2021年03月09日

【東京】二人で伊豆大島へのんびり島旅♪おすすめのホテル&一棟貸し7選

【東京】二人で伊豆大島へのんびり島旅♪おすすめのホテル&一棟貸し7選

仕事のストレスや周囲への気配りなど、緊張でいっぱいの都会生活を送っているあなたへ。大切な彼といっしょに、心も身体もゆったりできる島旅はいかがでしょうか。東京から行きやすい離島・伊豆大島なら、温暖な気候と島の幸が一度に楽しめます。のんびりとした空気が流れる場所で、日頃のストレスから解放されましょう。

ストレスの多い都会から離れ、開放感のある場所へ行きたい…

ストレス ビジネスウーマン オフィスシーン

職場では、日々の作業スケジュールや締め切りに追われてばかり。自分の仕事の遅れが他の人の迷惑になってしまうことを思うと、予定通りに進められるか気になって緊張が抜けません。家に帰っても、つい翌日の仕事の心配をしてしまうなど、なんだか気持ちが縮こまったままです。たまには、彼といっしょにストレスの多い都会から離れてのびのびしたい、開放感のある場所へ出かけてリフレッシュしたい気分になりますね。

自然いっぱいの伊豆大島でゆったり、のんびり

三原山8月

そんなカップルにおすすめしたいのが、都心から手軽に行ける離島・伊豆大島。東京から約120kmの距離にありますが、東京都に属し、黒潮の影響によって温暖な気候をしています。ゆりかもめ「竹芝駅」に隣接する「竹芝桟橋」からジェット船で約1時間45分。船を降りると、そこには広々とした空と豊かな自然、そしてのんびりとした空気が広がっています。島の中央部には標高758mの三原山があり、ハイキングコースからは火山独特の地形を観察できますよ。

伊豆大島・べっこう寿司(ヨコ位置)

伊豆大島には島ならではの味覚も豊富です。旬の白身魚を唐辛子醤油につけた郷土料理「べっこう」や、名産の明日葉(あしたば)を使った料理から、独特な香りと旨味にハマる人はハマる「くさや」まで!今回は、そんな伊豆大島でのゆったりステイを楽しむための宿泊施設をご紹介します。

2食付きでおもてなしたっぷり「ホテル」

ホテル滞在の魅力は、贅沢なおもてなし。彼とのせっかくの島旅、できるだけゆっくりのんびり過ごしたい方におすすめです。日頃の家事や食事の準備から解放され、なーんにもしない休日を。思う存分、羽をのばしてリフレッシュしましょう。

1.伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ

山の中腹に建つ、全3室のオーシャンビューの宿

山の中腹に建つ、全3室のオーシャンビューの宿2370399

出典:

伊豆大島の中心街から少し離れた、山の中腹に位置するのが「伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ」。15:00以降であれば、事前連絡で港や元町(中心街)エリアまで迎えに来てくれるので安心です。ここは自然に囲まれたオーシャンビューの宿。広い空と海とを眺めながら、開放感たっぷりの贅沢ステイを味わえます。

山の中腹に建つ、全3室のオーシャンビューの宿2370401

出典:

客室は全部で3室のみ。アジアンテイストのインテリアで揃えた「K room」、吹抜けを螺旋階段で上がる広々メゾネットタイプの「M room」、琉球畳をあしらった和風の「Y room」から選ぶことができます。いずれも広々とした落ち着いた空間で、全室オーシャンビュー。大人カップルの休日にぴったりです。

山の中腹に建つ、全3室のオーシャンビューの宿2370402

出典:

食事は併設のダイニングレストランで。例えば近海で捕れたイサキや、大島名産の明日葉など、旬の海の幸・山の幸を使った創作料理をいただきます。食材の色が持つエネルギーをそのまま体の中に取り入れようとする中国の陰陽五行説の考え方に基づき、5色(赤・黄色・青(緑)・黒・白)の彩りにこだわって作られています。大きな海を眺めながら、色とりどりの料理をいただき、エナジーチャージしましょう。

山の中腹に建つ、全3室のオーシャンビューの宿2370403

出典:

宿にはゲスト専用の貸切風呂があり、時間で借りることができます。お風呂は半露天になっており、視線の先には大島の自然林、そして太平洋のパノラマが広がります。浴槽はたっぷりとした広さがあるので、二人で手足を伸ばして入ってもまだまだ余裕♪新鮮な森の空気を吸いながら彼とゆっくりお風呂に浸かり、日頃のストレスを洗い流してしまいましょう。

公式詳細情報伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ <大島>

伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ <大島>

伊豆大島 / 高級ホテル

住所
東京都大島町元町大洞492-1
地図を見る
アクセス
大島元町港より車で約5分、岡田港より車で20分、大島空港より...
宿泊料金
11,000円〜 / 人

11,000円〜 / 人

もっと見る

データ提供

2.天然温泉の宿 ホテル白岩

大島名物の椿に彩られて、ゆったり温泉ステイ

大島名物の椿に彩られて、ゆったり温泉ステイ2370425

出典:

元町港から徒歩約8分の高台にあるのが「天然温泉の宿 ホテル白岩」です。港から宿までは、事前予約で到着時刻に合わせて迎えに来てくれます。伊豆大島ならではの食材を使ったお料理と、天然温泉のお風呂が魅力的なホテルで、彼とゆったりとした島時間を満喫しましょう。

大島名物の椿に彩られて、ゆったり温泉ステイ2370427

出典:

お部屋は和室、和洋室、洋室から選ぶことができます。どのお部屋も、二人で滞在するには充分な広さ。大きな窓からはたっぷりの光が差し込み、晴れた日には美しい夕焼けも望め、のんびりとしたくつろぎの時間が過ごせます。客室内でWi-Fiが使えるのも嬉しいポイントですね。

大島名物の椿に彩られて、ゆったり温泉ステイ2370428

出典:

夕食は予約時にいくつかのプランが選べますが、おすすめは「椿油のオイルフォンデュ」。椿油を調合した油を使い、魚介類や野菜を自分で揚げながら熱々のうちにいただきます。椿油には悪玉コレステロールを下げるといわれるオレイン酸が多く含まれ、健康が気になるカップルにもおすすめ。大島特産の明日葉もたくさん添えられているので、一緒に揚げて楽しくいただいちゃいましょう。

大島名物の椿に彩られて、ゆったり温泉ステイ2370429

出典:

館内には男女別の大浴場があり、6:00~9:00 / 15:00~23:00 の時間帯で利用することができます。昭和61年、三原山が噴火した時に湧出したナトリウム塩化物泉で、関節痛や筋肉痛、神経痛等への効能があるそう。窓が大きく取られた内風呂のほか、椿の植え込みに面した露天風呂もあり、早春には色鮮やかに咲く椿の花を眺めながらの湯浴みを楽しむことができます。

公式詳細情報天然温泉の宿 ホテル白岩

天然温泉の宿 ホテル白岩

伊豆大島 / 旅館

住所
東京都大島町元町3-3-3
地図を見る
アクセス
東海汽船、大島元町港より徒歩8分、岡田港より車で15分、大島...
宿泊料金
5,000円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

5,000円〜 / 人

もっと見る

データ提供

3.ホテル赤門

敷地内に温泉の湧く宿で、露天風呂と海の幸とを満喫

敷地内に温泉の湧く宿で、露天風呂と海の幸とを満喫2370447

出典:

元町港から歩いておよそ3分のところにあるのが「ホテル赤門」。保元の乱に敗れ、大島に流された弓の名人「源為朝(みなもとのためとも)」の住居跡地に建てられています。敷地内に源泉のあるこの宿は、24時間いつでも入れる温泉と、大島近海で水揚げされた新鮮な海の幸を使った料理が評判です。おいしい食事とぽかぽかの温泉で、ゆったりまったりの休日デートを楽しみましょう。

敷地内に温泉の湧く宿で、露天風呂と海の幸とを満喫2370448

出典:

お部屋は和室を基本とし、一部露天風呂付き客室も選ぶことができます。ファミリーでも泊まれるような広々とした畳敷きの空間なので、手足を伸ばしてゆったりくつろげるだけでなくごろ寝もできちゃいますね。窓の向こうには海と伊豆半島を望み、ここにいる間は、都会のあわただしい生活を忘れてのんびりできそうです。

敷地内に温泉の湧く宿で、露天風呂と海の幸とを満喫2370449

出典:

こちらのお料理には、大島近海で水揚げされた新鮮な魚介類がふんだんに使われています。特に、とれたてのお魚を熱いお湯にくぐらせていただく「海鮮しゃぶしゃぶ」や、新鮮なさざえを目の前で焼いて食べる「さざえの直火焼き」が評判です。おいしい料理を心ゆくまでいただけば、心も体も元気になりますね。

敷地内に温泉の湧く宿で、露天風呂と海の幸とを満喫2370450

出典:

伊豆大島では珍しい、敷地内で湧出する源泉を使ったお風呂は、内風呂と露天風呂が男女別に一つずつ。内風呂は24時間、露天風呂は6:00~9:00 / 15:00~23:00 の間で利用することができます。露天風呂からは庭園の緑を望み、伊豆大島の自然を視覚からも味わえますよ。

公式詳細情報ホテル赤門

ホテル赤門

伊豆大島 / 旅館

住所
東京都大島町元町1-16-7
地図を見る
アクセス
東海汽船 元町港より徒歩2分
宿泊料金
5,000円〜 / 人
宿泊時間
14:00(IN)〜 10:00(OUT)など

5,000円〜 / 人

データ提供

4.大島温泉ホテル

雄大な三原山を望む、源泉掛け流しの露天風呂の宿

雄大な三原山を望む、源泉掛け流しの露天風呂の宿2370484

出典:

伊豆大島のランドマーク、三原山中腹の原生林の中に位置するのが「大島温泉ホテル」です。午後到着の定期船であれば、事前予約で港までの無料送迎が利用できます。このホテルは、原生林越しに雄大な三原山を望む源泉掛け流しの露天風呂と、近海で水揚げされた新鮮な海の幸を使った料理が名物です。

雄大な三原山を望む、源泉掛け流しの露天風呂の宿2370486

出典:

お部屋はすべて和室。窓が大きく取られており、山側のお部屋からは原生林と雄大な三原山を、海側のお部屋からは太平洋、伊豆半島、富士山を望むことができます。窓に面した広縁には、くつろいで座れる椅子が配置されています。ここでゆったり景色を眺めながら、お茶を片手に彼とおしゃべりするのも楽しいですね。

雄大な三原山を望む、源泉掛け流しの露天風呂の宿2370488

出典:

お料理は、大島近海で水揚げされた新鮮な海の幸が中心です。大島特産の椿油で、新鮮な海鮮や明日葉をその場で揚げながらいただく「椿フォンデュ」や、近海で水揚げされる新鮮な金目鯛を使った「金目鯛のしゃぶしゃぶ」など、いくつかのプランの中から選んで予約しましょう。

雄大な三原山を望む、源泉掛け流しの露天風呂の宿2370489

出典:

このホテルの温泉は、すべて源泉掛け流し。内風呂と露天風呂とが男女別に1つずつあり、とりわけ露天風呂からは原生林越しに雄大な三原山を望めます。山の新鮮な空気を吸い、火山の地中から湧き出る温泉に浸かれば、大地の恵みを身体全体で感じてエナジーチャージできますね。

公式詳細情報大島温泉ホテル

大島温泉ホテル

伊豆大島 / 旅館

住所
東京都大島町泉津木積場3-5
アクセス
入港地より三原山登山道路を車で20分 (送迎バス有要予約)
宿泊料金
10,200円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

10,200円〜 / 人

データ提供

暮らすように楽しむ「一棟貸し」

「一棟貸し」とは、客室ではなく一棟を丸ごと借りて泊まるスタイルの宿のこと。誰にも邪魔されないプライベートな滞在が楽しめる点が人気です。自炊できるキッチンも付いているので、地元の魚や野菜を買ってきて、二人でお料理にチャレンジするのもいいですね。

5.Resort villa miko(リゾート ヴィラ ミコ)

全室オーシャンビューの貸切宿で、贅沢時間を二人占め

全室オーシャンビューの貸切宿で、贅沢時間を二人占め2370522

出典:

元町港から歩いて15分ほどでアクセスできるのが、「Resort villa miko」。伊豆大島を訪れる人に「優雅なひと時」を提供することをコンセプトに作られた、敷地約700㎡、1日1組限定の貸切宿です。ここからは、遠くに富士山を望み、朝に夕に移り変わる空と海の色を楽しむことができます。

全室オーシャンビューの貸切宿で、贅沢時間を二人占め2370523

出典:

お部屋は全室オーシャンビュー。どの部屋も窓が大きく取られ、伊豆大島ならではの絶景を心ゆくまで堪能することができます。彼とベッドに寝転がったまま、ぼーっと海を眺めるもよし、飲み物を片手に広いお庭を散歩するもよし。ここに滞在しているだけで、日頃の心のモヤモヤもすっかり晴れわたりそうですね。

全室オーシャンビューの貸切宿で、贅沢時間を二人占め2370524

出典:

キッチンは広く、彼と二人で並んでも窮屈にはなりません。一通りの調理器具が揃っているほか、IHが使えるので、食材さえ買ってくればたいていの料理は作れちゃいますね。ダイニングからも海が望めるので、早めに夕食の支度をして、夕暮れ時の海を眺めながらのロマンチックなディナーもおすすめ。

全室オーシャンビューの貸切宿で、贅沢時間を二人占め2370525

出典:

お風呂は海が望めるジェットバス。シャンプー、コンディショナー、ボディソープといったアメニティのほか、タオル、パジャマまで用意されているのも嬉しいですね。時間を気にすることなく、誰にも邪魔されずにのんびりとお湯に浸かって、心と身体の疲れを洗い流してしまいましょう。

公式詳細情報Resort Villa miko<大島>

Resort Villa miko<大島>

伊豆大島 / 貸別荘

住所
東京都大島町元町神田屋敷613-41
地図を見る
アクセス
元町港より お車にて約3分/徒歩にて約15分
宿泊料金
10,500円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

10,500円〜 / 人

データ提供

6.Hale海 Guest House・Oshima(ハレカイ ゲストハウス・オオシマ)

市街地に隣接する一棟貸しで、車いらずの島暮らし

市街地に隣接する一棟貸しで、車いらずの島暮らし2370515

出典:

元町港から歩いて約5分のところにある「Hale海 Guest House・Oshima」。木々に囲まれた自然豊かな環境にありつつも、市街地から近く、歩ける範囲に飲食店やスーパー、複数の温泉もあるので、車いらずの島暮らしを楽しむことができます。また、敷地内にはオーナーズルームがあり、困りごとがあった時はいつでも相談できるのも安心ですね。

市街地に隣接する一棟貸しで、車いらずの島暮らし2370516

出典:

少人数の貸切プランでは、ゆったりとしたリビングと、和室と洋室を1部屋ずつ使うことができます。自由に使えるギターやウクレレもあるので、演奏しながら南国気分でお庭に向かって歌ってみるのも楽しそう!広い庭に囲まれた、二人だけの貸切空間なので、少しくらい騒がしくしても誰も気にしません。

市街地に隣接する一棟貸しで、車いらずの島暮らし2370517

出典:

キッチンには基本的な調理器具や調味料、電子レンジやケトルなどが備わっています。とはいえ、室内で火を使うことはできないので、スーパーでお刺身を買ってきたり、近くの飲食店でテイクアウトしたものをいただいたりするのがよさそう。備え付けのコーヒーやお茶は自由にいただけますよ。

市街地に隣接する一棟貸しで、車いらずの島暮らし2370518

出典:

バスルームも広く、二人で一緒に入ることもできる広さです。シャンプー、コンディショナー、ボディソープといった基本的なアメニティが揃っているのも便利ですね。ただ、歩いて約1分のところに「元町浜の湯」、歩いて約2分のところには「愛らんどセンター御神火(ごじんか)温泉」と、公共の温泉施設が2つもあるので、温泉でゆったりしたい方はそちらへどうぞ♪

公式詳細情報Hale海 Guest House Oshima

Hale海 Guest House Oshima

伊豆大島 / ペンション

住所
東京都大島町元町五輪224-4
地図を見る
アクセス
大島元町港または大島空港。
宿泊料金
5,000円〜 / 人

5,000円〜 / 人

データ提供

7.でんハウス

民家をリノベーションして作られた、「暮らす旅」を楽しむ宿

民家をリノベーションして作られた、「暮らす旅」を楽しむ宿2370538

出典:

元町港から車で約5分のところにあるのが、一軒家一棟貸しの宿「でんハウス」。民家をリノベーションして作られており、束の間の島暮らしを楽しむことができます。なお、宿までの送迎は有料、かつ予約制となっているのと、チェックインは系列の「伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ」(車で約6分)で行う必要があることを覚えておきましょう。チェックアウトは予め時間を指定しておくと、スタッフの方が来て対応してくれますよ。

民家をリノベーションして作られた、「暮らす旅」を楽しむ宿2374176

出典:

宿の中には居間が3つ。写真は玄関を入って右手にある洋室です。建物の中央に位置する二間続きの和室とは廊下で区切られた形になっているので、二人での貸切の場合は、和室をリビングとして使い、こちらの洋室を寝室にするのがよさそうです。窓からは暖かな日差しが差し込み、ゆったりお昼寝するのも気持ちがいいですね。

民家をリノベーションして作られた、「暮らす旅」を楽しむ宿2370539

出典:

畳敷きの和室は、庭に面したデッキとひと続きになっており、広々としています。備品には七輪も用意されているので、炭と食材を買ってくればバーベキューだってできちゃいますよ。ちなみに宿にはお風呂もありますが、公営の温泉施設「元町浜の湯」までは徒歩約12分、「愛ランドセンター御神火温泉」までは徒歩約14分。夕方早めの時間に温泉に出かけ、帰ってきたらデッキで夕涼みというのもよさそうです。

民家をリノベーションして作られた、「暮らす旅」を楽しむ宿2370540

出典:

広いキッチンには、一通りの調理器具や調味料が揃っているので、自炊も問題ありません。最寄りのスーパーまでは歩いておよそ6分、酒屋さんは3分ほどで行けるので、料理の合間に彼に買い物を頼んでも行ってきてくれそうですね。また、歩いて行ける範囲に飲食店もあるほか、車で約6分のところにある系列の「伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ」のレストランを予約利用することもできます。

公式詳細情報でんハウス <大島>

でんハウス <大島>

伊豆大島 / 貸別荘

住所
東京都大島町元町4-19-4
地図を見る
アクセス
大島元町港より車で約3分、岡田港より車で15分、大島空港より...
宿泊料金
16,500円〜 / 人

16,500円〜 / 人

データ提供

伊豆大島への二人旅で、ほっとする休日を

海辺の夫婦

彼と二人で行ける、伊豆大島のホテル・一棟貸しの特集はいかがでしたか。大切な人といっしょに、ゆっくりとした時間が流れる離島で過ごす休日は、都会生活で緊張しがちな心を緩ませてくれることでしょう。次の休日は、ゆるり、のんびりの伊豆大島への旅を計画してみませんか?

紹介ホテルを比べてみる

関連記事

関連キーワード

東京都のおすすめのホテル・宿

永田町を旅する編集部おすすめ