2022年05月29日

おしゃれスポットたくさん♩信楽のおすすめカフェ&観光スポット9選【滋賀県】

おしゃれスポットたくさん♩信楽のおすすめカフェ&観光スポット9選【滋賀県】

瀬戸・越前・常滑・丹波・備前と並ぶ日本六古窯である「信楽焼」。信楽焼の産地である「信楽」は、NHKの連続テレビ小説「スカーレット」の舞台になった場所でもあり、最近ではフォトジェニックな美術館やおしゃれなカフェも増えてきて、女性に大人気のエリアになっているんですよ。そこで今回はそれらのスポットはもちろん、信楽焼の魅力が知れるミュージアムなど信楽のおすすめスポットをお届け。懐かしさ感じるたぬきの置物に迎えられて、信楽をのんびり探索してみましょう♩

おしゃれスポットもたくさん♩女性人気の高い「信楽」

信楽窯元巡り

滋賀県甲賀市の山中に位置する信楽エリア。信楽といえば、日本六古窯のひとつである「信楽焼」やNHKの連続テレビ小説「スカーレット」の舞台としてもおなじみの街ですが、実はそれ以外にもおしゃれスポットが盛りだくさん。なかでも女性からの人気は高く、口コミで話題のスポットやカフェなども多いんですよ◎

たぬきの置物に迎えられて。信楽を気ままに探索

桜のトンネル

信楽には自然と建築美の調和が美しい「MIHO MUSEUM」や絶景を楽しめる「滋賀県立陶芸の森」など、フォトジェニックスポットも満載。さらにはパンケーキで有名な「fleur 信楽店」やチーズケーキが評判の「TORASARU」、信楽焼を間近で感じられる「のぼり窯カフェ」など、女性から評判のカフェも多くあります。信楽を訪れるときは、観光の合間にカフェ巡りをする旅もおすすめですよ。

信楽を訪れるときは、気分に合わせて電車と車のどちらで向かうかを選んでみて。景色といっしょにレトロな雰囲気を楽しみたい人は「信楽高原鐵道」を利用し、信楽駅から徒歩で周辺を気ままに探索する旅がおすすめ。信楽駅では大きなたぬきの置物が迎えてくれますよ。一日を通してたくさんのスポットを回りたい場合は、レンタカーを使っての旅が便利です。信楽は山中にあり、坂道も多いエリアなので、訪れる際は履き慣れた靴で向かうのがベスト◎

1.自然と調和するフォトジェニックな美術館

MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUM2637104

出典:ISEIさんの投稿

信楽の山間に佇む「MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)」は、自然と調和するフォトジェニックな美術館として人気。信楽駅からバスで約20分の場所にあります。館内には、MIHO MUSEUMの名前の由来にもなっている創立者の小山美秀子氏が40年以上にわたり集めてきた茶道具や書画などの日本美術、さらにはエジプトやローマなど、世界中から集められた古代美術が展示されています。

MIHO MUSEUM2637105

出典:d17529さんの投稿

MIHO MUSEUMはパリのルーヴル美術館のシンボル的存在でもある「ガラスピラミッド」を手がけたイオ・ミン・ペイ氏により設計されました。桜の遊歩道を抜け、トンネルと橋を渡った先に美術館が見えてくる設計は桃源郷をモチーフにしているのだとか。そのことから、MIHO MUSEUMは別名「現代の桃源郷」とも呼ばれているんですよ。

MIHO MUSEUM2637106

出典:カズオさん.jpさんの投稿

入口すぐのエントランスホールに足を踏み入れると、目の前に広がるのは天井を覆い尽くすように設計された幾何学的な構造のガラス屋根。晴れた日には館内中をやさしい光が差し込みます。さらに、ホール正面の全面窓からは立派な松の木と、遠くまで連なる信楽の山々が。その姿はさながら絵画の世界。建築美と自然美を思う存分に堪能できるフォトジェニックスポットです。

MIHO MUSEUM2637107

出典:

館内には特別展示含め、世界各国の作品を保管した展示室が複数設置されています。自然に囲まれた空間だからこそ、心静かに一つひとつの作品と触れ合うことができそうですね。また何気なく歩いている通路の床にも作品が展示されているので、見落とさないようにしましょう。

MIHOミュージアム

一年を通して観光客が訪れるMIHO MUSEUMですが、特に賑わうのが春の桜シーズン。毎年桜が開花シーズンを迎えると「レセプション棟」と「美術館棟」を結ぶトンネル内からは、枝垂れ桜が顔を覗かせる美しい光景を目にすることができます。満開の枝垂れ桜がトンネル内をピンク色に染める様は、とにかく幻想的。MIHO MUSEUMの枝垂れ桜は例年4月中旬頃に満開を迎えるので、訪れる際は事前に開花情報をチェックしてみてくださいね。

MIHOMUSEUMの詳細情報

MIHOMUSEUM

住所
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
アクセス
1) 信楽高原鐵道信楽駅から車で20分 2) 新名神高速道路信楽ICから車で15分 3) JR石山駅からバスで50分
営業時間
10:00〜17:00 最終入館16:00
定休日
[月] 休日の場合翌日、(夏季および冬季休館あり。HPにて確認ください。)
料金
大人 1100円 大学生 800円 高校生 800円 中学生 300円 小学生 300円

データ提供

2.焼き物を楽しめる広大なテーマパーク

滋賀県立陶芸の森

滋賀県立陶芸の森の風景

信楽の中心部に位置する「滋賀県立陶芸の森」は、焼き物を楽しめる広大なテーマパーク。その広さはなんと約23haも。信楽駅からバスで約5分の場所にあり、老若男女問わず憩いの場として親しまれています。広大な敷地内には美術館、ギャラリー&ショップ、スタジオ、公園というコンセプトが異なる4つのエリアが設けられ、創造や展示、人との交流を楽しむことができますよ。

滋賀県立陶芸の森2637113

出典:としごろうさんの投稿

敷地内ではいたるところに陶芸作品が展示されていて、間近で信楽焼を目にすることができます。なかにはうれしいご利益をいただけそうな可愛いらしいたぬきも♡

滋賀県立陶芸の森2637114

出典:おにころんさんの投稿

陶芸専門の美術館「陶芸館(陶芸美術館)」では信楽焼をはじめ、国内外の陶芸作品が扱われています。その数約1,500点!信楽を訪れたからには一度は目にしたい焼き物の魅力を思う存分堪能しながら、センスを磨いちゃいましょう。

滋賀県立陶芸の森2637115

出典:おにころんさんの投稿

敷地内には標高300mからの絶景が広がる「星の広場」や小川がある「泉の広場」、休日になると大勢の人が訪れる「太陽の広場」など3つの自然豊かな公園があります。訪れたときは景色を眺めながらゆっくり散歩をしてもよし◎女子旅やカップルでテイクアウトしたメニューに舌鼓を打ちつつ、ピクニックを楽しんでもよし◎思い思いの時間を過ごしてくださいね。

滋賀県立陶芸の森2637116

出典:

旅行中にちょっと食べすぎちゃったかも…という人は、太陽の広場近くにある「ダイエット階段」で運動をしてみるのも◎。階段を上るごとに消費カロリーが分かるので、運動へのモチベーションも上がります。普段デスクワーク続きで運動不足気味の人にもおすすめですよ。

滋賀県立陶芸の森陶芸館の詳細情報

滋賀県立陶芸の森陶芸館

住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
アクセス
1) 信楽高原鐵道信楽駅から徒歩で20分 2) 新名神高速道路信楽ICから車で8分
定休日
[月] 月曜日が祝日の場合は、翌日 年末年始

データ提供

3.信楽焼の歴史を知れる

信楽伝統産業会館

信楽伝統産業会館2637120

出典:

信楽焼の展示施設「信楽伝統産業会館」には、鎌倉時代から近世にいたるまでの信楽焼が常設展示されています。信楽焼の歴史を知るにはまさにぴったりの場所。館内は撮影禁止なので、実際に足を運び、自分の目で本物の信楽焼を堪能しましょう。また館内には観光案内所も設けられているので、信楽に着いたらまずはここで情報収集をするのも◎。

信楽伝統産業会館2637121

出典:

館内では信楽焼の常設展示のほか、特別企画の展示が開催される場合もあります。過去にはスカーレットの展示が開かれ、全国各地からドラマファンが訪れていたのだとか。訪れる前は事前にイベント情報などもチェックしておきましょう。

信楽伝統産業会館の詳細情報

信楽伝統産業会館

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1203
アクセス
1) 信楽高原鐵道信楽駅から徒歩で5分 2) 新名神高速道路信楽ICから車で10分
営業時間
9:00〜17:00
定休日
[木] 祝日の場合は、その翌日
料金
無料

データ提供

4.片道約24分の小さなローカル列車

信楽高原鐵道

信楽高原鐵道2637125

出典:BOW0125さんの投稿

貴生川駅から信楽駅の間を結ぶ「信楽高原鐵道」は、片道約24分の小さなローカル列車。1両もしくは2両編成の車両がガタゴトと揺れながら走る様子は、古き良き時代の列車旅を彷彿とさせます。車移動が便利な信楽エリアですが、ノスタルジックな景色を眺めながらゆっくり旅を楽しみたい人には、あえて信楽高原鐵道を使った列車旅がおすすめ。特に車窓から眺める景色は必見ですよ。

信楽高原鐵道2637126

出典:おにころんさんの投稿

信楽高原鐵道には6つの駅があり、それぞれがローカルな雰囲気ただよう駅舎になっています。鉄道ファンはもちろん、都会の喧騒を離れ、田舎ならではの景色と触れ合いたい人にもぴったりのスポットですね。終点の信楽駅では大きい信楽焼のたぬきがお出迎え。クリスマスはサンタのコスチュームなど、時期によってたぬきの衣装も変わるのでぜひチェックしてみてくださいね。

信楽高原鐵道 信楽線の詳細情報

信楽高原鐵道 信楽線

住所
滋賀県甲賀市水口町虫生野

データ提供

5.何度も食べたくなるふわふわパンケーキ

fleur 信楽店

「カフェ&ダイニング フルール 信楽店」 外観 167593302

出典:yossy1さんの投稿

古民家をリノベーションした「fleur(フルール) 信楽店」は、パンケーキの有名店として高い人気を誇る和カフェ。実店舗は京都駅前店と信楽店の2店舗だけということもあり、休日にもなると県内外からスイーツ好きの人が訪れる人気店です。信楽駅から徒歩約1分という絶好のアクセスなので、信楽高原鐵道で旅をするときのランチやカフェタイムにもおすすめですよ。

「カフェ&ダイニング フルール 信楽店」 内観 53205794 店内

出典:アベレージさんの投稿

「日々を忙しく過ごしている多くの方たちに、ホッとできる場所を提供したい」との思いから生まれたfleur。古民家の趣あふれる信楽店は、一歩足を踏み入れた瞬間から実家に帰ってきたかのようなほっと一息つける空間になっています。縁側の席からは美しい庭を目にしながら、束の間の休息を過ごすことができますよ。

「カフェ&ダイニング フルール 信楽店」 料理 167593289

出典:yossy1さんの投稿

ほとんどの人が目当てとするのが、何度でも食べたくなるふわふわのパンケーキ。注文を受けてから一つひとつ丁寧に焼き上げるパンケーキは、軽く触れるだけでもプルっと揺れるやわらかさが特徴です。口の中に入れると舌の上でとろけるような食感は、病みつきになってしまうこと間違いなし。あまりの美味しさに何度も訪れるリピーターも多いのだとか。

「カフェ&ダイニング フルール 信楽店」 料理 167593297

出典:yossy1さんの投稿

女子旅やカップルで訪れたときはそれぞれが違うパンケーキを頼んで、仲良くシェアするのがおすすめ。同じパンケーキでもソースやトッピングが変わるだけで、まったく違う味を楽しめます。土日は混みやすいので、事前予約をしてから訪れるようにしましょう。

カフェ&ダイニング フルール 信楽店の詳細情報

カフェ&ダイニング フルール 信楽店

信楽 / パンケーキ、カフェ

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野152
営業時間
月・水~金 11:00~19:00(L.O 18:00) ランチ営業 11:00~14:00 土日祝   10:30~19:00(L.O 18:00) 但し、コロナウィルスの影響の為に当面の間は、11:00~17:00(L.O 16:00)でランチ営業は無しです。
定休日
火曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.登り窯の中で唯一無二のカフェ体験

のぼり窯カフェ

「登り窯カフェ」 外観 163320165

出典:とも2Sさんの投稿

信楽で100年以上の歴史を持つ窯元「奥田忠左衛門窯」。その敷地内にある「のぼり窯カフェ」では、名前の通り約80年前に造られた本物の登り窯の中で、唯一無二のカフェ体験ができます。全長約25mの登り窯がリノベーションされた店内は、まるで物語の中に迷い込んだかのような神秘的な空間。非日常体験を味わいたいときには打ってつけのカフェです。

「登り窯カフェ」 内観 163320166

出典:とも2Sさんの投稿

登り窯とは山や丘の傾斜面に複数の部屋を連ね、隣接する部屋同士の余熱で焼き上げる窯のこと。窯内を覗くと、長年にわたり窯焼きの直火に当たってきた内壁が赤褐色の緋色(=スカーレット色)になっているのが分かります。洞窟を彷彿とさせる空間で、信楽旅ならではの特別な体験を味わえますよ。

「登り窯カフェ」 料理 173434762

出典:makico1984さんの投稿

カフェではランチメニューとカフェメニューが用意されています。忠左衛門オリジナル「黒炭ロールケーキ」は、カフェメニューの中でも人気の一品。日本五大銘茶のひとつである信楽の特産品・朝宮茶を使ったクリームは、黒炭の苦みとの相性も抜群なんです。営業中に売り切れることも多いので、必ず注文したい人は早めの時間帯に来店するようにしましょう。

「登り窯カフェ」 料理 66636516 山田牧場のバームクーヘンとコーヒー

出典:hashed25さんの投稿

信楽の山田牧場で収穫された新鮮な牛乳をたっぷりと練り込んだ生地「バームクーヘン」も、おなじく人気のカフェメニューのひとつ。ふんわり焼き上げられたバームクーヘンの甘さは、旅の疲れもすっきり癒してくれますよ。のぼり窯カフェは信楽でも人気が高いお店なので、事前予約をしてから訪れるのが安心です。

のぼり窯カフェの詳細情報

のぼり窯カフェ

信楽 / カフェ

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1131 信楽焼陶芸村本店
営業時間
10:00~16:00
定休日
無休(年末年始のみ休み)
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.毎日焼かれる、こだわり素材の絶品ケーキ

TORASARU

「TORASARU 」 内観 16154795 店内②

出典:モリモリ三太郎さんの投稿

陶芸家の作品を扱うギャラリーが隣接したカフェ「TORASARU(トラサル)」。「全てのお客様に心地よく過ごしていただきたい」「時代に左右されない、オーセンティックな価値観を提案し続けたい」をコンセプトに、2002年にオープンしたカフェです。なかでも絶品のケーキは口コミでも話題で、週末にもなるとケーキ目当てに多くの人が訪れます。訪れるときは予約必須です。

「TORASARU 」 料理 157764878

出典:まっつう1204さんの投稿

カフェの看板メニューとも言えるのが、毎日焼かれるこだわり素材の絶品ケーキ。特に人気のチーズケーキにはこだわりの素材がふんだんに使用されています。甘みだけでなく酸味もいっしょに楽しめて、一度食べたらファンになる人も多いのだとか。

「TORASARU 」 ドリンク 123888549

出典:pe00さんの投稿

ケーキといっしょに注文したいコーヒーは月毎に原産国と焙煎具合が変わるので、何回訪れても楽しめます。オーナー自身が厳選したカップや器は、おしゃれで写真映えもしそうですね。店内ではコーヒー豆の販売も行われているので、コーヒーの味が気に入ったらぜひ旅の思い出として持ち帰りましょ。

「TORASARU 」 料理 163007755

出典:ついてるちゃんさんの投稿

カフェではケーキやコーヒーだけでなく、ランチメニューやテイクアウトメニューも用意されています。一つひとつ丁寧にラッピングされたケーキは手土産にも◎。陶芸の森もほど近いので、テイクアウトしてピクニック気分で食べるのも楽しいかもしれませんね。

TORASARU の詳細情報

TORASARU

玉桂寺前、勅旨 / カフェ、カレーライス

住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨1970-4
営業時間
[1月~2月] 11:00~19:00(L.O.18:00) [3月~12月] 11:00~20:00(L.O.19:00)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

8.森の中に佇む大人気のカフェ

森のcafe

「森のcafe」 外観 10610774

出典:コロバーズKAZUさんの投稿

森の中に佇む大人気のカフェ「森のcafe」は、なんと電話番号非公開で予約不可のお店。そのレアさから「一度は食べてみたい」と県内外から訪れる人も多いんです。カフェは信楽中心部から山道を進んだ場所にあるので、訪れるときはレンタカーかタクシーを利用するようにしましょう。

「森のcafe」 料理 105962476 メイン。ご飯とサラダは奥に隠れてます。

出典:2代目たけじろうさんの投稿

メニューは「ランチセット」と「キッシュセット」の2つから選べます。特に男性やグルメ女子から人気が高いのが、ボリュームたっぷりのランチセット。その迫力に驚くこと間違いなしです。カップルで訪れたときは彼がランチセット、あなたが比較的少量のキッシュセットを頼んでシェアするのも◎。どちらも数がなくなり次第終了なので、早めの来店がおすすめですよ。

森のcafeの詳細情報

森のcafe

信楽、玉桂寺前、勅旨 / カフェ

住所
滋賀県甲賀市信楽町神山19-1
営業時間
11:30-16:00
定休日
水曜日、年末年始、他に臨時休みあり
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

9.食と体験、買い物を通して信楽焼を堪能

Ogama

「Ogama」 外観 162281516 登り窯②

出典:旅浪漫さんの投稿

信楽焼の窯元「明山窯」の敷地内にあるカフェ「Ogama(おおがま)」。敷地内には1階にカフェ、2階にショップがあり、ギャラリーや陶芸教室も隣接しています。食と体験、買い物を通して信楽焼を余すことなく堪能できちゃいます。初めて信楽を訪れる人はもちろん、陶芸体験をしながら、買い物やカフェタイムもいっしょに済ませたい人にはぴったりの場所ですね。

「Ogama」 内観 97239116

出典:naomi by Taniaさんの投稿

明山窯のシンボル的存在である登り窯は10部屋あり、周辺を自由に探索可能。カフェエリアでは登り窯の風景を眺めながら、美味しいドリンクやスイーツをいただくことができます。伝統的な登り窯を目にしながらのカフェタイムだから、信楽の空気を思う存分味わうことができるはず。

「Ogama」 ドリンク 97239108

出典:naomi by Taniaさんの投稿

カフェメニューはスイーツとドリンクが用意されています。定番のコーヒーやラテも捨てがたいですが、せっかく訪れたのであれば、ぜひかたぎ古香園で栽培された、完全無農薬の朝宮茶を使用した「和紅茶」を注文してみて。ほうじ茶に似たさっぱり味の和紅茶は、旅の疲れと喉の渇きをいっしょに満たしてくれます。信楽焼の器でメニューが提供されるのもうれしいですね。

Ogamaの詳細情報

Ogama

信楽 / カフェ・喫茶(その他)

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野947
営業時間
10:00~16:30
定休日
火曜~木曜(祝日の場合は営業)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

信楽に行くならこちらもいっしょにチェック♪

信楽焼以外にも見どころは満載♪

信楽焼きのたぬき

日本六古窯である「信楽焼」やNHKの連続テレビ小説「スカーレット」の舞台でもおなじみの信楽ですが、実はそれ以外にも見どころは満載。フォトジェニックな一枚が撮れるスポットから人気のカフェまで、一日を通して楽しめるエリアでもあるんです。滋賀付近を旅行するときは、ちょっと足を延ばして信楽を訪れてはいかがでしょうか?

滋賀県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ