白石城に来たら、やっぱり白石温麺(うーめん)&甘味グルメ!

白石城に来たら、やっぱり白石温麺(うーめん)&甘味グルメ!

伊達政宗の近習から軍師的存在となり、政宗と一緒に戦国後期を渡り歩いた知勇兼備の名将「片倉小十郎景綱」が治めた白石城は、その後も代々片倉家の居城となり、伊達領を南から護る存在として明治まで大きな存在感を保ち続けました。近年の歴史ブームの中で片倉景綱が再注目され、「戦国BASARA」ラッピングバスや声優イベントなどは「歴女」と呼ばれる女性歴史ファンが白石を訪れるきっかけにもなりました。今回は、大河ドラマ「真田丸」で再燃する戦国スポットとして白石城をおさらいしつつ、周辺の白石グルメもご紹介します!

2016年06月27日

伊達の先鋒!片倉小十郎が睨みを利かせる「白石城」

伊達の先鋒!片倉小十郎が睨みを利かせる「白石城」644793

出典:

今日では「白石城=片倉小十郎」というイメージですが、実は片倉小十郎景網(かたくら・こじゅうろう・かげつな)が白石城に入城したのは慶長7年(1602年)、関ヶ原の合戦後になります。すでに徳川の天下になったとはいえ、大坂城にいまだ豊臣秀頼が健在という不穏な情勢の中、中央へ睨みを利かす要衝に片倉小十郎景網が入城したわけです。片倉景網は時の天下人、豊臣秀吉、徳川家康にも愛されました。秀吉は三春5万石の大名に取り立てようとし、家康も片倉小十郎の白石城を一国一城制の例外として存続を許しました。
伊達の先鋒!片倉小十郎が睨みを利かせる「白石城」641927

出典:

春は桜も楽しめ、三層天守の最上階からは白石市のパノラマも見応えある白石城です。

現在ある天守閣は1995年に復元されたもので、三層の天守閣内部に入り、最上階から白石の景観を眺めるのも楽しみの一つ。仙台市にある政宗の居城「仙台城(青葉城)」には残念ながら天守閣はありませんので、伊達の史跡巡りとしても、ここ白石城の存在は貴重です。

殿!城内に生いちごソフトクリームがござりますぞ!

「白石城歴史探訪ミュージアム」外観 641934

出典:kobeoyajiさんの投稿

おみやげ・お食事の他に、歴史資料館、立体ハイビジョンシアターもあります。

白石城内にある「白石城歴史探訪ミュージアム」には土産物売場と共に軽食コーナーもあります。店の前には「名物 生いちごソフトクリーム」ののぼりも!この旗指物を見たら店内に「押し出せィー!」と突撃するしかありません。宮城県南部は亘理、山元などを中心にいちごの栽培が盛んです。また、隣接する蔵王では酪農も盛ん。そうです、片倉小十郎が築いた白石に集うご当地の食が「生いちごソフトクリーム」に結実しているのです!殿、ご賞味あれ!
「白石城歴史探訪ミュージアム」その他 641898 こののぼり旗にやられたぉ(笑)

出典:F-14トムキャットさんの投稿

のぼり(旗指物)で見せられると、胸を射抜かれてしまいますね。

「白石城歴史探訪ミュージアム」料理 641899 生いちごソフトクリーム♪

出典:F-14トムキャットさんの投稿

殿!この生いちごソフトクリームで白石を一息に平らげてくだされ!

白石城歴史探訪ミュージアムの詳細情報

白石城歴史探訪ミュージアム

白石 / その他

住所
宮城県白石市益岡町1-16 1階
営業時間
[4~11月] 9:00~17:00 [11~3月] 9:00~16:00
定休日
年末
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

片倉家の城下町・白石グルメ筆頭「白石温麺(うーめん)」!

片倉家の城下町・白石グルメ筆頭「白石温麺(うーめん)」!642207

出典:

JR白石駅から白石城までのメインルートは歴史巡りと共に白石グルメも楽しめます。

そして白石の食、グルメといえば「白石温麺(うーめん)」が間違いなく筆頭です!江戸初期に白石で生まれた温麺は、伊達家から大名・公家への贈答品としても用いられた「伊達家お墨付き」の歴史グルメです。そうめんの一種と分類されますが、冷やして食べるそうめんとは違い、文字通り暖かい麺で食べるのが主流です。油を用いない素朴な味わいは、伊達家、片倉家の情熱的な歴史とはまた違ったヘルシーな味わいを体験できます。主君への忠義で知られる片倉小十郎の治めた白石名物は、素朴なヘルシーグルメでした。

優しいうーめんの本質を素朴に味わう正統派「なかじま」駅前店

「なかじま 駅前店」外観 642106 お店は駅のすぐ前。

出典:Spa8さんの投稿

JR東北本線「白石駅」より徒歩すぐ、駅を出るともう見えます。

観光で白石を訪れる方には「うーめんは初めて」という方もいると思います。まずは、うーめんそのものの味をスタンダードに味わいたい、そんな方におすすめしたいお店がこちら、「なかじま」駅前店さん。うーめん本来の持つ「素朴さ」「あっさり」「ヘルシー」「優しさ」を存分に味わえるうーめんメニューが揃っています。味覚のバリエーションを楽しみたい方には、「味三種と天ぷらセット」がおすすめです。
「なかじま 駅前店」料理 642101 冷やしとろろうーめん

出典:マサ君さんの投稿

素朴な味わいを楽しむ「冷やしとろろうーめん」

「なかじま 駅前店」料理 642102

出典:URIさんの投稿

「なかじま」のおすすめ「味三種と天ぷらセット」

「なかじま 駅前店」メニュー 642141 メニュー。

出典:takken61さんの投稿

温かいうーめんも、山の味、海の味と各種メニューが揃っています。

元祖白石うーめん処なかじまの詳細情報

元祖白石うーめん処なかじま

白石 / そば・うどん・麺類(その他)、郷土料理(その他)、日本酒バー

住所
宮城県白石市沢目8-23
営業時間
[月~土] 11:30~19:30 [日・祝] 11:30~18:30 [第一・第三火曜] 11:30~14:00
定休日
毎週水曜日(祝日の場合は翌日休み)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

家族で楽しめる味覚の彩り「うーめん番所」

「うーめん番所」外観 642180 奥州街道・うーめん番処。心地良い秋晴れの休日です!

出典:よい子さんの投稿

白石城の北、国道113号線沿いにある「うーめん番所」の看板が目印です。

うーめん本来の味覚をご紹介した次は、うーめんの可能性を味わえるお店へ。ここ「うーめん番所」さんの魅力は、さまざまな素材が練り込まれた「かわりうーめん」です。「柿」「梅じそ」「そば」「モロヘイヤ」「にんじん」「ゆり」など、えっ!と思う素材まである彩り豊かなうーめんたち。素朴で優しい白いうーめんもいいのですが、時は現代、創意工夫によって進化したうーめんを楽しんで食べる心意気、それも伊達男の故郷で味わうグルメです。
「うーめん番所」料理 642154 うーめん三昧(¥930)+稲荷うーめん(¥330)

出典:よい子さんの投稿

この彩り!「梅」「モロヘイヤ」「人参」の三色うーめん+「稲庭うーめん」の看板メニュー「うーめん三昧」

「うーめん番所」料理 642155 えび天うーめん

出典:まーにむさんの投稿

「柿ゼリー」の小鉢もうれしい「えび天うーめん」

うーめん番所の詳細情報

うーめん番所

白石、白石蔵王 / そば・うどん・麺類(その他)、郷土料理(その他)

住所
宮城県白石市西益岡町2-3
営業時間
食事処 11:00-17:30(16:30L.O.) ショップ 9:00-18:00
定休日
第2第4木曜日(祝日の場合は営業、金曜日代休)、12月31日、1月1日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

智将・片倉小十郎の知略の源?白石の和スイーツ

智将・片倉小十郎の知略の源?白石の和スイーツ642442

出典:10pointさんの投稿

銘菓のモチーフにもなった「白石堤千本桜」

白石城のお供にも、白石みやげにも「高甚」白石駅前本店の和菓子

「高甚 白石駅前本店」外観 642331

出典:Positionさんの投稿

白石駅から徒歩5分。白石城へ向かう道中にあります。

明治23年創業、白石市民なら知らない者はいないと言われる老舗です。看板商品は「黒糖まんじゅう」ですが、店内にずらりと並んだ多種多様な和菓子&洋菓子!商品の多さもさることながら、気軽に1個単位で買えるよう個包装で並べられている気遣いもうれしいポイントです。用意されたかごに、これも!これも!と入れていく楽しみ。お土産にももちろん、お好みの組み合わせを「自分セット」にして白石城に持って行くのもいいですね。
「高甚 白石駅前本店」内観 642266 とにかく種類の多い店内

出典:Positionさんの投稿

様々な商品が並ぶ店内。

「高甚 白石駅前本店」内観 642267

出典:ドナリーさんの投稿

各商品を1個単位、好きな組み合わせで購入できます。

「高甚 白石駅前本店」料理 642344 黒糖まんじゅう

出典:クオさんの投稿

看板商品「黒糖まんじゅう」

「高甚 白石駅前本店」料理 642348 今回購入の5品

出典:Positionさんの投稿

片倉小十郎ファンなら「城主最中」。「白石川 千本桜」は優しいマドレーヌです。

高甚 白石駅前本店の詳細情報

高甚 白石駅前本店

白石 / 和菓子、ケーキ

住所
宮城県白石市字沢目15番地
営業時間
8:00~19:00
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

白石の甘党を虜にする「白泉堂」の揚げまんじゅう

「白泉堂」外観 642375 歴史を感じさせる建物

出典:Positionさんの投稿

マニア心をくすぐられるこの店構え!

昭和の駄菓子屋を思わせる古風なたたずまいの店、知る人ぞ知る「揚げまんじゅう」の「白泉堂」です。砂糖がまぶされた一口大の揚げまんじゅうは小粒で不格好、昭和から何も変わっていない年季を感じます。こし餡は多めですが甘さは控えめ、塩気と黒糖の風味が混じり合い、昔ながらのこの店の味を主張してきます。値段も昭和のまま、駄菓子感覚で一度に何十個と買っていくファンもいるそうです。
「白泉堂」料理 642366 10円の揚げまんじゅう

出典:Positionさんの投稿

この不格好が懐かしい、昭和の揚げまんじゅうです。

「白泉堂」料理 642367 まんじゅう

出典:ダイアンサスさんの投稿

中はこし餡タップリですが、甘さは控えめです。

白泉堂の詳細情報

白泉堂

白石 / 和菓子

住所
宮城県白石市長町43
営業時間
7:00〜19:00
定休日
無休(ただし元日を除く)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?642453

出典:

白石城から眺める白石の街並み

忠義の臣、質実剛健とも評される片倉小十郎景綱の城下町、白石市には素朴な白石温麺(うーめん)と昔ながらの和菓子処がありました。白石城のお供に、白石城観光の後に、白石グルメもご堪能ください。

宮城県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード