え?ここが東京?!最後の秘境・奥多摩でアクティブに遊ぼう!

え?ここが東京?!最後の秘境・奥多摩でアクティブに遊ぼう!

東京から車でたった2時間、秘境と呼ぶにふさわしい大自然に囲まれた「奥多摩」。温泉、鍾乳洞、バードウォッチング、釣りと、自然の中で遊べばここが東京だということを忘れてしまいます。関東の日帰り旅や、週末のプチ旅行にオススメの奥多摩の魅力をご紹介します。

2016年06月07日

1.関東最大級の鍾乳洞「日原鍾乳洞」を探検!

日原鍾乳洞とは?

日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)とは、総延長1270m、高低差134mと、関東最大級の規模を誇る鍾乳洞で、東京都の天然記念物に指定されています。かつては、山岳信仰のメッカとして栄えました。日原鍾乳洞が一つの巨大な石山の中にあることから、一石山大権現(いっせきさんだいごんげん)と呼ばれていました。
日原鍾乳洞とは?601137

出典:シュピルマンさんの投稿

中は、ひんやりしていて夏のおでかけ先には最高!ライトアップされた鍾乳洞は幻想的です。

日原鍾乳洞とは?601145

出典:そらモンさんの投稿

アクセスはやや不便ですが、行く価値あり。東京最後の秘境といえるでしょう。

日原鍾乳洞とは?614939

出典:

案内板がないと迷ってしまうほど広いです。

日原鍾乳洞とは?601139

出典:たあぼさんの投稿

外は暑くても、中に入るとひんやり!公開されている部分は、歩きやすいように整備されています。

日原鍾乳洞とは?601141

出典:104643さんの投稿

カラフルなライトアップで、ますます異世界感が漂います。

日原鍾乳洞とは?601149

出典:たあぼさんの投稿

美しい自然の音色を奏でる水琴窟。金属のような不思議な音がこだまします。

アクセス

<公共交通機関で行く場合>
JR青梅線奥多摩駅より、 西東京バスで、平日は「日原鍾乳洞行」終点下車徒歩5分、休日は「東日原行」終点下車徒歩約25分。

<車で行く場合>
中央高速八王子ICから国道411号で約90分。

駐車場の数が限られており、連休中は駐車のために1〜3時間待ちとなる場合があります。車で行く場合は午前中10時くらいまでに行く、もしくは公共交通機関で行くことをオススメします。

2.奥多摩湖でバードウォッチング!

夢中になって遊べるものといえば、バードウォッチング!お金のかからない、イギリス発祥の大人の知的な遊びです。
身近だけど知らない野鳥たちの行動を観察してみると新たな発見があるかもしれません。双眼鏡を用意して鳥の生態系を観察すれば、もう一流のバードウォッチャー!

奥多摩湖では、アオサギ、ウグイス、アカゲラ、ウソなど、様々な種類の野鳥を観察できます。ぜひカメラを持ってお出かけしましょう。
2.奥多摩湖でバードウォッチング!601187

出典:TX88A+α04さんの投稿

ビジターセンターで情報収集!

ビジターセンターで情報収集!601198

出典:

まずはJR奥多摩駅すぐのビジターセンターで、野鳥の情報収集をしましょう!今の季節にどのあたりにどんな鳥がいるかを聞いておくと、遭遇できる可能性がぐっと上がります。

ビジターセンターで情報収集!601203

出典:小八郎さんの投稿

ウグイス。ころっとした姿が可愛いですね。

ビジターセンターで情報収集!601212

出典:Old amateurさんの投稿

ヤマセミは珍しい鳥です。ヤマセミを見るなら早朝がオススメ!

3.日原渓流釣場で渓流釣りに挑戦!

手ぶらで行ける釣り場として人気なのが、日原渓流釣場です。奥多摩の管理釣場の中では一番山奥に位置し、上流のおがま・めがまの滝から下流の小川谷出合まで、急流あり淵瀬ありの変化に富んだ川の流れは、渓流釣りの醍醐味をとことん味わえるベストポイント!
釣竿をレンタルできるので、手ぶらでいけるのも嬉しいですね。マスを中心に、ヤマメ 、イワナも放流されています。
3.日原渓流釣場で渓流釣りに挑戦!615017

出典:

新宿から電車で2時間ほどでいける関東のオアシス。日帰りで川釣りが楽しめます。

3.日原渓流釣場で渓流釣りに挑戦!601218

出典:

東京に残された、自然豊かな「日原」。川の水がきれいすぎてここが東京だとは思えません。

3.日原渓流釣場で渓流釣りに挑戦!601229

出典:

釣った魚はその場で焼いて食べられます。自分で釣った超新鮮な魚の味は格別。

アクセス

JR青梅線奥多摩駅からバス「鍾乳洞行」終点下車徒歩3分。(日・祝日は東日原下車徒歩20分)日原鍾乳洞の近くです。

4.奥多摩湖をハイキング

奥多摩といえば外せないのが「奥多摩湖」。東京都民の大事な水源としての役割もあります。
車がないとアクセスが不便な場所ですが、春は桜の花見、新緑の季節はハイキングや登山、秋は紅葉を楽しむ人が訪れる人気のスポット。湖畔を歩いたり、珍鳥「ヤマヒバリ」を探してみるのもいいですね。
4.奥多摩湖をハイキング615072

出典:

東京都民の大事な水源でもある奥多摩湖。都民なら一度は見ておきたい。空気がきれいで、水もきれい、深い緑がこれぞ秘境!

4.奥多摩湖をハイキング615090

出典:

子どもの頃に戻ったように遠足気分でお弁当を持っていくのもいいですね。大自然の中で食べるご飯は格別!

5.源泉100%の温泉を堪能♪

もえぎの湯

奥多摩へきたなら、温泉にもつかっていきましょう。
ハイキングを楽しむ人や、登山帰りの人でにぎわう「もえぎの湯」は、内風呂、露天風呂、足湯が楽しめます。
奥多摩温泉の源泉100%の湯で、日本最古の地層といわれる古生層より湧き出たお湯は、つるつるとしていて美肌効果が期待できそう。

JR奥多摩駅より徒歩10分という好立地にあり、ビールや軽食がとれるお食事処もあるので温泉を楽しまなくても利用できます。
もえぎの湯601164

出典:

もえぎの湯601162

出典:

露天風呂から臨む氷川渓谷は絶景!

「もえぎの湯」料理 601167 ソフトクリーム(抹茶・280円)

出典:焼肉姉妹さんの投稿

食事処では、ソフトクリームをはじめ、川魚の塩焼き定食など、美味しい食事がいただけます。

もえぎの湯の詳細情報

もえぎの湯

奥多摩 / うどん、割烹・小料理、おでん

住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1 もえぎの湯 2階
営業時間
9:30~21:30まで ※食事処は10:30~
定休日
月曜日※8月は無休、月曜祝日の場合翌日休み
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

さいごに

いかがでしたか?東京・最後の秘境、奥多摩のお出かけスポットをご紹介しました。都心からアクセスが良いので、日帰りでも週末の1泊旅行でも、気軽に楽しめるのでオススメです。自然に癒されたくなったら奥多摩へ行きましょう!

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ