東京に残された唯一の村、「檜原(ひのはら)村」を観光!

東京に残された唯一の村、「檜原(ひのはら)村」を観光!

島を除くと、東京都で唯一の村である「檜原(ひのはら)村」。都心から2時間で、大自然を満喫できます。村の9割が森に囲まれていて、夏は涼しく、冬は滝が氷結する寒さです。ここでは「檜原村」を知ってもらうため、オススメの観光スポットや、グルメを紹介していきます。釣り場や温泉があるので、家族でのお出かけにいかがですか?

2016年11月18日

おいでよ!「檜原(ひのはら)村」

おいでよ!「檜原(ひのはら)村」597164

出典:T-SUWARI(仮)さんの投稿

村の秋の風景です。このように、四季折々の景気を見ることができますよ。

人口は2,300人ほどの山あいの村で、東京・奥多摩の南側に位置しています。「東京にこんな場所があるんだ!」と驚くほど周りは山、山、山。大自然を堪能できるので、年間でおよそ37万人ほどの観光客が訪れています。そんな「檜原村」の観光スポットと、村へ入るにあたってのポイントを紹介します。

A photo posted by イワタマユミ (@feltm) on

最寄り駅はJR武蔵五日市駅。そこから路線バスで20分ほどで村にたどり着けます。東京駅からですと、2時間ほど。車の場合は、中央自動車道八王子I.Cから50分。上野原I.Cからは30分。東京にあるのに、山梨のほうが近いという立地ですね。
おいでよ!「檜原(ひのはら)村」597192

出典:かずひろ501さんの投稿

まるで時が止まっているかのよう。どんな村なのかわくわくしてきます。

村をめぐってアドベンチャー体験!

大自然あふれる「檜原村」ならではの観光スポットを、紹介していきます。まるで冒険しているかのよう!子どもには嬉しいスポット満載です。

注目のパワースポット「神戸(かのと)岩」

注目のパワースポット「神戸(かのと)岩」597206

出典:はるみさんの投稿

昭和35年に東京都の天然記念物に指定された、「神戸岩」。地殻変動や水の浸食で割れた、高さ100mの巨岩。下から見ると石の扉が開きかけているように感じられ、神域への出入口と見立てられていました。神域の戸岩から神戸岩という名前になったという説が有力です。神聖な場所であるとされるため、パワースポットとして人気を集めています。

A photo posted by @715noriko on

はしごをのぼって、神戸岩の中へ入れます。子どもがまだ小さいなら、神戸岩の入口付近に浅瀬があるので、そこで水遊びするのがオススメです。はしごは一人ずつ、ゆっくり登っていきましょう。

注目のパワースポット「神戸(かのと)岩」597211

出典:nobw2001さんの投稿

はしごを登ると「鎖場(くさりば)」があります。「鎖場」とは進むのが困難な道の岩壁に鎖が取り付けられている場所です。足元はとってもせまーーい!「鎖場」では“3点支持”で進むのが基本。手足合わせて4本ありますが、その内の3本で身体を支えることを3点支持といいます。残り1本だけを自由にし、次の足がかりに繋げ、移動していきます。本当に気をつけて進んでくださいね!

A photo posted by Shuntaro (@schw_nn) on

小学生くらいですと、大人顔負けの早さで進んでいく子を多く見かけます。うーん。さすがです。

注目のパワースポット「神戸(かのと)岩」2063299

出典:hiroki_83さんの投稿

慎重に進んで行かないといけないですが、ふと横を見ると・・・澄みきった川が。足元に気をつけながら、自然の景色を眺めてください。

注目のパワースポット「神戸(かのと)岩」597227

出典:

「鎖場」を1周して、元の場所に戻っていきます。すでに足がガクガクです。「神戸岩」へは、「神戸岩入口」バス停で下車してください。「ロッヂ神戸岩」というキャンプ場の中を突っ切った先にあります。車の方は、キャンプ場を目印にして行きましょう。

家族で釣り競争「神戸国際マス釣場」

A photo posted by Satoshi Yamada (@satocc) on

家族でマス釣が楽しめる「神戸国際マス釣場」があります。マスの他にも天然のヤマメやカジカが釣れることも。釣った魚はワタ抜き、塩ふりを無料でしてくれ、その場でバーベキューをして食べられます。誰が一番多く釣れるか、競争をして楽しんじゃいましょう!

1日に何度かニジマスを放流するので、子どもでも簡単に釣ることができるのが魅力!釣れなくて飽きたり、機嫌が悪くなったりすることもないので、ファミリーに人気の場所です。

「神戸岩入口」バス停で下車。バス停から、徒歩5分の場所にあります。釣り道具はレンタルできるので、手ぶらでOKです!
   

大蛇が住むと伝わる「払沢(ほっさわ)の滝」

大蛇が住むと伝わる「払沢(ほっさわ)の滝」599791

出典:ゆう_1210さんの投稿

日本の滝百選に選ばれている、「檜原村」を代表する滝です。村にはいくつか滝がありますが、この滝は冬になると氷結することで有名です。落差は全段で約60m。神秘的な滝つぼには大蛇が住んでいたと伝えられています。

大蛇が住むと伝わる「払沢(ほっさわ)の滝」599792

出典:Natsuki_Uさんの投稿

夏はとっても涼しく、マイナスイオンがたっぷり!毎年8月中旬に滝まつりを開催し、ライトアップされた幻想的な姿が見られます。

A photo posted by kuka. (@kuka_digdlion) on

「払沢の滝入口」バス停で下車。バス停より、歩いて15分です。トイレは滝のそばにはないので、払沢の滝入口バス停か駐車場付近を利用しましょう。村人が飲み水として使用しているので、滝つぼには入らないでくださいね。

ここでしか味わえない!村のグルメを食べる

村で採れた山菜や、村のキレイな水を使った料理が食べられます。地元の人にも人気の店を紹介しますね。

コシが決め手!「玄庵 檜原」

「玄庵 檜原」外観 599808 全体

出典:ふみすけさんの投稿

店主が手打ちし、コシにこだわったそばを提供している「玄庵 檜原」。小さな滝を見ながら食事ができる、テラス席があります。

「玄庵 檜原」料理 599810 たくわんとほうじ茶

出典:らーめん一筋30年さんの投稿

席に着くと、そば茶とおつまみが出てきます。「檜原村」で採れる旬な食材が使われているので、毎回おつまみの内容は異なります。お店に行く楽しみの一つですね。

「玄庵 檜原」料理 599815 幻の檜原そば 1,000円 ※金・土限定1日5食のみ

出典:ふみすけさんの投稿

「檜原村」の清らかな水で打たれたそば。コシがあるのはもちろん、みずみずしくつるつるとしたノド越しです。ここで注目なのは、金曜、土曜日5食限定の「幻の檜原そば」!「ねんねんぼう」と言う山菜をつなぎに使っています。山菜特有の苦みが少しある様に感じます。

「玄庵 檜原」内観 600762

出典:Toshi0729さんの投稿

「和田向(わだむかい)」バス停で下車。「払沢の滝」からは車で7分です。ランチタイムのみの営業となります。ランチはここで決まりですね!

玄庵 檜原の詳細情報

玄庵 檜原

武蔵五日市 / そば、天ぷら

住所
東京都西多摩郡檜原村下元郷20
営業時間
11:00~15:00
定休日
水曜日(不定休あり)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

まったりできる「ひのはら陶芸館 ギャラリー・喫茶 やまびこ」

「ひのはら陶芸館 ギャラリー・喫茶 やまびこ」内観 599826 陶芸品が店内狭しと陳列。

出典:BEAT MRさんの投稿

ランチを食べたら、「払沢の滝」の入口にある喫茶店へ行きましょう。4人がけ、2人がけのテーブルがいくつかあり、窓からは爽やかな風が入ってきます。落ち着いた雰囲気で、ちょっと休憩するには最適です。

「ひのはら陶芸館 ギャラリー・喫茶 やまびこ」ドリンク 599831 ブレンドコーヒー

出典:トゥールーさんの投稿

山の清水で入れた、香り豊かなブレンドコーヒーが味わえます。陶芸家が経営しているので、お店で使われている器は全て手作りです。

「ひのはら陶芸館 ギャラリー・喫茶 やまびこ」料理 599836 こんにゃく

出典:トゥールーさんの投稿

このお店で頼むべきは、「こんにゃく」。このこんにゃくは「檜原村」の特産です。昆布出汁がしっかりしみ込み、優しい味になっています。  
   

ひのはら陶芸館 ギャラリー・喫茶 やまびこ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

村のお土産を買うならココ♪

「檜原村」ならではのお土産を買いましょう!村で作られたこだわりの品を、紹介していきます。

地元の人に愛されている豆腐屋「ちとせ屋」

「ちとせ屋」外観 599841

出典:てむじんさんの投稿

「払沢の滝」の入口近くには、手作り豆腐を売っている店もあります。檜原村の原流水・北海道の高級大豆を使用した、こだわりの豆腐です。地元の人にも人気のお店で、長い行列が出来ている時があります。

「ちとせ屋」料理 599842 もめん豆腐1

出典:トゥールーさんの投稿

豆腐は、とっても濃厚な味。一口すくって食べると、大豆の甘みが口いっぱいに広がります。たくさん買いたい方は、クーラーボックスを持参していくのがいいですよ。

A photo posted by イソ (@iso1127) on

豆腐だけでなく、「うの花ドーナツ」も人気です。おからと小麦と豆乳で作られていて、脂っこくなく、しっとりとしています。ドーナツをお土産として買っていく方が多いですよ。当日出たおからを使うので、正午過ぎからの販売になります。

ちとせ屋の詳細情報

ちとせ屋

奥多摩 / 豆腐料理・湯葉料理、スイーツ(その他)、洋菓子(その他)

住所
東京都西多摩郡檜原村本宿5557
営業時間
09:30~17:00 うの花ドーナツは10:30頃より揚げ初め
定休日
毎週火曜日 火曜が休日の場合翌日休み
平均予算
  • ~¥999

データ提供

特産品が揃う!「特産物直売所やまぶき屋」

せっかく来たので、「檜原村」の特産物をもっと買いたい!そんな方には、「特産物直売所やまぶき屋」がオススメです。「宮の沢」バス停で下車して、目の前にあります。村で採れた山菜や野菜、村で作られたこんにゃくや地酒が買えますよ。

村の名物のひとつである、じゃがいも。このじゃがいもを使った「じゃがいもアイス」が人気です。バニラ味で、すっきりとした甘さ。ポテトサラダみたいな食感のアイスです。

じゃがいも焼酎「HINOHARA」もオススメです。さつまいもの芋焼酎に比べ癖が少なく、あっさりとした味わいです。水割り用に「檜原村の水」を一緒にどうぞ。

最後は村で癒されましょう

お土産も買えて満足!旅の終わりは、村にある温泉で疲れをとりましょう。温泉に行く道のりにある、注目スポットも紹介しますね。

お肌がつるつる!「数馬の湯」

お肌がつるつる!「数馬の湯」599899

出典:

ジャグジーやサウナ、露天風呂などが完備されている、日帰り温泉です。観光をして疲れた身体に、温泉が染み渡ります。

アルカリ性単純温泉で、ぬるぬるした湯ざわりです。お肌にいいと、女性に評判なんですよ。露天風呂もあり、大自然を眺めながら温泉に浸かれます。

「数馬の湯」内観 599940 畳敷きでのんびり出来ます。

出典:BEAT MRさんの投稿

お風呂から出たらママは生ビール!子どもはかき氷!パパはドライバーだからジュース?と色々なメニューが楽しめる、「お食事処」があります。ここで夕飯を食べてもいいですね。「温泉センター」バス停で下車。「やまぶき屋」からは、車で20分です。

数馬の湯の詳細情報

数馬の湯

奥多摩 / 和食(その他)、喫茶店、居酒屋

住所
東京都西多摩郡檜原村2430
営業時間
営業時間10時~22時(4月~11月以外は19時終了) 入場料(基本料金3時間まで)大人800円子供(小6まで)400円就学前のお子様無料。 P70台
定休日
月曜定休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

美しさに感動「人里(へんぼり)しだれ桜」

美しさに感動「人里(へんぼり)しだれ桜」599885

出典:meganebu3さんの投稿

「特産物直売所やまぶき屋」から「数馬の湯」に行く途中にある、大きなしだれ桜。4月ごろに行くと、とても大きなしだれ桜を見ることができます。村には桜の名所がいくつかありますが、ここのしだれ桜が最もキレイで迫力があります。

夜になると、ライトアップされます。ピンク色がまして、幻想的です。バスの方は「人里」バス停で下車してください。

教えて!「檜原村」Q&A

「檜原村」のオススメのスポットを紹介してきました。ここで、村へ行くにあたって気になる点をQ&A方式でお伝えします!知っておくと、助かっちゃいますよ!
 

Q:コンビニはありますか?

Q:コンビニはありますか?600005

出典:テンゴクさんの投稿

A:コンビニはありません。
欲しいものがあれば、最寄駅の武蔵五日市駅付近にコンビニがあるのでそこで買っておきましょう。村内には雑貨屋さんはありますが、定休日や営業時間に注意してくださいね。

Q:携帯は通じますか?

Q:携帯は通じますか?600044

出典:sasukaさんの投稿

A:場所によっては通じない可能性があります。
山間部は携帯が通じないことも。LINEの電話は、繋がりにくいです。夜は真っ暗になってしまうので、迷子にならないように注意しましょう。

Q:どんな服装で行くのがいいですか?

Q:どんな服装で行くのがいいですか?2063301

出典:一眼レフ修行娘さんの投稿

A:山歩きと一緒なので、軽装+スニーカーで行きましょう。
動きやすい服装とスニーカーもしくはペタンコの靴。バッグは、手がふさがらないものにしましょう。都心よりも、気温が低いです。冬の防寒はもちろん、夏でも上着を持って行くことをオススメします。

いかがでしたか?

いかがでしたか?600769

出典:T-SUWARI(仮)さんの投稿

川の上にある、吊り橋。この先にも、村は続いています。

「檜原村」の魅力を紹介していきました。東京にいながら、大自然を味わえるのがステキですよね。気になったら、ぜひ足を運んでみてください。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ