カフェブームは進行中!福岡で人気のおすすめカフェ14選

カフェブームは進行中!福岡で人気のおすすめカフェ14選

日本全国で巻き起こったここ数年のカフェブーム。もちろん福岡でも話題となりました。そろそろブームもひと段落したかなと思っていたら、それは大間違い。日本初・九州初上陸のカフェや、独自の美意識が光るカフェなど、新しいお店が次々とオープンし、まだまだ福岡のカフェブームは続いているようです。今回はそんな博多区・中央区で人気のカフェをご紹介していきます。2016年06月25日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

6

博多区

ELLE café(エルカフェ)/博多駅中央街

「エルカフェ」内観 640644 『ELLE DECOR』にも掲載。世界的デザイナーのインテリアを配したカフェ店内

出典:

博多阪急4階にオープンした、ファッション誌「ELLE」がプロデュースするカフェ「ELLE cafe」の世界第一号店。世界のモード誌が手がけるゴージャスな雰囲気に圧倒されます。百貨店のコスメ売り場のようなディスプレイ、店内は白で統一され、近未来的な雰囲気もあります。ここでいただけるのは、トレンドのスイーツや身体の中から美しくなれるフード。2011年にオープンしてからあっという間に美に敏感な女性たちの支持を獲得しています。
「エルカフェ」料理 640651

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

博多阪急店だけのメニュー「マイサラダ」。ベースとなるグリーンは3種から選びます。そこに雑穀やスーパーフードなどのトッピングを組み合わせ、好みのドレッシングを合わせてオリジナルのサラダが作れます。トッピングはサーモンやチキンブレストなどのタンパク質、キヌアやヘンプシードでヘルシーにしてと、その日の体調でカスタマイズできます。

「エルカフェ」料理 640652 フルーツ&アサイーグラノーラ

出典:KATSU_SUKEさんの投稿

卵や牛乳、バターといった動物性の素材や白砂糖を一切使わないロースイーツも充実しています。熱処理をしていないのでビタミンを多く取れるし、甘いものが好きな方でも満足できる味です。

「エルカフェ」内観 641938

出典:jpn730さんの投稿

コールドプレスジュースです。従来のジューサーは搾る過程に熱が発生し、素材のビタミンや酵素が熱によって失われてきました。コールドプレスジュースは、食材をゆっくりと優しくプレスして搾り出された果汁で、健康や美容に欠かせない栄養素を限りなくそのまま含み、美容意識が高い人たちの間では新定番となりつつあります。

「エルカフェ」内観 641111 iPadを完備したカウンター。世界各国の『ELLE誌』も自由に閲覧可能。

出典:

ipadを完備したカウンターです。世界各国の「ELLE誌」が閲覧できます。

エルカフェ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

キャンベル・アーリー/博多駅中央街

「キャンベル・アーリー」その他 640658

出典:マダムbutterflyさんの投稿

JR博多シティ9階にある「キャンベル・アーリー」は、フルーツ専門店・南国フルールがプロデュースするパフェ・パンケーキの専門店です。その季節で一番美味しいフルーツをたっぷり使ったスイーツは、女性はもちろん、男性にも大人気。少々お値段は張りますが、素材のクオリティの高さに満足度も高し。

A photo posted by y (@y.pororo) on

福岡といえば“あまおう”です。苺の王様・あまおうを使った期間限定のパフェは、お店の大人気商品。たっぷりのあまおうに、シリアル、アイスクリーム、生クリームと、いたってシンプルなパフェです。口の中で広がるあまおうの甘い香りと味、果肉の食感にもうウットリ。まさに春のごちそうです。
「キャンベル・アーリー」料理 641953 一部、宮崎県産の高級マンゴーが乗ってます!!

出典:ERAたんさんの投稿

パンケーキも季節の果物をたっぷりと使い、期間限定のパンケーキもたくさんあります。マンゴーのパンケーキは宮崎の高級マンゴーが乗ってて贅沢!マンゴー好きにはたまりません。

「キャンベル・アーリー」料理 641947 バナナキャラメルパンケーキ

出典:釣りキチさんぺーさんの投稿

バナナのパンケーキはアイスクリームとキャラメルソースがたっぷりと。今日は甘いもの食べるぞ!という日にぴったりのパンケーキ。

「キャンベル・アーリー」料理 640680

出典:nakoaさんの投稿

食事系のパンケーキもあります。ランチメニューのハムとブリーチーズのパンケーキは、甘いものが苦手な方に人気のメニュー。小さなフルーツサラダと手作りスープ、コーヒーor紅茶がつきます。

「キャンベル・アーリー」料理 640659

出典:爺-MAXさんの投稿

パンケーキにつける5種のコフィチュールのサービスが嬉しいですね。どうせですから、全部つけて食べましょう!

「キャンベル・アーリー」内観 641118 店内

出典:新也さんの投稿

木を使ったインテリアは、ディスプレイされた絵や家具などがヨーロッパの田舎のカフェという感じで落ち着きます。

キャンベル・アーリーの詳細情報

キャンベル・アーリー

博多、祇園 / カフェ、パフェ、パンケーキ

住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 9F
営業時間
11:00~23:00 (フード、デザートL.O. 22:00) (ドリンク L.O.22:30)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

カフェ Lamp(ランプ)/上呉服町

「カフェ Lamp」内観 640701 上質感とカジュアル感のバランス良い素敵なカフェでした。

出典:蝋滓丈二さんの投稿

ビジネス街の呉服町にあるカフェ「Lamp」は、手作りのパンと料理、コーヒーやお酒が楽しめるカフェです。店内は家具屋かお洒落な雑貨屋という雰囲気。
「カフェ Lamp」料理 640705 ハンバーグプレート

出典:

写真は「鉄板ハンバーグプレート」。料理は洋食だけでなく和食も取り入れています。仕事帰りのサラリーマンは、お店人気の「チキン南蛮プレート」を食べながらビールをいかが?コーヒーやデザートメニューも充実しています。

「カフェ Lamp」料理 640706

出典:踊るアフリカ象さんの投稿

ランチは自家製パンと・スープ・サラダが食べ放題なんだとか。なんて太っ腹!それでいて、お値段もリーズナブルなんですよ。

「カフェ Lamp」外観 643961

出典:☆AKIKO☆さんの投稿

地下鉄呉服町駅から県庁方向へ徒歩1分。明治通り沿いにある黄色の看板が目印です。15名以上で貸切もできます。飲み放題コースが3000円からありますので、忘新年会やパーティーなどで利用するのもおすすめ。

カフェ Lampの詳細情報

カフェ Lamp

呉服町、千代県庁口、中洲川端 / カフェ、バー・お酒(その他)、レストラン(その他)

住所
福岡県福岡市博多区上呉服町11-12
営業時間
【月〜土】11:30~23:00 (LO22:30) LunchTime 11:30〜15:00 DinnerTine 18:00〜23:00
定休日
不定休(日・祝)
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

お菓子と珈琲 サンプリスィテ/上呉服町

「お菓子の珈琲 サンプリスィテ」料理 640713 年に1回の猫満足デー

出典:cindy23さんの投稿

こちらは「猫カフェ」ではありません。猫好きの店主が、一人でものんびりできるカフェが作りたいとはじめたカフェです。猫の肉球のお菓子とホイップクリーム、猫の形をしたクッキー、猫好きじゃなくても可愛くて食べるのがもったいないくらいです。
「お菓子の珈琲 サンプリスィテ」料理 640722

出典:たろこ姫さんの投稿

美味しそうなスコーンに添えてあるクリームも、なんだか猫の肉球に見えてきました。、店主の藤波さんが飲食店で経験しながら独学で習得した手作りの焼き菓子は、どれもシンプルなものばかりで食べると“ホッと”します。

「お菓子の珈琲 サンプリスィテ」料理 641123

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

ほら、よーく見てください!シュークリームの上に猫の肉球が。なんて可愛らしいんでしょう。店主のあそび心にほっこりします。お店のコーヒー豆は佐賀の三瀬村にある「珈琲庵」のもので、濃すぎずに飲みやすくて、お店のお菓子にピッタリ。

「お菓子の珈琲 サンプリスィテ」外観 640720 外観

出典:しげぇさんの投稿

お店は呉服町にあるいくつかのお寺の裏通りにあります。長屋風の建物が連なる一角。看板を見つけたら2階に上がってきてくださいね。お店の名前「サンプリスティ」は、英語のシンプルをフランス語に変えたもので、“シンプル”をテーマにしたお店を作りたいとの店主の思いが込められています。

お菓子の珈琲 サンプリスィテ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

中央区

ロバーツコーヒー/大名

「ロバーツコーヒー 福岡大名店」内観 640744 お洒落な店内

出典:fujimo123さんの投稿

北欧カフェの生みの親ロバート・パウリグが、1987年にフィンランドでオープンしたロバーツコーヒーの日本進出第一号店です。東京や大阪ではなく、なぜ地方都市の福岡なのか。それはまず、フィンランドと福岡の人口が530万人都市であること。映画や音楽、文学などのカルチャー発信地であるフィンランドと、洗練されたファンションや文化を持ち、街を歩く若者はお洒落である福岡は共通する部分が沢山あります。またアジア諸国からの観光客も多く、それらを総合して福岡を日本進出のスタート地点と決めたそうです。
「ロバーツコーヒー 福岡大名店」ドリンク 641458 ★ ホットコーヒー(S) 320円~優しい味わい(^^)

出典:楽しい毎日さんの投稿

1日に7杯ものコーヒーを飲むフィンランドのコーヒー好き。例えばロバーツコーヒー特許製法でつくられた「おなかコーヒー」は、コーヒーの果肉を使った胃に優しい味が特徴です。エアロプレスで一杯ずつ入れたプレスコーヒーは一度お試しあれ。カフェ限定のハウスブレンドもあります。

A photo posted by Chiharu Sadakata (@chrsdkt) on

シナモンとカルダモンを使った北欧定番のスイーツラテ「オリエンタルラテ」や、チャイラテ、ホットチョコレートなど、スイーツ系の飲み物の種類も豊富です。
「アペリシンキス」はオレンジペースとチョコレートペースのスウィーツラテ。見た目もキュート!
「ロバーツコーヒー 福岡大名店」料理 640754 シナモンロール

出典:fujimo123さんの投稿

フィンランドといえば「シナモンロール」。映画「かもめ食堂」で出てきたシナモンロールが食べたくなったら、ここで本場のシナモンロールを食べられますよ!もちろん温かいコーヒーとご一緒に。なんとこのお店には福岡の和菓子屋の大福があるんです。あんことコーヒー、これも合う!

「ロバーツコーヒー 福岡大名店」内観 640761 店内

出典:fujimo123さんの投稿

フィンランドといえば「ムーミン」。ムーミンの仲間たちがパッケージになったコーヒーやカップなども売られています。ロバーツコーヒーのコーヒー豆もいろいろな種類があります。お試しパックがあるので、新しい福岡土産としていかがでしょうか?

「ロバーツコーヒー 福岡大名店」外観 640767 FMブースがあります♬

出典:かちゅこ と ちヴィこさんの投稿

入口でムーミンママがお出迎え。店内にはコミュニティFM局もあります。シアトル系のカフェチェーンとは違う“ゆるさ”のようなものを感じます。新しい福岡の観光スポットになりつつあるお店は要チェックです。

ロバーツコーヒー 福岡大名店の詳細情報

ロバーツコーヒー 福岡大名店

西鉄福岡(天神)、天神、赤坂 / カフェ、コーヒー専門店、洋菓子(その他)

住所
福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル 2F
営業時間
月~金曜日 10:00~23:00 土曜日   7:30~23:00 日曜日   7:30~22:00  
定休日
元日のみ
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

CORDUROY cafe(コーデュロイカフェ)/大名

「コーデュロイカフェ」料理 640778

出典:

お店名物の「コーデュロイの半熟玉子カレー」は、カレーのルーの部分に店名が書いてあり、女性の心をくすぐります。カレーはよく煮込んであるキーマカレーで、辛さはおさえてあって食べやすいですよ。半熟玉子をくずしながら、自分のペースで食べていくという楽しみも一緒に味わいながらいただきましょう。
「コーデュロイカフェ」内観 640779 昼間の店内

出典:

お店は、大名の中心にあるビルの4階にあります。最初にオープンしたのは今泉で、その頃はまだ福岡にはカフェが少なかったそう。カフェブームの加熱と共に大名にお店を移転。客層の割合は圧倒的に女性客が多く、メニューが多いので、初めて来店した人はとまどうことも。他に福岡パルコ、KITTE博多にも出店しています。

「コーデュロイカフェ」料理 640793 日替わりランチ

出典:ningyounotukiさんの投稿

日替わりランチは、野菜をふんだんにつかい、ボリュームたっぷり。ランチに迷ったときは、このお店に来ればいいといっても過言ではありません。

「コーデュロイカフェ」料理 640791

出典:ちゅらら♪さんの投稿

可愛いラテアート。いろいろなバージョンあるそうなので、どんなラテアートを描いてくれるのか、わくわくしながら待ちたくなります。

「コーデュロイカフェ」内観 641003

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

夜は女子会、合コンなどの利用も多く、飲み放題付きのバーベキューで3500円~。リーズナブルなので若い人が多いのも納得ですね。夜は、大名の夜の風景を肴にお酒を飲みながら過ごすカップルや女性客などでお店はいっぱい。福岡のカフェ文化をリードするお店です。

コーデュロイカフェの詳細情報

コーデュロイカフェ

西鉄福岡(天神)、天神、天神南 / カフェ、バー・お酒(その他)、カレーライス

住所
福岡県福岡市中央区大名1-15-35 247ビル 4F
営業時間
11:00~翌3:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

マヌコーヒー/渡辺通

「マヌ・コーヒー 春吉店」内観 640796

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

店名の「マヌ」は工場製手工業という意味の“マニュファクチュア”からとったんだそうです。お店には近所の常連さんから若者まで次々とやって来て、お店でゆっくりくつろぐ人もいれば、カップを片手に天神や中洲へと向かう人たちなどでいっぱい。大手カフェチェーンとは違った地元に根付いたカフェの良さを感じます。
「マヌ・コーヒー 春吉店」ドリンク 640803

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

コーヒー豆は、福岡のコーヒー豆専門店『ハニー珈琲』がセレクトするスペシャルティコーヒーを使用。おすすめはコーヒー豆の美味しさが一番分かる“エスプレッソ”。酸味・コク・甘味が凝縮されたコーヒー豆のエキスが、次々と口の中に広がっていきます。エスプレッソの美味しさを知ったら、普通のコーヒーじゃ物足りなくなるのです。

「マヌ・コーヒー 春吉店」料理 640807

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

お店のドーナツは、福岡市内でドーナツの販売店を展開している「ケンジーズドーナツ」のもの。甘さや油っぽさを控えたドーナツは老若男女問わず大人気。コーヒーにはやっぱりドーナツでしょう。この組み合わせは鉄板ですよね。

「マヌ・コーヒー 春吉店」外観 640802 外観

出典:Kotaroolさんの投稿

地下鉄七隈線渡辺通り駅から徒歩10分。こちらのお店は深夜3時までやっているので、夜は中洲から流れてやってくる人も多いのです。お酒を飲んだあとに飲むコーヒーって美味しいんですよね。

マヌ・コーヒー 春吉店の詳細情報

マヌ・コーヒー 春吉店

渡辺通、天神南、西鉄福岡(天神) / コーヒー専門店、カフェ

住所
福岡県福岡市中央区渡辺通3-11-2 ボーダータワー  1F
営業時間
月〜日 AM8:00-AM3:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

うめのま/渡辺通

「うめのま」内観 640818

出典:MS-05L ざくすないぱぁさんの投稿

「うめのま」は新鮮な魚を中心とした人気の定食屋「梅山鉄平食堂」の姉妹店。店内は緑一色に塗られた壁が目を引く、スタイリッシュな和カフェです。抹茶を使ったデザートが楽しめるお店として、大人の女性を中心に大人気。オーナーの梅山さんが海外生活しているときに、外国人から見た日本の素晴らしさに気づき、日本人に日本の良さを改めて知ってほしいという思いからこのお店をオープンしました。
「うめのま」料理 640825 抹茶あんみつカキ氷900円

出典:N244さんの投稿

これからの暑い季節はやはり「かき氷」でしょう。写真は「抹茶あんみつカキ氷」。ふわふわの氷に抹茶みつがかかり、ミルク寒天・抹茶寒天・白玉・あんこ・アイスクリームがこんもりとのっています。気を付けないと氷が崩れて、雪崩がおきてしまう~と心配しながら食べるのも「かき氷」の醍醐味。練乳も追加しましょう。食べ終わったときは大満足。他にも季節限定のかき氷があるので、チェックしてみてください。

「うめのま」料理 640823 果物あんみつ  800円。

出典:はるきち。さんの投稿

果物がたっぷりの「クリームあんみつ」です。ものすごいボリュームに驚きます。くだもの・白玉・あんこ玉・下には2種類の寒天といちごのコンポート、アイスクリームは植物性と動物性ミルクから選べます。優しい味で甘いもの好きならペロリと平らげてしまいます。

「うめのま」外観 640994 外観

出典:しげぇさんの投稿

地下鉄七隈線渡辺通り駅を降りて、桜十字病院のすぐそばにあります。甘処以外に食事もできます。売り切れ次第終了という「うめのまゴハン」は「親子ドンブリ」・「はやしライス」から選べます。食事の後は、抹茶や炒りたて焙じ茶、本昆布茶、抹茶くず茶など10種から選べるお茶のセットがおすすめ。

うめのまの詳細情報

うめのま

渡辺通、天神南、薬院 / カフェ、喫茶店、和食(その他)

住所
福岡県福岡市中央区渡辺通3-1-16 アビターレエクセラ 1F
営業時間
11:00~19:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

日和日(ひよりび)/今泉

「今泉小路 日和日」外観 641007 日和日

出典:楽しい毎日さんの投稿

地下鉄七隈線・薬院大通り駅より徒歩5分。今泉の路地裏にひっそりと佇む「日和日」は、築70年の日本家屋に手を加えて2014年1月にオープンしました。昼はランチや喫茶、夜は地酒やカクテルを楽しめるダイニングバーとして利用できます。
「今泉小路 日和日」料理 641018 ランチ

出典:cn_maiさんの投稿

ぜひ食べてもらいたいのが、ランチメニューの「季節のわっぱ御膳」です。旬の食材をふんだんに使い、少しずつ色々なお料理を楽しめます。料理の内容は、メインのおかずに小鉢六品、茶碗蒸し、お味噌汁、十八穀ご飯、本日のデザート&ドリンク。目で見て楽しい、食べても美味しい、ちょっと贅沢なランチはいかがでしょうか?

「今泉小路 日和日」料理 640843

出典:

和のスイーツもありますよ。わらび餅が入った抹茶パフェ、甘さ控えめのあんこや和三盆をつかった団子、別腹にちょうどいいサイズのわらび餅など。常時注文できますし、団子やわらび餅はお酒にも合います。可愛らしい盛りつけに思わず顔がほころびます。

「今泉小路 日和日」内観 640846

出典:イナッキーさんの投稿

カウンター、テーブル、個室など、席のタイプはいろいろあります。よく手入れがされた床や柱のうつくしいこと。女子会での利用もいいですが、とっておきのデートに利用したい大人のお店です。

今泉小路 日和日の詳細情報

今泉小路 日和日

薬院大通、薬院、西鉄福岡(天神) / カフェ、ダイニングバー、和食(その他)

住所
福岡県福岡市中央区今泉2-4-6
営業時間
【火~土】 ランチ 11:00~15:00(ランチL.O.14:00 ドリンクL.O.14:30) 【火~土】 ディナー 18:00~24:00 (食事L.O.23:00 ドリンクL.O.23:30) 【日・祝】 ランチ 11:00~15:00(ランチL.O.14:00 ドリンクL.O.14:30)
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

Cafe MARUGO(カフェマルゴ)/薬院

「カフェ マルゴ」内観 640855 明るく開放的な外観が『cafe MARUGO』の目印です。

出典:

福岡市内の自家焙煎コーヒー店で10年間働き、2010年に「カフェマルゴ」をオープン。店内は深いグリーンの壁に、木の木目をいかした家具で落ち着いた雰囲気があります。客層も高く、コーヒー好きな大人がゆっくりくつろげるカフェです。「マルゴ」という店名は店主の祖母が昔商売していた八百屋の屋号「丸五」からとったものだそう。
「カフェ マルゴ」料理 640860 ほろ苦いチョコの風味が特徴の『ガトーショコラ』

出典:

お店のお菓子は全て毎日手作りしています。ほろ苦いチョコの風味が美味しい「ガトーショコラ」は、しっとりと滑らかな舌触りでコーヒーとの相性も抜群です。他に、スフレチーズケーキ、シフォンケーキ、アイスクリーム、アフォガード(アイスクリームに温かいコーヒーをかけたもの)、珈琲ゼリー。巷ではきらびやかなスイーツが人気ですが、大人はこういうシンプルなスイーツにほっとしませんか。

「カフェ マルゴ」料理 640858 優しい味わいの自家製スイーツがお勧めです。

出典:

見てください!このカスタードプリンのフォルムを。ほろ苦いカラメルに表面がちょっとすだったプリン。コンビニなどではお目にかかれない昔懐かしい、昔お母さんに作ってもらったプリンはこれ。一気に子供の頃に戻ってしまいます。

「カフェ マルゴ」ドリンク 640859 cafe MARUGO マルゴブレンドアップ♪ fromグリーンロール

出典:グリーンロールさんの投稿

ネルドリップで一杯立てで淹れるコーヒー。カップも白一色、カップのとっての形が可愛いです。こちらのお店はすべてがシンプル。おすすめの「マルゴブレンド」は、キレのある苦味のあとにコーヒー豆のうまさがじわじわ感じられる一杯です。テイクアクト用のコーヒー豆も販売しています。

「カフェ マルゴ」外観 640990 心がホットする空間になっております。

出典:

お店は、地下鉄七隈線薬院大通駅から徒歩10分。地下鉄赤坂駅と中間くらいで、通り沿いから裏路地に入ったところ。近くに西光寺があります。自分だけの大事な場所にしておきたいと感じさせるお店です。

カフェ マルゴの詳細情報

カフェ マルゴ

薬院大通、桜坂、赤坂 / カフェ、コーヒー専門店、スイーツ(その他)

住所
福岡県福岡市中央区薬院2-10-23
営業時間
10:00~21:00
定休日
現在は、不定休とのことですので、電話確認される方がよいかと思います。
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

キラキラカフェ とねりこ/赤坂

「キラキラカフェ とねりこ」内観 640868

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

オーナーは青森県出身で。父親の転勤で福岡に来て両親共々福岡の町を気に入り、この街を人生の最後の土地にしようと決め、念願だったカフェを2009年にオープンしました。“南仏の田舎町の路地裏の古民家”をコンセプトに徹底的にこだわったお店の世界観は、あっという間に福岡で話題のカフェとなり、女性たちに支持されています。料理だけでなく、音楽イベントなども開催し、お弁当のケータリング、ウェディング・パーティなども行っています。
「キラキラカフェ とねりこ」料理 640875 とねりこランチ

出典:

「とりねこランチ」です。週代わりのメイン、副菜を盛ったプレート、味噌汁、デザート、飲みものがつきます。味付けは塩分控えめで食材の味を味わう料理になっています。生野菜の美味しさは格別で、普段不摂生な食生活をしている人は、たまにこんなランチをとって身体をリセットしてみては?

「キラキラカフェ とねりこ」料理 641683

出典:

チーズケーキです。ベイクド系でねっとりとした舌触り。後味が爽やかで、ハーブティーと一緒に注文する人も多いスイーツです。

A photo posted by m a y a (@_maya._____) on

夏は「かき氷」もあります。今年は何のかき氷が食べられるのかしら?上の写真はちょっと珍しい“スモモとオレンジのかき氷”。

A photo posted by setoyama yuri (@f_t_w.19y) on

けやき通りから路地に入り、少し登っていくと白いトンネル風の入口があります。青い文字で「とねりこ」と書いた小さな看板のあるさらに先に入っていくと、そこには福岡とは思えない異国の国が・・。店名の「とねりこ」は、庭にあるトネリコの木が朝の光を浴びてキラキラしているのをみて名づけたのだそう。

キラキラカフェ とねりこの詳細情報

キラキラカフェ とねりこ

桜坂、赤坂、六本松 / カフェ、洋食・欧風料理(その他)、創作料理

住所
福岡県福岡市中央区赤坂3-6-37
営業時間
11:30~18:00 (L.O17:30) ※営業時間が全曜日 11:00~18:00になりました。 ※10名様以上のご予約の場合は 18:00~22:00まで営業いたします。
定休日
月曜・第一・第三火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

papparayray(パッパライライ)/赤坂

「パッパライライ」外観 640895

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

まず、誰もが気になる店名「パッパライライ」の由来。オーナーの山西さんのお友達がスウェーデンで行ったお店「パッパライライ」から来ているそう。現地の言葉で“ライ家のお父さん”という意味で、お父さんのおかげでこうやってお店をやっていくことができるというエピソードを聞いて、響きもいいし、そのままお店の名前にしたんだとか。古民家を改装したカフェですが、特に古民家にこだわったわけでなく、前のお店が手狭になって物件を探していたらここを紹介されて、玄関を入ったときの印象がよかったらという理由で決めたのだそう。
「パッパライライ」料理 640904 パッパライライサラダ

出典:しげぇさんの投稿

パッパライライといえば、この野菜のサラダ。まるでメインディッシュのようなサラダを目当てに通うお客も多い逸品です。冬は温野菜の量を増やしたり、夏はマリネにしたり。少しずつ調理の仕方を変えて作っています。盛りつけもきれいで写真に残したくなります。

「パッパライライ」料理 640912

出典:*きゃさりん*さんの投稿

「蒸し鳥のサラダランチ」です。タンパク質が摂りたいかたはこちらをどうぞ。添えてあるクリームチーズを付けて食べるとタンパクな味の蒸し鳥がグレードアップします。とにかく、こちらのお店は野菜が美味しいです。福岡だけでなく九州各県から取り寄せているのだそうです。

「パッパライライ」料理 640915 カッサータ!

出典:エムナインさんの投稿

デザートの「カッサータ」です。カッサータとはイタリアの菓子の一種で、リコッタチーズを用い、砂糖漬けの果物・ナッツ・チョコレートなどを混ぜたアイスクリームケーキのことです。

「パッパライライ」内観 640908

出典:万太郎倶楽部さんの投稿

いかにも古民家のカフェかと思って行くと、カウンターと床はコンクリートで無機質な感じが印象的です。以前は夜の営業もしていたそうですが、今はランチ営業のみ。無理をせず、お店の営業も楽しみながら自分の生活も楽しむというオーナーのスタイルがあらわれています。

パッパライライの詳細情報

パッパライライ

赤坂、桜坂、薬院大通 / カフェ、パン

住所
福岡県福岡市中央区赤坂2-2-22
営業時間
11:30~18:00 ランチタイム14:30OS
定休日
木曜日、金曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

REC COFFEE(レックコーヒー)/白金

「レックコーヒー 薬院駅前店」内観 640976 気軽に寛げる雰囲気♥3

出典:えこだねこさんの投稿

とても開放的なお店です。カフェってどうしても女子率が高い印象ですが、こちらは男性がふらりと入っていける大らかさがあります。2008年にトラックカフェとして営業を始め、そのスタイルが面白いと話題になり、2年後の2010年にこちらのお店をオープンしました。
「レックコーヒー 薬院駅前店」ドリンク 640950

出典:ogy13ebisuさんの投稿

美しいラテアートです。バリスタ選手権で二連覇を果たしたバリスタを排出しただけあって、繊細なタッチは惚れ惚れします。ラテ・カプチーノ・アメリカーノは、注文すると使用する豆をレックコーヒーブレンドかシングルオリジン(1種類の豆)かを選ぶことができます。コーヒー豆もいろいろあって、プレスコーヒーで楽しむこともできます。

「レックコーヒー 薬院駅前店」料理 640948

出典:ogy13ebisuさんの投稿

定番のチョコスコーンに洋ナシやりんごのタルト、クラムチャウダーやサンドイッチといった食事系のフードメニューもあります。ドリンクと一緒に注文すると値引きになったり、コーヒーのお供として楽しめますね。

「レックコーヒー 薬院駅前店」外観 640966 気軽に寛げる雰囲気♥1

出典:えこだねこさんの投稿

場所は、地下鉄薬院駅から200mほどいったところにあります。深夜1時まで営業しているので、仕事帰りのサラリーマンやお酒を飲んでこちらのお店に寄って帰る人も多いようです。お店はこちらを含め3店舗。テイクアウト専用のトラック営業は終了していますが、各種イベントに出店しているのだとか。

レックコーヒー 薬院駅前店の詳細情報

レックコーヒー 薬院駅前店

薬院、渡辺通、薬院大通 / コーヒー専門店、カフェ、洋菓子(その他)

住所
福岡県福岡市中央区白金1-1-26
営業時間
[月~金] 8:00~翌1:00 [土・日・祝] 10:00~翌1:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

白金茶房/白金

「白金茶房」外観 641060

出典:ぴんころ地蔵さんの投稿

今、福岡で一番の人気を誇るカフェといっても過言ではない「白金茶房」。都会の喧騒から離れた上品な邸宅に今からお邪魔するような緊張感とワクワク感。ここから物語が始まりそうな雰囲気。この世界観、女性は大好きですよね。
「白金茶房」料理 641086

出典:

日本一美しいと称される白金茶房のパンケーキ。小麦粉はきめが細かくしっとりと仕上がる福岡県産小麦を使用。できるだけ熱が加わらないよう石臼を使用する昔ながらの製法で、小麦本来の風味と味わいが楽しめます。中央に店名の刻印が。最初にいただくならぜひプレーンで。バターとメープルシロップだけのシンプルさが、このパンケーキの美味しさを一番実感できると思います。

白金茶房/白金641103

出典:

「赤い果実とマスカルポーネのパンケーキ」です。飾り付けが美しいですね。しっかりとした甘さがお好きなら「キャラメリゼしたバナナとグアナラのパンケーキ」はいかがでしょう。お食事系のパンケーキのメニューもあります。

「白金茶房」料理 641097

出典:

コースメニューの一例です。パンケーキだけでなく、パスタやお肉料理のコースもあります。お子様用のプレートもあるので、ご家族でお越しになるお客様もいらっしゃいますよ。

「白金茶房」内観 641047

出典:yumilifingさんの投稿

1階、中2階には書籍や雑誌が用意されています。お気に入りの一冊を見つけて、ゆっくりくつろいでください。お子様のために絵本もあります。朝食(土日祝のみ)、ブランチ、ティータイム、ディナーと、それぞれメニューが工夫されています。棚や椅子、テーブルもすべて木。洗練されているけどほっとする空間に毎日たくさんのお客様が来店しています。

白金茶房の詳細情報

白金茶房

西鉄平尾、薬院、渡辺通 / カフェ、ケーキ

住所
福岡県福岡市中央白金1-11-7
営業時間
[平日] 10:00〜23:00(フードL.O 21:00)(デザート・ドリンクL.O 22:00) [土曜] 8:00〜23:00(フードL.O 21:00)(デザート・ドリンクL.O 22:00) [日曜・祝日・連休最終日] 8:00〜22:00(L.O 21:00)
定休日
なし
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

いかがでしたか?

コーヒー豆にこだわりを持つカフェ、抹茶の美味しさを再確認できるカフェ、日本にいながら海外にいるような世界観を持つカフェなど、それぞれが個性豊かでこだわりを持ったカフェを紹介してみました。カフェはいろいろな表現ができる、誰もがホッとできる場所、ですからカフェブームはこれから先も続いていくでしょう。新しいカフェをチェックする前に、こちらで紹介したお店にも是非行ってみてくださいね。

関連まとめ

関連キーワード