青森県・弘前で洋館巡り♪異国情緒溢れる街を散策しよう

青森県・弘前で洋館巡り♪異国情緒溢れる街を散策しよう

明治時代の洋館が今も残る街、青森県弘前市。多くの外国人教師を招き、積極的に西洋文化を取り入れた街なんです。レトロモダンな街並みを眺める、弘前の洋館巡りに出かけましょう♪

2016年07月05日

弘前洋館巡りに行こう♪

A photo posted by matsuoka (@mtok1968) on

青森県弘前市は、津軽藩の城下町として栄えました。市のシンボル弘前城は、桜の名所としても有名ですね。また「津軽富士」の名称で知られる岩木山や、そのすそ野に広がるリンゴ畑は人気の観光スポットです。そんな弘前市、実は市内にはたくさんの洋館が立ち並んでいる街であることをご存知ですか?弘前市は、明治維新以降、積極的に外国人の教師を招き、教育の普及に取り組んできました。そのため、早くからキリスト教が広まり独特の洋館が造られたのだそう。レンガ造りの異国情緒あふれる弘前の街を、ぶらり巡ってみませんか?

弘前カトリック教会

弘前カトリック教会624022

出典:

明治43年に建てられた「弘前カトリック教会」は、白い壁の美しい教会。尖頭のあるロマネスク様式の木造モルタル造りの華麗な聖堂です。教会の中には無料で入ることができ、早朝からの見学が可能。

弘前カトリック教会624008

出典:

ゴシック様式の木製祭壇。オランダのアムステルダムにある聖トマス教会から特別に譲り受けたものといわれます。約250年前に作られ、ナラの木の装飾がとても美しい教会祭壇です。

弘前カトリック教会621503

出典:juntarouさんの投稿

この教会で一番目につくのはやはりステンドグラス!豪奢なものではありませんが、素朴で温かみのある優しい光に癒されます。

弘前カトリック教会621594

出典:

旧約聖書の物語などが描かれています。お話の内容をちょっと予習していくといいかもしれませんね。津軽弘前ならではのりんごや津軽三味線が描かれたステンドグラスは必見です!

弘前カトリック教会の詳細情報

弘前カトリック教会

住所
青森県弘前市百石町小路20
アクセス
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス浜の町方面行きで10分、弘前文化センター前下車、徒歩7分

データ提供

日本キリスト教団弘前教会

日本キリスト教団弘前教会624032

出典:

こちらは変わって、プロテスタント系の教会。創設は、明治8年で東北で初めて築かれたものなのだそうです。総ヒバ造りのこちらは、クリーム色の外観と双等式のゴシック様式が素敵な教会。外観からも神聖な雰囲気が漂います。

日本キリスト教団弘前教会631395

出典:

現在の建物は、明治39年に建設されたもので、県の重文として指定されています。赤い絨毯と、白い壁というとてもシンプルな内装ですが、そのぶん崇高な感じがします。

日本キリスト教団弘前教会631396

出典:

伝統工芸である津軽塗の天板をもつ聖餐卓、あけびづる細工の献金籠を祭具に用いています。弘前教会も見学無料です。

弘前教会の詳細情報

弘前教会

住所
青森県弘前市元寺町48番地

データ提供

青森銀行記念館

青森銀行記念館621482

出典:yamayamachiさんの投稿

明治12年に設立された全国で59番目の国立銀行が、こちら「青森銀行」。もちろん、青森県では初めての銀行です。本館は、明治37年に建てられた建物で、設計者は太宰治の生家「斜陽館」などを手掛けた堀江佐吉。国の重要文化財に指定されています。薄緑色の装飾で縁取られた縦長の窓がとても上品で印象的です。

青森銀行記念館621621

出典:

調度類は当時の輸入品なのだそうです。高級感があふれていますね。

青森銀行記念館621506

出典:

銀行の店舗ですので、中も荘厳な雰囲気です。大会議室の天井は、とても華やかできらびやか。「金唐革紙(きんからかわかみ)」という日本の伝統工芸品です。国内でも見られる場所は、ごく限られています。

青森銀行記念館の詳細情報

青森銀行記念館

住所
青森県弘前市元長町26
アクセス
弘前駅からバスで10分
営業時間
9:30〜16:30 4/1〜11/30 9:30〜18:00 さくらまつり、ねぷたまつり、雪燈籠まつり期間中
定休日
[火] さくらまつり・ねぷたまつり・雪燈籠まつり期間中は無休 [冬][12月〜3月] 雪燈籠まつり期間中は無休
料金
子供 100円 小中学生は5人以上で無料 大人 200円 団体25人以上で割引 備考 毎月15日と四大まつり期間中は無料

データ提供

旧弘前市立図書館

旧弘前市立図書館621497

出典:シュンブさんの投稿

可愛らしい赤い屋根が印象的な建物。こちらは、昭和6年まで市立図書館として利用されていました。明治39年の日露戦争の戦勝記念として建てられたものなのだそうです。こんな図書館なら、毎日でも通いたくなってしまいますね。

A photo posted by yukinoiro (@yukinoiro3) on

ルネサンス様式を基調とした木造3階建ての建物。大きな窓から明るい光が差します。
旧弘前市立図書館666360

出典:風音 美歌さんの投稿

ユニークな双塔が特徴の旧弘前市立図書館は、無料で見学ができます。普通閲覧室や評議室などをじっくり見て回りましょう♪

旧弘前市立図書館の詳細情報

旧弘前市立図書館

住所
青森県弘前市下白銀町2-1
アクセス
JR弘前駅前からバスで15分土手町循環100円バス - 「市役所前」から徒歩で0分
営業時間
9:00〜17:00
定休日
無休

データ提供

レトロなカフェでひとやすみ♪

可否屋葡瑠満(こーひーやぶるまん)

「可否屋葡瑠満」内観 624161

出典:モンチッチさんの投稿

洋館巡りの合間にカフェで一休みはいかが?「可否屋葡瑠満(こーひーやぶるまん)」はレトロモダンな雰囲気漂うお店です。

「可否屋葡瑠満」ドリンク 621636 まんでりん七百五拾圓

出典:ジオモルさんの投稿

まずは、コーヒーをどうぞ。注文を受けてから豆を挽き、ペーパードリップでつくるこだわりの一杯がいただけます。一杯のコーヒーに使う豆の量は普通の3倍なんだそう!

「可否屋葡瑠満」料理 621656

出典:mie...*さんの投稿

上品な器が、あなたの特別な時間を演出してくれます。

「可否屋葡瑠満」料理 621645

出典:ラジオリポーターさんの投稿

もちろん、ここは弘前「リンゴの里」。アップルパイもぜひ食べてくださいね♪

可否屋 葡瑠満の詳細情報

可否屋 葡瑠満

中央弘前 / コーヒー専門店、喫茶店、カフェ

住所
青森県弘前市下白銀町17-39
営業時間
8:00~19:00(L.O.18:30) 冬季12月~3月・桜祭り期間 9:00~19:00
定休日
月曜日・第2火曜日・8月13日・年末年始
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

弘前へのアクセス方法

青森空港からは、弘前駅までの直通バスが運行されています。電車の場合には、新幹線「新青森」駅から特急に乗り換えて30分ほどです。JR奥羽本線「青森」駅からは、特急で40分ほど、「秋田」駅からは同じく特急で2時間ほどとなります。

最後に

最後に624177

出典:

桜やりんごなどが有名な弘前ですが、こんな素敵な異国情緒あふれる洋館が立ち並ぶノスタルジックな街でもあるんですね。洋館の街並みをぶらりと散歩しませんか?

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード