イワナの塩焼きも食べられる♪石川の夏の風物詩「大滝 流しそうめん」

イワナの塩焼きも食べられる♪石川の夏の風物詩「大滝 流しそうめん」

テレビなどでも紹介され、毎年大勢の人々が訪れる石川県の「大滝 流しそうめん」。滝あり、自然ありのすがすがしい環境の中で、季節の味、流しそうめんを楽しむことができます。もちろん、川遊びや滝周辺の散策も満喫できる、夏にぴったりのグルメ&遊びスポット。大滝のマイナスイオンに癒される心地よさも魅力です。ドライブを兼ねて、ぜひ訪ねてみませんか?2016年06月20日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

毎夏の大人気スポット!「大滝 流しそうめん」

石川県河北郡津幡町(かほくぐんつばたまち)の山奥にある「河合谷大滝(かわいだにおおたき)」。富山県との県境にあり、滝と小川、豊かな緑…マイナスイオンがあふれる気持ちのいいロケーション。ここで楽しむ流しそうめんは、石川の夏の風物詩です。東屋(あずまや)は木陰になっていて、ちょっとした避暑地。涼を求めて訪れる人々で毎年たいへんなにぎわいを見せます。
毎夏の大人気スポット!「大滝 流しそうめん」635717

出典:ぱんちさんの投稿

大滝流しそうめんは、とくに土日はたいへん混雑し、整理券配布で1時間待ちも。ただ、すぐ前に川や滝があり、川遊びなどしながら待つことできます。ぬれてもいいように着替えを持っていくといいですね。

河合谷大滝とは?

河合谷大滝とは?635759

出典:能州屋さんの投稿

大滝流しそうめんを詳しくご紹介する前に、ちょっと滝の紹介を…。流しそうめんの東屋の前にある河合谷大滝は、「木窪(きのくぼ)大滝」ともいいわれ、高さ約15m、幅約7mの津幡町最大の滝。富山県沢川を源とする清冽(せいれつ)な渓流が木窪川に流れ込み、一気に落水する滝は夏の暑さを忘れさせてくれます。
河合谷大滝とは?635776

出典:ぱんちさんの投稿

滝の周辺には遊歩道がめぐらされ、素晴らしい自然の中を散策したり、川遊びをしたり、夏らしい一日が過ごせます。大滝から遊歩道を200mほど下流に進むと「小滝」もあり、美しくて穏やかな景観が楽しめます。山奥まで足を運んだからこその緑濃い自然を満喫しましょう。
河合谷大滝とは?635726

出典:みけ123さんの投稿

お目当ての流しそうめんは待ってでも食べたい!

A photo posted by kie (@kkieeikk) on

素晴らしい滝を眺めながらの大滝流しそうめんは、ひと味もふた味も違います。まさに、夏の味。流しそうめんは、15分交替の食べ放題で、レールの中をどんどん流れてきます。全員に行き渡るように流してくれますので、下にいる人が食べられないということはありません。ちなみにめんつゆのおかわりや持ち込みはできないので、そうめんの水気をよく切ってつゆにつけないと、だんだん薄くなってしまいますので注意してくださいね。

A video posted by さん (@chanmymymy) on

土日は相当な混雑ぶりでかなりの待ち時間を覚悟しなければいけないようですが、待ちきれないという方は特別席で卓上流しそうめんという選択もあります。特別席は、むしろ滝が一番近くて眺めがいいというメリットもあるとか。また、鉢そうめんもあるようです。いろいろな楽しみ方ができそうですね。

イワナの塩焼きも名物!

A photo posted by tomo☺︎ (@happyhill7) on

大滝 流しそうめんは、流しそうめんのほかにも、イワナの塩焼きやしいたけ焼きも名物!炭火焼のいい香りが立ち込めています。なお、イワナのつかみ取り体験もでき、つかまえたイワナは焼いたイワナと交換してくれます。お子さんがいらっしゃるご家族などには、つかみ取り体験はぜひおすすめ。夏のいい思い出になりますね!

A photo posted by maity55 (@maity55) on

ノンアルコールビールもありますので、ぜひイワナの塩焼きやしいたけ焼きをおつまみに楽しみましょう。香ばしくてたまらないおいしさです。また、かき氷もあるようですので、たっぷり川遊びや遊歩道の散策を楽しんだ後などにぜひどうぞ。

A photo posted by yuka (@yu.cam7) on

大滝流しそうめんは夏の期間だけですが、この場所は紅葉スポットとしても知られていますので、覚えておくといいかもしれませんね。秘境なのでかなり山奥に入りますが、その分、緑も紅葉も美しいのが特徴です。

大滝流しそうめんへのアクセス

大滝流しそうめんへのアクセス635766

出典:能州屋さんの投稿

津幡町市街地から県道59号線でかほく方面へ向かい「英田北」交差点右折⇒県道221号線を河合谷方面へ向かい、興津峠(おきつとうげ)を越えて国道471号線へ⇒下河合集落を左手に見ながら進み、県道74号に入る⇒「牛首(うしくび)」の道路標識に従って左折、牛首・木窪集落を過ぎ、さらに奥まで進むと右手に「大滝憩いの広場」の看板があります。能登や富山県からは、国道471号線で河合谷地区へ。

A photo posted by maki21k (@maki_21km) on

その他の注意

A photo posted by kapimoko (@kapimoko) on

大滝流しそうめんには無料駐車場がありますが、土日やお盆前後はたいへん混雑します。また、夕方前には営業時間が終わってしまいますので、営業時間をよくチェックしてから出かけましょう。

夏の風物詩・流しそうめんを楽しもう!

夏の風物詩・流しそうめんを楽しもう!635775

出典:ぱんちさんの投稿

夏といえば、流しそうめん。季節の風物詩を味わって、夏らしい一日を過ごしませんか?すがすがしい大滝の音に、心もリフレッシュできそうです。

関連キーワード

関連まとめ