【サマソニ】を徹底攻略!気軽に行ける都市型フェスのすべて

【サマソニ】を徹底攻略!気軽に行ける都市型フェスのすべて

都市型フェスの代名詞であり、日本の4大フェスのひとつサマーソニック。17回目の開催となる2016年も盛大な規模と、ビッグアーティストのラインナップです!夏一番のビッグイベントになること間違いなしのサマソニを、事前に予習しちゃいましょう♪

2016年06月09日

都市型フェス「サマソニ」特集!

A photo posted by Shu U (@insta_shuu) on

2016年で17回目を迎えるSUMMER SONIC(サマーソニック)こと「サマソニ」!日本の4大フェスのうちの1つで、東京と大阪で同時開催する代表的な都市型フェスです。利便性や過ごしやすさ、ジャンルを超えた多彩なラインナップで大人気!例年2日間で10万人を超える人が集まるサマソニの魅力を、東京会場を中心に紹介します♪

2016年は8月20日、21日に開催

2016年は8月20日、21日に開催608012

出典:

2016年は8月20日、21日に開催します。アーティストは1日目が東京なら2日目は大阪、1日目が大阪なら2日目は東京と、2日間入れ替わりで出演します。東京会場は9:00オープン、大阪会場は10:00オープン、スタートは両会場ともに11:00です。最初に出演するアーティストが見たい場合は、早めに行動しておきましょう♪

気軽に行けて利便性抜群!

夏フェスときくと、「準備や移動が大変そう」と思う方もいるかと思いますが、サマソニは都市型フェスと謳っているだけあって利便性抜群です!東京はQVCマリンフィールド&幕張メッセ、大阪は舞洲サマーソニック大阪特設会場。どちらも都心部から電車で1時間前後で行ける距離です♪なので、大きな荷物を持たずに気楽にフェスを楽しめますよ!

お祭り気分で夏を感じるスポットがたくさん!

東京会場のビーチステージは目の前が海!砂浜に海の音を聞けば夏満喫です♪また会場内にはミストが放出されている場所がたくさんあります。すぐに乾いてしまうので思いっきり浴びてみては?!夏ならではの爽快感に包まれます!

毎年ボディーペイントのブースもあります!お祭り気分が一層もりあがりますよ♪

会場エリアの紹介!

各ステージ、エリアによってカラーや雰囲気が違うので移動して見るのが楽しくなります♪イメージがしやすいように2015年の東京会場でのステージ情報・画像等を使って紹介します!

「マリンステージ」

サマソニのメインステージの「マリンステージ」はキャパ3万5000人の大ステージです!チケットごとに入場ゲート(RブロックまたはLブロック)が分かれていて、ブロック間の移動はできないのでご注意ください。スタンドにはブロック指定はありません。人気アーティストの場合は入場規制がかかることもあるので、早めの移動を心がけてくださいね♪また、このステージはコンクリートの上に人工芝を敷いているので、昼間晴れると照り返しで温度が非常に高くなります。体調管理には十分注意してください!ラストは花火があがるので必見ですよ♪

「マウンテンステージ」

幕張メッセエリア最大のステージ!キャパは2万人です。ヘッドライナーにはベテランアーティストが入ることが多いです!人気アーティストの場合は超満員で、こちらも入場規制がかかることがあります。前の方で見たい方は事前スタンバイでいい場所確保してくださいね♪

「ソニックステージ」

幕張メッセ内のソニックステージはキャパ1万人!洋楽中心のステージです♪若手インディーズからベテランまで、幅広いアーティストが出演します。

「レインボーステージ」

幕張メッセ内のレインボーステージも、キャパ1万。多種多様なアーティストが出演します!邦楽アーティストが多いステージです♪

「ビーチステージ」

海に面した砂浜のビーチステージです!キャパは4000人と、かなり広々としています。海沿いでのんびりしながら聞こえてくる音楽を楽しむこともできます。

「ガーデンステージ」

ガーデンステージは原っぱの広大なエリアにあるステージで、キャパは4000人。夜は海風もあり快適に過ごせます♪開放的なステージです!

「アイランドステージ」

マリンスタジアム外周に出現するステージ。異国情緒あふれる雰囲気の「ASIAN MARKET」中に設置されます。ライブにDJに、ダンスまである、幅広いイベントのステージです。

「パークステージ」

東京会場QVCマリンフィールドエリアの隣のステージです!近くで見れて野外ステージを堪能できますよ♪

2016年のヘッドライナー!

大物アーティストから新人アーティストまで、数多くのアーティストが出演!2016年はこれまで以上にジャンルの幅が広く、豪華なアーティストばかりです!来日したチャンスは逃さないように♪こちらでは2016年のヘッドライナーを2組紹介します。

「under world(アンダーワールド)」

世界的大人気!エレクトロニック・ミュージックの先駆者で、絶対的な存在のアンダーワールドが出演。これは見逃せませんよ!

「RADIOHEAD」

伝説の2003年以来、13年ぶりに出演します!2003年のステージでは長い間封印をしてきた「Creep」を披露し、地鳴りのような歓声と涙に包まれました。過去16年のサマーソニック史上で最も美しいシーンとも言われています!

会場やアクセス情報♪

東京会場(QVCマリンフィールド&幕張メッセ)

東京会場の最寄り駅はJR京葉線「海浜幕張駅」。幕張メッセまでは徒歩約7分、QVCマリンフィールドまでは徒歩約15分です。車の方は、会場周辺にある一般駐車場にとめることになりますが、数に限りがあるのでご注意ください。また海浜幕張の駅はかなり混雑するので、事前にチャージや切符の準備を忘れずに!早めの行動をお勧めします♪

大阪会場(舞洲サマーソニック大阪特設会場)

大阪会場の最寄り駅は、地下鉄コスモスクエア駅(南港)とJR桜島駅です。各駅から有料シャトルバスが出ています。車の方は、会場周辺にある一般駐車場にとめることになりますが、数に限りがあるのでご注意ください!

チケットをGETして会場に♪

チケットは1日券、2日券、プラチナチケットがあります!売り切れる前にゲットしてくださいね♪
開催まで随時最新情報が公開されていきます。しっかりチェックして最高の思い出を作りましょう♪

まとめ

A photo posted by Rina⑅◡̈* (@7xorixo2) on

サマソニ特集いかがでしたか?開催まであと少し!これからタイムテーブル、グッズやイベント、フード情報などが更新されていくと思うのでこまめにチェックして、気分を盛り上げて最高の夏にしてくださいね♪

千葉県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード