鳥取砂丘×アート?!まるでハムナプトラのような砂の美術館

鳥取砂丘×アート?!まるでハムナプトラのような砂の美術館

日本海に面して広がる広大な「鳥取砂丘」は、山陰海岸国立公園の特別保護区にも指定されています。観光可能な砂丘としては日本最大で、通年多くの観光客が訪れている鳥取の代表的な観光スポットです。その「鳥取砂丘」の近くに2006年11月、"砂"を素材にした"砂の美術館"がオープンしました。新たな鳥取の観光スポットとして、今人気を集めています。そんな今にも動き出しそうな躍動感溢れる砂像展示のある"砂の美術館"の魅力をお伝えしていきます。2016年05月26日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

世界初!砂で作られた彫刻作品が展示されている美術館

世界初!砂で作られた彫刻作品が展示されている美術館589692

出典:

「砂で世界旅行」をコンセプトに、1年ごとにテーマを変えて展示も変わる"砂の美術館"。砂像造りは、砂像彫刻家兼プロデューサー茶圓勝彦(ちゃえん かつひこ)さんが総合プロデュースを務め、毎年各国から砂像彫刻家を招いて造られています。世界最高レベルの砂像展示が楽しめる美術館となっているんですよ。

世界初!砂で作られた彫刻作品が展示されている美術館590862

出典:碧あるさんの投稿

2006年開催の第1期のイタリア・ルネサンスを皮切りにアジア編、オーストラリア編と1年ごとにテーマを変えて展示されてきました。当初は、常設展示の予定ではなかったため、1年空いた年もありますが、2012年からは常設展示をされるように。今まで展示されてきた中からピックアップして、魅力を紹介して行きたいと思います。

第4期:アフリカ編

第4期:アフリカ編589694

出典:

アフリカ編が開催されたのは、サッカーワールドカップがアフリカで開催された2010年のことです。アフリカに住む様々な動物たちが生き生きと砂の彫刻で再現されていました。まるで動き出しそうじゃないですか?!

第5期:イギリス編

第5期:イギリス編594862

出典:楽天家kenさんの投稿

2012年に開催された『イギリス編』は、ロンドン五輪を記念して、『大英帝国の繁栄と歴史』をテーマにした砂像が展示されました。
第5期:イギリス編589710

出典:たこつぼさんの投稿

「エリザベス1世と絶体王政」をテーマにした砂像では、嬢王に服従する家来の姿とともに再現されました。「絶対王政」の権力を、家来の表情からうかがい知ることができます。

第5期:イギリス編589718

出典:

ロンドンにおける政治の中心「ウェストミンスター」。砂でできているとは思えない仕上がりですね。

第5期:イギリス編589720

出典:たこつぼさんの投稿

繊細で迫力のある砂像は、細かな布地のシワなども丁寧に再現されています。見学をされている方と比べるとどれだけ大きいかわかりますね!

A photo posted by AYAKA (@brownie___15) on

第6期:東南アジア編

第6期:東南アジア編590861

出典:蝉丸Qさんの投稿

東南アジアに広く伝わる宮殿舞踊を表現した「王様に捧げる舞踊」。しなやかな腕の動きや衣装も丁寧に再現されています。

第6期:東南アジア編589725

出典:蝉丸Qさんの投稿

生き生きとした表情のバリ ヒンドゥー教の神様は今にもニヤリと動き出しそうです。

第6期:東南アジア編590853

出典:

砂像によって再現されたバンコクの王宮や古都ルアンプラバンのワット・シェントーン寺院などが展示されました。

迫力あるプロジェクションマッピング!

2013年にはプロジェクションマッピングも取り入れられ、「王朝の栄華」というサブテーマに合わせたストーリーが展開されました。繊細かつ迫力のある砂像に躍動感を与えた演出は見事!その迫力の一部を映像でご確認いただけます。

迫力あるプロジェクションマッピング!594866

出典:AEGさんの投稿

日没後の夜間ライトアップは、昼間とは違った表情が見えるのでおすすめです。

A photo posted by erico (@moai0518) on

2014年:第7期ロシア編

2014年:第7期ロシア編590858

出典:ちょろさんの投稿

こちらは「ナポレオンの撤退」という作品です。モスクワを攻撃したナポレオンの遠征は失敗に終わり、ロシアを後にする姿を砂像にしたものです。

2014年:第7期ロシア編590859

出典:inkpotさんの投稿

旧ソビエト時代を象徴するものといえば「宇宙開発」もその1つではないでしょうか?1961年有人飛行に成功したガガーリンの砂像も造られました。

ロシアにちなんだ3Dプロジェクションマッピング!

2014年もプロジェクションマッピングが夏休み特別イベントとして上映されました。「"アブローラ エピソード1」の全編映像をどうぞ!

A photo posted by @shigeeee on

第8期:ドイツ編

第8期:ドイツ編590856

出典:bellamyさんの投稿

ベルリンの壁崩壊の歴史的瞬間を再現した砂像では、壁を壊す瞬間の姿が再現されました。

ドイツ編では、「グリム童話」も再現♪

ドイツ編では、「グリム童話」も再現♪590855

出典:koyama-nishiさんの投稿

動物たちの表情が豊かに再現された「ブレーメンの音楽隊」。それぞれの表情には愛嬌を感じます。

ドイツ編では、「グリム童話」も再現♪590882

出典:

ズルく怖そうな魔女は、細かなシワなども丁寧に再現されました。もしこれが動き出したら・・・そんな想像をしてしまうような作品の数々が並びます。

A photo posted by @g__managon on

第9期:南米編

A photo posted by @long61641 on

2016年は、4月16日より"繁栄の記憶を留める奇跡の新大陸を訪ねて~南米編"が開催されています。まだ公開されたばかりの砂像を少しだけご紹介します。

A photo posted by KOH.HAPPY (@koh.happy) on

A photo posted by Motomu Sakata (@motomu.s) on

いかがでしたか?

開館当初は、仮設テントや屋外テントでの展示も多く、砂丘の強い風に吹かれて崩れてしまい修復も大変だったようです。2012年に常設展示の施設が整い、天候に左右されることもなくなりました。それに伴い、年を追うごとに砂像は、迫力と緻密さも増しています。日中の展示はもちろん、プロジェクションマッピングなど夜でも楽しめるイベントも開催されます。ぜひ自分の目で迫力ある砂像を見学しませんか?

関連まとめ

関連キーワード