夏だ!ビールだ!出来立てだ!全国のビール工場見学ツアー

夏だ!ビールだ!出来立てだ!全国のビール工場見学ツアー

普段お家で飲んでいる缶ビールや、居酒屋で飲むビール。いつもお世話になっているビールがどうやって作られているか気になりませんか?アサヒビールやサッポロビールなど大手ビールメーカーでは、ビールの製造工程が見られるビール工場見学ができちゃうんです。できたての香ばしいビールは、それはもう激ウマです!大人の社会科見学に行ってみませんか?

2016年08月15日

工場見学は刺激がいっぱい!

工場見学は刺激がいっぱい!661480

出典:issei0922さんの投稿

みなさんは工場見学をしたことはありますか?小学校のときに社会科見学で工場に行ったという人は多いかもしれませんね。でも工場見学は子どもだけの特権ではありません。それどころか「大人になった今だからこそ、工場見学の本当の楽しさがわかる」といっても過言ではないんです!
工場は、日本のものづくりの最前線。高度な技術の結晶であることはもちろん、卓越したデザイン、徹底した清潔感、周囲の自然環境との調和などなど。日本の企業が世界に誇るさまざまな要素を間近で体感できる工場見学は、まさに“大人のための娯楽”です!

これぞ大人の社会科見学!ビール工場へGO!

これぞ大人の社会科見学!ビール工場へGO!662661

出典:雅☆さんの投稿

さまざまなメーカーが工場見学を実施していますが、今回おすすめしたいのが「ビール工場」です。夏といえば枝豆、そして何より・・・ビールですよね♪ 普段から飲みなれているあの銘柄が、どんな場所でつくられているのか興味ありませんか?
技術の高さはいうまでもありませんが、工場内のデザインや清潔さ、周辺環境との調和など、日本のビールメーカーの工場は大人だからこそ素晴らしさを実感できる場所です。なにより楽しみなのは、見学の最後に必ずある「試飲タイム」!これぞ大人の社会科見学の醍醐味ですよね。
ここからは主なメーカーの工場見学についてご紹介していきます。各メーカーで趣向をこらした工場見学を実施していますが、「ビールの製造工程の説明」→「工場設備の見学」→「試飲タイム♪」という流れは共通しています。

アサヒビール神奈川工場(神奈川県南足柄市)

アサヒビール神奈川工場(神奈川県南足柄市)661307

出典:のーぶるさんの投稿

まずはじめに、「スーパードライ」でおなじみのアサヒビールの工場見学を例に、ビール工場見学の大きな流れをご紹介しましょう!

売上げ日本一の秘訣とは?工場見学でアサヒビールの取り組みを知る

アサヒビールの工場は全国に8カ所。今回はその中から都心に近い神奈川工場の工場見学をご紹介します。

A photo posted by Hiroya Aiba (@hiroyaaiba) on

大ヒット商品「スーパードライ」の秘密とは?

アサヒビールの看板商品はもちろんあの「スーパードライ」。日本初の本格派辛口ビールとして開発されたスーパードライは、低迷していたアサヒビールを一気に市場トップのメーカーへ押し上げる原動力となった傑作です。
トップメーカーであるアサヒビールのビール造りには、いったいどんな秘密があるのでしょうか?ここ神奈川工場をはじめ、全国のアサヒビールの工場見学では、まず映像とガイドの解説を通じて、見学者にアサヒビールのビール製造過程を詳細に説明してくれます。

厳選した原料と最先端の設備。至高のビールが完成する現場をチェック!

ビールの原料である麦芽やホップを見たことはありますか?アサヒビールの工場見学では、原料となる良質な麦芽やホップを直接手にとって観察できます。
厳選した原料と最先端の設備。至高のビールが完成する現場をチェック!663729

出典:

原料をチェックしたら、いよいよ醸造現場の見学へ。仕込釜から始まり、ろ過室、びん詰、缶詰など、ビール造りの工程をしっかり目に焼き付けましょう。

お楽しみの試飲タイム!

A photo posted by Kanako Yamaguchi (@kakopooh) on

見学が終わったら、いよいよお楽しみの試飲タイム!ここでは20分間でタンブラー3杯のアサヒビールを試飲できます。特製のおつまみとともにいただく、できたてほやほやのスーパードライの味は格別です。

ビオガーデンにも立ち寄ってみよう!

アサヒビール神奈川工場は、敷地内に水と緑に満ちたビオガーデンを併設。自然の生態系や環境について考える場として公開しています。ビオガーデンに棲む生物の観察会などが定期的に行われているので、小さな子どもさんを連れて見学に行くのもいいですね♪

サッポロビール北海道工場(北海道恵庭市)

サッポロビール北海道工場(北海道恵庭市)661310

出典:金魚救いアイコンさんの投稿

つづいて「黒ラベル」や「エビス」でおなじみ、サッポロビールの工場見学をご紹介します。サッポロビールの工場見学でオススメしたい場所は、なんといっても北海道工場です。その名のとおり、札幌はサッポロビールが創業した土地。ゆかりある札幌の地にとって、サッポロビールブランドはまさに郷土の誇りです。

A photo posted by a_k_i_r_a_o (@a_k_i_r_a_o) on

最寄駅はJR千歳線「サッポロビール庭園」駅。会社の名前をつけた駅ができてしまうほど、サッポロビールは札幌の人たちに愛されているんですね。

澄みきった青空と空気、そして黒ラベル!

現在サッポロビールで見学できる工場は全国に3カ所あります。そのうちのひとつ、北海道工場を特におすすめする最大の理由は、その立地環境にあります。
北海道にあるビール工場のなかでも屈指の規模を誇るのが「サッポロビール北海道工場」。緑豊かで広大な敷地には、巨大なビール工場のほかにピクニックもできる芝生広場やパークゴルフ場などがあり、多くの観光客を呼び込む観光スポットとしても人気を博しています。

A photo posted by Etotin (@etotin) on

北海道には梅雨がないので5月から初夏にかけても晴れの日が続きます。澄み切った青空の下、芝生にビニールシートを敷いて、キンキンに冷やした黒ラベルで乾杯なんて最高ですよね♪
澄みきった青空と空気、そして黒ラベル!661314

出典:mnpさんの投稿

工場見学のあとはビール園でジンギスカン!

工場見学でいただける試飲は2杯まで。「ちょっと物足りないかも」という人は、ぜひ隣接するサッポロビール園へ。
工場見学のあとはビール園でジンギスカン!663925

出典:ymucさんの投稿

大正元年に建てられたレトロな工場を改築したビヤホールで、工場直送の新鮮なサッポロビールと北海道名物ジンギスカンを心ゆくまで堪能できます。
工場見学のあとはビール園でジンギスカン!663931

出典:ymucさんの投稿

独特のうま味のあるジンギスカンは、ビールと一緒にいただくと口の中がさっぱりしていくらでも食べられちゃいますよね!

キリンビール福岡工場(福岡県朝倉市)

キリンビール福岡工場(福岡県朝倉市)663949

出典:凛々さんの投稿

元祖「お父さんのビール」、キリンビール。日本のビールの代名詞のような存在ですよね。おなじみのロゴマークは、日本の景色の一部といってもいいくらい、知らない人のいないデザインです。

50周年をむかえる福岡工場へ!

そんなキリンビールの工場見学でオススメしたいのが、2016年に創業50周年をむかえる福岡工場です。
「キリンビアファーム 福岡」外観 664015 看板

出典:オフコースさんの投稿

キリンビールの看板商品といえば「一番絞り」ですよね♪ ここ福岡工場にかぎらず、全国に9カ所あるキリンビールの工場見学では、一番絞りのうまさの秘密を探るガイドがメインとなっています。
50周年をむかえる福岡工場へ!663456

出典:あきよしくんさんの投稿

一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、ホップの香り体験といった珍しい企画もあるので、ぜひ体験してみてくださいね♪

記念イベントにも注目を!

創業50周年をむかえる福岡工場では、2016年限定の記念イベントを開催!通常の見学のほかに、「タイムトリップツアー」と題する特別の見学コースを用意。解説を担当するガイドさんは歴代の制服を着用してお客さんを出迎えます。

試飲タイムで「おじいちゃんの味」を確かめる

A photo posted by Kasumi Ogata (@kasumisty72) on

試飲タイムでは、通常の「一番搾り」や福岡工場限定醸造の「福岡づくり」のほかに、昭和40年代の味を再現した「キリンクラシックラガー」もテーブルにならびます!おじいちゃんたちがどんなビールで喉をうるおしていたのか。古き良き時代の雰囲気を味わうことができますよ。

A post shared by @beomhwan.p on

見学のあとはきれいな花畑でのんびりと♪

キリンビール福岡工場には、広大な花畑が広がっていて、見学におとずれる人たちの憩いの場となっています。春には真っ赤に染まるポピー、秋には色とりどりのコスモス。デートスポットにもぴったりです♪

A photo posted by Yousuke K (@wood5510) on

見学のあとはきれいな花畑でのんびりと♪664031

出典:むら智さんの投稿

サントリー武蔵野ビール工場(東京都府中市)

サントリー武蔵野ビール工場(東京都府中市)663461

出典:Youkiさんの投稿

最後にご紹介するのは「モルツ」でおなじみ、サントリービールの工場見学です。府中市にある「サントリー武蔵野ビール工場」は、都内にある唯一のビール工場なんです!

アクセス良好!都内唯一のビール工場

サントリー武蔵野ビール工場の最大の特徴は、「都心にある」ということ。「それがなにか?」と思うかもしれませんが、アルコール醸造工場はほぼ例外なく地方都市に、しかもかなりの「田舎」にあります。それは良質な水の確保や醸造に適した気候の問題があるからです。
アクセス良好!都内唯一のビール工場664061

出典:kei_shkさんの投稿

新宿駅から工場の最寄り駅まで30分、シャトルバスも完備とアクセス良好なこちらの工場は、東京のビール党にとっては貴重な存在です。

オススメは2つの「特別講座」

A photo posted by すぅ。 (@slowlife_129) on

こちらの工場でも、ほかの工場見学と同様に、解説→見学→試飲タイムという流れは同じです。でもそこは世界的酒造メーカー、サントリーの工場。大人の工場見学にふさわしく、「ザ・プレミアム・モルツ講座」「マスターズドリーム講座」という2つの特別講座が用意されています。

「ザ・プレミアム・モルツ」発祥の地で学ぶ「プレ・モル」のうまさの秘密

A photo posted by @p19les76 on

ここ武蔵野工場は、サントリーがはじめて建てたビール工場であり、あの名作「ザ・プレミアム・モルツ」が開発された場所です。「ザ・プレミアム・モルツ講座」では、アサヒやキリンといった偉大な先輩達に追いつこうと汗を流した開発者たちの秘話を映像や素材体験を通じて実感できます。もちろんお楽しみの試飲タイムでは新鮮そのものの「プレ・モル」が待っていますよ♪

「マスターズドリーム」醸造担当者の生の声を聞ける貴重な時間

A photo posted by Shuji Asao (@shuji_as) on

もうひとつの特別講座である「マスターズドリーム講座」では、武蔵野工場で「プレ・モル」の数段上をいく最高級ビール「マスターズドリーム」の醸造を担当している現役スタッフから直接お話をうかがうことができます。ビール造りへの情熱、傑作といわれる「プレ・モル」をさらに超えるビールを造る苦悩。赤裸々な「醸造家の夢」をうかがったあとは、試飲タイムで「マスターズドリーム」を心ゆくまで堪能してください。

いかがでしたか?

工場で造りたてのビールは、お店や自宅で飲むビールとはひと味もふた味も違う美味しさです。夏本番、ビールがおいしくなる季節。大人の美味しい社会科見学に行ってみませんか?

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード