一関の絶景スポット&グルメ!二大渓谷で舟下り&空飛ぶだんご?!

一関の絶景スポット&グルメ!二大渓谷で舟下り&空飛ぶだんご?!

岩手県の南端にあり、盛岡と仙台のほぼ中間にある一関市。隣接する平泉観光の拠点として利用される方も多いですが、実は一関には国内有数の渓谷スポットが二カ所あります。厳美渓(げんびけい)と猊鼻渓(げいびけい)――語感は似ていますが、それぞれ個性的な魅力が楽しめます。今回は一関の渓谷巡りとして、厳美渓と猊鼻渓をご紹介しながら、最寄りのグルメもお伝えしていきます!

2016年07月20日

渓谷を眺めながら、空飛ぶだんごを食べる!「厳美渓」

渓谷を眺めながら、空飛ぶだんごを食べる!「厳美渓」664412

出典:kuma-duffyさんの投稿

JR一ノ関駅、市街地より車で約20分。どこまでも続く渓谷の絶景に心が癒やされます。

一関市の西部、栗駒山(くりこまやま)と磐井川(いわいがわ)によって作られた大自然のアート、それが厳美渓(げんびけい)です。国の名勝天然記念物に指定されていますが、かの仙台藩主・伊達政宗も「松島と厳美こそ、我が伊達領の二大景勝地なり」と自慢していたそうです。切り立った岩と渓流と緑の木々が織りなす景観は、岩手が誇る絶景です。様々な奇岩と大小の滝をゆっくり巡り歩きながら、厳美渓の癒やし効果を存分に体験してくださいね。
渓谷を眺めながら、空飛ぶだんごを食べる!「厳美渓」664459

出典:kuni@さんの投稿

厳美渓にある吊り橋。ドキドキしながら吊り橋を渡る体験も、大自然ならでは。橋から見る真下の渓流も見事です。

厳美渓名物!空飛ぶだんご!

「郭公屋」その他 664592

出典:夏ミカンさんの投稿

渓流の対岸から、だんごが空を飛んで来ます!

そして厳美渓名物といえば、空飛ぶだんご「郭公(カッコウ)だんご」です!お店は厳美渓の対岸にあるのですが、カゴに入れられただんごが厳美渓の上空を飛んで、休憩所のあるこちら側に飛んできます!厳美渓では、そんな貴重で面白い体験ができるんです。だんごの味は「あんこ」「黒ごま」「しょうゆ」とオーソドックス。行楽シーズンの休日は多少並ぶかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
「郭公屋」その他 664597

出典:夏ミカンさんの投稿

このカゴに代金と注文用紙を入れて、木札をカンカンと叩くと、カゴが対岸の店に飛んでいき、だんごを乗せて戻ってきます!

「郭公屋」その他 664601 店から団子が出発

出典:hivision1さんの投稿

「はいはい、今からそちらに送りますよー」という状態でしょうか。

「郭公屋」その他 664621 団子が到着!

出典:hivision1さんの投稿

そして戻ってきたカゴの中がこちら。だんごの箱の上にはお茶が。ちょっとした曲芸を見せられた気分です。

「郭公屋」料理 664626 団子(醤油、ごま、あんこ)

出典:まーにむさんの投稿

飛んで来るだんごは「あんこ、黒ごま、しょうゆ」の3本セットです。

かっこうだんごの詳細情報

かっこうだんご

山ノ目 / 甘味処、和菓子

住所
岩手県一関市厳美町字滝ノ上211
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休 ※冬季休業
平均予算
  • ~¥999

データ提供

厳美渓にある、もちと湯の郷「道の駅 厳美渓」

「ペッタンくん」外観 664501

出典:こばこばちゃんさんの投稿

臼と杵のキャラクターが微笑ましい「もちと湯の郷」です。

ご当地ならではの新鮮食材を販売していたり、ご当地メニューを味わうことができる「道の駅」ですが、ここ厳美渓にも「道の駅 厳美渓」があります。地元一関の新鮮野菜も素敵ですが、一関といえば「餅」。ここにももちろんあります、餅を味わえるお店「ペッタンくん」。様々な味の餅が彩り豊かに並べられたお膳で食べるのが一関流。定番の「ごま」「あんこ」から、「ずんだ」「くるみ」といった一関らしい優しい味わいまで、8種類の餅をご賞味ください。
「ペッタンくん」料理 664482 和風もちセット

出典:akko0321さんの投稿

やっぱり一関なら餅グルメ!8種類のもちを味わえる「和風もちセット」

「ペッタンくん」メニュー 664483

出典:akko0321さんの投稿

この小鉢は何の餅?と思ったあなたのために、それぞれの餅が紹介されています。中央の大根おろし(地元では「なます」と言います)は、のどの通りをよくするための箸休めですね。

ペッタンくんの詳細情報

ペッタンくん

一関市その他 / 郷土料理(その他)、和食(その他)

住所
岩手県一関市厳美町字沖野々220-1 道の駅厳美渓 もちと湯の郷内
営業時間
[春期~秋期] 10:30~17:00 [冬期] 10:30~16:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ゆったり流れる渓流を舟下りで感じる「猊鼻渓」

ゆったり流れる渓流を舟下りで感じる「猊鼻渓」664642

出典:たしさんの投稿

だんごが空を飛ぶ厳美渓に対し、猊鼻渓は舟下りが楽しめます。

切り立った岩肌にある様々な奇岩、怪岩と緑のコントラスト…という点は厳美渓も猊鼻渓(げいびけい)も共通した魅力ですが、ここ猊鼻渓はゆるやかな渓流で舟下りを楽しめる点が「猊鼻渓ならでは」の魅力になります。船に乗って渓流の透き通った水の冷たさを手で感じながら、船頭さんが唄う「げいび追分」を聴く…、そんな優雅で贅沢な一時をすごせる場所が、ここにあります。

猊鼻渓の絶景を船上から満喫!「船下り」

猊鼻渓の絶景を船上から満喫!「船下り」664768

出典:Mendizulaさんの投稿

この絶景を船上から眺めるのが舟下りの醍醐味ですね!

猊鼻渓の絶景を船上から満喫!「船下り」664669

出典:イノッチさんの投稿

雨に煙る猊鼻渓。雨天の舟下りもまた、独特な風情があります。

猊鼻渓を楽しむ上で欠かせないのが「舟下り」です。舟下りではゆったりした速度で猊鼻渓内の様々な奇岩、怪岩を巡ります。猊鼻渓舟下りのサイトでは「鏡明岩」「藤岩」など、16ヶ所の奇岩スポットが紹介されていますので、事前にチェックしておくと、より楽しむことができますね。日常の喧噪とは完全に隔絶した異世界で、ただのんびり船に乗って岩肌を眺めていきましょう。
猊鼻渓の絶景を船上から満喫!「船下り」670242

出典:

岩にぽつんと空いた穴に向かって、よ~く狙って投げてください。

船は途中折り返し地点で一度下船しますが、ここでは「運玉」を買って、対岸の穴に向かって投げて運試しすることができます。運玉は「福」「縁」「寿」「愛」「願」「運」「恋」「絆」「禄」「財」の10種類。この中からお好きな5個を選ぶことができます。あなたの運を試す5個の運玉はどんな組み合わせでしょうか?

山の幸と海の幸が出会うそば屋「げいびレストハウス」

「げいびレストハウス」外観 664781

出典:フィンクスさんの投稿

猊鼻渓の手前にあるレストラン「げいびレストハウス」。お土産・売店コーナーもあります。

大自然に囲まれた猊鼻渓の周辺でご当地グルメを味わいたいならこちら、「げいびレストハウス」です。おすすめは「げいびそば」。十割の南部そばにワカメや山菜、生卵、さらに魚をのせた猊鼻渓グルメです。また一関名物の餅をこちらのお店でも味わえます。
「げいびレストハウス」料理 664798 げいびそば(温)930円

出典:みっしーもさんの投稿

南部そばにワカメや山菜、生卵、さらにお刺身といった、山の幸と海の幸が盛られた「げいびそば」

「げいびレストハウス」料理 664805 天もり930円

出典:みっしーもさんの投稿

こちらは更級そばと季節の天ぷらの組み合わせが味わえる「天盛りそば」

げいびレストハウスの詳細情報

げいびレストハウス

猊鼻渓 / そば、和食(その他)

住所
岩手県一関市東山町長坂字町376
営業時間
[11月~4月] 8:00~18:00
平均予算
  • ~¥999

データ提供

アクセス方法

アクセス方法664840

出典:

鉄道で訪れるならJR一ノ関駅から。厳美渓は一ノ関駅から岩手県交通バス厳美渓行き。猊鼻渓は、大船渡線に乗り換えて「猊鼻渓駅」下車。

アクセス方法665875

出典:

JR大船渡線「猊鼻渓駅」はちょっとした秘境駅の趣もあり、心がくすぐられます。猊鼻渓駅から猊鼻渓(船着場)まで徒歩5分程度です。

いかがでしたか?

広域合併でより広大になった一関市は、岩手県南の拠点都市、平泉観光の拠点であると同時に、大自然に囲まれた日本有数の渓谷を持つヒーリングスポットでもありました。「空飛ぶだんご」の厳美渓、「ゆったり舟下り」の猊鼻渓、時間に余裕があれば是非両方巡ってみてください。平泉観光と組み合わせることもできる、贅沢な渓谷の旅はいかがでしょうか?

岩手県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先