佐賀観光のお土産は佐賀駅周辺で!おすすめの人気お土産10店

佐賀観光のお土産は佐賀駅周辺で!おすすめの人気お土産10店

旅行の終わりにする大事なことといえば、お土産を購入すること!シュガーロードの佐賀のお菓子や佐賀の特産物など。佐賀駅周辺で購入できるおすすめのお土産や食べ歩きにもピッタリな佐賀のご当地グルメをリストアップ!友達や会社に配るためだけでなく、自宅用にも忘れずに購入してくださいね。

2016年06月01日

佐賀のお菓子をお土産に!

シュガーロードから生まれた銘菓の数々

「北島 本店」料理 596225 (2013/8月)丸芳露(まるぼうろ)を袋から出したところ

出典:natchan72さんの投稿

江戸時代、長崎から佐賀を経由し福岡の小倉まで続いた長崎街道。人や貿易品が往来し、当時貴重だった砂糖も全国へと運ばれました。長崎街道は「シュガーロード」とも呼ばれています。街道沿いには南蛮菓子の影響を受けたさまざまな菓子文化が栄えました。南蛮渡来の香りを感じさせる佐賀の銘菓をご紹介します。

南蛮渡来のお菓子「丸ぼうろ」とは?

「北島 本店」料理 598688 (2013/8月)丸芳露(まるぼうろ)の断面

出典:natchan72さんの投稿

「ボーロ」とはポルトガル語でケーキという意味。「丸ぼうろ」は江戸時代にポルトガルより長崎に伝えられました。

江戸時代、南蛮菓子は日本に根ざしたお菓子となりました。長崎では「カステラ」に、佐賀では「丸ぼうろ(まるぼうろ)」として伝承されました。伝来当時は形も小さく堅い焼き菓子が、ふっくらと手のひらのサイズに進化。小麦粉と砂糖と卵の材料から生まれた素朴でやさしい風味のお菓子です。

A photo posted by @i_am_banako on

お店によって味わいや食感が違うので、ぜひ食べ比べをしてみてくださいね!

象や大名行列も通った!長崎街道(シュガーロード)

象や大名行列も通った!長崎街道(シュガーロード)598686

出典:

「のこぎり型家並」はは敵から身を隠すためにつくられたそう。坂本龍馬も通った長崎街道。散策をしながら遠い昔に想いを馳せてみませんか?

かつて象や大名行列も通った長崎街道(シュガーロード)。鍋島36万石の城下町の佐賀市には、武家屋敷や趣ある商家など往時の面影をとどめる街並みが残っています。
象や大名行列も通った!長崎街道(シュガーロード)598685

出典:

「恵比須像」を眺めると、なんだかほっこりしませんか。

街道沿いにはたくさんの「恵比須(えびす)像」があり往来する人々を見守っています。佐賀市は恵比須像の数が日本一。開運を願った「恵比須さん」巡りも人気です。
佐賀には銘菓がたくさんあります。南蛮菓子の「丸ぼうろ」は老舗はもちろんですが、スーパーでも袋菓子として並んでいます。地粉にこだわり伝統的な製法で手作りしているお店の「丸ぼうろは」風味も食感も別格ですよ。佐賀を代表するお菓子をご紹介します。お土産に喜ばれること請け合いです!

1.銘菓「さが錦」の『村岡屋 本店』

「村岡屋 本店」料理 596232

出典:MS-05L ざくすないぱぁさんの投稿

銘菓「さが錦(にしき)」は『村岡屋』を代表するお菓子。江戸時代より伝わる伝統織物・佐賀錦をイメージしてできたそう。山芋を入れた「浮島」と呼ばれる生地をふんわりと焼き上げて、チョコレートとバームクーヘンでサンド。和菓子と洋菓子がコラボした創作銘菓は、幅広い世代に支持されています。小豆と栗の2種類があり、個装タイプは両方入っているので美味しさも格別ですよ!
「村岡屋 本店」料理 600924 さが錦

出典:1日3食チョコレート!さんの投稿

会社で配るお土産なら、小豆と栗の両方味わえる個装タイプをおすすめします♪

「村岡屋 本店」料理 599274

出典:MS-05L ざくすないぱぁさんの投稿

美しいパッケージ「さが錦」は一切れずつカットされているので、目上の方へのお土産にもぴったり。上品な味なので1棹ペロリと完食できそうです。

「村岡屋 本店」料理 578465 詰合せ

出典:鉄の旅さんの投稿

お菓子ひとつひとつに物語がある村岡屋のお菓子。最中の「鍋島さま」、焼き菓子「徐福さん」、レーズンのクッキーサンド「果恋(かれん)」などの詰め合わせは喜ばれること間違いなし!

村岡屋の「丸ぼうろ」を食べ比べ!

「村岡屋 本店」料理 599319

出典:naba-mieさんの投稿

濃いめに焼き色がついた、しっとりとやわらかめです。

「村岡屋 本店」外観 599291 2015年12月。訪問

出典:eb2002621さんの投稿

佐賀駅南口から徒歩5分のこちらが本店。和菓子だけではなく奥にはケーキのコーナーも。店内にはイートインスペースがあり、お茶やコーヒーが無料でいただます。JR佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀にもお店がありますよ!

村岡屋 本店の詳細情報

村岡屋 本店

佐賀 / 和菓子

住所
佐賀県佐賀市駅南本町3-18
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.県民に愛される「北島の丸芳露」!『北島 本店』

「北島 本店」料理 596228 丸芳露

出典:ぷんちさんの投稿

「丸芳露(まるぼうろ)」の代表的な老舗『北島』。おもに筑紫平野の小麦粉を使用、手仕事にこだわり熟練した職人技でふわっとさくっと焼き上げています。生地の表面にさっと塗ったゴマ油が香ばしさの秘訣。さっくりとした食感で口の中でほろりとほどけ、歯につかないのが特徴。地元では冠婚葬祭や贈答にもひっぱりだこ。姉妹品の「花ぼうろ」や「ごまぼうろ」もおすすめです!
「北島 本店」料理 578473

出典:麺らーさんの投稿

甘さ控えめで素朴な「丸芳露」は、幅広い世代から愛されるお菓子です。1個から買えますよ。「丸芳露」と「花ぼうろ」の詰め合わせも人気です!

長崎・雲仙の霧氷をイメージした「花ぼうろ」

「北島 本店」料理 599583 断面です。ふっくらとした生地に杏ジャムが。

出典:くいしんぼうヤマゲンさんの投稿

「丸芳露」を現代的にアレンジして杏ジャムをアクセントにした「花ぼうろ」。

A photo posted by @akanushka91 on

厳選されたバターと卵、アーモンドを使用したふわふわの生地。上品で味わい深い逸品です。
「北島 本店」外観 578472 (2013/8月)外観

出典:natchan72さんの投稿

JR佐賀駅南口から徒歩15分。こちらの本店は長崎街道に面しています。異国情緒漂う外観は「丸芳露」の故郷のポルトガルをイメージしたもの。和菓子だけでなくケーキも販売。JR佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀やJR佐賀駅北口にもお店があり便利!

北島 本店の詳細情報

北島 本店

佐賀 / 和菓子、ケーキ

住所
佐賀県佐賀市白山2-2-5
営業時間
9:00~20:00
定休日
元旦のみ
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.佐賀藩主御用菓子司「丸房露」の元祖!『鶴屋菓子舗』

「鶴屋菓子舗」料理 601511

出典:ぐぐちゃんさんの投稿

やさしい味わいの「丸房露(まるぼうろ)」は世代を超えて愛されています。老舗のちょっと特別感のある「丸房露」はお土産にも最適。

1639年創業、佐賀藩主の御用菓子司を務めた『鶴屋菓子舗』。こちらは「丸房露」の元祖と伝えられています。二代目店主が長崎で製法を学び、佐賀に持ち帰ったのが始まりとのこと。大隈重信候も独特の風味に感嘆されたそう。「丸房露」はさくっとした食感と豊かな風味と生地の弾力が絶妙。手作りの素朴で上品な甘さは、懐かしくてハイカラな味わいです。
「鶴屋菓子舗」料理 601527 セット

出典:mumuniさんの投稿

お店には「丸房露」以外にもさまざまな焼き菓子があります。「かすていら」も上品な甘さでおすすめです。

幻の南蛮菓子を再現!「肥前ケシアド」

「鶴屋菓子舗」料理 601525 皿に乗せたところ。

出典:くいしんぼうヤマゲンさんの投稿

見た目は饅頭のようですが侮るなかれ。幻の南蛮菓子をぜひ味わってみてください。

江戸中期から伝わる菓子の秘伝書に記された南蛮菓子の「ケイジャーダ」を現代風にアレンジし復刻。薄い皮の中には、黄金色のかぼちゃとチーズを練り込んだ餡が詰まっています。シナモンの風味が効いた逸品です。
「鶴屋菓子舗」料理 601526 「肥前ケシアド」です。

出典:くいしんぼうヤマゲンさんの投稿

パッケージも可愛いですね。南蛮菓子に期待が膨らみます♪

「鶴屋菓子舗」外観 601514 こちらには初めて伺いました。

出典:くいしんぼうヤマゲンさんの投稿

JR佐賀駅南口から徒歩30分ほど。佐賀城下で老舗の暖簾を守り続けています。店舗はこちらの本店とJR佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀の2店。

鶴屋菓子舗の詳細情報

鶴屋菓子舗

佐賀 / 和菓子

住所
佐賀県佐賀市西魚町1番地
営業時間
9:00~19:00
定休日
なし(※ただし元日は休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.小城羊羹の老舗!『村岡総本舗 佐賀駅北口店』

「村岡総本舗 佐賀駅北口店」内観 604219 店内

出典:lovely sweetsさんの投稿

明治32年創業の小城羊羹(おぎようかん)の老舗。小城市の本店には羊羹資料館も併設されています。羊羹の消費量日本一の佐賀県。羊羹好きの県民の胃袋をぐっと掴んでいるお店です。『村岡総本舗 佐賀駅北口店』は佐賀駅の北口すぐ。店内には喫茶スペースもあり、お土産を選んだりお茶菓子でくつろいだりできます。JR佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀にも店舗あり!
「村岡総本舗 本店」料理 578486 3日後の”紅練り”の表面

出典:ハナコタの父さんの投稿

羊羹の一番人気は「特製切り羊羹」。江戸時代から受け継がれてきた昔ながらの羊羹です。やわらかく風味がいい切り羊羹。日が経つにつれ外側の砂糖が固まりシャリっとした食感を楽しめます。

「村岡総本舗 佐賀駅北口店」料理 578487 どら焼き宗歓;しっとり感のある虎の縞模様の生地と北海道大手亡豆(白いんげん)の粒を散りばめた紅餡の優しい味!上品な味わいとおおらかな形で一番人気だそうで~す♪

出典:lovely sweetsさんの投稿

「とら焼宗歓(とらやきそうかん)」は和菓子の一番人気。どら焼き三兄弟の中でもプレミアムなどら焼きです。しっとりした虎の模様の生地と、北海道産大手亡豆(白いんげん豆)の粒が残る紅餡。上品でやさしい味わいに気持ちも華やぎます。羊羹とセットでお土産にいかがですか。

「村岡総本舗 本店」料理 604256 いただいた、詰め合わせ♪

出典:まろんママさんの投稿

人気商品の詰め合わせはおすすめ。佐賀を雄弁に語るお菓子たち。目上の方にも喜ばれること間違いなし。

A photo posted by yun (@yun421jp) on

「小型小城羊羹」は一口サイズ。甘いものが一口ほしいときにどうぞ。ミニサイズでもこだわりの本格的な羊羹です。会社で配るお土産にもうってつけ!

佐賀駅北口店限定の「酒種あんぱん」

「村岡総本舗 佐賀駅北口店」料理 608866 酒種あんぱん(おぐら)130円 ※佐賀駅北口店限定

出典:eb2002621さんの投稿

佐賀駅北口店でのみ販売されている「酒種あんぱん」も人気商品。お店に専用のパン窯を設置して焼いているそう。あんぱんの餡は2種類で、通年(おぐら餡)と季節ごとの餡(さくら、うぐいす、かぼちゃ、みそ)。賞味期限は2日間。予約をすると焼き立てを用意してくれますよ。

『村岡総本舗』の「丸ぼうろ」を食べ比べ!

「村岡総本舗 本店」料理 604259 丸ぼうろ

出典:miniglobe.さんの投稿

『村岡総本舗』の「丸ぼうろ」は他の老舗の品よりも分厚くてちょっと大きめ。佐賀県産の小麦粉を使用。黄金色にしっかり焼かれた「丸ぼうろ」は香ばしくて風味豊か。表面のさくっとした歯触りともちっとした生地。裏はしっとり、素朴な甘さが魅力です。

村岡総本舗 佐賀駅北口店の詳細情報

村岡総本舗 佐賀駅北口店

佐賀 / 和菓子

住所
佐賀県佐賀市駅前中央1-13-21
営業時間
8:00~20:00
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.小城の昔羊羹!『八頭司伝吉本舗 佐賀唐人町店』

「八頭司伝吉 小城本店」料理 578492 小城 昔ようかん(あづき、茶)

出典:ゆだなあさんの投稿

看板商品の「昔ようかん」。昔ながらの製法で作った羊羹です。外側は砂糖の結晶でシャリっと中はしっとりとした食感で、羊羹本来の美味しさを堪能できます。

小城羊羹の老舗『八頭司伝吉本舗(やとうじでんきちほんぽ)』。初代が小城市に店を構えて約100年。「昔ようかん」は独特の食感と風味で人気です。気軽につまめる一口サイズの「昔ひとくち」はパッケージも軽やかで女子受け抜群。もちろん味も折り紙つきです。

A photo posted by ☆yumi☆ (@yumily.w0119) on

「昔ひとくち」は小豆と抹茶と白の3種類。自分用にもぜひ欲しい一品。個装されているので職場のお土産にもぴったりですよ。
「八頭司伝吉本舗 佐賀唐人町店」外観 578493

出典:寺田逸郎.さんの投稿

JR佐賀駅南口から徒歩約10分。洋菓子店のようなおしゃれな店構えです。JR佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀にもお店があるので、時間に余裕がなければそちらへどうぞ!

八頭司伝吉本舗 佐賀唐人町店の詳細情報

八頭司伝吉本舗 佐賀唐人町店

佐賀 / 和菓子

住所
佐賀県佐賀市唐人1-5-38
営業時間
9:00~20:00
定休日
なし
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.絶品「肉まん」と「甘酒まんじゅう」!『鶴乃堂本舗』

「鶴乃堂本舗」料理 578521 肉まんじゅう 130円 甘酒まんじゅう 100円

出典:ぷんちさんの投稿

熱々の「肉まん」と「甘酒まんじゅう」は食べ歩きもできますよ♪

佐嘉神社の隣で営業する饅頭屋さん。佐賀駅から1.5kmの場所、佐賀県庁の近くにあります。こちらの「肉まん」は熱々で、ジューシーな肉と玉葱の甘味がギュッと詰まった絶品。もちろん「甘酒まんじゅう」も熱々で提供してくれます。ほかにも、「やぶれ饅頭」や「ソーダ饅頭」「白玉饅頭」もおすすめです。蒸し器から立ち上がる湯気が目印。行列ができるお店です。
「鶴乃堂本舗」外観 578522

出典:喜一郎さんの投稿

湯気にさそわれてお客さんが並びます。

鶴乃堂本舗の詳細情報

鶴乃堂本舗

佐賀 / 肉まん・中華まん、和菓子

住所
佐賀県佐賀市松原2-6-15
営業時間
9:30~19:00
定休日
第1・3月曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.名物は「玉屋饅頭」!『なにわ亭』

「なにわ亭」料理 578529 玉屋饅頭1つ54円

出典:kumaosantoomiさんの投稿

「玉屋饅頭」は回転焼きよりちょっと小ぶりの饅頭です。

佐賀市のデパート「佐賀玉屋」の南館地下の食品フロアにあるお店。名物はこしあんが入った「玉屋饅頭」。玉屋の焼き印が押された饅頭は、手土産に喜ばれています。回転焼きやお好み焼き、たこ焼きも人気です。昭和の雰囲気が漂うほっとするお店です。イートインスペースで食べることもできます。
「なにわ亭」外観 578530 やさしいご主人様が作っています。

出典:kumaosantoomiさんの投稿

JR佐賀駅南口から徒歩18分。佐賀市内唯一のデパートで長年営業。佐賀マダムに支持されているお店です。

なにわ亭の詳細情報

なにわ亭

佐賀 / 和菓子、たい焼き・大判焼き、甘味処

住所
佐賀県佐賀市中の小路2-5 佐賀玉屋 南館 B1F
営業時間
10:00~18:30
定休日
不定休(佐賀玉屋に準ずる)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8.佐賀の郷土菓子「逸口香」!『あけぼの菓子舗』

「あけぼの菓子舗」料理 578499 逸口香

出典:ぷんちさんの投稿

不思議な食感がくせになるお菓子です。皮はパリッと餡は歯にくっついてきます。食べ続けていると素朴な美味しさに開眼します!

JR佐賀駅南口から徒歩17分の『あけぼの菓子舗』。佐賀の郷土菓子「逸口香(いっこっこう)」と落雁のお店です。こじんまりした店内で、この2種類のみ販売。どちらもお店の奥で手作りしているそう。「逸口香」は不思議なお菓子。見た目は饅頭のようですが、中は空洞でパリッとした皮の内側に生姜風味の黒蜜の餡がはりついています。素朴な味と食感を味わってみてください。
「あけぼの菓子舗」料理 578500 逸口香(黒糖)

出典:ぷんちさんの投稿

餡を小麦粉の生地で包み絶妙の火加減で焼くと中は空洞になります。餡は黒蜜のほかに、抹茶、白糖があります。

「あけぼの菓子舗」料理 604428 逸口香 10枚 800円

出典:ぷんちさんの投稿

お土産にも好評。ギャップ萌えするお菓子です。

あけぼの菓子舗の詳細情報

あけぼの菓子舗

佐賀 / 和菓子

住所
佐賀県佐賀市呉服元町3-9
営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

9.唐津名物「松露饅頭」!『大原松露饅頭 佐賀本店』

「大原松露饅頭 佐賀本店」料理 578506 松露饅頭

出典:eb2002621さんの投稿

風光明媚な唐津を代表する銘菓もお土産にどうぞ。

佐賀駅南口より徒歩7分の唐津名物「松露饅頭」の老舗。カステラ生地の薄い皮と上品なこしあんの手焼きの饅頭。ころんとした鈴のような形がかわいいですよね。唐津の虹の松原に自生する松露(食用キノコ)の形だそう。一口サイズだから何個でもぺろりと食べられます。JR佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀にもお店があります。
「大原松露饅頭 佐賀本店」料理 578507 10個入りです

出典:☆ホイミン☆さんの投稿

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に伝来した焼き饅頭が「松露饅頭」のルーツだそう。壮大な歴史ロマンを感じる和菓子です。

「大原松露饅頭 佐賀本店」外観 604447 2015年12月。訪問

出典:eb2002621さんの投稿

国道264号線沿いにある佐賀本店。お店で1個ずつ手焼きされています。

大原松露饅頭 佐賀本店の詳細情報

大原松露饅頭 佐賀本店

佐賀 / 和菓子

住所
佐賀県佐賀市神野東一丁目4番3号
営業時間
8:00~19:00
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

佐賀の特産物をお土産に!

米どころ佐賀は酒どころ。「鍋島」や「天吹」「天山」など、佐賀の酒は全国に名を馳せています。有田焼や佐賀海苔、嬉野茶など、佐賀の特産品をお土産にいかがですか。買い忘れたお土産があっても大丈夫。佐賀駅構内のえきマチ1丁目佐賀には佐賀の特産品が揃っていますよ。

10.佐賀の特産品が集合『匠の店 佐賀工房 えきマチ1丁目佐賀』

「匠の店 佐賀工房 佐賀デイトス店」内観 601561 2015年12月。訪問

出典:eb2002621さんの投稿

佐賀の物産展のような品揃え。買い忘れたお土産はこちらで買いましょう。

JR佐賀駅構内にある佐賀県内の特産品を販売するお店『匠の店 佐賀工房』。有田焼の器や海の幸に山の幸、お菓子や珍味などユニークな土産物が幅広くそろっています。佐賀牛カレーも人気です。隣接して「サン海苔」と「竹八漬け」のお店があります。佐賀の酒は竹八漬けの一角で販売されています。逸品ぞろいのコーナーをぜひ覗いてみてくださいね。
「匠の店 佐賀工房 佐賀デイトス店」料理 601564 有明の味 干しわらすぼ

出典:eb2002621さんの投稿

有明海の珍味「干しわらすぼ」はいかがですか。佐賀市のPR動画に出演した“わらすぼ”です。エイリアンみたいですよね。

※佐賀デイトスは「えきマチ1丁目佐賀」に名前が変わっています

匠の店 佐賀工房 佐賀デイトス店の詳細情報

匠の店 佐賀工房 佐賀デイトス店

佐賀 / その他

住所
佐賀県佐賀市駅前中央1-11-20 JR佐賀駅 デイスト
営業時間
8:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

「丸ぼうろ」はお店によって食感や風味の違いはありますが、素朴でやさしい味わいのお菓子です。佐賀駅周辺にはお土産を買えるお店が集まっています。お店の雰囲気を楽しみながら、お土産を選んでみてはいかがでしょうか。JR佐賀駅構内の「えきマチ1丁目佐賀」で販売されている商品もあるので、時間がなければそちらをチェックしてみてください。
「村岡総本舗 本店」料理 604981

出典:ココガイイカモさんの投稿

佐賀県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード