2017年09月25日

芸術の秋!名古屋の「覚王山秋祭」でアートやフリーマーケットを楽しもう

芸術の秋!名古屋の「覚王山秋祭」でアートやフリーマーケットを楽しもう

「覚王山 秋祭(あきさい)」は、覚王山にある有名な日泰寺(にったいじ)の参道で催される、地元で人気の秋のイベント。クリエーターが作品を持ち寄るアートフリーマーケットやワークショップ、街をアートにして遊ぼうという「覚王山参道ミュージアム」など、さまざまなお楽しみが盛り込まれたお祭りです。ステージ、パフォーマンス、カフェなども!そして、覚王山らしいユニークなお店めぐりも、ぜひおすすめですよ♪

毎年秋に行なわれる「覚王山 秋祭」

毎年秋に行なわれる「覚王山 秋祭」1338900

出典:汎猫さんの投稿

覚王山は日本で唯一、お釈迦様の遺骨を安置する寺「日泰寺」で知られます。おしゃれでユニークなお店が集まるエリアとしても注目されていますが、もうひとつ、イベントが豊富なことも大きな魅力。日泰寺参道で行われる覚王山春祭(はるさい)、夏祭(なつさい)などと並んで人気なのが「覚王山秋祭」。今年の開催日はまだ未定ですが、毎年10月末から11月にかけての土日に開催されます。
毎年秋に行なわれる「覚王山 秋祭」1338851

出典:汎猫さんの投稿

昨年の覚王山秋祭では、参道がアートでいっぱいになる「覚王山・参道ミュージアム」をはじめ、ステージやパフォーマンス、まぼろしカフェなどさまざまな催し物で賑わいました。

街をアートに!覚王山参道ミュージアム

2017.10月28日(土)〜11月5日(日)

A post shared by keiko.k (@keiko_vvv_kun) on

覚王山秋祭では、「覚王山の街をアートでいっぱいにして遊ぼう」というテーマで行われる「覚王山参道ミュージアム」が話題になります。野外展示や商店を展示場所にしたインスタレーションなど、日常の覚王山の風景をアートを通してちょっと面白くする試みの数々。美術館やギャラリーにはない面白さがあります。

A post shared by @kodemariiii on

上の写真は、顔に見える木。遊び心にあふれた作品が、道行く人々を楽しませてくれます。覚王山は、とてもアートが似合う街です。覚王山参道ミュージアムは、覚王山秋祭より1週間ほど先行して催されます。秋祭の間も行われていますので、お祭りに行かれた際には、ぜひご覧になってくださいね。

A post shared by mew (@lyricomajumew) on

アートフリーマーケットなども注目

アートフリーマーケットなども注目1338901

出典:汎猫さんの投稿

覚王山秋祭では、アートフリーマーケットなどが人気。アクセサリーや雑貨などのブースがたくさんあり、ハンドメイドのぬくもりを感じさせる作品がそろいます。こだわりのある作品ばかりですので、きっとお気に入りに出会えますよ。

A post shared by マーノ (@_.mano._) on

クリエーターが出店しており、他ではなかなか手に入らないものなど希少価値のあるものも。各ブースごとに、じっくり眺めてみてくださいね。

お楽しみグルメもいっぱい!

A post shared by 仲川 あすみ (@asumi1230) on

覚王山秋祭には、グルメもいっぱい。おいしいものを片手に、フリーマーケットなどのぞいて楽しみましょう。下の写真は、あのシェ・シバタのモンブランクレープ。どれもこれも食べたくなってしまいそうですね。もちろん、定番のみたらしだんごやどて串などの屋台もありますので、そちらもぜひどうぞ。

A post shared by yuko (@ishimaruco) on

お楽しみグルメもいっぱい!1338873

出典:

覚王山のユニークなお店たち

覚王山には、個性的でおしゃれなお店がいっぱい!覚王山秋祭に出かけた際には、ぜひのぞいてみてください。ほんとに楽しいお店ばかりで、お土産がいっぱいになりそうですよ!

紅茶専門店 えいこく屋

「えいこく屋」外観 692403 店構え

出典:パパだスさんの投稿

「えいこく屋」は、紅茶・ハーブ・スパイスなどをインド・スリランカ・ヨーロッパ各地から直輸入して販売する専門店。お茶好きにはたまらない魅力的な商品がそろいます。同じ場所で本格的なインド料理の店も営業していますので、そちらもぜひ。
「えいこく屋」内観 692405

出典:vkさんの投稿

えいこく屋の詳細情報

えいこく屋

覚王山、池下、本山 / インド料理、インドカレー、紅茶専門店

住所
愛知県名古屋市千種区山門町2-58
営業時間
9:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ボタン屋 kususu

ボタン屋 kususu1338884

出典:

「kususu」は、瓶詰めされたボタンなどが美しくレイアウトされた、可愛いボタン専門店。ボタンをはじめ、ボタンを使ったアクセサリーや小物なども魅力的。さまざまな素材とボタンを組み合わせて、ボタンの新しい可能性を探っているそうですよ。

覚王山アパート

「覚王山アパート」は、ガラスアクセサリー工房、針金細工、紙アート雑貨、古本カフェ、ギャラリーなど、アート系の小さなお店が集まったおしゃれなスポット。ふっと立ち寄りたくなるような癒しの空間です。

ちなみに日泰寺とはどんなお寺?

ちなみに日泰寺とはどんなお寺?1338905

出典:こははさんの投稿

最後に、日泰寺をご紹介。日泰寺には、タイ国王から贈られた仏舎利(ぶっしゃり)、つまりお釈迦様の遺骨が安置するための超宗派のお寺。いずれの宗派にも属さない超宗派の寺院は、日本で唯一だとか。日泰寺という名称は「日本とタイの寺院」という意味だそうです。春は桜やツツジ、秋にはお月見の名所としても知られます。
ちなみに日泰寺とはどんなお寺?1338855

出典:

日泰寺の詳細情報

日泰寺

住所
愛知県名古屋市千種区法王町1-1
アクセス
地下鉄覚王山駅から徒歩で10分1番出口
営業時間
5:30〜16:30 年中無休
料金
無料(茶室・庭園は志)

データ提供

覚王山日泰寺へのアクセス

日泰寺までは、地下鉄「覚王山駅」から徒歩12分程度。

A post shared by fuca (@_fucafu_) on

今年の秋は「覚王山秋祭」へ行ってみよう

今年の秋は「覚王山秋祭」へ行ってみよう1338907

出典:汎猫さんの投稿

ハンドメイドのぬくもりあるアートに出会ったり、おいしいものを満喫したり。この秋は、さまざまなお楽しみがぎっしりの「覚王山秋祭」に行ってみませんか?個性的なお店でのショッピングも楽しそう。日本とタイの友好の懸け橋でもある日泰寺にも行ってみたいですね。

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

名古屋×ホテル・宿特集

関連キーワード

名古屋を旅する編集部おすすめ