2016年06月30日

ひつまぶしで夏を乗り切る!創業140年以上「あつた蓬莱軒」へ

ひつまぶしで夏を乗り切る!創業140年以上「あつた蓬莱軒」へ

日本の夏は高温多湿。食欲がなくなるのは当然です。夏はいつもバテバテ…という人におすすめしたいのが、名古屋名物のひつまぶし。ひつまぶしは栄養満点のうなぎを薬味とダシ茶漬けでさっぱりいただくお料理。暑い夏を乗り切るためにも、ひつまぶし発祥の店といわれる「あつた蓬莱軒」で元気をチャージしましょう。

うなぎで夏の疲労回復と美肌効果をゲット!

うなぎで夏の疲労回復と美肌効果をゲット!640086

出典:うな太郎さんの投稿

うなぎが夏バテにいいと言われるのは、栄養バランスが非常にいいため。ビタミンA、B1、B2、D、Eのほか、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラル分まで入っているパーフェクト食材なんです。食べると疲労回復や美肌、骨の維持に効果があるので、お疲れ女子には特におすすめです!

ひつまぶしは「味変」できるうなぎの食べ方

「あつた蓬莱軒 本店」料理 648256 あつた蓬莱軒のひつまぶしを食べる

出典:美味しいもの食べたいさんの投稿

そんなうなぎを堪能する食べ方が「ひつまぶし」です。ひつまぶしは、木の器に入ったうな重を3回に分けていただく名古屋独特の食べ方。うなぎは細かく刻んであり、1杯目はご飯とうなぎをそのままで、2杯目はうなぎの上に薬味をのせて、3杯目はお茶漬けにしていただきます。同じうなぎでも「味変」が楽しめるおいしい工夫なんです。

「あつた蓬莱軒」は名古屋ひつまぶしの元祖です

「あつた蓬莱軒 本店」外観 647108 外観は民家そのもの!!!

出典:あちおさんの投稿

名古屋でひつまぶしを食べるなら、最初に訪れたい名店があります。熱田区に本店を構える「あつた蓬莱軒」です。この店はひつまぶし発祥の店で、明治6年に料亭として創業し、今でも行列が絶えない人気店。名古屋のうなぎは串うちしたものを直接焼くスタイルで、あつた蓬莱軒のひつまぶしは身はふんわり皮はパリパリで運ばれてきます。

実際に食べた人からはこんな声が聞こえます

さっそく実践!ひつまぶしを食べてみよう

「あつた蓬莱軒 本店」料理 648307

出典:VPPさんの投稿

まずはシンプルにご飯とうなぎを味わいましょう。ここで味わうべきは、備長炭で焼きあげたうなぎのパリふわ感と秘伝のタレ。タレは創業時から140年間かけて継ぎたしてきたもの。レシピは創業者の家系のみ、しかも口頭でのみ伝えられる正真正銘の秘伝のタレ。蓬莱軒でしか食べられない味です。
「あつた蓬莱軒 本店」料理 640056 薬味をのせて

出典:ミネラルRさんの投稿

つぎは薬味をのせていただきます。うなぎに薬味というのは、ひつまぶし以外ではあまり見ない組み合わせです。蓬莱軒の薬味は、ノリ・わさび・刻みねぎです。わさびをのせたうなぎは予想以上にさっぱりしていますよ。薬味の組み合わせを考えながら食べるのも楽しみのひとつ♪

見事なお庭を眺めてちょっと箸休め

「あつた蓬莱軒 本店」内観 648291 ステキな中庭

出典:なまらうまいさんの投稿

あつた蓬莱軒はもともと明治6年創業の料亭のため、手入れが行き届いたお庭を眺めながら食事ができます。盛夏でもとっても涼しげです。
「あつた蓬莱軒 本店」料理 648309 吸い物です。

出典:kazuchiさんの投稿

お吸い物と漬物で口の中をさっぱりさせたら、いよいよラストスパート。3杯目のお茶漬けに進みます。

ダシ茶漬けで最後の一粒まで大満足

「あつた蓬莱軒 本店」料理 648311 茶漬けで

出典:一級うん築士さんの投稿

ひつまぶしには、ダシの入った容器がついてきます。これをご飯とうなぎにたっぷりかけて3杯目はダシ茶漬けにします。ひつまぶしのお店は、どこもこのダシにこだわっていますが、蓬莱軒のダシは香りとコクがあります。もちろんお茶漬けにも、薬味をふんだんにのせるとおいしいです。
「あつた蓬莱軒 本店」料理 648319

出典:川越ノックさんの投稿

3杯食べて、まだご飯とうなぎが残っていたら、最後はお好きな食べ方でどうぞ。最初に戻ってシンプルにうなぎを味わう人もいますし、もう一度ダシ茶漬けにする人もいます。最後の一粒まで、じっくりと味わえるのが蓬莱軒のひつまぶしなのです。

通常サイズでは足りないなら「一半」をオーダー

「あつた蓬莱軒 本店」料理 640057 一半ひつまぶし

出典:ミネラルRさんの投稿

3~4杯ではとうてい足りっこない!と感じた人は、最初から「一半」をオーダーしましょう。ご飯・うなぎともに大盛りで、かなりボリュームがあります
「あつた蓬莱軒 本店」その他 641498 一半と普通のサイズの違い

出典:Yutaka.Moriさんの投稿

一半と通常サイズのフタを並べると、こんなに差があります。

伝統の味はしっかり受け継がれています

「あつた蓬莱軒 本店」その他 648346

出典:ma-yamanakaさんの投稿

140年以上の歴史がある「あつた蓬莱軒」。長年にわたって名物女将の鈴木せき子さんがお店を切り盛りされていましたが2010年にお亡くなりになりました。現在では娘さんの鈴木詔子さん5代目女将を引き継いでいます。東京に進出することもなく、現在は名古屋市内に3店舗とテイクアウト専用の1店舗を展開するのみ。女将の目の届く範囲で、名古屋ひつまぶしの味はしっかりと守られているんです。

待ち時間を利用して熱田神宮を参拝しよう

「あつた蓬莱軒 本店」外観 641514

出典:kuishinbou33さんの投稿

蓬莱軒は夏でも行列が絶えません。何年も行列が続く店だけに待ち時間の把握がきちんとできていて「○○分後にお戻りください」と札を渡されます。せっかくなので待ち時間を利用して熱田神宮をぶらりと散策するのがおすすめですよ。
待ち時間を利用して熱田神宮を参拝しよう640081

出典:Iron Flat さんの投稿

あつた蓬莱軒から熱田神宮南門(正門)までは歩いて5分ほどです。熱田神宮とひつまぶしを一緒に楽しんじゃいましょう。

ひつまぶしパワーで夏バテ知らず!

「あつた蓬莱軒 本店」料理 648390

出典:はいなんち~さん☆さんの投稿

いかがでしたか?これからが本番の夏。伝統のひつまぶしを食べて、乗り切りましょう!

あつた蓬莱軒 本店の詳細情報

1000あつた蓬莱軒 本店

伝馬町、神宮前、豊田本町 / うなぎ、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理

住所
愛知県名古屋市熱田区神戸町503
営業時間
通常営業時間 11:30~14:00(L.O.) 16:30~20:30(L.O.)
定休日
水曜(祝日は営業)と第2・4木曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード