2017年07月11日

毎日が花火ざんまい!「諏訪湖の花火」は迫力が違います!

毎日が花火ざんまい!「諏訪湖の花火」は迫力が違います!

長野県・諏訪湖では毎年3つの花火イベントが開催されています。例年8月15日に行われる「湖上花火大会」、さらに9月第一土曜日に行われる「全国新作花火競技大会」。そして、7月24日〜8月31日の期間中の毎日開催される「サマーナイトファイヤーフェスティバル」と、夏の諏訪湖は花火だらけ!あなたはどの花火を見に行きますか?詳しく紹介していきましょう♪

諏訪湖の夏は花火!花火!花火!

諏訪湖の夏は花火!花火!花火!1242677

出典:ミカさんの投稿

諏訪湖は長野県諏訪市、諏訪盆地の真ん中にある湖。普段は遊覧船やボート、ワカサギ釣りを楽しめる観光スポットですが、夏は花火一色になります!毎年8月15日に行われる「湖上花火大会」と9月の第一土曜日に行われる「全国新作花火競技大会」の2大花火大会のほかに、7月下旬から約1ヶ月間に渡って毎日「サマーナイトフェスティバル」が開催され、多くの観光客で賑わいます。
諏訪湖の夏は花火!花火!花火!1242728

出典:しろいねこさんの投稿

諏訪湖の花火がなぜそんなに魅力的なのか?それは、諏訪湖の地形が花火に適しているからなんです。諏訪湖は四方を高い山々に囲われているため、花火の音が山々に反響し、自然の音響効果で体の芯まで響いてきます。さらに、湖面から打ち上げられる花火は遮られるものがないため迫力いっぱい!
諏訪湖の夏は花火!花火!花火!1242732

出典:y.msyさんの投稿

全国でも指折りの花火として知られる諏訪湖の花火。それぞれを詳しく紹介していきましょう。

4万発の花火が楽しめる「湖上花火大会」

4万発の花火が楽しめる「湖上花火大会」1242734

出典:Shota_0530さんの投稿

毎年8月15日に行われる打ち上げ数・規模ともに他の2つから群を抜いてすごい花火大会です。打ち上げ数はなんと4万発。見どころは、短時間で大量の花火を打ち上げてひとつのテーマを表現する水上スターマイン。早打ちのように夏の夜に花火が咲くと、観客から大きな歓声が上がります。
4万発の花火が楽しめる「湖上花火大会」1242679

出典: robinさんの投稿

そしてこちらがもうひとつの見どころ「ナイヤガラ」。その全長はなんと2000m!フィナーレを締めくくるにふさわしい美しさです。最後の最後まで迫力いっぱいに楽しませてくれます。

湖上花火大会の知っとく情報♪

湖上花火大会には、大会の協賛者制度「メッセージ花火」というものがあります。これに参加すると、花火協賛者用の指定席を用意してもらえる嬉しい特典がつきます。例年、多くの鑑賞客でごった返して場所取りも一苦労なのでとてもオススメ!申し込みは郵送で先着順。目標金額に達したところで締切となりますので気になる方は早めに公式HPをチェックして下さい。

アートを楽しむ「全国新作花火競技大会」

アートを楽しむ「全国新作花火競技大会」1242708

出典:鈴電さんの投稿

全国から選ばれた花火師が、自由な発想で花火を作ってその腕を競う競技大会です。2017年は9月2日(土)に開催されます。花火師の才覚と、目新しい花火が楽しめるとあって、人気は年々うなぎ上りです。昨年は新作・新鋭花火が18000発打ち上がりました。
アートを楽しむ「全国新作花火競技大会」1242730

出典:ミカさんの投稿

音楽に合わせて色とりどりの花火が楽しめます。ひとつひとつが芸術作品!

アートを楽しむ「全国新作花火競技大会」1242707

出典:鈴電さんの投稿

諏訪湖ならではの水上スターマインも見どころです。

毎日開催「サマーナイトフェスティバル」

毎日開催「サマーナイトフェスティバル」1242731

出典:soranopaさんの投稿

「花火見たいね~」なんて、その日の思い立ちで本当に見られたらすごいと思いませんか?諏訪湖ならそれが可能!7月23日〜8月27日(8月15日を除く)の期間中、毎晩800発を打ち上げる太っ腹なイベント「サマーナイトファイヤーフェスティバル」が2017年も開催されます。
毎日開催「サマーナイトフェスティバル」1242689

出典:鈴電さんの投稿

毎晩打ちあがる花火だって、一切の妥協はなし。毎晩20時30分から約15分間打ち上げられます。これなら、予定が合わなくて花火大会に行けなかった…なんて、がっかりしなくて大丈夫!夏の素敵な思い出をたくさん作るのにもオススメです。

地元っ子がアドバイス!おすすめ鑑賞ポイント

場所取りに苦労したくないなら

今から間に合う有料席のチケットは当日、または指定コンビニで事前に購入出来ます(7月28日~)。さらに、各旅行会社のツアーを申し込むことも可能です。

A post shared by @akane_ns on

頑張ってでも目の前で花火を楽しみたいなら

迫力重視なら湖畔沿いがおススメ!早くから場所取りをする必要がありますが、道路や立ち入り禁止区域以外であれば見る場所はどこでもOKです(但し、場所取りに関するルールを公式HPでチェックしてくださいね)。さらに、周辺のホテルでは屋上席を用意しています。空き席があると販売していますので、要チェックです。
頑張ってでも目の前で花火を楽しみたいなら1242729

出典:1025村の住人さんの投稿

湖畔から見る花火は大迫力!

混雑をなるべく回避したいなら

「混雑はできるだけ避けたい」という方や、「花火全体を写真におさめたい」という方は、塩尻市にある高ボッチ(たかぼっち)高原の見晴台がオススメです。ただし、路上駐車は禁止なのでご注意くださいね。
混雑をなるべく回避したいなら1242712

出典:ひで@さんの投稿

高ボッチ(たかぼっち)高原の山頂から見ると諏訪湖と花火の全景を楽しめます。

ルールを守って楽しく鑑賞♪

心に余裕を持って出かけよう!

湖上花火大会は50万人(諏訪市の人口の約10倍!)が訪れ、新作花火競技大会も30万人が訪れる大人気イベントです。湖畔周辺に人が集中するため、100m歩くのに10分かかることもあります。イライラせずに、心に余裕のある大人な対応をしてくださいね。
心に余裕を持って出かけよう!1242724

出典:クーロン8さんの投稿

想いやりの精神で!

車は可能なかぎり避けよう!

道路は隣の市町村から渋滞がおき、湖周辺は午後には通行止めになるところも多くあります。できるだけ公共交通機関を使うのがオススメです。
車は可能なかぎり避けよう!1242725

出典:YUKI##さんの投稿

何十分も動かない…なんてことも。

どうしても車で来る場合は

湖畔の周辺に有料の駐車場が用意されていますが、オープンして30分もしないうちに満車になることもあるので、できるだけ早い到着を!遅くても10時頃までに到着しておくのがオススメです。さらに、花火終了後は歩行者天国が解除されるまで駐車場から出られないので、その場で仮眠をとってから出発するのが吉!

上着&レインコートを持参しよう!

信州の夜は夏でも涼しいときがあります。花火大会はいずれも雨天決行なので、雨が降ると急激に冷えることも。薄い長袖を用意しておくのがオススメです。また、急な雨の場合、傘をさすのは禁止なのでレインコートを持って行きましょう!
上着&レインコートを持参しよう!1242727

出典:トリカイさんの投稿

浴衣と下駄より洋服とスニーカーがベター

湖上花火大会と新作花火競技大会は人でごった返すため、浴衣や下駄だとかなり大変でオススメしません。浴衣を着て優雅に花火を楽しむならサマーナイトフェスティバルがいいですよ。
浴衣と下駄より洋服とスニーカーがベター1242696

出典:

電車に乗るまでに2時間かかったという人もいます。

ゴミの分別を徹底しよう

大量に出たゴミは翌朝に周辺の小中学生を含めた市民団体などがボランティアで片付け、清掃をしてくれています。大きなゴミ箱を設置しているので、ボランティアの方の活動が少しでも楽になるように、しっかり分別して捨てたいですね。
ゴミの分別を徹底しよう1242697

出典:イナロメナ巾さんの投稿

人が集まると、ごみの問題がついてきます。みんなが気持ちよく楽しめるようひとりひとりの心がけを。

どうやって行くの?

■電車の場合(推奨ルート)
JR中央線「上諏訪駅」下車、徒歩で湖畔まで約10分(混雑していない場合)。

■車の場合
中央自動車道「諏訪IC」下車後、出口1つ目の信号を左折後、諏訪湖に出るまで直進、上川大橋の信号を右折します。約4km 15分(通常時)。
どうやって行くの?1242702

出典:ラパロマさんの投稿

いかがでしたか?天然の音響効果と遮るものなく目の前で打ちあがる迫力いっぱいの花火。ぜひ、体感しに訪れてみませんか?

長野県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード

白馬を旅する編集部おすすめ