京都観光におすすめ。まず世界遺産から訪れてみませんか?17スポットまとめ

京都観光におすすめ。まず世界遺産から訪れてみませんか?17スポットまとめ

日本のみならず海外からも観光客が多い京都。なかでも、1994年に“古都京都の文化財”として17の社寺が世界遺産に登録され、金閣寺や清水寺、伏見稲荷大社などがさらに人気の観光スポットになりました。京都には魅力的な観光スポットがたくさんありますが、まずは世界遺産に登録された17の美しい社寺から訪れてみませんか?

2016年10月18日

1.教王護国寺(東寺)

JR京都駅八条口から徒歩15分

JR京都駅八条口から徒歩15分633478

出典:takakiさんの投稿

東寺の五重の塔を知らない人はいないはずです。京都駅からアクセスもよく、真っ先に足を運ぶ人もいるでしょう。空海により開かれた「東寺」は『教王護国寺』が正式名称で、京都を語るときには欠かせない寺です。
JR京都駅八条口から徒歩15分611891

出典:kiyotti3さんの投稿

羅城門の東を守る為に建立されましたが、空海が嵯峨天皇から賜った時には、金堂と僧坊のみの小さな寺でした。この東寺を真言密教の根本道場として、大日如来を本尊とし「曼荼羅」の教えを具現化したこの寺は、存在自体が国宝と呼んでもおかしくないスケールです。

御影堂

御影堂611898

出典:fantomさんの投稿

空海の御影を安置した『御影堂』は、檜皮萱屋根の国宝でもあり、入母屋造になっています。毎朝6時から、法要が営まれ仏舎利を授けていただけます。拝観料は無料で、閉門まで誰でも立ち会えます。中まで入る人も少ない事もあり、比較的空いている事が多いです。

金堂

金堂611913

出典:masatさんの投稿

薬師如来を挟んで、日光菩薩と月光菩薩が並び、訪れる人々を温かく迎えます。本堂『金堂』の建物は大きいのですが、薄暗く穏やかな空気が流れています。ここに足を踏み入れて、菩薩と対話する事で心の闇を落として帰るのもひとつの楽しみ方。ただ静かに耳を傾けてくださる菩薩の温かさに癒される空間です。

講堂

講堂611921

出典:izzuo119さんの投稿

『講堂』では、曼荼羅の世界が分かりやすく理解できる「立体曼荼羅」を見ることが出来ます。須弥壇には大日如来、それを囲むように阿しゅく如来、宝生如来、不空成就如来、阿弥陀如来が安置されています。四隅には、四天王、大日如来の両脇には梵天と帝釈天。左には不動明王を中心に5体の仏像と、右には金剛波羅蜜多菩薩等の5体が並びます。仏像に詳しい人も、そうでない人も立体曼荼羅を前に空海の教えを肌で感じてみてください。

期間限定の一般公開

期間限定の一般公開611926

出典:ミッキー・フォールさんの投稿

五重塔の初層には曼荼羅があり、心柱には大日如来と、密教の教えを感じ取れるようになっています。春(3~5月)と秋(9~11月)には、五重塔と宝物館が一般公開されるので、そのチャンスをおみのがしなく。

東寺 がらくた市・手作り市

東寺 がらくた市・手作り市633498

出典:

毎月第一日曜日には「がらくた市・手作り市」が、毎月21日には「弘法市」が開催されています。骨董品から、着物、手作り品、食べ物などさまざまなものが並びます。クオリティの高いオリジナル商品も多々あるので、観光の日と重なっていたらぜひ早朝から訪れてみてください。

東寺 がらくた市の詳細情報

東寺 がらくた市

住所
京都市南区九条町 1

データ提供

2.本願寺(西本願寺)

JR京都駅中央口から徒歩15分

JR京都駅中央口から徒歩15分611938

出典:うずらまめさんの投稿

浄土真宗本願寺派の総本山であり、境内にある建築物は歴史的遺産だけでなく宗教的遺産としても見逃せません。権威と権力を表す『西本願寺』はいろいろな意味で見応えがあります。

唐門

唐門611942

出典:暁さんの投稿

国宝になっている『唐門』は、境内の南側にあり檜皮葺の四脚門は「聚楽第」「伏見城」の遺構ではないかともされ、歴史ファンが訪れてきます。“日暮門”と異名があるくらいに、その素晴らしさに時間を忘れてしまいそうです。

御影堂

御影堂611947

出典:ginkosanさんの投稿

戦国時代から、大名並みの権威や権力を持ち政治的にも深く関わってきた本願寺。慶応元年には、新撰組の屯所として利用されました。慶応3年には、不動堂村に新しく建てられた屯所に移動するまで、ここでは武芸の稽古や砲撃訓練がされていたそうです。『御影堂』はとにかく広く、千人は収容されたそうですから、長州志士が集まり西本願寺と繋がる事を嫌がった新撰組が目をつけたのも頷けます。現在も当時の輝きのまま、その姿を現しています。

3.元離宮二条城

地下鉄東西線二条城前駅から徒歩3分

地下鉄東西線二条城前駅から徒歩3分633531

出典:

徳川家康により、将軍上洛の宿舎として御所の守護の為に離宮として整備された『二条城』は、桜の名所として全国から観光客が訪れます。二条城の美しさをじっくりと楽しみましょう。

番所

番所633536

出典:

徳川将軍が不在の時には、二条在番が留守を守っていました。東大門右手にある『番所』には、当時の様子を再現した人形が置かれています。常時、50人が在籍していたそうですからなかなかの迫力です。

唐門

唐門612445

出典:uuukiさんの投稿

平成の修復工事が終了し、往時の輝きを取り戻した『唐門』。屋根の端と端を結ぶ独特のカーブは「唐破風(からはふ)」造りといい、鶴や蝶、花など細かい彫刻がふんだんに施されています。青、赤、白、緑、オレンジなど、多彩な色あいも見事。門を支える四脚門の内部も忘れずに見てくださいね。この門の向こうに「二の丸御殿」があります。

二の丸御殿

二の丸御殿612463

出典:ヒロピーさんの投稿

豪華絢爛な造りで、離宮としての機能を持っていた事がよく分かります。33の部屋があり、それぞれに人形が当時を再現しています。大広間には、将軍と大名の謁見が見られ、大政奉還の様子を感じられます。

庭園と桜

庭園と桜612472

出典:pen-chanさんの投稿

『二の丸庭園』は江戸時代に作られたもので、家康の世代には非常に美しい庭であったそうです。場内には、梅と桜が多く植えられており、春にはそれは美しい景観を楽しめます。源平先分けと呼ばれる梅には、紅白の可憐な花が一本の木に咲く姿を楽しめます。二条城の桜は、3月中旬から4月まで素晴らしく見事な姿を見せてくれるので、春には梅と桜を楽しみに訪れてください。

4.清水寺

JR京都駅からバス、五条坂下車、徒歩10分

JR京都駅からバス、五条坂下車、徒歩10分612979

出典:neo はっし~さんの投稿

国宝でもある『清水寺』には、重要文化財の伽藍が15ほど存在します。江戸初期に再建されていますが、非常に古い歴史を持っている寺院として海外からも多くの観光客で賑わいます。

清水の舞台

清水の舞台633586

出典:アシュリーさんの投稿

巨大な柱に支えられたこの舞台は、本堂から張り出すように作られていて京都の街が一望できる素晴らしいスポットです。春には夜桜の特別拝観があり、幻想的な中で京都の美しさを堪能できます。

音羽の瀧

音羽の瀧633588

出典:安桜さんの投稿

延命水とも呼ばれているこの冷水は、多くの人がご利益を求めてやってきます。3つの滝はそれぞれ、学問成就、恋愛成就、延命長寿とされています。欲張って3つとも……はできません。よく考えて、ひとつのご利益を選びましょう。滝の水は一口いただけば、十分だそうです。

5.西芳寺(さいほうじ)

JR京都駅からバス、苔寺・すず虫寺下車、徒歩3分

JR京都駅からバス、苔寺・すず虫寺下車、徒歩3分612993

出典:静寂さんの投稿

雨の京都は格別に美しいのですが、なかでも“苔寺”と呼ばれる『西芳寺』は雨に映える素晴らしい苔に目を奪われます。庭の隅々にまで苔むすその風景はまさに極楽浄土を表すかのようです。

美しい庭

美しい庭612996

出典:HABANEROOさんの投稿

西芳寺の見所は、地面に這うようにのびる苔です。晴天には、青々とした苔が目の前に広がり雨の人はまた違った雰囲気を見ることが出来ます。苔は水分を含むと、艶々と息を吹き返し生気に満ちた姿を取り戻します。雨の日だからこそ、その美しさを堪能できる稀有な庭なのです。

梅雨がおすすめ

雨の日の拝観がやはり一番おすすめ。ただし、拝観は事前予約が必要です。必ず「往復ハガキ」で申し込みます。予約は2ヶ月前から受付で、最低でも1ヶ月前には予約しないと入れません。なお、観光寺ではないので、写経が終わってから庭園見学が可能です。所要時間は約90分ほど。時間に余裕を持って訪れてくださいね。

西芳寺(苔寺)の詳細情報

西芳寺(苔寺)

住所
京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町56
アクセス
阪急嵐山線上桂駅から徒歩15分

データ提供

JR京都駅から京都バス「苔寺 鈴虫寺」行き終点、徒歩3分

6.仁和寺

京福電鉄北野線御室仁和寺駅から徒歩3分

京福電鉄北野線御室仁和寺駅から徒歩3分613004

出典:takakiさんの投稿

代々皇族が門跡を勤めた由緒あるお寺です。御室桜が有名で、春には桜の名所としても多くの人が訪れます。

仁王門

仁王門613007

出典:ginkosanさんの投稿

真言宗御所派の総本山である仁和寺にある『仁王門』は、堂々とした風格のある門です。この仁王門は“京都三大門”のひとつでもあり、徳川家光公の寄進によるものです。
仁王門633646

出典:ginkosanさんの投稿

左右に阿吽の仁王像がやってくる人を戒めるように見つめます。

金堂

金堂613011

出典:お靜さんの投稿

家光公により再興されてから、京都御所の紫宸伝を移したもので国宝になっています。元々は檜皮葺であったものを寺院の本堂として使うために瓦葺に取り替えていますが、平安の寝殿造りをそのままに残しています。『金堂』には本尊である阿弥陀三尊像が安置され、こちらも国宝指定されています。

御影堂

御影堂613013

出典:One-rさんの投稿

『御影堂』は御所の清涼殿を移築したもので、宝形造りで屋根は檜皮葺のまま当時を偲べます。京都御所から移築されてきた宸殿など、見所が多く寺の中は御所そのもの。静寂の中で目を瞑れば、当時の様子が目に浮かぶようです。

7.高山寺

JR京都駅からバス、栂ノ尾下車、徒歩1分

JR京都駅からバス、栂ノ尾下車、徒歩1分613025

出典:かなぴっちゅさんの投稿

鳥獣戯画は墨線で描かれた国宝でもあります。日本最古の漫画とも言われ、両国国立博物館でも展示されました。深山の名刹である『高山寺』は、世界文化遺産登録された趣のあるお寺です。

国宝がいっぱい

国宝がいっぱい613038

出典:ginkosanさんの投稿

高山寺は、川端康成の『古都』の舞台となった場所です。男性コーラスグループ「デューク・エイセス」の楽曲『女ひとり』にも登場する森閑としたスポット。奈良時代の創建とも言われ、国宝や重要文化財が収蔵されています。鳥獣人物戯画だけでなく仏眼仏母像、明恵上人樹上座禅像などじっくりとみてください。

石水院

石水院613031

出典:ぴちょんさんの投稿

明恵上人の住居であった『石水院』は、後鳥羽天皇より学問所とした賜ったものです。鎌倉時代に作られたままに残されていて、簡素な作りですが奥深く人が生活する最低限度の空間があります。住宅建築の傑作と言われ、質素な中に美しさがあり日本の心を感じさせます。

8.天龍寺

京福電鉄嵐山線嵐山駅から徒歩6分

京福電鉄嵐山線嵐山駅から徒歩6分613043

出典:いっちー(TOMATO)さんの投稿

京都嵐山観光で、かならず足を運びたい『天龍寺』。足利尊氏により創建され、後醍醐天皇の菩提寺となっています。曹源池庭園は、世界文化遺産に登録されておりアジサイが美しいお寺です。

曹源池庭園

曹源池庭園613047

出典:だーらさんの投稿

広く美しい庭の中でも、大きな池の回りには緑が多く、秋には紅葉が池に映えてさらに見応えがあります。世界文化遺産に登録されただけあり、自然を感じられる素晴らしいスポット。

雲龍図

雲龍図613049

出典:りんさんの投稿

八部衆でもあり龍神として古くから崇められる龍。天龍寺の法堂には、加山又蔵画伯により描かれた雲龍図が描かれています。この画を描くために、多くの僧が墨をすったと言われています。現在では書道上達のスポットとして庭園にある硯をかたどった石を見ることができます。アジサイの季節には、どこを見ても穏やかな景色が眺められます。

9.龍安寺

京福電鉄北野線龍安寺駅から徒歩7分

京福電鉄北野線龍安寺駅から徒歩7分613059

出典:雉虎さんの投稿

イギリスからエリザベス女王が来日した際に、石庭を絶賛したことで世界中から訪れる人が増えました。桜の季節には垂れ桜が美しく、新緑や雨の日にはまた趣の違う姿を見られます。

石庭

石庭613062

出典:nomsunさんの投稿

溜め息が出るほどに美しい『石庭』を持つ龍安寺には、非公開の西庭に「細川廟」があります。細川勝元の像が安置されており、教科書でもお馴染みです。ロックガーデンと呼ばれるように、白砂の庭に石が配置されいますが全ての石を同時に見ることが出来ず、これが禅の教えであるともされているのです。

地足の蹲

地足の蹲613071

出典:kiyotti3さんの投稿

水戸黄門でお馴染みの水戸光國が寄進したとされています。方丈の軒下にあるのはレプリカ、蔵六庵(非公開)の茶室前に本物があるそうです。

10. 賀茂別雷神社(上賀茂神社)

JR京都駅からバス、上賀茂神社前下車、徒歩すぐ

JR京都駅からバス、上賀茂神社前下車、徒歩すぐ633697

出典:せりぞうさんの投稿

『賀茂別雷神社(上賀茂神社)』は、京都の文化財として世界遺産登録されました。東隣には、社家町が広がり神職の住宅地が立ち並びます。
JR京都駅からバス、上賀茂神社前下車、徒歩すぐ633694

出典:izzuo119さんの投稿

明神川の流れもあり、神社を参拝したらこちらにもぜひ足を運んで頂きたいと思います。

神山湧水と細山

神山湧水と細山633691

出典:tukasouさんの投稿

手水舎で手を洗い参拝するのが神社の基本。こちらの水は御祭神の「賀茂別雷大神」が降臨したとされる山から汲まれた清らかな水。飲み水として、ペットボトルに汲んで飲むことも出来るんですよ。
神山湧水と細山616303

出典:うずらまめさんの投稿

細殿には砂山な二つあり、立砂と呼ばれるのですが、鬼門を清めるためにあるそうです。神山をイメージしたもので、旧家でま鬼門や裏鬼門にこのような砂を山にして清めている様子が見られます。

片岡社

片岡社616309

出典:犬眼鏡さんの投稿

縁結びスポットとして訪れる人も多い上賀茂神社には、『片岡社』があり珠依姫命が祀られており、縁結びのご利益があるとされています。紫式部も通ったと伝わる上賀茂神社。才女である紫式部は何を思い、ここで祈願したのでしょうか。

11.鹿苑寺(金閣寺)

JR京都駅からバス、金閣寺道下車、徒歩1分

JR京都駅からバス、金閣寺道下車、徒歩1分616324

出典:nekomimiさんの投稿

三島由紀夫の「金閣寺」でも有名ですが、足利義満が築いた北山文化の最高峰でもあり、美しくそしてどこか寂しさを感じさせます。世界文化遺産として、海外からも日本の文化を肌で感じようとたくさんの人が訪れています。

艶やかな金閣寺

艶やかな金閣寺616333

出典:veryrollさんの投稿

銀閣寺は足利将軍の別荘が寺院になりましたが、『金閣寺』は明からの使者をもてなすために建設されました。諸国の大名だけでなく、天皇の行幸もこちらが利用されています。日本の偉大さを見せしめるために金にしたそう。

舎利殿

舎利殿633707

出典:yosshy99837さんの投稿

三層からなる『舎利殿』は、全ての階の建築様式が異なっているのも興味深いもの。初層の法水院には金箔ではなく塗籠で漆喰が塗られています。寝殿造りで貴族の住居建築となっているのにも注目したいもの。こちらには宝冠釈迦如来と足利義満が安置されています。
舎利殿616341

出典:toki_sanさんの投稿

二層目は潮音洞で書院造り、岩屋観音と四天王が安置されています。この二層目から金箔造りとなっているのも注目です。三層目には、禅宗の仏殿造りの究寛頂と異色の建築様式は、足利政権を形で残したかった足利一族の野望だったのかも知れません。舎利殿よりも庭園や池の方が大きいのですが、金箔を使うことで「天皇に成り代わる」意味を知らしめたのではないかとも考えられます。

舎利殿633718

出典:

野望のかたまりとしての建築だったのでしょうが、その美しさは嫉妬の業火で焼かれ一度は焼失しています。それがまた寄付で復活したのは「金閣寺」には私達の心の奥に潜む何かに訴えかけるものがあるからではないでしょうか

12.賀茂御祖神社(下鴨神社)

京阪電鉄・叡山電鉄出町柳駅から徒歩12分

京阪電鉄・叡山電鉄出町柳駅から徒歩12分617786

出典:hisshi97さんの投稿

鴨川と高野川に囲まれた、京都最強のパワースポット。緑が非常に美しく、朝早くから参拝が出来るので散歩がてらに立ち寄ってください。
京阪電鉄・叡山電鉄出町柳駅から徒歩12分633757

出典:dolcheさんの投稿

美しい赤が映える楼門をくぐると橋殿があり、「御手洗社」が見えてきます。 京都三大祭のひとつ「葵祭」で斎王が清めを行う御手洗池があります。
京阪電鉄・叡山電鉄出町柳駅から徒歩12分633746

出典:ゆきおやじさんの投稿

みたらし団子発祥の土地でもある、「足つけ神事」が毎年7月の土用の丑の日前後に行われています。東西に分かれた本殿東は、安産や子育ての御利益が、西には厄除けや開運の御利益もあるのでのんびりと歩いていきましょう。

糺の森を散策

糺の森を散策617797

出典:ジョニ男さんの投稿

NHK連続テレビ小説「あさが来た」でも話題になった『糺の森』。これこそが下鴨神社がの魅力でもあります。紅葉の季節には、とても日本とは思えないくらいに美しい風景が広がります。中間の切芝には、祭祀遺構が復元されており神聖な空気が漂います。新緑も美しいのですが、小川の音を聞きながら紅葉を楽しむのも癒しの一時です。

A photo posted by @kuumill on

13.慈照寺(銀閣寺)

JR京都駅からバス、銀閣寺道下車、徒歩6分

JR京都駅からバス、銀閣寺道下車、徒歩6分617833

出典:hiro27さんの投稿

足利義政により建設された『銀閣寺』は別荘として造られたことから、草花が非常に美しく芸術的。義政の全てを注ぎ込んだ「美」の全てが銀閣寺に詰まっています。

艶やかに、そして厳かな観音堂

艶やかに、そして厳かな観音堂617840

出典:honorificさんの投稿

銀閣と呼ばれるのは、『観音堂』にあたります。東求堂と共に国宝に指定されていて、義政は東求堂で生活をしていたとされます。禅の世界を現した石庭の美しさと、見た目の派手さではなく全体の造形美にこだわった銀閣寺は日本人の心の鏡でもあるのではないでしょうか。東山文化の集大成でもあるこの銀閣は、静かに何かを語りかけてくれるのです。

究極の庭園

究極の庭園617855

出典:yuyucoloさんの投稿

銀閣寺は非常に質素な佇まいですが、きらびやかなだけが美ではないと悟った義政の究極の美意識があります。庭には向月台、洗月泉と東求堂から見る美しい庭を楽しむ為の工夫がたくさんあります。
春と秋に開催される特別公開では、「東求堂」を拝観できるので“義政が本当に欲しかったもの”を感じてください。権力だけでは人を動かすことはできない、美しい文化が世の中を平穏にすると信じていたのではないでしょうか。

14.延暦寺(えんりゃくじ)

坂本ケーブル延暦寺駅から徒歩8分

坂本ケーブル延暦寺駅から徒歩8分617874

出典:フーチャさんの投稿

最澄が開祖となり『比叡山延暦寺』が開かれました。日本最高峰の仏教寺であり、歴史を感じさせる宝でもある素晴らしいスポットに足を踏み入れた瞬間に時空を越えていきそうです。

根本中堂

根本中堂617878

出典:もょもとさんの投稿

国宝であるこちらは東塔、西塔、横川の3つが比叡山延暦寺を表します。仏堂であり、最澄が自ら刻んだ薬師如来像が祀られています。ゆらぐ不滅の法灯は、開山以来消えることなく灯し続けています。仏教を学ぶ全ての人が、この比叡山を訪れているのも忘れないでおきましょう。

大講堂

大講堂617880

出典:kyuさんの投稿

仏教経典の講義を行う道場には、仏教宗派祖師の木像がずらりと奉安されています。この木像だけでなく、壁に掲げられた聖徳太子や桓武天皇の肖像画も見応えがあります。厳かな道場では、たくさんの修行僧が今も学問修行を行っています。

釈迦堂

釈迦堂617892

出典:h-m61さんの投稿

比叡山延暦寺の中でも最古の建造物で、織田信長の焼き討ち後に豊臣秀吉が『比叡山延暦寺』を再建しました。徳川家康の時代には、根本中堂が再建され、明治に入ってから仏教寺として再び修行の場となったそうです。

諸説はありますが、この比叡山延暦寺を焼き討ちにした織田信長の恐ろしさも同時に感じる事が出来るのではないでしょうか。宗教を越えたサミットが開催されるなど、これからも歴史だけでなく平和の中心として注目されていくはずです。

横川中堂

一番奥になる『横川中堂』には、歴代の仏教祖師についての説明板が並んでいるので一枚一枚読んでみましょう。慈覚により開かれたので、新しい建物ですが本尊となる菩薩立像は重要文化財指定されています。平安時代の木像で、穏やかな顔を拝見すると気持ちがとても軽くなるのを感じられると思います。

15.醍醐寺

地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分

地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分617997

出典:都馬さんの投稿

真言宗醍醐派総本山『醍醐寺』は平安時代の創建で、金堂は国宝に指定されるなど見応えが非常にあります。豊臣秀吉も愛した修験道霊場の旅に出掛けましょう。

清瀧宮拝殿

A photo posted by Yasu-T (@yasushi_ta) on

『清瀧宮拝殿』は、唐の青龍寺から勧誘した神様を祀っています。建物は寝殿造りの手法を活かし、清水寺ほどの規模ではありませんが懸造り(かけづくり)の構造により、床が競り出しているのが見えます。国宝でもある清滝宮拝殿は山の上にあるので、緑が深く秋には美しい紅葉で彩られます。

薬師堂

薬師堂618051

出典:wabisukeさんの投稿

平安建築として、清瀧宮拝殿よりも古いと言われています。重厚感のある佇まいですが、穏やかな山の上にある事もあり鳥のさえずりが聞こえるだけの静かな場所です。国宝の薬師如来と日光菩薩、月光菩薩を安置していましたが、現在は霊宝館で拝観する事ができます。

五重塔

五重塔618060

出典:missmeさんの投稿

京都ではもっとも古い木造の建築で、完成してからは何度も災害にみまわれましたが現在も伽藍の中で一番目を引いています。国宝にもなっていて、穏やかな姿を見ることができます。とても平安時代の建築とは思えない、素晴らしい建築をゆっくりご覧ください。

16.平等院

JR・京阪電鉄宇治線宇治駅から徒歩10分

JR・京阪電鉄宇治線宇治駅から徒歩10分634687

出典:ゆっけ先輩さんの投稿

10円玉でおなじみの鳳凰堂で有名な『平等院』は、京都の宇治に藤原頼道により創建されました。極楽浄土を形にした事でも有名で、その現世から来世の救済を形にした壮大な姿を目にした時人は何を思うのでしょうか。

鳳凰堂

鳳凰堂618075

出典:気まぐれナオさんの投稿

飛鳥時代から平安での仏教は現世の救済を求めるものでしたが、平安後期に入ると度重なる天災が続き「終焉の時が近い」と噂されるようになりました。現世の救済よりも、来世の救済を求める当時の思想では「極楽浄土」で人は幸せになれると信じられた為に阿弥陀如来を祀りるようになったのです。
鳳凰堂618084

出典:まめきちさんの投稿

極楽浄土に行けば、誰もが悟りを開けると信じていた当時、『平等院鳳凰堂』内の装飾は頭の中で経典を唱えながら来世の幸せを祈る為のものとして多くの人の支えになっていたのです。そのままの美しさだけでなく、水面に映しだされる姿がまさに極楽浄土を現すとも言われています。内部は別途料金で拝観可能ですから、ぜひご覧になってください。

阿弥陀如来像

阿弥陀如来像618095

出典:fantomさんの投稿

鳳凰堂の鳳凰も素晴らしく見応えがありますが、御本尊である『阿弥陀如来像』を見ずには帰れません。慈愛に満ちた表情はもちろんですが、非常にやわらかなお身体で、尊顔するだけで極楽浄土に導いてくれるかのようです。

平等院ミュージアム鳳翔館

平等院ミュージアム鳳翔館634694

出典:ニーナさんの投稿

平等院の国宝や文化財がこちらには収蔵されています。平等院の美しさをそこねる事がないように地下に作られており、最新のデジタル技術で堂内を見事に再現しています。鳳凰堂の中にはレプリカが飾られ、創建当時の様子を見ることが出来るので、合わせてこの素晴らしい芸術を心行くまで鑑賞してください。

17.宇治上神社

京阪電鉄宇治線宇治駅から徒歩10分

京阪電鉄宇治線宇治駅から徒歩10分618165

出典:asnakhrさんの投稿

古都京都の文化財として世界遺産登録されたことで、『宇治上神社』の名前を知った人もいると思います。本殿と神殿のみの小さな神社ですが、平等院建築の際に離宮社を守護する神社としたとされています。「平等院』から歩いて約15分のアクセスです。本殿、拝殿共に国宝指定の鎌倉時代の建築遺構として平等院と共に見るべきスポットとしておすすめします。

拝殿

拝殿618172

出典:izzuo119さんの投稿

『拝殿』は左右が非対称の、切妻造り。鎌倉前期の寝殿造りで横に長い非常に珍しい様相になっています。拝殿には泊まれるような工夫がされているのは、当時の参拝が大変である事を物語っています。縋破風の屋根は美しい曲線で、拝観に訪れる人の目を楽しませてくれます。

本殿

本殿618171

出典:もょもとさんの投稿

『本殿』は1060年頃に建てられ、神社建築では日本最古です。本殿の内部は拝殿より小さめの三棟となる「内殿」があります。中には入ることはできませんが、左殿に「菟道稚郎子命[うじのわきいらつこのみこと](弟君)」、中殿に「応神天皇(父君)」、右殿に「仁徳天皇(兄君)」が祀られています。

宇治上神社の詳細情報

宇治上神社

住所
京都府宇治市宇治山田59
アクセス
1) 京阪宇治線宇治駅から徒歩で10分 2) JR奈良線宇治駅から徒歩で15分
営業時間
9:00〜16:30 季節により変更有
定休日
年中無休
料金
無料

データ提供

JR宇治駅から徒歩10分
京阪電鉄宇治線京阪宇治駅から徒歩10分

世界遺産をたずねて

古都・京都の美しさは、多くの寺社仏閣だけでなくそれを取り囲む自然との調和にもあります。歴史をさかのぼり、当時に心をはせる時そこには日本の心と文化が息づいていることに気付くはず。私たちが知っている京都には、もっとたくさんの顔が隠されています。それを体感すれば「日本に生まれてよかった」と思えるのではないでしょうか。
世界遺産をたずねて633657

出典:yuriayuriaさんの投稿

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ