今更ながら「帝国ホテル」のご紹介。泊まるだけじゃないんです

今更ながら「帝国ホテル」のご紹介。泊まるだけじゃないんです

日本を代表するホテルといえば、と言われて真っ先に名前が挙がるのが「帝国ホテル」ではないでしょうか。誰もが憧れる高級ホテルです。一度泊まってみたいな~なんて思いつつ、宿泊するとなるとハードルが高くてなかなか足を運ぶ機会がありませんよね。ですが、「帝国ホテル」には泊まらなくても利用できるシーンが沢山あるのを知っていますか?今回は女子会や結婚前の顔合わせなどで使える飲食店から夜景の見えるレストランまで、泊まらなくても利用できる様々なシーンにおすすめのお店をご紹介して行きます。

2016年07月01日

日本を代表するホテル「帝国ホテル」

日本を代表するホテル「帝国ホテル」575429

出典:

1890年(明治23年)11月7日に「日本の迎賓館」として誕生した「帝国ホテル」。有名な建築家フランク・ロイド・ライトが設計したことで知られており、国内や海外からの要人や多数の著名人も宿泊した歴史のあるホテルです。また、政治家のパーティーや経済界のパーティーなどが開かれる、日本の代表的な高級ホテルと言えます。

日本を代表するホテル「帝国ホテル」575453

出典:

「帝国ホテル」本館のロビー。多くの大理石が使われた広いロビーには重厚感があります。中央にある2階へ向かう階段がとても豪華ですね。

日本を代表するホテル「帝国ホテル」575437

出典:

客室のタイプは、「本館」と本館の特別階にある「インペリアルフロア」、「タワー館」とタワー館にある高層特別階フロア「プレミアムタワーフロア」の4種類。客室数は、「本館」570室、「タワー館」361室の合計931室もあります!

日本を代表するホテル「帝国ホテル」575457

出典:

「タワー館」20階にある宿泊者専用の「プール」。また同じ階にはプールの他に、フィットネスセンターやサウナ・マッサージ室があります。

宴会場・結婚式場・レストランとバー・エステティックサロン・ベビールーム・お茶室「東光庵」や宿泊者専用のミュージックルームなど、多種多様な目的に合わせて利用できる館内施設が多くあります。

雰囲気のあるお食事を楽しみましょう!

少人数のパーティや女子会に

「インペリアルバイキング サール」内観 576212

出典:まろんママさんの投稿

本館17階にある夜景も見られるブフェレストラン「THE IMPERIAL VIKING SAL(インペリアルバイキング サール)」。実はこのレストラン、「バイキング」という食のスタイルを日本で初めて生み出したレストランなのです。
「インペリアルバイキング サール」料理 576277 帝国ホテル名物「ローストビーフ」

出典:cas87250さんの投稿

「帝国ホテル伝統のローストビーフ」。

プロのシェフが目の前で、ロースト料理や焼きたての香ばしいパイ料理などを調理してくれますよ。またバイキングは、昼夜共約40種類のメニューがあるのでどれを選ぼうか迷うほどあります。
「インペリアルバイキング サール」内観 576322 200席!

出典:焼肉姉妹さんの投稿

200席もある広々とした店内。もちろんランチも営業しており、子供連れのご家族や友人同士でワイワイ楽しみながら食事が出来ます。

ガラスの扉で仕切られてある、ゆったりとした空間が特徴の個室もあり、10人~20人まで利用出来ます。女子会や少人数のパーティーをするには最適ですよ。

インペリアルバイキング サールの詳細情報

5000インペリアルバイキング サール

日比谷、内幸町、銀座 / バイキング、洋食・欧風料理(その他)、西洋各国料理(その他)

住所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 17F
営業時間
[月~金] 7:00~9:30 11:30~14:30 17:30~21:30 [土・日・祝] 7:00~9:30 11:30~14:30 17:00~21:30
定休日
無休
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

記念日を「フランス料理店」でお祝い

記念日を「フランス料理店」でお祝い576373

出典:クワトロ☆さんの投稿

本館の中2階にあるフランス料理店「レ セゾン」。厳選された素材を使用して、伝統を大切にしながら新たな感性を取り入れて作り上げられた本格的なフランス料理が堪能でき、特別なお祝いに利用するのにピッタリなレストランです。
記念日を「フランス料理店」でお祝い606879

出典:クワトロ☆さんの投稿

お店の逸品「ジェラール・ボワイエ氏直伝のトリュフのパイ包み焼き」。

このお店のフランス人シェフ・ティエリー・ヴォワザン氏の師であるフランスの三ツ星シェフ・ジェラール・ボワイエ氏より伝授された贅沢な逸品。トリュフにはフォワグラが塗ってあり、パイでトリュフを丸ごと包み込んであります。ナイフでパイを切った瞬間に香りが立ち上り、ソースに絡めて食べれば口いっぱいにうま味が広がります。
「レ セゾン」内観 576781

出典:パーカーやっておしまいさんの投稿

店内のデザインは「クラシカルモダン」がテーマ。居心地が良くゆったり出来る大人な空間になっています。

重厚感があり、明るく洗練された雰囲気の個室が4室あります。記念日や会食、接待などの大切な日の集まりの利用におすすめです。また、結納やお祝いの席に使用出来るプランもあります。記念日やお祝いに「レ セゾン」はいかがでしょうか?すてきな雰囲気でゆったりとフランス料理を堪能すれば、大事な人との絆も深まること間違いなしです。

レ セゾンの詳細情報

500レ セゾン

日比谷、内幸町、有楽町 / フレンチ

住所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 中2F
営業時間
7:00~10:00(L.O) 11:30~14:30(L.O) 17:30~22:00(L.O)
定休日
無休
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥20,000~¥29,999

データ提供

帝国ホテル伝統の味に手が届く

「ラ ブラスリー」内観 576898

出典:toratora1630さんの投稿

タワー館地下1階にあるフランス料理店「トラディショナルダイニング ラ ブラスリー」。帝国ホテル開業以来より長年正統派フランス料理を追求してきたこのお店は、数々の料理が歴代料理長達によって生み出され、それを現総料理長やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきました。多くの先人たちが培ってきた伝統を継承するレストランで「帝国ホテル伝統の味」が比較的リーズナブルに楽しめますよ。
「ラ ブラスリー」料理 576952 (ディナー)シャリアピンステーキ

出典:saltさんの投稿

「帝国ホテル生まれのシャリアピンステーキ」。

1934年に帝国ホテルに滞在したロシア人オペラ歌手、フョードル・イワノビッチ・シャリアピンの要望で誕生したステーキです。柔らかく仕上げたランプ肉をタマネギに漬けこみ、ソース代わりにたっぷりタマネギのソテーをのせています。奥深い味わいが醸し出されているこのステーキは、帝国ホテルで受け継がれてきた伝統の味のひとつです。
「ラ ブラスリー」内観 577004 アール・ヌーヴォー様式

出典:マダム・チェチーリアさんの投稿

このレストラン内のデザインは、つる草のように、うねる曲線を多用して組み合わせた「アールヌーボー様式」になっています。

席は115席もあり、明るい雰囲気の店内なので女子会や大勢でのパーティーをするにはうってつけのレストランですよ。

ラ ブラスリーの詳細情報

5000ラ ブラスリー

日比谷、内幸町、銀座 / フレンチ、ビストロ

住所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 インペリアルタワー B1F
営業時間
11:30~14:30(L.O) 17:30~21:30(L.O)
定休日
無休
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

「なだ万」で両家の顔合わせ

「なだ万 帝国ホテル店 」料理 577011

出典:のんすたいるさんの投稿

本館地下1階にある懐石料理屋「なだ万」。180余年の永き歴史と伝統に培われたこのお店は、長年にわたり格調高い日本料理を提供してきました。旬の素材を生かした本格的な懐石料理をはじめ、四季折々のこだわり抜いた食材を用いたお料理を心ゆくまで楽しめますよ。
「なだ万 帝国ホテル店 」料理 577013 お昼の御膳

出典:ガレットブルトンヌさんの投稿

「お昼の御前」。

天ぷら・煮物・焼き物・和え物・お浸し・胡麻豆腐など7品が大きなお盆にのっており、それに薄い豆のご飯・赤出汁・香の物・デザートが付いている「お昼の御前」。美しく盛り付けされていて見た目も洗練されています。
「なだ万 帝国ホテル店 」内観 577078 店内

出典:akiiさんの投稿

店内は、情緒ある「数奇屋風」の和風デザインになっており、ゆったりとした贅沢な空間です。寛ぎながらお食事が出来ますよ。

また店内には2種類の個室があり、掘りごたつのお座敷が2室とテーブル個室2室になっています。個室に入れる人数はテーブル個室だと2名から6名までになっており、掘りごたつのお座敷だと8名まで入れる個室と、最大16名まで入れる個室に分かれています。結婚前の両家の顔合わせや会食などの用途に合わせて利用出来ます。

東京 なだ万の詳細情報

東京 なだ万

日比谷、内幸町、銀座 / 懐石・会席料理

住所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 B1F
営業時間
朝食 7:00~9:30(L.O) 昼食 [平日] 11:30~14:30(L.O)    [土・日・祝] 11:30~17:00(L.O) 夕食 17:00~21:30(L.O)    
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

同窓会でランチ&デザートタイムで盛り上がる

「パークサイドダイナー」内観 577791

出典:出張トラベラー☆AKI☆さんの投稿

本館1階にある「パークサイドダイナー」は、2007年3月に東京流アメリカンダイナーとしてオープンしました。早朝から深夜まで利用できる「オールデイダイニング」となっており、パンケーキやアメリカンクラブハウスサンドイッチの喫茶から、帝国ホテル伝統の野菜カレー・シーザーサラダとグリル料理、ボリュームのあるハンバーガーなどのダイナーらしい本格的な食事が楽しめます。
「パークサイドダイナー」料理 577819

出典:*あんこ*さんの投稿

「インペリアルパンケーキ いちご添え」。

1953年にライト館にあった「ガーデンバー」で帝国ホテルのメニューとして初めて登場した「インペリアルパンケーキ いちご添え」。以来、場所が変わっても人気を保ち続けてきたロングセラーメニューです。パンの生地は薄めで、ホイップバターを軽く伸ばして食べるのが美味しいですが、そのまま食べてもしっとりとした食感と優しい甘さがありますよ。
「パークサイドダイナー」内観 577865 (2014.7)

出典:toratora1630さんの投稿

お店は、「みゆき通り」に面しているのでレストランの大きな窓から光が差し込んで明るく開放的な雰囲気。レストランの場所が通りに面しているため、同窓会などに利用するときに集まるお店としてはわかりやすくておすすめですよ。

カウンター10席を含んだ合計160席もある広い空間が特徴の店内では、女子会はもちろん、学生時代の友人たちと久しぶりに出会える同窓会の集まりにも利用できるような、とても利用しやすいお店ですよ。

パークサイドダイナーの詳細情報

5000パークサイドダイナー

日比谷、内幸町、銀座 / 洋食、パンケーキ、ハンバーガー

住所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 1F
営業時間
朝食6:00~11:00(L.O) ランチ11:00~14:00(L.O) ティータイム14:00~17:00(L.O) ディナー17:00~23:00(L.O)
定休日
無休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

いかがでしたか?

歴史ある有名な高級ホテルである「帝国ホテル」。宿泊となるとなかなか手が届かないかもしれませんが、ランチ会や女子会また結婚前の顔合わせなどの特別な日に利用されてみてはいかがでしょうか?きっとすてきな思い出が作れますよ。

関連記事

関連キーワード