福岡・糸島半島の先端で秘境グルメ。製塩所「工房とったん」の塩プリン

福岡・糸島半島の先端で秘境グルメ。製塩所「工房とったん」の塩プリン

未舗装の道、吹きさらしの風、営業できるのは天候次第。そんな過酷な環境を敢えて選び、塩作りに日々汗を流す「工房とったん」。福岡県・糸島半島の末端に、ポツンと存在する平屋の製塩所です。ひとつひとつを手作業で、手間と時間を惜しみなくかけて完成する幻の塩「またいちの塩」。その塩を使ったプリンを食べに、わざわざ遠くから駆けつけるファンがいます。プリンの味の決め手はもちろん「塩」。工房とったんの塩作りにかける情熱をはじめに、この秘境グルメ「プリン」の美味しさを紐解いていきましょう。

2016年08月04日

「工房とったん」外観 714265

出典:ココガイイカモさんの投稿

福岡県の西に位置する糸島半島のはるか先、アスファルトすらない舗装されていないガタガタ道の突端にその製塩所はあります。海と緑、そして製塩所「工房とったん」だけという、何もない美しい場所で作られる、幻の塩「またいちの塩」を使って作られた「花塩プリン」は多くの人を魅了し続けています。
「工房とったん」料理 106 花塩プリン ¥350

出典:ぶっぷo○さんの投稿

秘境にある製塩所

「工房とったん」外観 108

出典:mayupapaさんの投稿

なぜ、このような秘境とも呼べる場所で、製塩所を作ったのでしょうか?この工房とったんの目の前にある、人気のない海は玄界灘の内海と外海がちょうどぶつかり合う場所であり、山と海の豊富なミネラルが混ざり合い、上質な塩を作る海水が生まれている海なのです。

「工房とったん」外観 109

出典:hikuhiku39さんの投稿

その上質な海水を最高の塩にするために、工房とったんでは、太陽と風と薪の火の力のみを利用して、昔ながらの人間の力を使った製法で塩を作り続けています。すべての作業が手作業であり、天候や気温、湿度によって塩の出来が左右されるため、決して出来上がる塩を大量生産することはできません。

「工房とったん」料理 110 4mmから15mm程度の粒が入った一番結晶の一番味が濃い美味しいお塩、ふりかけ等につかっても面白いかもです。

出典:mayupapaさんの投稿

自然の力と人間の技術、さらに多くの手間と長い時間をかけて作られた幻の塩「またいちの塩」は、ザラメのように粗い塩でありながら、口の中でスーッと解ける上品な味がします。海のミネラルの美味しさはひとつまみ舐めれば、実感することができるでしょう。

幻の塩とプリンのステキな出会い

そんな自然と人の手作業で作られた、幻の塩「またいちの塩」を贅沢にも、プリンに入れてしまったのが、工房とったん名物の「花塩プリン」です。とろとろな食感のカスタードプリンに、花塩とキャラメルソースをかけて召し上がる上品なプリンの味は他のプリントは違った上品な味わい。
「工房とったん」料理 113 2013.05 プリンアップ。塩の結晶を感じます。

出典:ゆめゆめさんの投稿

「工房とったん」料理 114 
つかってある花塩はキャラメルの混ぜてもあえてシャリシャリ感の残る大きな結晶のお塩です。

出典:mayupapaさんの投稿

塩田から釜に揚げ、煮詰めた際に出来る贅沢なまたいちの塩の1番塩「花塩」を、プリンにかけて美味しく頂くことができるのは、花塩の味に負けないように、プリンそのものにも、コクのある濃厚な鶏卵を使用しているから。

「工房とったん」料理 115 「花塩プリン」(350円)。お塩とカラメルが別で添えられています。

出典:蝋滓丈二さんの投稿

そのまま食べても十分に美味しいプリンに、花塩とキャラメルソースをかけることによって、塩のシャリッとした触感と心地よい塩味が口の中に広がり、プリンの甘さをより引き立てます。

「工房とったん」料理 116 花塩プリン

出典:ココガイイカモさんの投稿

極上の花塩と、濃厚な濃いプリン、力強い甘さを口に残さない程よい苦味のキャラメルソース。それぞれのウマ味と甘みが見事に調和した「花塩プリン」は他のどこにもない、ここでしか食べることが出来ない贅沢な一品です。

お土産として家に帰ってから、ゆっくりと花塩プリンを味わうのもオススメですが、どうせなら工房とったんの目の前に広がる、何もない海を見ながら、ゆっくりと花塩プリンを味わって欲しいところ。
「工房とったん」料理 118

出典:ゆめゆめさんの投稿

花塩が生まれた玄界灘の景色と一緒に、極上のプリンを味わえば、あなたの記憶に、きっとステキな花が咲くことでしょう。

幻の塩が引き立てる素材の味を、もっと堪能しよう。

塩工房とったんでは、花塩プリンの他に「またいちの塩」を使った「塩スコーン」や「塩カツサンド」。幻の塩を贅沢に使った名物「塩釜ゆでたまご」など、素材の味をより美味しく活かす、またいちの塩を使ったメニューが販売されています。
「工房とったん」外観 122

出典:ぶっぷo○さんの投稿

身体にやさしいドリンクも、どうぞ

「工房とったん」料理 124 2013.07 ごま塩プリンとトマトスカッシュ。

出典:ゆめゆめさんの投稿

身体にやさしい「オーガニックコ-ヒー」や「トマトスカッシュ」などドリンクメニューも売られているので、花塩プリンとドリンクを味わいながら、何もない美しい玄界灘の風景を楽しんだり、塩工房とったんで塩が出来るまでを見学するのも楽しそうですよ!

秘境で過ごす何もない幸せな時間

「工房とったん」外観 126

出典:ココガイイカモさんの投稿

福岡市内からも離れた、秘境にある塩工房とったんですが、そこには古くから続く、美しい玄界灘の風景が広がっています。何もないからこそ、美しい、何もないからこそ心安らぐ、そんな秘境で幻の塩を使ったプリンを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ただ、どうしても行きたいけれど、そこまで行くのは難しいという方のために「花塩プリン」は通販でも購入することができます。忙しく時間がないという人は、秘境気分に浸りながら、ゆっくりと家で花塩プリンを味わうのも、幸せな時間の過ごし方の1つかも知れませんね……。

工房とったんの詳細情報

工房とったん

筑前深江 / その他

住所
福岡県糸島市志摩芥屋3757
営業時間
10:00~17:00
定休日
年末年始
平均予算
  • ~¥999

データ提供

福岡県のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

福岡県×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先