キャンプも遊園地も♪北海道の夏フェス「ジョインアライブ」

キャンプも遊園地も♪北海道の夏フェス「ジョインアライブ」

フェスに参加したことがない人でも気軽に楽しめる「JOIN ALIVE(ジョインアライブ)」。北海道の大地で、多ジャンルの音楽を楽しめる夏フェスです。遊園地やキャンプ、地元の食材を堪能できるのも、このフェスの魅力。伸び伸びと楽しめるジョインアライブをご紹介します。

2016年06月08日

北海道のフェス「JOIN ALIVE 2016(ジョインアライブ)」

初心者や家族連れも安心!気軽に楽しめる

音楽フェスなのに遊園地としても楽しめる、「JOIN ALIVE(ジョインアライブ)」。フェスに行ったことが無い方や、大規模なイベントに参加したことのない方、家族連れの方でも楽しみやすい夏フェスです。ジョインアライブが行われるのは、北海道の岩見沢市にある遊園地「三井グリーンランド」の敷地内。遊園地の立地をそのまま利用したフェスなんです。その為会場面積も丁度良く、ステージとステージの移動もそれ程苦になりません。気軽に楽しめる音楽フェス、それがJOIN ALIVEなのです。

7月16日、17日の2日間開催!終演後にはイベントSAKANA TRIBEも♪

A photo posted by risa (@sakura56r) on

7月16日(土)と17日(日)の2日間開催します!17日の終演後にはオールナイト野外複合カルチャーイベント「SAKANA TRIBE(サカナトライブ)」の開催も決定♪バンド、サカナクション主催によるイベントです。2日間フルで楽しんだ後に、余韻を感じながらオールナイトで盛り上がっちゃいましょう♪ジョインアライブとは違うチケットが必要なので、事前にチェックしましょう。

2015年開催時のダイジェスト映像です。

音楽、遊園地、キャンプ、食べ物を満喫できる♪

4つのステージで、邦楽を堪能!

A photo posted by Yohei YMG (@yh_ymg) on

気軽に参加できるフェスではありますが、他のフェスに負けない豪華なラインナップです!個性のある4つのステージで、たくさんのアーティストが熱いライブを繰り広げます。

16日はThe Birthday、THE BAWDIES、和田アキ子、WANIMAといった多彩な出演陣。そして17日はthe HIATUS、SHERBETS、ザ・クロマニヨンズ、MAN WITH A MISSIONなどのメンツが揃っています。2日間とも見逃せません♪

一緒に遊園地としても楽しめちゃう!

一緒に遊園地としても楽しめちゃう!578321

出典:A-oさんの投稿

開催地の「北海道グリーンランド」は、フェス開催時も遊園地として営業しています。お目当てのアーティストの出演時間の合間に、遊園地を楽しむこともできちゃうんです。これで小さいお子様が飽きても大丈夫!家族で楽しくフェスに参加することができるというわけです。

自分のペースに合わせてキャンプが出来る♪

遊園地内にあるOASISエリア、そしてゲレンデの近くになるNATUREエリア、2つのキャンプサイトが使用できます。キャンプをする人はもちろん、休憩スペースや荷物置き場として使いたい人、バーベキューも楽しみたい人など、自分のスタイルに合わせて使い分けられます。日帰りも宿泊も可能♪キャンプサイト入場券があれば、どちらのエリアでも楽しめます。

地元のフードが充実!

地元のフードが充実!581077

開催地の岩見沢や南空知などの、地元の食材を使用したメニューが中心になっています。海鮮系からジンギスカン・ケバブなどの肉料理、白老牛や稚内牛などのご当地グルメもあります。北海道の名産を頬張りながら、美味しいお酒でお腹を満たすのも一つの楽しみ方と言えるでしょう。

シャトルバスでアクセス

離れた場所にエリア分けして駐車場を用意しているため渋滞の心配はほぼありません。駐車場からは各エリアごとに中継のシャトルバスが運行しています。これに乗れば会場まで楽に移動することができます。

電車でアクセスする方も、主要の駅からシャトルバスが出ています。
最寄り駅の岩見沢駅からは、シャトルバスで約15分。また札幌・大通バスセンターからは約50分、旭川・中央バス旭川ターミナルからは約90分です。シャトルバスの詳細は、公式ホームページをご覧ください。

A photo posted by Ryo-ta (@ryota_doki) on

シャトルバスでアクセス577868

出典:

北海道の空気を感じながら、音楽が楽しめるジョインアライブ。遊園地にキャンプに北海道グルメまで、のんびりと充実した時間が過ごせる空間です。ぜひ足を運んでみてください♪

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード