2016年04月05日

箱根オーベルジュ「オー・ミラドー」。巨匠・勝俣登シェフの贅沢フレンチ

箱根オーベルジュ「オー・ミラドー」。巨匠・勝俣登シェフの贅沢フレンチ

誰もが憧れるオーベルジュ。一度、日帰り体験してみませんか?伝説のシェフ勝俣登氏が手掛ける日本初のオーベルジュ「オー・ミラドー」は、緑豊かな箱根の森の中にあります。そこで提供されるのは厳選された素材と匠の技が生み出す、至高のフレンチ。箱根の旅行のついでに、お祝いの日や記念日に、ぜひ贅を尽くしたひとときを過ごしてみて。オー・ミラドーはレストランだけの利用も可能です。

春夏秋冬、どの季節に訪れても美しい景観で私たちを魅了してくれる箱根。雄大な富士山が目の前にそびえ、自然に囲まれた穏やかな芦ノ湖は、箱根の絶景ポイントのひとつですね。その芦ノ湖畔から車で3分。緑の中を走り抜けた場所に、日本初のオーベルジュ「オー・ミラドー」はあります。

13834

出典:vermeer60252さんの投稿

オーベルジュとは、郊外にある宿泊設備を備えたレストランのことです。発祥は美食大国フランス。その土地の食材を使ったお目当ての料理を楽しむためにわざわざ出かけ、そして食後は併設している客室に泊まるという贅沢なスタイルが貴族たちの間で流行ったことが起源です。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」外観 13836 ロマンチックな花道

出典:loreleyさんの投稿

オー・ミラドーの建物はまるでフランス郊外のシャトーのよう。門からエントランスまでのアプローチも木々に囲まれ雰囲気があります。

地場の食材から見事な料理を生む、伝説のシェフ

オー・ミラドーにて繊細で美しい料理を生み出すのは、フレンチの巨匠・勝俣登シェフ。2012年には、農林水産省「料理マスターズ」の称号を受賞しています。
オランダ、パリ、ニースで修行を積み、帰国後、西麻布に「ビストロ・ド・ラ・シテ」をオープンしました。このお店はパリの下町のような陽気さとカジュアルで優雅な料理が話題となり、東京にビストロ・ブームを巻き起します。1986年、箱根にオー・ミラドーを開業。以来、箱根近隣のこだわりの食材を集め、匠の技で芸術的な料理を提供し続けています。小泉元総理やキャメロン・ディアスも勝俣シェフのファンとして有名です。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13839 フォアグラのブリュレ

出典:

ここでしか味わえない至高のフレンチ、その理由とは

勝俣シェフのこだわりは、食材。
伊豆の「天城軍鶏」、「天城あまご」、朝霧高原の「富士金華豚」、野菜やハーブは三島市の廣川農園産のものを使用しています。どれも勝又シェフがこだわりぬいて選び、地産地消を掲げて心と体に優しいフレンチを生み出しています。とくに廣川農園では、勝又シェフの要望で栽培する野菜を決めています。

ここでしか味わえない至高のフレンチ、その理由とは13842

出典:YAMさんの投稿

あまごとは、淡水魚の一種です。やまめや鮎と同様に美しい川にしか棲息していません。その姿の美しさから「清流の女王」とも言われ、釣り人の憧れのまとです。淡白で滋味にあふれた味わいに、勝俣シェフは惚れ込みました。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13843

出典:conneyさんの投稿

勝俣シェフが愛する、廣川農園の野菜。廣川農園では、必要最低限の農薬や肥料のみで栽培し、野菜たちが自然に育つような環境作りを大切にしています。決して過保護にせず、野菜の顔をみて育てることが美味しさの秘訣だそうです。

オー・ミラドーの料理は、西と東が融合した至高のフレンチ

オー・ミラドーの料理は、『西と東の融合』がテーマです。勝俣シェフが40年かけて築き上げたフレンチ(西)の経験をベースに、伝統的かつ繊細な和食(東)の技法を取り入れ、ここでしか味わうことのできない料理に仕上げています。
心と体に優しく、知的でかつ開放感にあふれた独創的な味わい。大胆さと繊細さが醸しだす芸術的な一皿は、食べるのを躊躇してしまうほどの芸術品なのです。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13846

出典:

まるで絵画のような洗練されたフレンチ。勝俣シェフの感性が光ります。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13847 前菜

出典:しゃべログさんの投稿

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13848 えぞ鹿背肉のゆっくりロースト、ソースグランヴヌールとフルーツのガレットと共に

出典:神林静さんの投稿

勝俣シェフの得意料理のひとつ、ジビエ。滋味深い野生の味も、シェフの手によってエレガントな1品に仕上がります。こちらは、えぞ鹿背肉のロースト・ソースグランヴヌールとフルーツのガレット添え。かたいと言われる鹿肉も、ゆっくりローストすることで柔らかく奥深い味わいに。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13849

出典:

伊勢海老を使ったひと品。
味もルックスも、まさに和と洋が溶け合った逸品です。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13850

出典:pascal plusさんの投稿

デザートもスタイリッシュ!
こちらは、苺とビーツのムース・チュイ―ルとシャーベット。甘酸っぱく華やかな味わいは、食後にぴったりです。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」料理 13851 部屋で頂くことのできる朝食は、何とも優雅でした。(芦ノ湖が見えて最高!!)

出典:サンチョ丸さんの投稿

オーベルジュに宿泊するといただくことのできる朝食もすばらしい。広川農園産の野菜やフルーツをふんだんに使っています。パンに添えられたジャムは、素材の味が存分に味わえる自家製のものです。

うっとりするほどのエレガントな空間でお食事を

最高のレストランとは、料理が美味しいだけではありません。内装、サービス、使用する食器まですべてのバランスが大切です。オー・ミラドーは、その外観から想像できるとおりダイニングもとてもエレガント。華やぐ気持ちを抑えられなくなること必至です!

「オーベルジュ・オー・ミラドー」内観 13854

出典:loreleyさんの投稿

メインレストランは、テラスサイドにあります。
落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりとディナーを楽しむことができます。

「オーベルジュ・オー・ミラドー」内観 13855 テラス席

出典:Cookie0307さんの投稿

天気の良い日には、テラス席でのランチも素敵ですね。開放的な気分で食事がいただけます。

オーベルジュ・オー・ミラドーの詳細情報

オーベルジュ・オー・ミラドー

箱根その他 / フレンチ、オーベルジュ

住所
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159-15
営業時間
17:30~20:30(L.O)
定休日
毎週火曜日・水曜日(GW等の連休時は変動いたします)
平均予算
  • ¥30,000~

オーベルジュが旅館やホテルと違うところは、「最高の料理を食べに、わざわざ泊りがけで出かける」というところにあります。とっても贅沢なことですね。オー・ミラドーでは、宿泊をしなくても、日帰りでレストランで食事だけを楽しむことができます。普段よりおしゃれをして、最高の料理を食べるために箱根に出掛けてみませんか。贅沢な休日をお約束します。

関連記事

箱根×ホテル・宿特集

関連キーワード