温泉の詳細情報

豊平峡温泉

住所
北海道札幌市南区定山渓608-2
営業時間
平日10:00〜24:00、日曜・祝日9:00〜24:00
定休日
無休

データ提供

動物園でしか会えない猛獣とのふれあいも満喫しよう♪

動物園でしか会えない猛獣とのふれあいも満喫しよう♪2308303

出典:

アニマルグランピングが始まったのは2018年9月からですが「ノースサファリサッポロ」のオープンは2005年、身近に動物を感じられる体験型動物園として人気です。せっかくなので、グランピングと一緒に動物園も満喫しましょう。普段は絶対に近づけないライオンやトラのエサやり体験もできますよ。趣向を凝らした季節のイベントも見逃せません。1月から3月に行われているスノーキャンプは犬ぞり体験やスノーモービルといった、北海道ならではの大興奮イベントも体験できちゃいます。思いっきり遊べる時間と空間が待ってますよ♩

ノースサファリサッポロで可愛い動物とグランピングデビューしちゃおう♡

シマリス
おしゃれな空間でかわいい動物に癒される至福の時間。そんな希望を叶えてくれる「ノースサファリサッポロ」はとっても魅力的なアウトドアスポットですよね。国内ではここでしかできない夢のような体験。きっと忘れらない思い出になるはず!「ノースサファリサッポロ」で憧れのアニマルグランピングを体験してくださいね。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ