池袋の泊まれる本屋、「BOOK AND BED TOKYO」

池袋の泊まれる本屋、「BOOK AND BED TOKYO」

まるで秘密基地のような空間で、好きな本を読みながら気がつけば寝ていた…なんて体験ができる池袋の泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」。今回は、そんな極上の時間が過ごせる「BOOK AND BED TOKYO」を紹介します。

2016年06月04日

本に囲まれて眠る、至福の時間!

本に囲まれて眠る、至福の時間!610043

出典:

本を読んでいるとふと眠気に襲われて気づいたら寝てしまったなんてことはよくあると思います。自然に眠りに入るので気持ちよく寝れることが多いですよね。いっそのこと大好きな本に囲まれながら寝てみたい!そんな願いをかなえてくれる宿泊施設があります。それが池袋にある「BOOK AND BED TOKYO」です。心地よい空間で本を読みながら最高にリラックスして眠れる人気の宿泊施設として、今話題になっています。

「BOOK AND BED TOKYO」はこんなところ

本が読める、泊まれるというと漫画喫茶と同じ感じ?と思う方も多いかもしれませんが、「BOOK AND BED TOKYO」はれっきとしたホステルです。他には類を見ないホステル「BOOK AND BED TOKYO」、その魅力とは・・・

本好きにはたまらないオシャレな店内

A photo posted by momoendo_jewelry (@momoendo) on

店内のいたるところに本がある「BOOK AND BED TOKYO」。本棚やハシゴには木材が使用され、とても癒される雰囲気の中で本が読めます。本はあえて綺麗に整頓しすぎないことで表紙が見やすく、まるで自分の家のようにくつろげる空間を演出しています。

A photo posted by ili m (@ilitinyadventures) on

天井にまで本がぶら下がっていて、まさに本に囲まれた空間です。ここで本を読んでいると本に埋もれているような不思議な感覚を味わうことができちゃいます。カジュアルでオシャレな内装を手掛けるのは、有名建築家が運営する事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」。いつまでも長居していたくなるような居心地のよさです。

A photo posted by Naoto Otsu (@naot02) on

それぞれ思い思いの好きな場所で本が読めるのも「BOOK AND BED TOKYO」の魅力のひとつ。ソファーでくつろぎながら、ベッドで寝転がりながら、本屋のように立ちながら…共有スペースでは優雅にお茶しながら読むこともできるんです!

こんな本まであるんです!

A photo posted by Hiro-G (@geso1201) on

小説や漫画、雑誌など、ジャンルを問わずセンスあふれる本が数多く揃っています。その数なんと1700冊以上!名作といわれるものはもちろん、読んでみたくなるような面白そうな本が目白押しです。

A photo posted by Kanako.K (@kanadete_k) on

成功した著名人が書いた人生において参考になる本や、見たことのない珍しい貴重な本まで一度は読んでおきたい本ばかり。雑誌のバックナンバーなど、普通はあまりおいてないような本もありますよ。

A photo posted by YOSHITO NAKASUJI (@nksj71) on

本のセレクトショップ「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」がテーマに合わせて読んでほしい本をチョイスしているので、不思議と読んでみたくなるような興味を惹かれる本がたくさん!夢中になりすぎて眠れなくなってしまうかもしれません。
日本ではあまり目にすることがないオシャレな洋書や洋雑誌などもあります。日本だけではなく海外のお客さんも意識しているんだとか。配置にも工夫がしてあり、ジャンルごとにかたまって本が並んでいるようにみえて、実は漫画の隣に実用書が置かれいるとかトリッキーなことも。普段手に取らないような本にも自然と興味が行くように並んでいるのです。

「BOOK AND BED TOKYO」のシステム

エリアと広さを選んで、宿泊利用

エリアと広さを選んで、宿泊利用1435035

出典:

宿泊には2種類のエリアがあります。本棚の中にベッドがある「BOOK SHELF(ブックシェルフ)」エリアと、本棚から少し離れた場所にあるプライベート重視の空間「BUNK(バンク)」エリアに分かれています。本棚で寝ているような感覚を味わってみたい方はぜひ、ブックシェルフエリアをおすすめします。しっかりと眠りたい方はバンクエリアがおすすめです。
エリアと広さを選んで、宿泊利用610353

出典:

また、広めの個室「STANDARD(スタンダード)」は一泊4500円、小さなタイプの「COMPACT(コンパクト)」は一泊3500円と広さで値段が変わるシステムです。チェックインは16:00から23:00までに、チェックアウトは11:00までと通常のホテルと変わらない利用が可能です。この料金で本が読み放題で宿泊までできるなんてお得です!共有のシャワー、トイレ、カフェスペースなども完備されているので安心して泊まれます。

プランを選んで、デイタイム利用

A photo posted by Melissa H (@melissahegge) on

さらに、個室・シャワー使用不可のデイタイム利用もできます。ラウンジのみですが13:00~19:00時の間、1時間ごとの時間制あるいはフリータイムプランで自由に休憩できます。ちょっとしたオシャレなカフェとして利用するにも最適です。

これだけは知っておきたい利用時の注意点

現金使用ができません。

支払いはクレジットカード、あるいはSUICAやPASMOなど交通系のICカードのみ!

宿泊個室にカギはついていません。

A photo posted by @hana._.nana on

宿泊スペースはカーテンで仕切るタイプなので、貴重品管理はしっかりと!館内にセーフティボックスや荷物を預けるクロークはありませんが、数量限定でロッカーが利用できます。

BOOK AND BED TOKYO 池袋本店の詳細情報

BOOK AND BED TOKYO 池袋本店

池袋 / スタンダードホテル

住所
東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階
アクセス
池袋駅西口徒歩1分

データ提供

池袋から徒歩1分にある秘密基地…

池袋から徒歩1分にある秘密基地…609377

出典:

いかがでしたか?今回は、池袋にある泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」を紹介しました。本が好きな方はもちろん、東京に訪れた時の宿泊施設としても便利ですよ。まるで自分の家のようにくつろいで本を読みながら寝てしまう気持ちよさは格別です。あなたも一度体験してみませんか?

関連記事

関連キーワード

埼玉県を旅する編集部おすすめ