那須「モンゴリアビレッジ テンゲル」 でゲルの暮らしをプチ体験♪

那須「モンゴリアビレッジ テンゲル」 でゲルの暮らしをプチ体験♪

「海外旅行に行きたいけれど時間もお金もない!」という方や「国内旅行でいつもとはちょっと違った体験がしてみたい」という方、日本にいながらモンゴルの遊牧民の住居「ゲル」に泊まれるこちらの施設はいかがでしょうか?敷地に1歩入れば、そこはもう異国!ゲルがどんな住まいなのか少しだけ事前勉強してから、宿泊施設「モンゴリアビレッジ テンゲル」でゲル体験しちゃいましょう♪2016年12月16日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

0

まずはちょっとだけ「ゲル」について知っておこう

ゲルってどんなもの?

ゲルってどんなもの?700074

出典:junya.tさんの投稿

モンゴルの遊牧民の移動式住居で、中国ではパオ、トルコではユルトと呼ばれています。ラクダの腱や木で作った骨組みに、羊の毛で作ったフェルトをかぶせたもので、厳しい自然の中で暮らす工夫がたくさん詰まったとってもエコな住まいなんです。
ゲルってどんなもの?700076

出典:ЕDDΥさんの投稿

最近のゲルはソーラーパネルが設置されていて、携帯の充電などをしているそうです。

どうやって暮らしているの?

モンゴルの気候はとても過酷で、夏の昼間には30℃近くまで気温が上がり、一方で冬はマイナス30℃(ところによってはマイナス40℃)になることも!そのため、ゲルにはトーノという天窓が付いていて、夏はこれを開放することで風を通し、冬はトーノからストーブの煙突を出して喚起をします。その他にも、床材の下に家畜の糞をまいたり、建物にフェルトを何枚もかぶせて家に重ね着をさせることで寒さをしのいでいるんですよ。
どうやって暮らしているの?699907

出典:popさんの投稿

こちらが天窓のトーノ。寒いときは布で覆い、暑い時は開放します。さらに、このトーノには時間を知らせる役割もあって、トーノから見える太陽の位置で何時かを確認するのだそう。そのためゲルの入り口は常に南側を向いて建てられます。

どのくらいで組みたてられる?

ゲルの総重量は250~300kgあるため、たいそうな重労働で1日めいっぱいかけてゲルを作るかと思いきや、大人2~3人で2時間もあれば組み立てられるそう。解体にかかる時間も1時間半ほどで、移動の際はいくつかのパーツに分解して運びます。昔は、ラクダや牛などに乗せて運んでいましたが、現在ではトラックで運ぶことが多いようです。
どのくらいで組みたてられる?700072

出典:TR3 PG@さんの投稿

ゲルの室内

一般的な住居用のゲルは直径4.5~6.5mくらいで意外と広く感じます。入り口を入って正面には彼らが信仰するモンゴル仏教の祭壇が用意されます。一つのゲルに一つの核家族が住み、その他の家族が同居する際にはゲルを増やすのが一般的です。
ゲルの室内677841

出典:vikingsさんの投稿

ゲルのお約束

ゲルには、座る位置にルールがあるんですよ。モンゴルが行く機会があるかもしれないので覚えておきましょう!入って右側が「女性の座」とされ、女性と子どもが座り、調理道具や茶碗などが置かれます。一方、左側が「男性の座」で、なかでも一番奥が上座になり年配の人が座ります。お客様は男性の座に通されるのが一般的です。
ゲルのお約束700079

出典:miurak3さんの投稿

ゲルのことがちょっと分かったところで、実際にゲルに泊まっちゃいましょう!栃木県の那須にある「モンゴリアビレッジ テンゲル」でゲル体験です。

日本にいながらゲル体験!「モンゴリアビレッジ テンゲル」

「モンゴリアビレッジ テンゲル」は、栃木県の那須にある宿泊施設。18,795㎡の敷地にモンゴルから直輸入した27棟のゲルが並びます。ゲルに泊まれるのはもちろん、さまざまな体験メニューがあるのも魅力で、家族連れやグループ、小学校の課外授業の宿泊先としても人気です。
日本にいながらゲル体験!「モンゴリアビレッジ テンゲル」 677884

出典:

那須の豊かな自然の中に、ゲルがずらりと並びます。

日本にいながらゲル体験!「モンゴリアビレッジ テンゲル」 700114

出典:

ゲルの周りには芝生が広がっているので、子どもがノビノビと遊ぶのにもってこい♪夜は花火(打ち上げ花火はNG)もできますよ。

ゲルの中もまさにモンゴル

ゲルの中もまさにモンゴル677976

出典:

家具もモンゴル仕様。こちらもモンゴルから直輸入しています。ベットは4つ用意されていて、1部屋に泊まれるのは最大で6人まで(2人分は敷布団が用意されます)。ゲルの中にはテレビやエアコンが完備されているので、モンゴルの草原のような過酷な環境を体験しなくてすみますね。

ゲルの中もまさにモンゴル700129

出典:

ゲルの中にいると、ここが日本であることを忘れてしまいそう。ホテルやペンションに泊まるのとはまた違った、非日常な時間をどうぞ。

ゲルの他にもこんなモンゴル体験!

デールを着てみる♪

デールを着てみる♪677980

出典:

遊牧民になりきるために、ぜひ、モンゴルの民族衣装「デール」を着てみて!フロントロビーで1人500円で借りられます。大人用から子供用まで用意されているのでカップルや友達同士、家族みんなで体験してみましょう♪(予約は不要です)

馬頭琴の音色に感動!

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」その他 683661

出典:ぽんたんこさんの投稿

モンゴルの民話「スーホの白い馬」でも知られる、モンゴルの伝統楽器「馬頭琴」のコンサートが毎日開催されています。モンゴル出身の馬頭琴奏者によって奏でられる美しい音色はとても印象的。一見の価値ありです!(予約は不要です)

草原のような真っ暗闇を体験

A photo posted by mikayan (@mikayan) on

夜の30分間、トイレとフロント棟以外の明かりがすべて消灯され、あたり一面が真っ暗になります。那須の大自然に広がるまばゆい星空を堪能できるひと時。特に11月~3月頃の寒い時期はたくさんの星を見ることができておすすめです。まるでモンゴルの草原にいるかのような気分になれるかも!?

焚き木を囲んで焼きマシュマロやホットワイン♪

焚き木を囲んで焼きマシュマロやホットワイン♪683703

出典:kuma-duffyさんの投稿

もう1つの夜のイベントに「焚き火カフェ」があります(要予約)。まずは焚き火カフェゾーンで火を起こすことからスタート。夏は生ビール、冬はホットワインやコーヒーなどで温まりながらマシュマロを焼いたり、まったりおしゃべりも楽しめます。モンゴルの遊牧民もこんなふうに夜を過ごしているのでしょうか…。

ゲルの組みたて体験

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」外観 683689 ゲル入口

出典:冥王星さんの投稿

テンゲルでは、1グループ10名以上であれば自分たちの手でゲルを建てることができます。実際に組み立てにチャレンジしてみると、モンゴルの遊牧民の間に伝えられてきた知恵に触れることもできてワクワクしちゃいますよ(要予約)。

夕食は黒毛和牛のバーベキュー、お風呂は天然温泉♪

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」料理 700308 びっくりするくらいいいお肉

出典:k-keiko-kさんの投稿

夕食メニューはボリューム満点のバーベキュー。A5ランクの那須黒毛和牛、那須三元豚、鶏肉、オリジナルホワイトソーセージなどがおなかいっぱい食べられます。焼きそばも用意されていて盛りだくさんな内容に大満足です。

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」料理 679731 バーベキュー(2014)

出典:togyaさんの投稿

美味しいお肉はモンゴル岩塩を付けて食べてみて!バーベキューは基本はレストランの中ですが、要望があれば外で炭火バーベキューに変更できます(夏期のみ。炭代が別途必要)。満点の星空の下で食べるお肉も最高です♪

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」料理 677984 モーニングビュッフェ(2016)

出典:togyaさんの投稿

朝食はブッフェ形式で、洋風とモンゴル風のメニューが楽しめます。

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」料理 679728 【朝食】ひつじのゆで肉!

出典:冥王星さんの投稿

朝食メニューの1つ、ひつじのゆで肉はモンゴルの代表的な料理。塩で羊を煮込んだシンプルなメニューです。

「モンゴリア・ビレッジテンゲル」外観 679638 外観

出典:togyaさんの投稿

朝・夕の食事はフロント棟と隣接したこちらのレストランでどうぞ。

夕食は黒毛和牛のバーベキュー、お風呂は天然温泉♪700278

出典:

レストランと同じ建物内には、内風呂、露天風呂が用意されています。敷地の地下から汲み上げている天然温泉♪女子に嬉しい美肌の湯です。

モンゴル体験をするための道のりは?

■車の場合
東北自動車道那須ICから「那須ステンドグラス美術館」を目標に15分です。
■電車の場合
JR那須塩原駅または黒磯駅下車。バスで那須湯本または大丸温泉行きに乗り「友愛の森」下車。バス停からは送迎があります(宿泊日の3日前までに要予約)。

いつもとはちょっと違った滞在を楽しんで

いかがでしたか?
モンゴリアビレッジ テンゲルでの滞在は、きっと思い出に残るものになるでしょう。ぜひ1度、体験してみてくださいね。
「モンゴリア・ビレッジテンゲル」外観 679780

出典:ぽんたんこさんの投稿

予約プランを見る:

関連まとめ