山中湖の観光もできる♪音楽フェス「スイートラブシャワー」

山中湖の観光もできる♪音楽フェス「スイートラブシャワー」

山中湖に囲まれた場所で開催する、音楽フェス「スイートラブシャワー」。会場は、空気も景色も抜群です。遊びに行ったら周辺の観光スポットや、美味しいグルメを堪能して帰りたいもの♪スイートラブシャワーに行く人におすすめの、山中湖観光をご紹介します!

2017年06月21日

世界文化遺産「山中湖」

世界文化遺産「山中湖」1198486

出典:jpn3720さんの投稿

東京から近場の避暑地「山中湖」。世界遺産・富士山の麓に広がる、富士五湖のひとつです。富士五湖の中では一番の広さ!富士山が「信仰の対象」や「芸術の源泉」としての価値があることを証明する構成資産の一部として、山中湖も世界文化遺産に登録されています。

そんな山中湖で開催する音楽フェス「スイートラブシャワー」に行く人に、山中湖の観光スポットをご紹介します!

山中湖で開催!SWEET LOVE SHOWER(スイートラブシャワー)

スペースシャワーTV主催!野外音楽フェス

SWEET LOVE SHOWER(スイートラブシャワー)は、日本最大の音楽チャンネル・スペースシャワーTVが主催する、野外音楽フェスです。1996年より「日比谷野外音楽堂」で毎年開催されていましたが、2007年以降「山中湖交流プラザきらら」で開催されています。
ステージは複数ありますが、タイムスケジュール上はライブが被らないように工夫されています。端から端のステージ間は徒歩約10分ほど!たくさんのアーティストの出演が決まっているので、好きなアーティストのスケジュールを見て、ゆったりと行動しましょう。2017年は8月末に3日間開催。湖畔には宿泊施設も多いので、旅行も盛り込んで、夏の終わりをエンジョイ♪

「山中湖交流プラザきらら」が会場

■開催日時
2017年8月25日(金)、26日(土)、27日(日)
開場9:00、開演10:30(予定)

■開催場所
山中湖交流プラザきらら

■電車でのアクセス方法
御殿場駅から富士急路線バス40分、富士山駅から富士急路線バス25分、山中湖で下車。
山中湖から「山中湖周遊バス・ぐるりんバス」乗車、きらら前バス停下車。

■車でのアクセス方法
東富士五湖道路→山中湖ICから約15分、東名自動車道→御殿場ICから約20分。

フェスファッション

開催日は8月末ですが、晴れれば昼間は気温が30℃前後まで上がり、曇りだと最低気温は20℃を切ることもあります。さらに雨が降った場合、会場内の地面は一面がどろどろの田んぼ状態になることも。汚れてもいいスニーカーと念の為の防寒着、日陰は少ないので日除けの帽子もお勧めします♪

会場に行ったら寄りたい観光スポット

会場周辺から富士山の絶景を堪能

日本人であることが誇りに思える、美しい富士山。早朝や日暮れなどに、様々な表情を見せてくれます。山中湖畔はなだらかなので、散策しながら富士山の美しさを堪能!もちろん会場から富士山を堪能できるスポットもあるので、ライブの合間に富士山鑑賞もできちゃいます♪
会場周辺から富士山の絶景を堪能1198487

出典:メグ吉さんの投稿

山中湖に映る、鏡富士。晴れた日の早朝に見られることが多いので、フェスの前に早起きして見に行けます♪

散策は SEGWAY(セグウェイ) でも出来ます♪

山中湖交流プラザきらら公園内で、セグウェイの試乗体験ができます(16歳以上)。セグウェイに乗って、心地よい山中湖の風を感じてみませんか?予約が必要ですので、詳しくは下記サイトをチェック!

レンタル自転車でサイクリング!「山中湖ドライブセンター」

レンタル自転車でサイクリング!「山中湖ドライブセンター」1198485

出典:

山中湖ドライブセンターは、山中湖で1番最初にレンタル自転車を始めたお店です。マウンテンバイク、2人乗り自転車、子供自転車、補助輪、カマキリ自転車など、100台完備。山中湖畔はサイクリングロードが充実していますので、自転車で散策も楽しめます。

■アクセス
会場からは車で5分、徒歩30分程度。富士急行バス「山中湖 旭日丘」下車。
レンタル自転車でサイクリング!「山中湖ドライブセンター」1198484

出典:

サイクリングコースが指定されています。

山中湖を一周、白鳥の湖

山中湖を一周、白鳥の湖1198456

出典:さとまろ伯爵さんの投稿

「日本一の富士の麓・山中湖に、日本一美しい白鳥を浮かばせよう」をコンセプトに、デザイナーの水戸岡鋭治氏によってリニューアルされた「白鳥の湖」。白鳥に乗って、湖上から富士山を楽しむのも絶景です。

■乗り場
会場に近いほうの乗り場「旭日丘桟橋乗り場」と「山中桟橋乗り場」の2ヵ所あります。

■アクセス
会場から「旭日丘桟橋乗り場」は、徒歩約35分、車で約6分。
バスの場合、旭日丘桟橋乗り場は旭日丘バスターミナルを下車、山中桟橋乗り場は観光船のりばを下車。

山中湖乗馬クラブ・馬車道

乗馬初心者でも、スタッフが横について色々教えてくれるので、気軽に馬の上で森林浴を楽しめます。必要なものは長いパンツ、スニーカー、軍手のみ。富士山をバックに、乗馬姿で記念撮影してくれます。

■アクセス
会場からは車で約10分。富士急行バス「山中湖役場前」下車、徒歩15分。

クラフト体験にバーベキューも!ダラスヴィレッジ

クラフト体験にバーベキューも!ダラスヴィレッジ1198478

出典:

クラフト工房・ダラスヴィレッジでは、本格派から手軽なものまで、全11種の手作り体験ができます。吹きガラス、トンボ玉、ワイヤークラフト、万華鏡、陶芸など、小さなお子様でも楽しめる内容もあります。またレストランでは、富士山が一望できるテラス席でバーベキューが楽しめます!店内席もあるので、雨天でも安心です。

■アクセス
会場の隣。富士急行バス「三国山ハイキングコース入口」下車、徒歩1分。
クラフト体験にバーベキューも!ダラスヴィレッジ1198479

出典:

見本を見て、作りたいもの、形、色、デザインを吟味できます。

クラフト体験にバーベキューも!ダラスヴィレッジ1198480

出典:

スタッフが丁寧に教えてくれるので、初心者でももちろん楽しめます♪

山中湖温泉・紅富士の湯

山中湖温泉・紅富士の湯1198490

出典:

山中湖温泉 紅富士の湯は、眼前に富士山が拝める絶景のロケーションです。さまざまなお風呂が完備されているだけでなく、露天風呂からは富士山が拝めます。スイートラブシャワーではしゃいだ疲れを、自然の中でゆっくりと癒しましょう♪

■アクセス
会場からは車で約15分。山中湖周遊バス「ふじっ湖号」に乗車、「紅富士の湯」下車。

行き帰りに食べたい♪ ご当地グルメ

山梨の郷土料理・ほうとうの名店「小作(こさく)」

「小作 山中湖店」外観 1198492

出典:赤猫さんの投稿

山梨でほうとうと言えば「小作」。会場からは車で約8分の場所にあります。ほうとうをはじめ、山梨のB級グルメ「鳥モツ煮」や「煮貝」など、山梨の味を堪能することができます。

「小作 山中湖店」料理 1198493

出典:能継(よしつぐ)さんの投稿

熱々の鉄鍋で登場するほうとう。一番人気の「かぼちゃほうとう」には自然な甘みの大きなかぼちゃが入っています!ゴボウ、山菜、里芋、じゃがいも、ニンジン、白菜など、野菜たっぷりで具沢山です。

「小作 山中湖店」料理 1198494 辛口カルビほうとう

出典:emporioさんの投稿

こちらは「辛口カルビほうとう」。ほうとうは、鴨肉ほうとうや猪肉ほうとう、熊肉ほうとう、すっぽんほうとうなど、あまり見かけることのないメニューも豊富です!

小作 山中湖店の詳細情報

小作 山中湖店

山中湖村その他 / ほうとう、天ぷら、郷土料理(その他)

住所
山梨県南都留郡山中湖村山中234-15
営業時間
11:00~20:00(L.O. 4月~11月 19:40 12月~3月 19:30)
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

もう1つの郷土料理・吉田うどんの名店「渡辺うどん」

「渡辺うどん」外観 1198495

出典:たまがわたろうさんの投稿

吉田(よしだ)うどんは硬くてコシが強い、山梨の郷土料理です。2007年に「農山漁村の郷土料理百選」に選定されました。そんな吉田うどんの名店「渡辺うどん」は、グルメ漫画「美味しんぼ」でも紹介されました!

「渡辺うどん」料理 1198465

出典:ここで一句!さんの投稿

ボリューム満点「肉玉うどん」。茹でキャベツ・油揚げ・わかめ・味付け馬肉が入っています。出汁も最高!

「渡辺うどん」料理 1198466 【肉つけ冷しうどん】

出典:momonga_tomoさんの投稿

「肉つけ冷やしうどん」。つけ麺タイプも人気で、吉田うどんの太麺を堪能できます♪

渡辺うどんの詳細情報

渡辺うどん

忍野村その他 / うどん、郷土料理(その他)

住所
山梨県南都留郡忍野村内野545-2
営業時間
11:00~14:00(うどんなくなり次第終了)
定休日
水曜日(祝日の場合は営業)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

まとめ

まとめ1198434

出典:乱反射ガールさんの投稿

美味しい名物料理や、景色の良い観光スポットがたくさんある山中湖。綺麗な空気をたくさん吸って、大好きなアーティストへの愛を叫んだ後は、山中湖を丸ごと堪能しませんか?

山梨県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ