南の島のビーチに癒されよう♪与論島観光のおすすめスポット

南の島のビーチに癒されよう♪与論島観光のおすすめスポット

鹿児島県・奄美諸島の最南端にある『与論島』は、周囲を珊瑚礁に囲まれた美しい島です。鹿児島と沖縄の文化が入り混じった独特の風土や、異国情緒あふれるギリシャ風の建築などみどころがたくさん。映画「めがね」のロケ地にもなった美しい島のおすすめ観光スポットをご紹介します。

2016年07月12日

与論島ってどんな島?

与論島は、鹿児島県奄美群島のひとつで、鹿児島県の最南端にある珊瑚礁が隆起してできた島です。

「エンゼルフィッシュの形」と例えられる島の周辺には、真っ青な海と珊瑚礁、白い砂浜で彩られています。所在地は鹿児島ですが、沖縄本島までもわずか23kmの距離に位置しているので、沖縄のほうが近いです。

鹿児島、奄美、沖縄の文化が入り混じった独特の風土や、1年中温暖な気候で過ごせるゆるやかな環境も魅力的なポイント。

ギリシアの都市ミコノスとは、町の風景が似ていることから、姉妹都市提携がされています。そのため、新しく建築された公共建築物は、ミコノスの民家のような白亜に統一されていて、まるでギリシャにきたような異国情緒あふれる街並みになっています。

小林聡美さん主演の映画「めがね」の映画ロケ地で有名に

映画で使われた宿も実在します

映画で使われた宿も実在します666830

出典:amoringoさんの投稿

こちらは実際に映画のシーンで出てくる食堂です。現在も宿泊施設「ホテルヨロン島ビレッジ」として営業しています。

美しすぎるビーチをご紹介

「東洋の真珠」とも呼ばれる与論島の海は、透明度が高く浅瀬の海底に移った船の影が見えるほど!まるで水面から船が浮いているようにも見える、自然のトリックアートが体験できます。島には60ものビーチがありますが、今回は有名な人気スポットをご紹介します。

百合ケ浜(九州ベストビーチ)

百合ケ浜(九州ベストビーチ)576215

出典:wisetakuさんの投稿

【百合ヶ浜】は、大金久海岸の沖合い1.5kmの場所にあり、干潮の時間帯に現れる島です。百合ヶ浜の白い砂と、周りが一面を紺碧の海に囲まれた光景は、まさに九州が誇る絶景といえます。

基本的には、春から夏の時期にかけて、大潮の干潮の時間帯にその姿を現します。なお、冬の間は干潮時刻が夜中になるため、みられない可能性が高いのでご注意下さい。

百合ケ浜(九州ベストビーチ)576447

出典:blueshotさんの投稿

潮の満ち引きや波によって日によって、波の形が表れてきます。この百合カ浜の位置や大きさは毎日変化するため、一度見た光景は二度とみることが出来ないので、とても貴重な思い出になりそうです。また、百合ヶ浜で年齢の数だけ星砂を拾えば、幸せになれるという伝説もあるんですよ。

大金久海岸

大金久海岸576217

出典:K@YAさんの投稿

【大金久海岸】は、遠浅の海が沖合2kmまで続き、与論島で最大のビーチです。ビーチ周辺には、マリンサービスやシャワー、トイレ、飲食店、キャンプ場、お土産屋さん(露店)などが充実しています。
夏季(6~9月)は、百合ヶ浜やシュノーケリングスポットまでいけるグラスボート体験や、マリンジェットのスタッフが常駐しているようです。グラスボードの所要時間は約1時間、料金は2000円からですが、事前の問い合わせをオススメします。

幻想的な海の中をダイビング

与論島では、他とは一味違うダイビングスポットが楽しめます。なんと『海中宮殿』と呼ばれる、ギリシャ神殿のような建物と柱のオブジェが並ぶポイントは必見。建物の屋根にはハート型に穴がくり抜かれていて、なんともロマンチック。流れもほとんどないので初心者の方でも楽しめるポイントです。

A photo posted by taiki shimogori (@taitai.25) on

その他にも、『沈潜あまみ』をみられるスポットや、クマノミのポイントなど、みどころスポットが充実しています。

ミコノス通り

ミコノス通り576232

出典:spower200さんの投稿

玄関口である港、空港から茶花市内へ続く幹線道路沿いの『ミコノス通り』。ミコノス通りの名の由来は、与論島と姉妹都市提携をしているギリシャのミコノス市から得ています。白を基調とした壁一面には、ギリシャの街並みが彫刻されていて、異国情緒にあふれています。

ヨロン駅

ヨロン駅576218

出典:

空港から近くにある『ヨロン駅』は、実際の駅ではなく、パロディの駅です。キレイな砂浜と海が見える絶好のロケーションなのでぜひカメラにおさめましょう。駅にはリアルな線路と待合室があり、表札には「沖縄←与論島→鹿児島」と書かれていて、遊び心も満載!

与論城跡

与論城跡576222

出典:

『与論場跡』は、1405~1416年の間に琉球北山王であったオーシャンに築城されたとされる、長い石垣が特徴的な城跡です。城跡内には、琴平・地主神社がありこちらは町の指定文化財にも登録されています。また、与論十五夜踊りの奉納祭や、その他の行事にも使用され、町の重要な役割を担う場所です。

与論銀座通り

与論銀座通り576228

出典:

『与論銀座通り』は、与論島のメインストリートで、スーパー、コンビニ、お土産屋や、飲食店が集まっています。スーパーやコンビニには、島ならではの珍しい物があるため、見るだけでも島の生活に触れられるかもしれません。また、与論島で唯一、信号機のある場所でもあります。のんびり散策しながら島の人の生活をみてみましょう。

サザンクロスセンター

サザンクロスセンター576225

出典:tukiromiさんの投稿

『サザンクロスセンター』は、与論島や奄美群島の歴史、芸能、物産等を知ることができる5階建ての総合施設です。与論島は、南十字星が見える最北限の島であり、また南十字星が観測できるため、サザンクロスセンターと名付けられています。最上階からは絶景の海を見ることができて、南をみると沖縄本島、北をみると沖永良部島といった島々を眺めることができます。

与論のご当地グルメも楽しもう

「ヨロンの味たら」で鶏飯

東シナ海が一望できる小高い丘の上に建つヨロン島ヴィレッジ。その施設内にあるレストランで鶏飯がいただけます。奄美諸島で食べられている鶏飯は、ご飯の上にほぐした鶏肉と錦糸卵、ネギなどの具材を入れてダシ汁をかけていただく郷土料理です。
「ヨロンの味たら」料理 666650 鶏飯1300円

出典:ちゃこぴんさんの投稿

おひつからご飯をよそい、具をのせてダシ汁をかけていただきます。ボリュームもありますがサラリと食べられる優しい味です。

「ヨロンの味たら」料理 666646 出汁が濃いめでご飯が進む!

出典:ちゃこぴんさんの投稿

派手さはないが素朴でほっとする味わい。

「ヨロンの味たら」内観 666728

出典:nobi1230さんの投稿

座敷、テーブル席があります。

ヨロンの味たらの詳細情報

ヨロンの味たら

与論町その他 / 創作料理、郷土料理(その他)

住所
鹿児島県大島郡与論町茶花2904-6
営業時間
11:00~15:00 17:00~21:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

地中海風の人気カフェ『海カフェ』

与論銀座通りからお土産店を抜けると、ひっそりと佇んでいるオシャレな『海カフェ』。与論島がギリシャの海街と姉妹都市ということもあり、こちらのお店も異国情緒あふれる外観です。お店の中はゆったりとした空気が漂っていて、与論島ならではの、のんびりしたカフェ時間が楽しめます。
「海カフェ」外観 586176 2014.10

出典:***smile***さんの投稿

真っ白な外壁にブルーの入り口、石でできた床のテラスなど、与論島に合った外観。店内の内装もオシャレで、ギリシャの建物を忠実に再現しているようで、日本にいることを忘れてしまいそう。

「海カフェ」料理 576454 2014.10

出典:***smile***さんの投稿

軽食やデザート、ドリンクにも、ギリシャ産の食材などをアレンジしたメニューがあります。

「海カフェ」その他 586177 2015.10

出典:***smile***さんの投稿

ここが鹿児島ということを忘れそうな空間です。

海カフェ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

南国らしいカフェ「シャロン」

「シャロン」料理 667007 ハイビスカスシャーベット

出典:eb2002621さんの投稿

南国らしいスイーツを食べたいなら「シャロン」へ。インパクト大のハイビスカスシャーベットがいただけます。ほんのり甘くて、レモンのような爽やかな一品。農園が併設されているのでマンゴーなどのトロピカルフルーツがあることも。島の暑さにダウンする前にぜひ、こちらで涼んでいきましょう。

シャロンの詳細情報

シャロン

与論町その他 / 自然食

住所
鹿児島県大島郡与論町茶花1994-1
営業時間
11:00~20:00(終業は変動あり)
定休日
金曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

【アクセス】飛行機やフェリーで

【アクセス】飛行機やフェリーで666980

出典:tukiromiさんの投稿

与論島までのアクセスは、鹿児島と沖縄から毎日フェリーと飛行機で運航しています。飛行機の場合、沖縄からはわずか40分で行けるので(鹿児島からは1時間10分ほど)、沖縄旅行とあわせて楽しむのもいいですね。

(写真はサンセットビーチ。飛行機の着陸を間近にみることができます)。

まとめ

いかがでしたか?
奇跡のような美しい海で何もしない贅沢を満喫したり、異国情緒あふれる町並みを歩いたり、沖縄と奄美の文化が感じたりと、夏の旅先にぴったりな与論島。この夏は、ゆったりとした島の空気を感じて癒しの時間を過ごしましょう。

鹿児島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード