甘党必見!福岡市イチ有名な洋菓子店「フランス菓子16区」

甘党必見!福岡市イチ有名な洋菓子店「フランス菓子16区」

焼き菓子「ダックワーズ」発祥の店としても有名で、福岡の甘い物好きなら誰もが知っているお店「フランス菓子 16区」。平成27年・秋には、オーナーシェフ三嶋隆夫氏が黄綬褒章を受賞しました。1981年の開業以来たくさんの人に愛され続けている店内には、シェフのこだわりが感じられる焼き菓子やケーキが並んでいます。福岡でおいしいスイーツを食べたければ、ぜひおすすめしたいお店です。

2016年07月01日

30年以上愛される福岡の洋菓子店「フランス菓子 16区」とは?

「フランス菓子16区」料理 649897 土日限定!ボンムダルーム(上にプリン)486円

出典:My Diningさんの投稿

「フランス菓子 16区」(以下「16区」)は、流行を追ったり奇をてらうことなく、「良いお菓子を作る」ことを大切にしています。そのため、ごくごくシンプルな外見のお菓子がほとんどですが、厳選された素材を使って丁寧に作られたスイーツはどれも期待を裏切らないおいしさです。
「フランス菓子16区」料理 624399

出典:mikicatさんの投稿

住宅街の中にも関わらず平日でもたくさんの人が訪れ、福岡県内では1位2位を争うほどに人気の洋菓子店です。大切な方への手土産をこちらで購入する人も多く、福岡でスイーツを楽しむなら間違いのない「鉄板」のひとつと言えます。

「フランス菓子16区」料理 644210 杏仁プリン、16区独自の抽出技術で杏仁の味を最大限に引き出したさわやかな夏にぴったりのプリンです

出典:mayupapaさんの投稿

風味豊かな「杏仁プリン」は、杏(あんず)の種の中から取り出した仁(じん)を丁寧に煮出して作っているとのこと。人気のパイも、もちろん生地から手作りしています。

30年以上愛される福岡の洋菓子店「フランス菓子 16区」とは? 594101

出典:miya-tomoさんの投稿

JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」では、16区のオリジナルデザートがウェルカムスイーツとして提供されています。

全国から厳選された旬のフルーツを使用

奄美大島の契約農家で作られるパッションフルーツや新潟県三条のシャインマスカット、福岡県産の2種類のいちごなど、ケーキやジュレなどに使用する季節のフルーツも厳選されています。素材へのこだわりも、おいしさの秘密なんですね。
「フランス菓子16区」料理 645949

出典:DJKumaKumaさんの投稿

「いちじくのミルフゥイユ」には、地元福岡産の「とよみつひめ」を使用しています。

オーナーシェフ三嶋隆夫氏とは?

16区の商品には、オーナーシェフである三嶋氏のこだわりがつまっています。その「三嶋隆夫」氏とは、どんな人なのでしょうか?簡単にご紹介します。
「フランス菓子16区」その他 647805 シェフのご挨拶文

出典:やんやんこさんの投稿

三嶋氏の写真が載った16区のリーフレット。

小・中・高と野球少年で、大学ではラグビーに打ち込んでいたという三嶋氏。意外にも、パティシィエを志したのは大学卒業後に就職した帝国ホテルで、菓子部門に配属されてからのことだとか。その後、街のケーキ店での経験を得たのちに洋菓子の本場ヨーロッパへ。スイス、南フランスのニース、パリなどで修行を積みます。

この際に出会ったパリ「エルグワルシュ」のオーナー、エルグワルシュ氏の素材にこだわり手間を惜しまない菓子作りへの姿勢が、三嶋氏に大きな影響を与えたとのこと。

「フランス菓子16区」外観 647858

出典:自称独り者グルメさんの投稿

パリでの修行を終えて帰国した翌年、1981年に故郷である福岡市に「フランス菓子 16区」をオープンさせました。「自分の目が届く状態でお菓子を作り、売りたい」という三嶋氏のポリシーで多店化は行わず、現在も1店舗のみで営業されています。

「いい素材を探し、おいしいものを丁寧に作り、自信を持ってありがとうございましたと言ってお渡しする。それが本当のサービスだと思います」

出典:フランス菓子16区

ダックワースが生まれたお店

「フランス菓子16区」料理 593946

出典:ひまわりと白猫さんの投稿

「ダックワース」は三嶋氏が考案し、16区開業の際に今の形になりました。三嶋氏は、このダックワースの考案を含むこれまでの功績が認められ、平成19年には厚生労働省「現代の名工」を、平成27年秋には黄綬褒章を受賞しています。

2大看板商品「ダックワーズ」と「パイ」

16区を語る上で外せない人気商品といえば、「ダックワーズ」と季節の食材を使った「パイ」です。

元祖ダックワーズ

今では国内から本場フランスまで、さまざまな洋菓子店で作られていますが、一度は「元祖」の味を確かめてみては?手土産や贈り物としても人気の商品です。
「フランス菓子16区」料理 594111

出典:蕎麦嫁さんの投稿

外はサクッ、中はふんわり&もっちり…独特の食感と濃厚なクリームとの相性が絶妙。さすが元祖!と言いたくなる味です。

「今だけ」の楽しみ!季節限定のパイ

16区のもうひとつの名物は、旬の素材と手作りの生地で作られる季節限定のパイやタルトです。特に「アップルパイ」「ブルーベリーパイ」「マロンパイ」はファンが多く、発売時期を心待ちにしている人も少なくありません。
「フランス菓子16区」料理 594126 香ばしいパイ生地にしっとり栗クリーム、素朴な甘味の渋皮栗が絶妙のバランス

出典:ぱりそらさんの投稿

マロンパイ。サクサクのパイ生地の中には、大粒の渋皮煮が1粒丸ごと入っています。原料の栗は、熊本県球磨郡の契約農家で作られたもの。

「フランス菓子16区」料理 594136 マロンパイ

出典:ススムおじさんさんの投稿

アップルパイは2月~3月末、ブルーベリーパイは3月末~8月中旬、マロンパイは8月末~12月中旬の販売予定となっています。(写真はマロンパイ)

カフェスペースで甘いひととき♪

持ち帰りだけではなく、2階のカフェスペースにて、お好みのドリンクと一緒にケーキや焼き菓子を楽しむこともできます。
「フランス菓子16区」料理 595087

出典:ジョルノ☆さんの投稿

「今月はどんな味?」月替わりのデセールも楽しみ

カフェスペースを利用するなら、ここだけで味わえるデセールがおすすめです。内容は月替わりなので、行ってみてのお楽しみ♪(公式HP等で確認することもできます)

A photo posted by Haruka Love (@viola.haruka) on

こちらは、いちごを使用した3月のデセール。目でも舌でも季節を楽しめる、ここだけのスペシャルなデザートです♪

ドリンクにも「おもてなし」の心

アイスティーなどの冷たい飲み物に浮かんでいる氷。16区では、この氷に水ではなく飲み物そのもの(紅茶、ジュースなど)を凍らせたものを使用しているので、時間が経っても味が薄くなりません。カフェスペース自体はカウンターのみで少々手狭ですが、こういった配慮が嬉しいですね。
「フランス菓子16区」料理 595658 いただきま〜す

出典:kinako-ankoさんの投稿

ジュースにはジュースを凍らせた氷、アイスティーには紅茶を溶かした氷、アイスコーヒーにはコーヒーを凍らせた氷が浮かんでいます。なお、写真右はサンギーヌ(フラッドオレンジ)のフレッシュ・ジュースで、宇和島産のブラッドオレンジを絞って作られています。

「フランス菓子16区」内観 589976 カウンター10席のみのこじんまりした空間

出典:えこだねこさんの投稿

カフェスペースはお店の2階。食べたいケーキを1階で注文後、エレベーターで2階に上がります。ただし、12月中はカフェスペースがお休みになっていることがあるので、ご注意ください。

まだまだある、魅力的な商品たち

焼き菓子

16区では、ダックワース以外の焼き菓子にも定評があります。オーソドックスなラインナップが中心で派手さは乏しいものの、新鮮さや素材にこだわった「堅実」な味わいです。
「フランス菓子16区」料理 595160 パウンドケーキ・いちじく、オレンジ、ブルーベリー

出典:ベリータルトさんの投稿

いちじく、オレンジ、ブルーベリー、ごま、ショコラ、りんご等…いろいろな味わいが楽しいパウンドケーキ。

「フランス菓子16区」料理 595158

出典:蕎麦嫁さんの投稿

素材の良さや新鮮さが感じられるシンプルなシフォンケーキ、マドレーヌやフィナンシェなど、たくさん並んだ焼き菓子は出来たてを提供するために毎日焼いているとのこと。さっくりとバターが香る厚揚げクッキー「ギャレットブルトンヌ」やサブレなどは、日持ちがするのでプレゼントにも重宝しそう♪

生ケーキ

定番から旬の新鮮なフルーツを使ったものまで。ショーケースに並ぶ色とりどりの生ケーキは、見ているだけでワクワクしますね。素材の味が活きる、上品な甘さのものが多い印象です。

A photo posted by 齋藤 奈々 (@nana.saitou) on

シュークリームにモンブラン、季節のフルーツを使ったショートケーキやプリン…どれを食べようか迷ってしまうかも。

アイスクリーム&シャーベット

アイスクリームやシャーベットにも、オーナーシェフの技術とこだわりが生きています。こちらもひそかな人気商品。暑い時期には、特におすすめです。
「フランス菓子16区」料理 595157

出典:スナップエンドウさんの投稿

福岡県八女産の抹茶を使った抹茶アイス。アイスクリームは卵が一切入っていないのが特徴で、新鮮な牛乳を使用した濃厚な味わいです。また、シャーベットは果汁を贅沢に使い、フランス伝統の製法で驚くほどなめらかな食感を楽しむことができます。

専用駐車場あり。博多駅からはバス・地下鉄が便利

閑静な住宅地の中にある16区。初めてだと少し分かり難いかもしれませんが、博多駅からタクシーで約10分程度の距離です。最寄りのバス停「南薬院バス停」からは徒歩1分程度、地下鉄なら「薬院大通駅」2番出口より徒歩4分程度なので、こちらを利用しても良いですね。
「フランス菓子16区」外観 595647 西鉄薬院駅から徒歩10分

出典:kinako-ankoさんの投稿

福岡市中心部にあるお店では珍しく専用駐車場(もちろん無料!)があるので、自家用車での来店も便利です。

フランス菓子16区の詳細情報

5000フランス菓子16区

薬院大通、桜坂、薬院 / ケーキ、喫茶店

住所
福岡県福岡市中央区薬院4-20-10
営業時間
10:00~18:00 ※2Fの喫茶は、10:00〜17:00です。
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)イートインは木曜日も休み
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

「フランス菓子16区」料理 645993

出典:ごしこさんの投稿

いかがでしたか。個人的においしいと感じた商品はいろいろありますが、特にダックワーズは「さすが」の味・食感です。甘党の方は機会があればぜひ、お立ち寄りくださいね♪

福岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

福岡県×ホテル・宿特集

関連キーワード