甘いものからしょっぱいものまで!青森のオススメ土産10選

甘いものからしょっぱいものまで!青森のオススメ土産10選

豊かな自然に恵まれた青森には、魅力的なお土産がたくさんあるので、何を買えばいいのか迷ってしまう方も多いかと思います。ここでは、青森の人気のお土産を厳選してご紹介いたします。青森の名産品といえばリンゴが有名ですが、リンゴ以外にも美味しい食べ物がたくさん。青森観光を予定されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2016年06月23日

1.気になるりんご

「ラグノオ」料理 619374 半分に切るとこんな感じ

出典:★スマイル★さんの投稿

甘みを抑えたシロップに青森産の「ふじ」を漬け、リンゴが持つシャキシャキ感が楽しめるように、まるごと1個をパイ生地で包んだアップルパイ。昔から根強い人気がある青森土産の定番商品です。

ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店の詳細情報

ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店

新青森 / ケーキ

住所
青森県青森市大字石江字高岡140-2 あおもり旬味館 1F
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.パティシエのりんごスティック

「ラグノオ」料理 619406 パティシエのりんごスティック(2014/06/23撮影)

出典:彡厶さんの投稿

大きめにカットした青森県産のリンゴを、スポンジ生地と一緒にパイで包んだ、スティックタイプのアップルパイです。先に紹介した「気になるりんご」と同じく、ラグノオささきが製造・販売しています。

ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店の詳細情報

ラグノオ 新青森駅ビルあおもり旬味館店

新青森 / ケーキ

住所
青森県青森市大字石江字高岡140-2 あおもり旬味館 1F
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.奇跡のりんごかりんとう

「レストラン山崎」料理 619416 奇跡のりんごかりんとう

出典:あすぱるさんの投稿

木村秋則氏の手により完全無農薬・無肥料栽培で育てられたの「奇跡のりんご」を、多くの人に味わってほしいとの思いで商品化された洋菓子風のかりんとう。添加物は一切使用せず、三温糖で甘みをつけるなど、作り手のこだわりが随所に見られます。

「パティスリー山崎」外観 619446

出典:みぃ13さんの投稿

奇跡のりんごかりんとうは、レストランとカフェを併設する「パティスリー山崎」で販売されており、店内には奇跡のりんごを使った冷製スープやカレーなど、お土産に喜ばれる様々な食品が豊富に取り揃えられています。

パティスリー山崎の詳細情報

パティスリー山崎

中央弘前 / ケーキ

住所
青森県弘前市親方町36
営業時間
10:00~20:30
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.シャイニーアップルジュース

「青森県りんごジュース株式会社」ドリンク 619448 シャイニーアップルジュース(赤のねぶた)!

出典:姫ちん♡さんの投稿

ねぶたのイラストが目を引く、青森県りんごジュース社のシャイニーアップルジュースは、地元では知らない人がいないロングセラー商品です。青森産のリンゴを丸ごと砕いて絞ったシンプルな作りで、濃縮していない、いわゆるストレート果汁でリンゴ本来の味を楽しむことができます。

A photo posted by @denikuma on

シャイニーアップルジュースは様々な種類が展開されていますが、売れ筋は「ふじ」をメインに使ったスッキリとした味わいの「金のねぶた」と、「王林」をメインに使用したまろやかな味わいの「銀のねぶた」です。青森県内のスーパーやコンビニ、お土産店で販売しています。通販でも購入可能です。

5.朝の八甲田

「アルパジョン」料理 619858 朝の八甲田(2016年5月)

出典:ダイアンサスさんの投稿

テレビや雑誌などで紹介されることが多いので、ご存知の方も多いかと思いますが、「朝の八甲田」は、フワフワの食感が楽しめるチーズタルトケーキです。地元産の卵と最高級チーズをたっぷり使い、口当たり滑らかでクリーミーな味わいを実現しています。

朝の八甲田を製造・販売するアルパジョンは、1992年に八戸でケーキ店として開業し、現在では、生菓子80種、焼き菓子100種、チョコレート30種を扱うほどに成長しました。青森産の食材にこだわった同社の製品は、職人が一つ一つ丁寧に作り上げられています。

アルパジョン 新青森駅店の詳細情報

アルパジョン 新青森駅店

新青森 / ケーキ

住所
青森県青森市大字石江字高間140-2 あおもり旬味館 1F
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

6.干し餅

「はとや製菓 青森ラビナ店」料理 619924 干し餅

出典:まれれんさんの投稿

青森の郷土料理「干し餅」とは、お餅を寒風で乾燥させたもので、古くから保存食として、またオヤツとして親しまれてきました。はとや製菓の干し餅は、バター、塩、シソ、カボチャなど9種類あり、いずれもサクサクとした食感が楽しめます。

青森駅ビルと新青森駅に直営店があるほか、キヨスク、ホテル、道の駅、観光地の売店など、県内各所で購入できます。また、はとや製菓では、クッキーやアップルパイ、ゼリー、まんじゅう、ジャムなど、お土産に最適な商品を数多く展開しています。

はとや製菓の詳細情報

はとや製菓

新青森 / 和菓子

住所
青森県青森市石江高間140-2 JR新青森駅 あおもり旬味館 1F
営業時間
9:00~20:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.久慈良餅

「永井久慈良餅店」料理 620098

出典:ぐりとぐらのおまけのぐらさんの投稿

浅虫温泉のお土産品として定着している「久慈良餅」は、米粉、小豆、砂糖、クルミを練り混ぜて蒸し上げたのもで、所々に入ったクルミの風味と、もちもちとした歯ごたえ、控えめな甘さが独特の風味を醸し出しています。

もともとは京都のお菓子でしたが、江戸~明治時代にかけて北前船により青森へ伝えられたと言われています。シンプルにそのまま冷やして食べるのが一般的ですが、サラダ油やバターで炒めても美味しくいただけます。
「永井久慈良餅店」料理 620101

出典:タンカ PIZZAさんの投稿

永井久慈良餅店の詳細情報

永井久慈良餅店

浅虫温泉 / 和菓子

住所
青森県青森市浅虫坂本51-5
営業時間
本店(旧道側)7:00~19:00 バイパス店(国道側)8:00~18:00
定休日
無(大晦日と元日は休み)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

8.せんべい汁

「屋久岳(八食センター)」料理 620228 (2014/8月)「せんべい汁」

出典:natchan72さんの投稿

八戸市周辺の郷土料理であるせんべい汁は、醤油味で煮立てた汁物に、堅焼の白せんべいを入れたものです。ふやけてトロトロな食感がたまりません。八戸せんべい汁を提供している飲食店は、市内に200軒以上ありますが、旅先の味をご家庭でも味わえるように、以下のようなセット商品やインスタント食品も販売されています。

購入する際は、お土産屋さんや地元のスーパーなどをのぞいてみましょう。

9.いちご煮の缶詰

八戸市とその周辺の三陸海岸で昔から食されている「いちご煮」は、ウニとアワビの薄切りを煮立てたお吸物です。赤みの強いウニが野イチゴのように見えることからこの名が付いたとされており、温めるだけで美味しくいただける缶詰は、お土産として人気があります。
「波光食堂」料理 620262 いちご煮(小)

出典:ノバンディさんの投稿

「味の加久の屋」料理 620269 3缶セット

出典:waterfallさんの投稿

味の加久の屋の詳細情報

味の加久の屋

鮫 / その他

住所
青森県八戸市大字鮫町字福沢久保3
営業時間
8:00~17:00(注文受付時間)
定休日
日・祝・水
平均予算
  • ~¥999

データ提供

10.八方汁

調味料メーカー「ワダカン」が作る八方汁は、かつお節やシイタケ、アサリ、ホタテ、カキなどのエキスを配合した万能調味料です。めんつゆ、煮物といった和食のほか、洋食や中華にも使えるので、プロの料理人から主婦まで、幅広いユーザーに支持されています。

A photo posted by ⊃→⊃ (@ecdt_k) on

醤油とめんつゆの中間ぐらいのダシのきいた調味料です。たまごかけご飯のお供としても万能です。地元のスーパーで手に入り入ります。通販でも購入可能です。
いかがでしたか?定番の青森のお菓子や、地元の人から愛される調味料など青森で親しまれているお土産をご紹介しました。迷ったときのお土産選びの参考にしてみてください。

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード