北海道に行ったらきっと驚く!道民限定ちょっと変わった生活習慣あるある

北海道に行ったらきっと驚く!道民限定ちょっと変わった生活習慣あるある

憧れの大地北海道。自然がいっぱいで食べ物も美味しい、観光に大人気の場所ですが、そこに住んでいる人たちには実はちょっと変わった生活習慣があるのです。道民にとっては当たり前、他県から見るとどこかユニークな「北海道あるある」をご紹介します。方言や交通事情、北海道の有名人まで、道民の不思議な生活実態が分かりますよ♪

2016年10月21日

自然豊かな北海道のちょっと変わった生活習慣

自然豊かな北海道のちょっと変わった生活習慣664341

出典:ぱんだやさんの投稿

自然豊かで食べ物も美味しい北海道。おおらかでゆったりとした風土は忙しい日常を忘れさせてくれそうです。でも、そこに住んでいる北海道民の生活はどうなのでしょう?他県民にはわからない、道民なら思わずうなずいてしまう北海道あるあるを集めてみました。道外の皆さん、北海道はこんなところです!旅行に行ったときは覚えておくと何かと便利ですよ♪

なまら楽しい北海道弁

北海道弁は標準語に近いと言われていますが、独特の方言も多くあります。主に東北の言葉の影響を受けていますが、全国から開拓のために人々が移住してきたので、北陸や関西の言葉が混じっていることもあります。さらに、北海道は広いので、函館など道南では津軽弁に近い話し方(浜言葉)をしていたりと、地域によって違いがあるのも面白いところです。

A photo posted by e-kosan (@eikosan6) on

北海道弁はたくさんありますが、特に道民が普段からよく使う北海道弁を覚えておきましょう♪

あずましい

あずましい855934

出典: MOMOさんの投稿

心地良いという意味。逆にあずましくないは落ち着かないという意味で使われます。

いずい

違和感があって不快に思う時に使う言葉。例えば「めっぱ(ものもらい)で目がいずい」など。

うるかす

A photo posted by MORIPIKO.T (@moripiko) on

水に浸しておくという意味。食べた後のお茶碗はうるかしておくとよく落ちます。

こわい

A photo posted by yumie sagawa (@ys_____0910) on

北海道民の「こわい」は恐怖を感じる「怖い」ではありません。「今日こわいから先寝るわ」など、体がだるかったり疲れている時に使います。道民が恐怖を感じる時には「おっかない」という言葉を使います。

ばくる

A photo posted by yui (@yui7l8) on

「ばくる」は交換するという意味。「遠足のおやつばくろう!」など、子供たちもよく使います。

押ささる・書かさるなど

押ささる・書かさるなど666702

出典:おうきんさんの投稿

北海道の方言ですが、道民が無意識に使ってしまうのがこの言葉。「押ささる」は「押しちゃった」と自分が意図していないのに押してしまったという意味で使われます。逆に「押ささんない」は押したいけど押せないという意味。「エレベーターのボタン押ささんないよ~」と使います。

なんも

「気にしなくていいよ」や「どういたしまして」という意味の「なんも」。「なんもなんも」と繰り返して使うこともあります。娘「お母さんメロン送ってくれてありがとう♪」母「なんもだ~」となんとなく温かみのある言葉でもあります。

ほかにもまだある!北海道弁

A photo posted by spatzchen (@spatzchen) on

ほかにも北海道弁は色々ありますよ♪詳しく知りたい方はリンクもご覧ください。

食べ物の呼び方も北海道ならでは♪

北海道では食事も道外とはちょっとだけ違う呼び方をしていたり、北海道独自の食べ物があったりします。道民は全国区だと思っている代表的なものを挙げてみました。

味噌汁=おつゆ

味噌汁=おつゆ664366

出典:こひきやマスターさんの投稿

「おつゆ」と聞くと、普通はうどんやそばのつゆを思い浮かべますが、北海道はみそ汁のことを「おつゆ」と呼びます。なんだかちょっとだけ上品な感じがしませんか?写真にあるようなホタテの稚貝のおつゆも、だしが出てとっても美味しいんですよ♪

から揚げ=ザンギ

から揚げ=ザンギ664372

出典:ymucさんの投稿

今や全国的に有名になりつつある「ザンギ」。鶏や魚介類のから揚げのことをこう呼びます。なぜこう呼ばれるようなったのかは諸説あるそうですが、とにかく美味しいザンギはお弁当のおかずやおつまみにピッタリです。

鮭=秋味(あきあじ)

鮭=秋味(あきあじ)664398

出典:まめきちさんの投稿

秋に産卵に川に上ってくる鮭は「秋味」と言います。決して秋刀魚のことではありません。また、塩鮭のことをこう呼ぶこともあります。そして、初夏に獲れる海を回遊している鮭のことは「時不知(ときしらず)」と呼びます。こちらも脂がのっていて、ルイべ(半解凍で食べる刺身のこと。北海道の郷土料理)にすると最高です。

とうもろこし=とうきび

「とうきびワゴン」料理 664863 焼きとうもろこし

出典:馬糞うにさんの投稿

甘~いとうもろこしは北海道を代表する味覚ですが、北海道ではなぜか「とうきび」と呼びます。札幌大通公園のとうきびワゴンからも香ばしい香りが漂っていますね。

居酒屋の鉄板メニュー「ラーメンサラダ」

A photo posted by puntarella (@puntarelle) on

これは冷やし中華ではありません。北海道発祥の「ラーメンサラダ」通称「ラーサラ」です。札幌のホテルで提供されたものが元祖と言われていますが、現在では居酒屋やコンビニでも販売されています。給食のメニューにもなっていますよ♪野菜がたっぷりなのでヘルシーです。スープカレーのようにこれから全国区になると良いですね。

とにかく広い北海道の交通事情

電車ではなく「汽車」

電車ではなく「汽車」664346

出典:mocha444さんの投稿

道民はJRの列車のことを「汽車」と呼びます。古い言い方かもしれませんが、北海道では電車は一部しか走っておらず、ほとんどがディーゼル車。そのためJR=汽車という呼び方が定着しているのです。札幌では路面電車を電車、JRはそのままJRあるいは汽車と呼んでいます。(最近は電車と呼ぶ人も増えています)ちなみに、地方では1両編成の汽車も珍しくないのですが、道外の人から見るとバスが走っているように見えるそうです。

広~い北海道だからガス欠に注意!

A photo posted by Pukupuku (@pukubuuuuco) on

北海道はとにかく広い!本州の地図に当てはめてみるとこんな感じです。札幌から函館までは高速道路を使っても4時間半くらい、近いと思われている札幌から旭川でも2時間半くらいはかかります。

広~い北海道だからガス欠に注意!668240

出典:katoさんの投稿

北海道民にとって、100㎞くらいなら近いという感覚ですが、遠出の時はガソリンスタンドが近くにないことが多いので、できるだけ早めに給油しています。道外の皆さんもドライブに来るときはガス欠に注意してくださいね!

謎の矢印

謎の矢印666976

出典:蝦夷さんの投稿

北海道の道路にあるこの矢印、一体何のためにあるのでしょう?これは路肩の位置を表しているのです。雪が積もってしまうと、どこが路肩なのかわからなくなってしまうために設置されています。安全を守る大事な矢印です。

謎の箱

A photo posted by まや (@manazienne) on

道路の脇に置いてある謎の箱。中には砂が入っています。凍結した道路(特に交差点付近や坂道)にこの砂をまいて滑り止めにするのです。砂は誰でも自由に使えますよ。危ないと思ったらすぐに撒きましょう。

A photo posted by のぞみ (@bokubon626) on

砂箱は普通は四角い箱ですが、中にはこんなパンダの砂箱も。箱というよりパンダの上に置いてありますね…。場所は札幌ドームの近くだそうです。ぜひ探してみてください。

雪道の歩き方を伝授します!

雪道の歩き方を伝授します!664812

出典:ぐりーんはーとさんの投稿

道外からの旅行者が冬の北海道で困るのは、雪道の歩き方ではないでしょうか?そこで凍結路面でも転ばない歩き方をお教えします。

雪道の歩き方を伝授します!684926

出典:AbeNさんの投稿

凍った路面を歩くときは、靴の裏全体を路面に付け、歩幅は小さくして歩きます。地面に垂直に踏み出し、重心はやや前にしましょう。雪が積もっているところは滑りずらいのですが、下に氷が隠れていることもあるので注意が必要です。また、歩道よりも横断歩道の方が滑りやすいので気をつけて下さいね。雪道に慣れた道民は、滑らないところを無意識に見つけて歩いています。

野生動物には注意

キツネは触ってはいけない

キツネは触ってはいけない664342

出典:ひらさんさんの投稿

見た目はかわいいキツネですが、絶対に触ってはいけないのが鉄則。キツネの体内にはエキノコックスという寄生虫がいることがあり、人にも感染し肝機能障害などを起こします。北海道では、キツネを触ろうとする人は誰もいません。また、沢の生水を飲んで感染することもありますので注意してください。道内では年1回学校から「エキノコックス検査のお知らせ」というプリントも配られます。

ドライブは鹿に注意!

ドライブは鹿に注意!664477

出典:ネジ山田さんの投稿

北海道で山道をドライブするとき、気をつけたいのが鹿の飛び出しです。突然飛び出してくるので、よけられないことも…。

ドライブは鹿に注意!664479

出典:poroccoさんの投稿

こんなに大きな鹿が車とぶつかったら大変なことになります。たまに群れで出てくることもあるので、山道でもスピードはできるだけ抑えて走りましょう。

でも、鹿は食べ物

でも、鹿は食べ物664462

出典:501さんの投稿

運転中は怖い鹿ですが、鹿肉は美味しく食べられています。赤身でクセが少なく、鉄分の多い鹿肉は美味しいですよ♪知り合いのハンターさんから鹿肉をもらってバーベキューという家庭も道内では珍しくないです。

日常生活も独特

コンビニは「セイコーマート」

A photo posted by TERA (@suzukiterano) on

北海道民御用達のコンビニと言えば「セイコーマート」!北海道内のほとんどの町にあり、あのセブンイレブンよりも多いのです。自社製品が豊富で価格もスーパーのように安い♪お店の中で作っているお弁当「ホットシェフ」も美味しいですよ。道民は「セコマ」または「セイコマ」「セーコマ」と呼んでいます。

ゴミは投げるもの。ゴミ捨て場は「ゴミステーション」!

ゴミは投げるもの。ゴミ捨て場は「ゴミステーション」!857150

出典:いけはらさんの投稿

北海道の方言でゴミは「捨てる」ではなく「投げる」と言います。道外から見ると違和感を感じますが、道民はこの言葉が標準語だと思っている人もいるようです。ちなみに、北海道ではゴミ捨て場のことを「ゴミステーション」と呼んでいます。

雪虫が飛ぶともうすぐ雪が降る

雪虫が飛ぶともうすぐ雪が降る664791

出典:Blue Manさんの投稿

初雪が降る少し前に飛ぶ、お尻に白い綿毛のようなものが付いた虫を「雪虫」と言います。道民はこれが飛ぶともうすぐ冬だと実感します。見た目にも小さくてかわいい虫なのですが、時として大発生し、しかも触るとすぐに死んでしまうので、髪や服に付いたり口の中に入ってきたりしてちょっと厄介でもあります。

北海道の家にこたつはない

北海道の家にこたつはない664581

出典:Obshiさんの投稿

北海道の家は高気密で高断熱。家の中でガンガンストーブをたいているので、こたつのない家がほとんどです。矛盾してますが、冬には暖かい部屋でアイスを食べるのも楽しみの一つです。

冬は「ママさんダンプ」が必需品

冬は「ママさんダンプ」が必需品664750

出典:千秋☆さんの投稿

雪の多い地方では、雪かきはすでにスコップやショベルでは間に合いませんので、この「ママさんダンプ」が大活躍。一度に雪を運べるので便利です。雪かきはかなりの体力を使いますが、ママさんダンプだと持ち上げる必要がないので、腰への負担を減らせます。

寒い北海道は冷蔵庫よりも外の方が冷えるのが早い!ジュースやビールをベランダに置いている人も。窓際も同じように使えます。また、玄関も寒いので、残ってしまったおかずを置いていたりすることもよくあります。言わばエコですね。

結婚式は会費制、葬儀の香典には領収書

結婚式は会費制、葬儀の香典には領収書664802

出典:くま1007さんの投稿

北海道では昔から結婚式は会費制で行う文化があります。会費制はどの出席者も一律の会費なので、ご祝儀の必要がありません。しかも会費は受付の場で袋などに入れずに現金のまま支払います。葬儀では、受付で香典袋を出すと封を開けて中身の金額を確認し、必要があれば領収書が出ます。そのあと、簡素な香典返しと葉書をいただき、式場に入ります。とても合理的にできているのですが、ほかから見ると不思議に見えますね。さらに、葬儀では遺影の前で親族一同が集合写真を撮ります。

ちょっと不思議な季節の行事

節分の豆まきは落花生!

節分の豆まきは落花生!664411

出典:もびりおさんの投稿

北海道の豆まきは大豆ではなく落花生をまきます。床に落ちても殻をむいて食べるから洗う必要はありませんね。でも、年の数だけ豆を食べる時、一粒で1つと数えるのか、落花生そのもので1つと数えるのか悩みます。

ハロウィンに子供たちは来ないが、七夕にはお菓子をもらいに来る

A photo posted by yuca*** (@yucarinco118) on

北海道の七夕は大体の地域が8月7日に行われます。この時には子供たちが「ロウソク出~せ~」と歌を歌いながら家々を回り、お菓子をもらいます。まるでハロウィンのようですが、ハロウィンの時には子供たちは来ません。

○○と言えば…

北海道民に○○と言えばと問いかけると、大体の人がこう答える北海道あるあるをご紹介!思わずニヤッと笑ってしまうあなたは間違いなく北海道民ですね!

ミスターと言えば…

全国的にミスターと言えば長嶋茂雄ですが、北海道民がミスターと聞いて思い出す人は、大泉洋さんを始めとする「TEAM NACS」の所属事務所「CREATIVE OFFICE CUE」の会長で放送作家、タレントでもある鈴井貴之さんです。最近では北海道新幹線開業PRにも出ていました♪あの全国的大ヒットとなった伝説のローカル番組「水曜どうでしょう」を生み出したすごい人なんです。

A photo posted by 廣里隆明 (@hirosato_t) on

今でも北海道内ではこのステッカーを貼っている車をときどき見かけます。

A photo posted by つき (@tsuki0205) on

そして、サイコロの旅に出ていたこのキャラメルも明治が生産を終了したことから、北海道限定になってしまいました。すっかり貴重なお菓子になってしまったこのサイコロキャラメル、お土産にぜひどうぞ。

登別と言えば…

道外の人が登別と聞くと、温泉を思い浮べると思いますが、北海道民はこのCMを思い出す人が多数です。インパクト強すぎるラップ調の歌と映像が頭から離れません!ここの熊たちは人懐っこくて、エサをねだるポーズがかわいいです。

北海道民の合言葉 奥さん!と言えば…

A post shared by みぃすけ (@nsmizue) on

北海道の夕方の人気ローカル番組「どさんこワイド」の名物コーナー「奥さんお絵かきですよ!」。そのゲームに進むための合言葉がコレ。アナウンサーが「奥さん!」と問いかけるので、「お絵かきですよ!」と答えなくてはならないのです。最近ではこのゲームのアプリも出て、視聴者も一緒に参加できるようになっています。

正解できなかった時は、賞金がキャリーオーバーされ、高額になると奥様達が札幌駅に群がります。そのほかにも、テレビに映りたい道民が多数やってきて、後ろで手を振っています。テレビをつけたら知り合いが映っていたなんてこともたまにあります。

いかがでしたか?

北海道民のちょっと変わった生活習慣、道民は思わず笑い、他県民は不思議に思ったのではないでしょうか?おおらかで合理的、新しいもの好きな北海道民。ほかにもいろいろな面白い習慣があるので、北海道に来た時に見つけてみてくださいね♪

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ