一度は訪れたい透き通る波照間ブルーの海!日本最南端・沖縄の離島「波照間島」の魅力

一度は訪れたい透き通る波照間ブルーの海!日本最南端・沖縄の離島「波照間島」の魅力

沖縄の離島「波照間島(はてるまじま)」は、日本では最南端の有人島です。派手なものは何もない島ですが、一生に一度は訪れたいと憧れる方も多い島なのです。その理由は、日中ならここだけでしか味わえない“波照間ブルー”と呼ばれる、例えようもなく美しいビーチ!夜には南十字星などのキレイな星空にうっとり!そんな波照間島の魅力に急接近しちゃいます。観光スポットや島グルメも合わせてご紹介します!

2016年09月27日

日本最南端・沖縄の離島「波照間島」をまるっと満喫しよう!

日本最南端・沖縄の離島「波照間島」をまるっと満喫しよう!818880

出典:aomoriloveさんの投稿

日本最南端の有人島でも有名な「波照間島(はてるまじま)」。島の名前は、「果てのうるま」が語源にあり、うるまは、琉球や珊瑚礁の意味を持つそうです。沖縄本島よりも台湾の方が近いといった立地にあり、まさしくそこは南国情緒あふれる手つかずの自然が残された天然のネイチャーアイランドです。

日本最南端・沖縄の離島「波照間島」をまるっと満喫しよう!818875

出典:たぁーちゃんさんの投稿

アクセスは石垣島から高速船で約1時間のクルーズを楽しみながら波照間港へと結びます。見どころとしては、波照間ブルーをおがめる「ニシ浜」などのビーチは必ずチェックしたいリピーターも多いスポットです。南十字星を見ることができる、こぼれるような天然プラネタリウムの星空も最高!星好きには打ってつけの島として観光客に人気です。

波照間島ブルーのビーチを堪能しよう♪

ニシ浜

ニシ浜818882

出典:tukiromiさんの投稿

波照間島に行ったら必ず訪れたいというよりも、この海を見るためだけに波照間島を訪れる方も少なくありません。島の北西部に位置する最もメジャーな『ニシ浜ビーチ』は、日本一きれいなビーチとも言われ、ここだけでしか味わえない濃いグラデーションの絶景が広がる大人気のスポットです。この海の色は「波照間ブルー」とも言われており、空よりも海の方が青いというなんともミステリアスな光景が。

ニシ浜818879

出典:肥後もっこすさんの投稿

ガサゴソガサゴソ~、ヤドカリもどこかセンスアップに感じてしまう。美しい自然環境がもたらす色の同化による神秘すら感じます。

ニシ浜818881

出典:tukiromiさんの投稿

サラサラの白い砂浜は、素足で歩くのが気持ちいい!パスポートなしで行ける異国南国ムード満点の空間は、一生に一度は訪れるべきと評する方が後を絶ちません。海さえあればそれだけでいい!と普通に思ってしまう贅沢な瞬間です。沖縄の方言では北のことを「ニシ」と呼ぶそうです。ニシ浜の青の深みを最大に楽しむなら午前中がベストだそうです。

ニシ浜818883

出典:tankuroさんの投稿

夕日の美しさもなんとも言えないグラデーションを醸し出す格別なひととき。さまざまな時間帯の波照間ブルーを目にやきつけるのが、この島の楽しみ方のひとつです。

ニシ浜の詳細情報

ニシ浜

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間
アクセス
波照間港から徒歩15分。

データ提供

ペー浜

ペー浜818884

出典:

波照間島でメジャーなニシ浜に対し、『ペー浜』は意外と知られていない穴場スポットです。とは言うものの質が大きく下がるというわけでもないのでご安心を!ニシ浜からも徒歩で行けるほどの場所にあるので、アクセスも簡単!連休などの繁盛期でニシ浜が込んでいるときには、ちょっと足を延ばしてほとんど人のいないビーチを楽しむのも賢いかも。

ペー浜818885

出典:

こちらの浜では「星の砂」も見つけやすいとか。超穴場スポットでVIPな気分を味わうのもちょっと得した気分です。

ペー浜の詳細情報

ペー浜

住所
沖縄県竹富町波照間

データ提供

ペムチ浜

ペムチ浜818886

出典:Von Lerchさんの投稿

波照間島の南端にあるビーチが『ペムチ浜』です。300m程の直線を描く白砂が特徴で、日本最南端のビーチでもあります。このビーチは砂というよりも砂利が多く、こっけいな形の石を見つけるのが楽しいですよ。

A photo posted by ゆき (@yukiyuki4818) on

ただし、このビーチは泳ぐのには最適とは言えません。かなり流れが速く、海に入るとすぐに深くなってしまう場所もあるので流されてしまうキケンが高いです。言うまでもないキレイな海と岩場などの景観を楽しむには最適なビーチです。

A post shared by @niku_que on

ペムチ浜はなんといっても夕日の美しいところ。ぜひ日没30分前にはたどり着いておくのをおすすめします。

ぺムチ浜の詳細情報

ぺムチ浜

住所
沖縄県竹富町波照間

データ提供

波照間島ならではの観光スポットはここ!

高那崎(たかなざき)・日本最南端の碑

高那崎(たかなざき)・日本最南端の碑818889

出典:

波照間島の観光ではメジャーな観光スポット「日本最南端の碑」。約1億3000万人の日本人(2016年5月時点)の中で、最も最南端にいる証拠ともなる記念撮影スポットとしても人気の場所です。思わずSNSにアップしてしまいたくなる~。

A photo posted by @niku_que on

日本最南端の碑があるのは「高那崎(たかなざき)」。断崖絶壁が1kmほど続き、重低音の波音と波打つド迫力の光景が抜群です。

高那崎・日本最南端の碑の詳細情報

高那崎・日本最南端の碑

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間

データ提供

竹富町波照間島星空観測タワー

竹富町波照間島星空観測タワー818890

出典:

空に最も近いとも言われる「波照間島」。照明が少ないということもそう言われる要因のひとつでしょう。そんな波照間島の南部に『竹富町波照間島星空観測タワー』があります。日本で一番きれいなのは海だけではなく、南十字星も一番キレイに見える満点の星空でも有名な島なのです。

南十字星を狙うなら、12月~6月に!

南十字星を狙うなら、12月~6月に!818874

出典:haterumaさんの投稿

キレイな星が見たい!それだけのためにこの島を訪れる星好きマニアも少なくありません。ちなみに、南十字星は12月~6月の晴天の空でしか観測できませんので、南十字星目当ての方は、事前に緻密な計画をたてましょう。

観測タワーの営業中に南十字星を狙うなら、4月下旬から6月中旬まで!

星空&夜明けの撮影に適したスポット

星空&夜明けの撮影に適したスポット818924

出典:おかさんの投稿

「竹富町波照間島星空観測タワー」と日本最南端の碑がある「高那崎」は、星空観測はもちろん、星空撮影や幻想的な夜明けの写真を撮影するのにぴったりな定番スポット。宿の星空ツアーでも訪れることができますが、ゆっくり撮影したい場合には自力でたどり着く必要があります。足場が悪いので、スニーカーなど歩きやすい靴で訪れてくださいね。

注意!満月の前後5日間は星空撮影&観測は避けましょう

注意!満月の前後5日間は星空撮影&観測は避けましょう818891

出典:

星空撮影の天敵は月明かり。とくに満月の前後はライトなしでも夜の散歩ができるぐらい。月明かりがないときは、集落でも天の川が見られるそう。ぜひ、星空観測や撮影が目的に入っている場合は、まずは月齢をチェックしてください。満月なら満月で、見事な月を望遠鏡越しで見せてもらえるます。

現在(2016年5月30日時点)、台風被害で望遠鏡・プラネタリウムが故障しているそうです。昼は屋上からの展望、夜は屋上からの星空ガイドが行われています。
観測タワーで飼っているヤギたちが、周辺で放し飼いされています。

波照間島灯台

A photo posted by @niku_que on

灯台というと海沿いにあるのが基本と思っていた方も多いはず!そんな中『波照間島灯台』は、内陸部にあります。サトウキビ畑のざわわ~という音の中、ポツンとそびえたつレアな光景です。波照間島のシンボルにしてもいいんじゃないかなと思うほどの存在感があります。有人島にある灯台という条件付きで日本最南端の灯台です。無人島の灯台も含めれば、今現在(2016年5月時点)、小笠原諸島の沖ノ鳥島灯台が最南端だそうです。

波照間島灯台の詳細情報

波照間島灯台

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間

データ提供

コート盛(こーともり)

A photo posted by @go_shi_go_shi on

島の北側、竹富島の指定文化財にもなっている『コート盛』は、琉球王朝時代に作られた火番所です。琉球石灰岩を積み上げて作られたもので、琉球当時のままの姿が残されているとか。この場所で海上の船を見張り、のろしをあげて伝える役割りを担っていたそうです。今では島の絶景を楽しむ観光スポットとして人気です。

コート盛の詳細情報

コート盛

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間
アクセス
波照間港から徒歩20分

データ提供

どこを撮っても、素晴らしい撮影スポットに!

どこを撮っても、素晴らしい撮影スポットに!818926

出典:haterumaさんの投稿

一面に広がる“サトウキビ畑”が多く見られる波照間島の見どころ。

どこを撮っても、素晴らしい撮影スポットに!818927

出典:wr500さんの投稿

集落をぶらぶら散策すれば、出合える南国の花と石垣の競演は、まさに沖縄の原風景。

どこを撮っても、素晴らしい撮影スポットに!818928

出典:ブックさんの投稿

人口が約600人の波照間島にヤギは約400頭とも。放し飼いや野生のヤギとの出合いは、波照間島のどかな風景のひとつ。

どこを撮っても、素晴らしい撮影スポットに!818935

出典:カレッジさんの投稿

海へ続く何もない道ですら、撮影ポイントに!

どこを撮っても、素晴らしい撮影スポットに!818929

出典:はまけんけんさんの投稿

サイクリング中もおすすめな撮影ポイントのひとつ。どこまでも続く青い空と一緒に撮影してくださいね。島一周しても10キロほどなので、レンタル自転車での散策がおすすめ。ただ坂道が多いので、電動自転車が便利です。

波照間島グルメはここがおすすめ!

シーズンによって営業していない店も多い波照間島ですが、営業していれば絶好のロケーションの中、ゆっくり過ごすことのできる店も多く、ぜひスケジュールに組み込みたい波照間グルメ!何店舗かおすすめ飲食店をご紹介しましょう。

パーラーみんぴか

パーラーみんぴか818943

出典:yuoraitaさんの投稿

ニシ浜が見渡せる場所にある『パーラーみんぴか』。波照間島で暑い夏にはかき氷が欠かせません。

「パーラーみんぴか」料理 818944 500えん 波照間 黒みつスペシャル

出典:samasamaのココロさんの投稿

なかでも、きなこと黒蜜でいただく山盛りのかき氷「波照間黒みつスペシャル」は必ずチェックしたいです。全国の行列のできるかき氷屋さんにもひけをとらないほどのふわふわ口どけ感は、ぜひとも味わってもらいたい逸品です。

パーラーみんぴか818936

出典:ikdyさんの投稿

そして、波照間の海の美しさが味わえる「はてるまブルーかき氷」も人気。数日滞在するなら、両方味わってほしい!

「パーラーみんぴか」料理 818894 杏仁豆腐(500円)
 波照間の黒みつかけ
 さんぴん茶つき

出典:maestro msさんの投稿

カレーライスなどの軽食もあるので、ランチにも利用できます。杏仁豆腐も黒糖がマッチした人気メニューのひとつです。

「パーラーみんぴか」内観 818895 店内カウンター席(2013年)

出典:立花立夏さんの投稿

目の前には、波照間ブルーのニシ浜が広がる抜群なロケーション!テラスなどもあるので、ゆっくりとした時が過ごせる落ち着く空間ですよ。

パーラーみんぴかの詳細情報

パーラーみんぴか

波照間島 / カフェ・喫茶(その他)、かき氷

住所
沖縄県八重山郡竹富町字波照間465
営業時間
11:00~13:00 14:30~17:00
定休日
木ようび
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

仲底商店 (ナカソコショウテン)

「仲底商店」料理 818896

出典:KENTAさんの投稿

店名は地味ですが、美しい海の見えるカフェとして人気のお店です。ここの名物は「泡盛ジェラート」です。波照間酒造所が作るまぼろしと言われる「泡波」を原料としている貴重な一品なのです。ほのかに香る泡盛がたまらない!暑い夏には、冷たいスイーツをハシゴして堪能したいお店のひとつです。

「仲底商店」料理 818898 あかばなー(ハイビスカス)

出典:アメディオ453さんの投稿

黒糖、シークワーサー、ハイビスカスなどの沖縄ならではのフレイバーもあるので、欲張りな方はダブルにするのもいいですね。

「仲底商店」料理 818897 cafe 外観

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

ついつい長居してしまいたくなる落ち着いた古民家のたたずまいが、旅の疲れを癒してくれます。

仲底商店の詳細情報

仲底商店

竹富町その他 / カフェ、アイスクリーム

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間85
営業時間
10:00~13:00、16:00~19:00 (09.8.13~09.08.16確認時 9:00~13:00 16:00~18:00)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

あやふふぁみ

「あやふふぁみ」料理 818899 ラフテー定食

出典:いえしまさんの投稿

波照間のランチならこのお店がおすすめ!ゴーヤーチャンプルー、島豆腐チャンプルー、ラフテー定食などの味付けにも定評があります。素朴だけど優しい家庭料理の定食がいただけます。

A photo posted by @kanata_color on

沖縄に行ったら必ずチェックしたいタコライスもリーズナブルに味わえますよ!
「あやふふぁみ」ドリンク 818900 シークワーサービール

出典:もうふちゃん2さんの投稿

ドリンクもここでしか飲めないテイストなので要チェック!バナナジュースやシークワーサー入りのオリオンビールなど昼からほろ酔い気分で過ごすのも楽しい!離島ならではのご褒美の時間です。

あやふふぁみの詳細情報

あやふふぁみ

波照間島 / 創作料理、定食・食堂、カレーライス

住所
沖縄県八重山郡竹富町字波照間475
営業時間
11:30~15:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

kukuru cafe(ククルカフェ)

「kukuru cafe」料理 818903 キーマカレー

出典:ビジャン・コスロシャヒさんの投稿

オシャレなカフェをチョイスしたければ『kukuru cafe』。古民家風の内装にはテラスやお座敷もありゆっくりできる空間です。島の豆腐をアレンジしたメニューが豊富です。島豆腐のキーマ風カレー、島豆腐のベジタコライスなどが楽しめます。

「kukuru cafe」ドリンク 818904

出典:あんこう。さんの投稿

ドリンクメニューも興味津々なラインナップ!黒糖豆乳ラテ、さんぴん豆乳チャイも絶品と定評があります。なぜか疲れがスーッと吹っ飛んでしまうから不思議。至福のひとときを過ごせます。

「kukuru cafe」内観 818905

出典:バッテラさんの投稿

ひとつ注意したいのが、12月~3月(旅行計画時にまず確認してみてくださいね)はサトウキビの製造期間のため閉店になってしまうそうです。沖縄離島ならではの生活リズムがあることを、ちょっとだけ垣間見たような気がします。

kukuru cafeの詳細情報

kukuru cafe

波照間島 / 自然食、野菜料理、カフェ

住所
沖縄県八重山郡竹富町字波照間3146
営業時間
要確認
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

居酒屋あがん

「居酒屋 あがん」料理 818906

出典:sakaki0214さんの投稿

あがんとは「おいも」を意味する波照間島の方言だそうです。沖縄の郷土料理や居酒屋メニューを扱う、地元の方からも親しまれている人気の居酒屋です。自称だそうですが「日本最南端にある居酒屋」だとか。味付けもいいけど、新鮮だからかゴーヤがとてもおいしい~。

「居酒屋 あがん」料理 818911

出典:sakaki0214さんの投稿

塩とタレで楽しむ「もずくの天ぷら」や、近海でとれる新鮮な刺身もオーダーしたい1品です。

「居酒屋 あがん」料理 818907 調味料はもちろんクース。それも泡波クースです。

出典:ぽちーぬさんの投稿

自家製のコーレグース。ウチナーンチュだと好きな方は、沖縄そばだけでなく、いろいろな料理にかけるそうです。

幻の泡盛とも呼ばれる「泡波」などを格安でいただくことができます。他の島で飲んだら10倍くらいの価格に高騰することもあるとか。
「居酒屋 あがん」内観 818910

出典:sakaki0214さんの投稿

ボトルキープもできて幻の泡盛を堪能できますよ!また波照間島にくる口実ができてそれもいいかも。泡盛サワーなどもお手頃です。

A photo posted by izumi iguchi (@izumiiguchi) on

また、この店自家製ブランド「波照間島・黒蜜」も島の名産品として人気上昇中らしいです。

居酒屋 あがんの詳細情報

居酒屋 あがん

竹富町その他 / 沖縄料理、居酒屋、沖縄そば

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間148
営業時間
[月~土] 15:30-21:30
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

波照間島で宿泊するならここがおすすめ!

ペンション最南端

ペンション最南端818913

出典:

日本最南端にある宿泊所というのがウリの『ペンション最南端』。波照間港からは送迎もあるので便利です。ニシ浜を一望できるナイスロケーションにある宿としても人気です。また、屋上から星を見ることができるので必ずチェックしたいです。

ペンション最南端818912

出典:

波照間島ではコンドミニアムなど食事ができない宿泊先も多いのですが、こちらでは夕食朝食などの食事を楽しむことができます。新鮮な魚や天ぷら、沖縄の家庭料理など、おいしくてボリューム満点と定評があるので、チェックしてみるのもいいかもしれません。海から近いとあって人気のペンションなので、早めの予約をおすすめします!

A photo posted by はるさー (@harusa0222) on

屋上は、波照間ブルーを心ゆくまで眺められる特等席!

ペンション最南端の詳細情報

ペンション最南端

波照間島 / ペンション

住所
沖縄県八重山郡竹富町字波照間886-1

データ提供

いかがでしたか?

波照間島廻りいかがでしたか?島には「島一周道路」も設けられているので、車やレンタサイクルなどで廻ってもわかりやすく整備されています。キレイな海と空、昔は日本中どこでも当たり前でしたが、今となっては貴重な条件です。異国情緒の南国ムードの中にも、古き良き昭和の雰囲気が残る波照間島、「一生に一度は訪れてみたい憧れの島」と注目を浴びているのもうなづけます。
いかがでしたか?818923

出典:ゆうキロメートルさんの投稿

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先