沖縄・絶景おすすめスポット!夕日が最後に沈む場所「残波岬」

沖縄・絶景おすすめスポット!夕日が最後に沈む場所「残波岬」

沖縄本島の最西端に位置する残波岬は東シナ海に面し、晴れた日には慶良間諸島まで眺望できる絶景スポット。とくに夕日が最後に沈む場所として、灯台と海と夕焼けのセットが素晴らしいと大人気の観光地です。青い空と海が満喫でき、ロマッチックな夕焼けも楽しめる、そんな「残波岬」の魅力と、読谷で食べられる美味しいグルメやレストラン、観光スポットなど盛りだくさんにお届けします!

2016年04月06日

28

出典:魁さん(^^ゞさんの投稿

観光名所が充実している読谷村に位置する「残波岬」は沖縄本島で、夕日が最後に沈む場所。高さ約30メートルの断崖が約2キロ続いており、自然のままの海岸線が楽しめます。そして、磯釣りやダイビングスポットとしても人気名高いところ。晴れた日にはなんともいえな絶景を楽しむことができるので、おすすめのスポットのひとつです。

とくに夕日が一番のおすすめですが日没時間が遅いことを利用して、まずは「残波岬」の青い空と海を楽しんでもらいたい!そのために、効率よく一日で読谷村を楽しめる観光スポットを紹介します!

青い空と海のねらい目は午前中!

青い空と海のねらい目は午前中!31

出典:

青い海と白い灯台のコントラストは絶景です。※足元はゴツゴツした岩場が広がっているので、裸足やビーチサンダルで歩くのは本当に危険です。特にヒールのある靴の場合は気をつけてください。転んで岩場に膝などをぶつけて怪我をする可能性もあります。

雄大な景観を楽しみながら、夕日の撮影スポットを探しましょう!灯台から夕日を撮影するのか、灯台と夕日を一緒に撮影するのか……でも、灯台ばかりに気をとられてはいけません。

ぜひ後ろを振り向いてください!

ぜひ後ろを振り向いてください!34

出典:tk.478さんの投稿

自然のままの海岸線と、なんともいえない海の色に出合えますよ。

覗き込むのも忘れずに!

覗き込むのも忘れずに!36

出典:yume-g5さんの投稿

磯釣りのポイントにもなっています。

天候にもよりますが、なんともいえないコバルトブルーの色を見ることができます。

※ただし、波や風が強い時の波打ち際は危険ですから、くれぐれも気をつけてください!

青い空と海を楽しみながら、夕日の撮影スポットを心に決めたら、次は周辺の観光スポットへ足を運んでみましょう。

周辺の立ち寄り観光スポットをご紹介♪

日本一の特大シーサーと記念撮影をしましょう!

日本一の特大シーサーと記念撮影をしましょう!42

出典:nobu954さんの投稿

残波岬のすぐ横にある「残波岬いこいの広場」。東シナ海が一望でき、広々とした敷地にはレストランやバーベキュー施設などを備えたレジャースポットです。ここでは、高さ8.75メートル、長さ7.8メートルもある迫力満点の「残波大獅子」が広場のシンボルとして鎮座。おすすめの写真スポットです!

日本一の特大シーサーと記念撮影をしましょう!44

出典:石川流木さんの投稿

芝生もあるので、小さなお子さん連れにもおすすめです。思いっきり駆け回って遊んだり、広場内の動物コーナーにはヤギが飼われているので、動物とのふれあいも楽しめますよ!

琉球ガラス体験で自分好みのグラスが作れる「GALA青い海」

琉球ガラス体験で自分好みのグラスが作れる「GALA青い海」48

出典:

吹きガラスや、とんぼ玉アクセサリー製作体験ができる琉球ガラス工房や、ろくろ体験から本格器作りやシーサー製作まで楽しめる陶芸工房など五感で楽しむ体感スペースが盛りだくさんの「GALA青い海」。

さらに塩づくり体験や、映画「てぃだかんかん」のモデルとなったサンゴ養殖施設もあるので、ぜひ訪れてみてください。

そろそろ、遅めのランチに行きましょう!

地元にも観光客にも愛されるお店「花織そば」

「花織そば」料理 54

出典:ドクターSSさんの投稿

沖縄そば

元フランス料理シェフで氷彫刻の技を持つという店長が腕をふるう「花織そば」は、地元の人も通い続けるお店。ボリューム満点!濃厚なスープで一瞬胃にもたれそう……と不安になりそうですが、胃に染み渡る優しい味に、どんどん麺を食べ進んでしまう人が続出だとか!ボリュームが気になる場合は少なめにオーダーすれば対応してくれるので、まずはご相談を。
「花織そば」料理 56

出典:アルフォンスさんの投稿

ボリュームたっぷりの「レバニラそば」もおすすめな一品!

「花織そば」外観 57

出典:KUNI・・・さんの投稿

2階には畳の大広間があるので、家族連れでもゆっくり食事がいただけます。

花織そばの詳細情報

花織そば

読谷村 / 沖縄そば、定食・食堂

住所
沖縄県中頭郡読谷村波平2418-1
営業時間
11:00~18:00
定休日
水曜日(清明祭の日曜・旧盆・年始)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

県道6号線沿い

沖縄で美味しいイタリアンを食べるなら、このお店は外せない!

古民家を改装した「ミンタマ」

「ミンタマ」料理 64

出典:まーにゃさんの投稿

ピザはハーフサイズでも注文できるので、いろいろ食べたい人には嬉しいサービス。

沖縄料理はもちろん、ピザやパスタなどのイタリアンから沖縄の食材を使ったオシャレな創作料理がいただける「ミンタマ」。店名の「ミンタマ」とは読谷の言葉で、「目玉(めんたま)」のことだそう。
「ミンタマ」内観 66

出典:ちゃごさんの投稿

古民家を改装した店内はカジュアルな雰囲気。大通りから少し入ったところにあるので、ちょっと隠れ家風なレストランです。

「ミンタマ」外観 67

出典:のぶけいさんの投稿

よしもとばななさんの小説「なんくるない」に登場するお店のモデルというこちら。できれば予約してから訪れたほうが無難です。

ミンタマの詳細情報

ミンタマ

読谷村 / イタリアン、創作料理

住所
沖縄県中頭郡読谷村字長浜1787-2
営業時間
ディナー営業 18:00〜
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

島の食材を使い、自家製の天然酵母のパンが味わえる「パン屋 水円」

「パン屋 水円」料理 70

出典:てんもりさんの投稿

シンプルな材料で焼き上げた、素朴で滋味あふれるパンが大人気。

「むだなものを入れずシンプルに」にこだわったパン作りをしている「パン屋 水円」。自家製の天然酵母と石臼引きの粉にあわせるのは、沖縄の天然塩と水のみ。こだわった材料で作られた生地をゆっくり発酵させ、手作りの石釜で焼き上げたパンは、どっしりした重みがあり、もっちりとした味わいが楽しめます。温もりを感じる店内はイートインができるので休憩におすすめです。牛乳・バター・乳製品を使用しない野菜のポタージュも味わえますよ。
「パン屋 水円」内観 72

出典:てんもりさんの投稿

隣の工房から焼きたてのパンがカウンターに並びます。

「パン屋 水円」料理 1029647

出典:namie505さんの投稿

いろいろな野菜の蒸しパンサンドイッチやスープランチがいただけます。

「パン屋 水円」その他 74

出典:モリミドリ さんの投稿

自然に囲まれた昔ながらのトタン家のパン屋さん。のんびりまったり過ごすにはぴったり。

「パン屋 水円」その他 75

出典:てんもりさんの投稿

お店の裏ではロバを飼っています!周辺の散策もどうぞ。

「パン屋 水円」外観 1029648

出典:☆ASUKA☆さんの投稿

看板には、ロバのほか飼っている動物たちがモチーフになっています。

※営業日が限られているので、ご確認の上、足を運んでください。

パン屋 水円 - 読谷村/パン [食べログ]

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

時間に余裕があってもなくても「御菓子御殿」へ!

「御菓子御殿  読谷本店」外観 81

出典:りりぃママさんの投稿

琉球舞踊で使われる大きな「花笠」が目を引く外観は遠くからでもわかりやすいです。

さとうきび畑の真ん中にぱっと咲いた大輪の花がお土産に大人気な「紅いもタルト」を販売している「御菓子御殿」。工場を併設しているので、ガラス越しに見学も可能。「紅いもタルト」や「ちんすこう」の製造過程を見学できますよ。

紅いもタルトは土産用だけじゃなく、自宅用にも購入を!

紅いもタルトは土産用だけじゃなく、自宅用にも購入を!84

出典:孤独のグルマーさんの投稿

こだわりの沖縄県産紅芋を使った「紅いもタルト」はもちろん、沖縄の特産品が購入できます。

御菓子御殿 読谷本店の詳細情報

御菓子御殿 読谷本店

読谷村 / 洋菓子(その他)、スイーツ(その他)、カフェ

住所
沖縄県中頭郡読谷村字宇座657-1
営業時間
8:30~21:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

さらに工場がある店舗限定のメニューも!

「カフェ 花笠」料理 87 黒コショウパインタルトと紅いもタルト

出典:Churaさんの投稿

「できたて」紅いもタルトが食べられるのでおすすめです。

カフェ 花笠の詳細情報

カフェ 花笠

読谷村 / カフェ、アイスクリーム、かき氷

住所
沖縄県中頭郡読谷村字宇座657-1
営業時間
8:30~21:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

御菓子御殿 読谷本店内にあります。

読谷を満喫したら、そろそろ「残波岬」に戻りましょう!

読谷を満喫したら、そろそろ「残波岬」に戻りましょう!92

出典:tk.478さんの投稿

読谷観光を楽しんだら、次は本命の「残波岬の夕焼け」を堪能しましょう!

夕焼けを堪能する場合、日没の1時間~遅くとも30分前までには現地でスタンバイしておきたいところ。ゴツゴツした岩場で足元が悪いので、気をつけて歩いてください。逆光でキラキラ光る海を撮影したい場合は、日没の3時間ぐらい前がおすすめ。キラキラした海と灯台をメインにした撮影ができますよ。

読谷を満喫したら、そろそろ「残波岬」に戻りましょう!94

出典:

落ちていく夕日を眺めながら、空の色や海の色など、色が変わっていく風景を楽しみたいですね。もちろん撮影も忘れずに。

読谷を満喫したら、そろそろ「残波岬」に戻りましょう!95

出典:Route 329さんの投稿

フレームに灯台を入れるもの素敵ですが、灯台から見るさえぎるものがない海もまた格別♪

読谷を満喫したら、そろそろ「残波岬」に戻りましょう!96

出典:CookDoDoDoさんの投稿

夕日が落ちたからといって、すぐには立ち去らないでください。まだまだ空の色は変化しますよ!
読谷を満喫したら、そろそろ「残波岬」に戻りましょう!98

出典:kazuleoさんの投稿

空の色の変化を楽しんだから、足元に十分気をつけて駐車場に戻ってくださいね。スマホや携帯のライトをONにして足元を照らしながら帰るのがおすすめです。

いかがでしたか?

いかがでしたか?103

出典:down4thさんの投稿

「残波岬」も読谷の魅力もまだまだお伝えきれていませんが、沖縄へ訪れるときはぜひ一度足を運んでみてください。季節、天候によって、出会える夕日は様々です。お気に入りの夕日が見つかりますように!

残波岬の詳細情報

残波岬

住所
沖縄県中頭郡読谷村宇座
アクセス
1) 那覇バスターミナルからバスで75分28.00km28・29番線 - 読谷バスターミナルから徒歩で25分 2) 那覇バスターミナルからタクシーで55分28.00km

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード